RAPT | RAPT有料記事98(2016年8月29日)知らなくてできない人ほど無念な人はいない。
39766
post-template-default,single,single-post,postid-39766,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事98(2016年8月29日)知らなくてできない人ほど無念な人はいない。

RAPT有料記事98(2016年8月29日)知らなくてできない人ほど無念な人はいない。

8181244950_70eb1fa860_b
 
人は無知のせいで人から騙されたり、サタンから騙されたりします。
 
また、無知のせいで行うべきことを行えず、行うべきでないことを行って、損をしたり害を受けたりします。
 
そして、後になって「無念だ」といって慟哭し、怒り、自分を恨んだりもします。
 
私たちがこの世を生きる上で無念な思いをしないためには、何よりも無知から抜け出さなければなりません。
 
同じ神様を信じていても、大して神様の愛を感じられず、神様から祝福を受けられないのは、正しく神様のことを知らないからです。
 
だから、神様の心情に逆らうことばかりを行って、ほとんど何も祝福を受けられず、かえって神様から裁かれることになるのです。
 
それでいながら、自分は神様を正しく信じ、正しく従っていると思い込み、かえって正しく神様を知っている人を指摘したりします。
 
そのような人は、なおさら神様が裁くしかありませんので、ますます大きな苦痛と損害を受けることになります。
 
このように無知はどこまでも恐ろしいものです。
 
この世の人々も無知のせいで偶像を拝み、それで自分が幸せになれると思い込んで生きています。
 
しかしながら、いつまで経っても幸せになれないので、何がいけないのだろうと苦悩しながら、人生をあちらこちらへとさ迷いながら生きています。
 
そうしていながら、神様を信じて喜んで生きている私たちのことを悪評したりします。
 
そのような人たちは、私たちから見れば愚の骨頂でしかないのですが、彼らはあくまで自分が正しいと頑なに思い込みます。
 
私たちはそんな虚しい無知の生から早く抜け出し、無念さのない祝福に満ちた人生を生きなければなりません。
 
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e-1
 
なお、記事の購読を希望される方で、今月8月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の赤いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2016年8月分の有料記事を全て購読することができます。
 

 
記事の購入には、各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

1Comment
  • 高林宏行
    Posted at 00:31h, 31 8月

    Raptさん、お疲れ様です。Rapt ブログを知る前の自分の無知を数え上げて見ました。
    1 偶像(弘法大師)を本当の神仏だと思い拝んでいた。
    2輪廻転生を信じていた。
    3アミニズム(自然崇拝)、山川草木悉有仏性(すべての生きとし生けるものには仏が宿っている)という日本人の独特の感性は素晴らしいものだと思っていた。ドルイド教ですね。
    4宇宙人はいると信じていた。
    5カトリックの高校たったので宗教の時間に聖書を読んでいたが信じられなかった。
    6小林秀雄、五木寛之、司馬遼太郎に影響を受けて仏教を信じていた。
    7陰謀論の本も相当読んでいたが、どっかからお金もらっているんだろうと思い、Rapt さんの様にお金もらわない正義の人がこの世にいることを知らなかった。
    無知は恐ろしいですね。特に若い人にRapt ブログを読んで欲しいです。若い内に、無知を知に変えて欲しいです。
    Rapt ブログの読者の皆様が、主に学び、御子に尋ね求め、願い、無知が知に変わります様祈ります。

Post A Comment