RAPT | RAPT有料記事86(2016年7月18日) 悪人の受ける裁きと義人の受ける試練。
38948
post-template-default,single,single-post,postid-38948,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事86(2016年7月18日) 悪人の受ける裁きと義人の受ける試練。

RAPT有料記事86(2016年7月18日) 悪人の受ける裁きと義人の受ける試練。

Abraham
 
今回の有料記事は、久しぶりの対談形式になります。
 
これまでの有料記事を読みながら、人それぞれ悟ってきたことがあると思いますが、今回はこれまでの有料記事を、より具体的に現実や生活に結びつけた形でお話しています。
 
特に今回のテーマは、以下になります。
 
■黙示録に書かれた裁きはどのように行われるのか。
 
■「いじめ」など、この世で起きる不条理にどう対処していけばいいのか。
 
■神様に公平な裁きを求める。
 
■艱難を乗り越えた人に与えられる大きな使命。
 
■男と女の役割。
 
■霊と肉のバランス。
 
■イスラム教とは神様にとってどんな宗教なのか。
 
ということで、今回はこれまで文章の記事だけでは悟りきれなかった部分を補うような内容になっているかと思います。
 
これまで記事がよく分からなかった、よく理解できなかったという方は、ぜひとも今回の対談をお聞きください。
 
神様の御言葉がより身近に感じられるのではないかと思います。
 
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e-1
 
なお、記事の購読を希望される方で、今月7月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2016年7月分の有料記事を全て購読することができます。
 
今すぐ購入
 

3 Comments
  • HMA
    Posted at 04:24h, 20 7月

    RAPTさんおはようございます
    有料記事が毎回私のために書いてくださっているのだろうか?と
    思ってしまう内容で、今回の対談も今の私に必要なお話しでした。
    聖書を読み始めた同居の義母が入院することになりました。
    聖書を読んでいなかったら、乗り越えられなかったと思います。
    義母も同じことを言いました。辛いけど、大丈夫と。
    今までは、試練を避けて生きていきたいと思っていました。
    聖書を読み続けて、有料記事を読ませていただいているうちに、
    試練も、裁きも、神様から愛され、精神を強くしてくださるために
    用意してくださっているものなんだと思えるようになりました。
    今までの私では、信仰も足りず、まだまだ弱すぎました。
    だけど、大変な状況でも、神様と共にあると思うと、
    今までより忙しくなった日々が、苦にならずにこなせます。
    神様からの期待を裏切らないように、さらに信仰を深めて
    この状況を切り抜けたいと思います。

  • Makkotan
    Posted at 17:59h, 20 7月

    こんにちは。
    更新ありがとうございます。
    今回の話は特に何度も何度も聞いています。
    私の様な普通の主婦でも祈ることが大きな力になるのだと教えて頂き、希望を持ちました。
    他に何も出来ないですが、祈りでraptさんや読者の皆様のお力になれるかもしれないのですね。こんな嬉しいことはありません。

    皆様に神様の祝福があります様に。

  • 神霊体験
    Posted at 06:48h, 22 7月

    旧約時代からイスラエルの敵アッシリアの首都ニネヴェを滅ぼすと言ってヨナを向かわせて、ニネヴェの人々が改心したため神様は裁きを辞めました。
    本来、日本は裁かれても仕方ない国かもしれませんが我々の改心と義によって黙示録の裁きは縮小(悪人限定)されるかもしれませんね。
    12万の民を惜しんだ神様は、人々を本当は裁きたくないというのが本音なのですから。

Post A Comment