RAPT | RAPT有料記事7(2015年8月31日)神様の助けを受けられる生き方。
31060
post-template-default,single,single-post,postid-31060,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事7(2015年8月31日)神様の助けを受けられる生き方。

RAPT有料記事7(2015年8月31日)神様の助けを受けられる生き方。

4062869908
 
今月最後の有料記事になります。
 
今回は「東出融」さんとの対談の中で、私が聖書について語った部分を公開することにしました。
 
このブログを書きながら私が感じたこと、考えたこと、体験したことを主に語っています。
 
ある意味、これまで有料記事の中で書いてきた内容の総まとめのような話になっています。
 
名称未設定
 
なお、私がこうして有料記事を書くに至った経緯については、以下のリンクをご覧ください。
 
RAPT有料記事を来月から配信します。主なテーマは「聖書」と「人生」です。
 
まだご購読をお申し込みいただいていない方で、ご購読を希望される方は、以下の赤いボタンからお申し込み下さい。
 
お申し込み後、記事購読に必要なパスワードが発行されます。このお申し込みで2015年8月分の有料記事をすべて購読することができます。
 

 
記事の購入には、各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

12 Comments
  • トモコ
    Posted at 01:43h, 01 9月

    同性愛に関してですが、政府が発表し、国民は違和感を感じてます。
    自由の国をアピールしてるようですが。

    最近中国人の観光客が訪れます。
    夫いわく昔の日本人みたいに、ブランドを
    着飾り、ブランドを買いに、お金持ち層に
    留学や、高級ホテル、プリウスに乗ってます。
    日本人大好きで、日本語、英語を3カ国語を
    話し、勤勉です。
    いずれ、彼等は、日本、アメリカたいした
    文化ないよ、中国の国は発展している!
    私達は優れた民族だから、
    と、資本家から与えられた施設で遊び、街で
    遊び、ただ、便利なだけの家に住むことでしょう。

    その後、日本では便利過ぎたつけが、
    遺伝子異常を起こし同性愛の子供が産まれる。
    国民はGHQが悪い!悪アメリカ文化その後中国は日本が悪い!
    青い目のサムライが青い目の中国人
    ユダ金大将がチャイナハンドラーズ

    一人一人が、成熟することが必要だとおもいます。

  • トモコ
    Posted at 05:17h, 01 9月

    補足ですが、有名カバン、ルイビトは
    メイソンズと出てます。
    かの大戦中、デザイナーが日本の袴、着物や
    のれんから、盗用したと聞いてます。
    村上氏デザイナーでコラボレーションしましたが。

  • rapt
    Posted at 13:52h, 01 9月

    先ほど、あてずっぽうで東出さんのことをああだこうだと誹謗中傷するコメントがありました。
    読者の皆様に不愉快な思い、または不安な思いをさせてしまったようであれば、お詫びいたします。
    そのコメントをされた方が工作員だとは思いませんが(もちろん、それは分かりませんが)、根拠もなく、単なる推測だけで対談者の方を中傷するようなことは避けていただきたいと思っています。

  • OLD ROSE
    Posted at 15:33h, 01 9月

    人が誹謗中傷するときのパターン。
    ・自分が知らないことを、誰かが自分より先に知っている時(=不安からの反逆)
    ・(世にはびこっている都合の良い一部の人間の為だけの)常識から、逸脱していると感じた時
    ・利権を害された時

    そういう人が共感する瞬間は…
    ・自分が真に理解した時(理屈ではなく、実体験として理解できた時)
    ・自分の利益になると計算した時(よくいるズルい人間!)

    私はこれまで様々な層の方々と出会い、その実体験から謎の数々を点と点で結んでいたところ、RAPTさんや東出さんからの情報で推論が確信に変わりました。
    また、「人間は自然の中の一部だと、真に体感し理解し生きている人」は、これまで解明させずに封印されてきた自然エネルギーの力は、理屈なしに理解しているので、RAPTさんが言っているから…ではなく、自分のために(=地球のために)東出さんの活動を応援しよう!と自然に思うのだと想像します。

    仮にいつかお二人が言っているが嘘だったと分かったとしたら、その時は信じた自分を責め、後悔はしません。価値のないものに付加価値をつけて大金で売っているのがこの世の中。この世で売っているものに価値を見いだした人だけ、購入し参加すれば良いのだと思うのですが…。意見が合わなければ、参加せず立ち去れば良いのでは? それが「害」だと言うのなら、東出さんに直接お問い合わせし、疑問を解消してみるのが良いのではないでしょうか。

  • inte100
    Posted at 16:32h, 01 9月

    OLD ROSEさんへ

    全く同感です。仰る通りだと思います。

  • @joe
    Posted at 18:25h, 01 9月

    RAPT様、また東出様
    楽しいお話をお聞かせ頂き、ありがとうございます。
    RAPT様が
    本当に追い詰められてギリギリのところで、もう匙を投げそうになったところで、神様は救ってくださる。
    と仰っておられましたが、凄くわかります。
    私も今まで明確に憶えているので3度ほどあり、3度目には流石に「あ〜、神様、居るな。」と確信しました。かといって別段お祈りをしてたわけでなく、ただただピンチでした。
    私の場合は3度とも人との出会いみたいので救われました。
    で、よく人には「その人に感謝だね」とか言われるんですが、もちろんそう言われればそれはそれで解るのですが、でも何かちょっと違って「その方と出会うを導いてくださった神様に感謝」と感じておりましたが、対談の中でお二方がそのような感じで仰っておられたので何か嬉しかったです。(東出様で言う、カミハカライですね。)

    風潮として日本だけかよくわかりませんが「人(や物)に感謝」みたいなのがやたらとある感じがしますが、勿論否定はしませんが、何かそれだけだと下手したら(無意識に)依存を生み出す可能性が無きにしも非ず、と言う気がしまして、
    その点「神に感謝」だと依存しようったって目に見えませんから限度があるし、また依存心に浸る者にカミハカライは起こらないような気もします。だから「神に感謝」は人が自立する上でも大事な一つの法則なのかな、とも思います。

    有意義な1ヶ月をありがとうございました。
    今後も楽しみにしております。

  • 日本はどこに向かっていくのでしょうか
    Posted at 19:47h, 01 9月

    プリウスという個室での電磁波の影響が実証されれば、部屋や住宅での被害で苦しんでいる人たちも救われますね。

  • 日本はどこに向かっていくのでしょうか
    Posted at 21:28h, 01 9月

    プリウスのエントリーに投稿したのですが、ここに来てしまいました。。。
    自由でいたいです。

  • AIR
    Posted at 22:43h, 01 9月

    こんばんわ
    お二人のお声を聞いているだけで、何かが目覚めて行くような、覚醒が進むような感覚がします。
    イヤシロTシャツが届いたのですが、開封した途端にビリビリと、激しいのに心地よい気の流れを感じました。
    その気の流れと同じものを、RAPTさんのブログを開いても感じるようになってきて、電磁波の歪みの修正グッズが共鳴して時空を超えて届いているのか、RAPTさんや東出さんの高い波動が流れているのか、とにかく良い気が癒してくれます。
    誹謗中傷のコメントは目にすることはありませんでしたが、言葉は大切に使いたいですね。神様と心を合わせるのはまず言葉が大切だ、言葉が一切を創り出すと教えてもらったことがあって、大切なことを伝えるために大切に使おうと心掛けています。ただ、くもった窓ガラスから綺麗な景色を見てもくもりで見えないように、くもった心から真実をみてもよく見えないのでしょうね。日頃から心を綺麗に磨いておきたいと思います。
    9月も購読させていただきます。ありがとうございます。

  • OLD ROSE
    Posted at 23:36h, 01 9月

    inte100さんへ
    ご賛同いただきありがとうございました。自我を超えた何か見えない力が、自分を突き動かした時だけコメントさせてもらっています。RAPTさんや東出さんからの言葉と文字の情報はもちろんこと、皆さんのコメントを読むのが最近では同じくらい楽しみです!

  • Cat
    Posted at 13:04h, 02 9月

    フリーメーソンが創ったといわれる「引寄せの法則」について、たくさん本を読み、研究していましたw
    疑問だったのが、やり方に自分のこと以外は叶わないという法則が含まれていることです。また、量子学的論づけ、宇宙に身を任せる等も含まれています。
    世界平和や家族の健康の祈り等、当たり前にやってる祈りとはまるで違いますね。
    やっぱり、悪魔を滅びさせるための神への祈りを阻止する意図込みなんですかね?w
    今回のお話で、悪魔=自力=引寄せの法則というのがよく理解できました。

  • 対を成すもの
    Posted at 13:54h, 02 9月

    この対談で語られていますが、人間というのは、悪魔から誘惑された目に見える人間と、人間を誘惑する目には見えない悪魔との戦いであり、最後は自分が勝つか負けるかの問題だと改めて思い知らされました。悪魔からの誘惑はメディアを通してだけでなく、ちょっとした日常生活の中にも潜んでいて、それは夫婦や友人関係の中で起こることかもしれないし、なにか重大な決断をしなければならないときに起こることかもしれません。自分自身の過去を振り返ってみても、なにか決断をしなければならないときに欲に負けて誤った道へ逸れていったこともあり、そういうときに限って自分の心はどんどん落ち込んでいき、物事の考え方・捉え方も邪悪に投げやりになったことがありました。VOL.2の記事にも「考え」がその人の運命を左右すると書いてありましたが、私はその記事を読んで、いかなるときも自分自身の思考や言動を見張っていないと悪魔の誘惑に負けてしまうのだと感じました。

    あと、いままでRAPTさんの記事を読んで感じたことは、ここまで悪魔の急所を突いた理論は、いまだかつて読んだことも聞いたこともなかったということです。おそらく、私の知るかぎりでは、聖書に基づいて人間の背後に潜む悪魔の存在を明確に説明できる人は、RAPTさんとエレン・G・ホワイトの二人しかいないと思います。もちろん世界には聖書を深いところから理解して悪魔について言及してる人はいますが、RAPTさんやエレン・G・ホワイトは良い意味で異端であり、群を抜いています。とくにRAPTさんの理論はエレン・G・ホワイトにも成し得なかった、この世界が「天皇=ロスチャイルド」と「バチカン=ロックフェラー」の抗争の上に成り立っているところまで行き着いてます。エレン・G・ホワイトの場合は時代背景の影響もあって行き着くことができなかったということも考えられますが、どちらにしろ、二人にはカミハカライがあったのだと感じています。

    東出融さんとのコラボも含めて、これからのRAPTさんのご活躍を期待しています。

    興味のある方はエレン・G・ホワイトも読んでみてください。

    サタンと人類の戦い
    http://srministry.chicappa.jp/srmain/wp-content/uploads/pamphlet/FGC_02.pdf
    悪魔の罠
    http://srministry.chicappa.jp/srmain/wp-content/uploads/pamphlet/FGC_03.pdf

Post A Comment