RAPT | RAPT×読者対談〈第四弾〉日本とブラジルにおける悪魔崇拝。
26959
post-template-default,single,single-post,postid-26959,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第四弾〉日本とブラジルにおける悪魔崇拝。

RAPT×読者対談〈第四弾〉日本とブラジルにおける悪魔崇拝。

 
今回、対談にご応募下さったのは「宮城ジョージ」さんというジャーナリストの方です。
 
フリーランスジャーナリスト&翻訳家 – 宮城ジョージ公式サイト
 
宮城さんは日本とブラジルのハーフで、クリスチャンの方だそうです。そのため、聖書を中心に解明した私の陰謀論に共感を持って下さったようで、今回、こうして私との対談にご応募下さったようです。
 
とはいえ、皆さんもご存じの通り、私は基本的には陰謀論者のことを余り信用してはいません。先日も「さゆふらっと」氏と一悶着あったばかりですからね。ですから、またしても裏社会が私に対して刺客を送り込んできたのではないかと思いました。
 
なので、正直なことを言うと、この「宮城ジョージ」さんと対談すべきかどうか迷いました。もちろん、彼にもそのことははっきりと伝えています。
 
しかし、対談する前に彼と40分ほど面談をしたところ、「悪魔崇拝」について具体的な情報をお持ちであると分かったので、対談することに決めました。
 
「宮城ジョージ」さんは「泉パウロ」氏とも一緒に講演したりしています(中丸薫氏とも講演予定)ので、私までもが「泉パウロ」牧師の教会の信者だと思わせるように仕向けるための工作なのかとか疑ったりもしていますが、まあ、今のところは何とも言えません。
 
しかし、実際にそういう動きがあれば、そういう工作だったと考えて下さい。つまり、私も「裏社会」とつながっているのではないかと、読者の皆さんに思わせようとしているわけです。
 
もちろん、そんなことが起きないことを願いますが、仮にそんな動きがあったとしても、まあ、誰も騙せないでしょうね。こちらもきちんと保険をとってありますし。
 
とはいえ、対談そのものはそれなりに面白いものになりました。やはり彼がブラジル人であり、クリスチャンであり、という強みが今回の対談に現れました。
 
では、対談についての解説です。
 
ガルシア・マルケスとは「コロンビア」の作家です。「ブラジル」でも「チリ」でもありませんでした。
 
ガブリエル・ガルシア=マルケス – Wikipedia
 
南アメリカの小説は「魔術的リアリズム」という名で日本でも売り出されていて、いかにも「悪魔崇拝」のニオイがするものばかりです。
 
マジックリアリズム – Wikipedia
 
お祈りは神様と波長を合わせることであり、人によっては間違って悪魔と波長を合わせてしまうこともある、と私がお話していますが、そのようなことが起きないために、聖書を正しく解釈して読む必要があるということですね。
 
イエスが悪魔から誘惑を受けて打ち勝った聖書のシーンは以下になります。
 
----------------
 
さて、イエスは御霊によって荒野に導かれた。悪魔に試みられるためである。
 
そして、四十日四十夜、断食をし、そののち空腹になられた。すると試みる者がきて言った、「もしあなたが神の子であるなら、これらの石がパンになるように命じてごらんなさい」。
 
イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。
 
それから悪魔は、イエスを聖なる都に連れて行き、宮の頂上に立たせて言った、「もしあなたが神の子であるなら、下へ飛びおりてごらんなさい。『神はあなたのために御使たちにお命じになると、あなたの足が石に打ちつけられないように、彼らはあなたを手でささえるであろう』と書いてありますから」。
 
イエスは彼に言われた、「『主なるあなたの神を試みてはならない』とまた書いてある」。
 
次に悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華とを見せて言った、「もしあなたが、ひれ伏してわたしを拝むなら、これらのものを皆あなたにあげましょう」。
 
するとイエスは彼に言われた、「サタンよ、退け。『主なるあなたの神を拝し、ただ神にのみ仕えよ』と書いてある」。
 
そこで、悪魔はイエスを離れ去り、そして、御使たちがみもとにきて仕えた。
 
(マタイによる福音書4章1〜17節)
 
----------------
 
「アイラブユーサイン」とは以下のようなサインのことを言います。別名「コルナ」とも呼ばれています。サタン(悪魔)を表すサインとも言われていますね。
 
コルナ – Wikipedia
 
b098efecffe9212f69e3dbb770b738d3

38c6b24ced9fb93f4722816e0032b93c

47053c9266972b274dd29d82ceb7443c
 
今回はブラジルにおける悪魔崇拝の現実について詳しくお話くださっていますので、日本とは違う悪魔崇拝の現実がお分かりいただけるかと思います。
 
ちなみに、私の理論では「ブラジル」は天皇派の国ですね。「ブラジル」はBRICS参加国であり、BRICSは「天皇派」ですからね。
 
NATOとBRICSの戦いは、バチカンと天皇の権力闘争が表面化したものと言えます。
 
また、今回の対談では、佳子様が学習院からICUに移籍した理由について、十分にあり得るであろう推論をお話しています。
 
なお、私との対談をご希望の方はこれからも引きつづき募集しますので、こぞってご応募下さい。
 
応募条件としましては、私のブログをある程度読んで理解されている方です。
 
性別や年齢は問いません。
 
対談はスカイプを通して行いますので、パソコンをお持ちの方で、静かな環境の中で長時間、対話ができる方に限ります。
 
個人情報などは一切開示を求めませんので、その点はご安心ください。
 
また、直接私との面会を求めるようなことも一切ありません。
 
しかしながら、私に対して攻撃的な質問をしてくるような方はご遠慮願います。
 
例えその人にそのような意図がなかったとしても、対談中に怒気を発したり、私を誹謗するようなことがあれば、対談は即刻中断させていただきます。
 
応募は「CONTACT US」からお願いします。
 
皆様からのご応募お待ちしております。

7 Comments
  • つゆ草
    Posted at 21:36h, 20 5月

     話の腰を折るつもりはありません。誤謬のまま伝わっては、と懸念しました。
     ゲッセマネは、十字架にイエスがつけられる前に祈った場所で、悪魔に出会ったのは、荒野、と思われます。より早いほうがよかろうと、吟味しないまま、申し訳ありません。どうぞ、私のほうが間違えておりましたら、またご教示ください。

  • rapt
    Posted at 21:50h, 20 5月

    > つゆ草さん。
    訂正ありがとうございます。

  • つゆ草
    Posted at 22:01h, 20 5月

     おしまいまで聴かぬまま、取り急ぎに失礼をいたしました。
     このご発言はrapt さんからではありませんでしたが、 rapt さんのこのブログの影響力はとても大きいと分かるだけに、誤りはだれにでもあることとしながらも、聖書の記述には忠実に、と思いました。
     たちどころの応答に、恐縮申し上げつつ。ご返答をどうも有り難うございました。

  • ローズマリー
    Posted at 22:04h, 20 5月

    読者対談お疲れ様です。YouTubeに公開してくださって有り難うございます。対談2まで見させて頂きました。対談相手の方とも和やかに会話が続き、聞き手の方もリラックスして対話に耳を傾けることが出来ました。
    最近大阪都構想が話題になっていましたが、橋下ー創価学会ー安倍以外にも海外金融マフィアが水道利権などを貪ろうと手ぐすね引いていたと噂されていますね。以前何度かraptさんが関西への遷都の話をされていましたが、今回の都構想にもやはり天皇派が関わっていたのでしょうか?橋下は国家斉唱等に関してかなり五月蠅く発言していたので天皇派でしょうか?
    取り敢えず橋下サイドが負けて大阪や日本にとって良かったという意見が多いようですが、いつかraptさんのご意見をブログ記事などで伺えたらと思います。

  • かに
    Posted at 22:25h, 20 5月

    南米と言えばナチスの残党が逃げ込んだりとか、日本人が大量移民したりだとか、フォークランド紛争が起こってみたりとか、指導者たちがやたらと反米論者だったりとか、アメリカ軍が麻薬戦争に介入したりとか不思議な事が結構あったんですが太陽派と月派の争いを絡めて解釈すればいろいろと納得がいきますね。
    次回も楽しみにしてます。お疲れ様でした。

  • 真実を知り行動する人
    Posted at 17:34h, 21 5月

    RAPTさん、更新ありがとうございます。
    今回は、芸能界における悪魔崇拝のお話でしたが、日本が在日、部落、創価であるとするなら、
    調べれば調べる程、アメリカは、隠れユダヤとイルミナティが支配しているようです。
    マドンナはカバラ、レディーガガは見たままですが、スマスマでは「私はイタリア系」と話していましたが、
    イタリアでもゲットーに住んでいた人系です。
    普段から、イルミナティーカードでトランプしてるのでしょうか。
    3.11の時も、何故か”SAVE JAPAN ”リストバンドがすでに用意してあり、集まったお金は何処に・・。
    次の日に、シンディーローパーが来日してますが、この人も3.11を知っていた人。
    芸能界での成功と引き換えに、悪魔と契約をかわすのでしょう。
    日本人では安室ちゃんはそうではないかと思っています。
    以前、旅先で出会った、芸能関係の方が言っていたのですが、彼女はバーコードの刺青をしているらしく、
    それを本当に通すと”666”が出る。だから獣の自分の商品価値を良く理解しているとの事。
    しばらくして、安室ちゃんのお母さんが、良く分からない理由で叔父さんに殺されたかで、
    その殺した叔父さんも自殺したと言う、スーパースターの悲劇で奇妙な事件がありました。
    私の好きな、女性3人組、ヒップホップグループ”TLC”のメンバーの一人が、ニカラグアで亡くなりました。
    なんでニカラグアやねん!!直感的にですが殺されたなと。
    今、思うと全てが変で、驚いたことに、今でも見られるか分かりませんが、
    彼女が死ぬ直前までのドキュメンタリー映像が、YOUTUBEに上がっていたのです。
    楽しいドライブ中、ハンドルを誤ってといった感じでしたが、本当にそれで亡くなったか?と言う疑問はぬぐえません。
    彼女の名前は”LEFT EYE”、ルシファーの左目は、本当にLEFTしてしまいました。
    その後、安室ちゃんは、左目を眼帯しているアルバムを出しています。
    2年前に、TLCがニューアルバムを出すと言う事で楽しみにしていたら、何と!!
    レフトアイのパートを安室ちゃんが歌いました。
    悪魔崇拝では、親しい身内や友達を生贄として捧げ、悪魔に忠誠をします。
    私も物凄いMTV世代で、アメリカの音楽や映像に感化されたタイプですが、今の若い人達が、彼女達をセレブだ!
    フッションリーダーだ!と、神格化するのは、非常に危険だと思います。
    真実の覚醒が広がるよう、みなさんにお祈りいたします。

  • シドニー
    Posted at 08:14h, 25 5月

    私も、メキシコで暮らしていた時に、悪魔崇拝者をよくみかけました。市場等では、悪魔崇拝用の道具等も普通に売られています。
    アメリカでは、悪魔崇拝組織が、案内パンフレットを学校に配るようです。
    宗教の平等、という名において、学校も許可するのですね〜。
    https://www.youtube.com/watch?t=65&v=NAvs_PVrtF4

Post A Comment