RAPT | 「前世」はない。「輪廻転生」もない。その確固たる証拠。
26215
post-template-default,single,single-post,postid-26215,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

「前世」はない。「輪廻転生」もない。その確固たる証拠。

「前世」はない。「輪廻転生」もない。その確固たる証拠。

22

 
ここ二日間に渡って、「輪廻転生」があるのかないのかを考察してきました。
 
輪廻転生はあるのか。または「肉体」と「霊体」の仕組みについて。
 
「輪廻転生」の概念が悪魔から生まれた可能性について。または真に悟りを開いた人とはどんな人なのかについて。
 
で、この記事を書いた後、ある読者の方から「前世」は存在しないという客観的、かつ確たる証拠を教えていただきました。
 
以下の記事を読んでいただけば、「前世」が存在しているとか「輪廻転生」があるとか、そんなことは口が裂けても言えなくなるでしょう。
 
もちろん、「前世を見てあげましょう」といって莫大な鑑定料をもらっているような霊能者、占い師、療法士などは、これからも屁理屈をこねながら「前世はある」と言い張りつづけるでしょうが、彼らの言うことが全く何の根拠もないことが、以下の記事を読めばはっきりとお分かりいただけると思います。
 
はっきりと言いますが、あなたの人生の問題を解決するのにお金は必要ありません。法外なお金を要求して、あなたの人生の問題を解決すると言ってくる人はみんな詐欺師と思えばいいのです。
 
彼らはあなたにあれこれとデタラメ話をして、あなたの抱えている問題をさらに複雑化し、あなたの頭を激しく混乱させます。
 
そうしておいて、あなたの問題をあなた一人ではとても解決できないように仕向けてしまうのです。
 
そうすると、あなたは目の前にいる霊能者、占い師、療法士にすがりつくしかありません。
 
詐欺師とはそうやってあなたから法外なお金をもぎ取ろうとするのです。
 
はっきり言って、「前世」など存在しないのですから、霊能者にも占い師にも療法士にもあなたの「前世」など分かるはずもありません。
 
彼らはただ単に法外な鑑定料をとるために、それらしく聞こえるデタラメな空想話をでっちあげているに過ぎないのです。
 
率直に言って、これほど悪質な商売はないと言っていいでしょう。
 
で、そんな商売をしている人からしてみれば、私のように「前世」を否定するような記事を書く人間は煙たくて煙たくて仕方がない。
 
なので、「輪廻転生」について懐疑的な記事を書いて以来、やたらと嫌がらせメールやコメントが殺到してきました。
 
悪いですが、このブログを読んでいる読者の皆さんは博識な方ばかりですので、必要とあれば、すぐに私に必要かつ重要な情報を送ってくださいます。
 
そういうこともあって、このブログは物凄い勢いでこの世のカラクリをすべて解き明かしてきたのです。
 
今回もまた読者の方からの情報によって「前世」も「輪廻転生」もないということをはっきりと証明する運びになりました。
 
悪いですが、人を騙してお金をぼったくるような商売はこの世から全て消え去るように、このブログではこれからも徹底追求していきます。

 
----------------(以下、教えて!gooから転載)
 
前世療法の信憑性
 
■質問
質問者:rin7755質問日時:2009/01/03 21:45
 
イギリスなどでは、その昔から精神科のドクターによる前世療法が行われ人々を救ってきたと聞きます。
 
日本からも外国に渡り、前世療法を学んだ人もいるとは思うのですが、人間の魂が本当に1つなのか?
 
その魂が何百年も前から体を変えて宿り存在するのか?
 
その魂は何かしら前世と現在の橋渡しをしているものなのか?
 
私はあるきっかけで5年くらい前に前世療法というものを知りました。
 
自分には精神的にどうしてもクリアできないものがあり、それが以前から苦しくて苦しくてたまりません。
 
・・・前世療法・・・
 
本当に胸のつかえがとれるのなら受けてみたいような気がします。
 
ご存知の方もしくはこの療法にお詳しい方教えて下さい。
 
この療法は信憑性はありますか?
 
この療法の凄いところは何ですか? 
 
催眠療法ですよね?  
 
単なる暗示みたいなものですか?
 
受けるとすればどこに行けばいいのでしょう?
 
いかさまっぽいところでは意味がないのできちんとしたところはどのように調べたらいいんですか?
 
 
■ベストアンサー
回答者:kigurumi 回答日時:2009/01/04 01:13
 
よく、このサイトに広告が出ていますよ。
 
広告主があってこそ、このサイトが存続するので、あまり大きな声では言えないのですが。。。
 
1980年代にアメリカで大きな社会パニックが起こったそうです。
 
突如、子供の頃親に性的虐待を受けた記憶が蘇ったとして、裁判所の詰めかける人で、裁判所はごった返したそうです。
 
どうしていきなりそうなったのか?
 
退行催眠療法がブームになったから。
 
中でもジュディス・ハーマンという精神科の医者が、退行催眠療法により「あなたも あなたも あなたも あなたも子供の頃両親に犯されています。その記憶をすべて思い出さない限り、心の病は治りません!」とやった。
 
ブームなので、もてはやされたわけで、ある牧師はいい療法があるのなら、自分もそのやり方をやってみたいと調べたそうです。
 

実際 よくなった人。 0人。

 

療法を受ける前より精神状態が悪化した人、全員。

 
 
家庭崩壊した人、大学を中退しホームレスになってしまった人、自殺した人、そこまでいかない人でも、両親は加害者だと裁判所に訴えた。
 
(註: これこそ「前世」など存在しないという確たる証拠です。しかも、療法を受ける前より精神状態が悪化した人は「全員」!! なんなんですか、これは。詐欺以外の何物でもありません。)
 
国民全員が狂ってしまってはと、法曹界は解決に乗り出した。
 
そして、偽の記憶を作ってしまう恐れのある退行催眠を治療の際にやってはならないと、医者やカウンセラーなどメンタル系の職業の人に行為に法律によって制限を設けた。
 
その事により、やっと精神的錯乱を生み出していた人たちが行動できなくなり、誘導してクライアントに偽の記憶を作らせることができなくなったので、社会パニックは終息に向かった。
 
本人たちは、それは現実に起こったもので、偽の記憶じゃないし、退行催眠で思い出したものは、真実だと今も言っています。
 
逆に偽の記憶だとする側を攻撃しています。
 
そりゃそうですよね。
 
クライアントがやってこなくなったら、商売上がったりですものね。
 
クライアントは、精神が不安定だと感じており、その弱みにつけこみ、「それはあなたが記憶を抑圧しているからですよ。
 
そういう記憶を無理に閉じ込めて意識に上らせないようにしているのは、すごく嫌な記憶だからです。
 
そういう人の特徴は、子供の頃両親にレイプされているに決まっているんですよ。
 
あなたも親に犯されているんです。すべて思い出し親に犯されたことを認めなさい!!!」ってやっちゃったんですね。
 
この女史、なんでもかんでも「子供の頃 親に犯されていますね」とよっぽど親に犯されたいという願望が強すぎたのでしょうか。
 
一応 精神科医ですが、、、狂ってますね。
 
そして、とうという自分も誰かに攻撃されていると、神経症になってしまって、普通に偶然に起こりうることも、誰かに攻撃されたと受け止め、警察を呼ぶようになった。
 
自分が作り出したもので、他人ばかりではなく自らも害を受けてしまった。
 
今でも日本でこの女史の言うことは正しいという信者は多いようです。
 
精神を病んだ人は、全員子供の頃両親に性的虐待を受けていると捉えるメンタル系の職業の人が日本に多いようです。
 
アメリカで起こったパニックを知らないようです。
 
30年前にアメリカで起こることは、日本ではその30年後に起こる。
 
だから今 スピリチュアルブームになっているんです。
 
30年前のアメリカと同じ道を日本も歩んでおり、30年前に起こったことを報道しないので、メンタル系の職業の人は、その弊害を知らないので、さかんに退行催眠を薦めるわけです。
 
ビジネスにつながるので。
 
(註: 美輪明宏、江原啓之、等々をしきりとテレビに登場させ、脚光を浴びさせたのも、何かしら裏で大儲けを企んでいた連中がいたということでしょう。悪いですが、同性愛者という既に人の道から外れた人が、生きる道を説くこと自体、あり得ないことです。)
 
クライアントは先生 とすがるわけで、先生の言うことしか聞こうとしない。
 
他の助言に耳をふさぎ、自分を治してくれる人を神のように思う。
 
第三者からすれば、かなり悪化しているとわかる状態なのに、先生と捉える人から離れようとしない。
 
カルト宗教にはまって落ちていく人のようなもの。
 
で、アメリカで前世を覚えている人たちのことが書かれた本が出版され、すごいと興味を持った人が、実際 その本に書かれた人に会いに行きました。
 
ところが、本に書かれている村が実在しなかった。
 
ですが、そんなすごい人なので、有名だろうと、周りの人に聞いたが、「前世の記憶を持つ人? そんな人 ここらじゃ聞いたことない」と誰も知らなかった。
 
アメリカでは超有名人だが、実際現地の人にとっては無名。
 
いや 実在しませんでした。
 
つまりノンフィクションではなくフィクション。

 
で、本に書いた人に「一体どういうことですか。あなたはホントに本人に会って本を書いたのですか」と聞いたところ、他人からそういう話を聞いたものを、あたかも自分が本人と話しをして聞いたように書いたとのことでした。
 
(註: とか何とか言って、なんとかごまかしたわけでしょうね。)
 
その他人から聞いた話も、また他人から聞いた話で、辿れば、実在の人物にいきつくか?
 
エイリアンに誘拐されたという人を辿っていけば、エイリアンに会えるか?
 
ある人はエイリアンに誘拐され実験されたなどと嘘っぱちだと思っていた。
 
その人に突如 エイリアンがやってきて誘拐して実験をした。
 
と、本人が記憶を蘇らせた。
 
全く信じなかった人だったが、恐ろしい体験だったので、記憶を閉じ込めてしまったのか?
 
で、その人に教授は「そしてエイリアンはこんなことをあなたにしたんですよね。次がこうですよね」と言うと、本人 ぽかんとして「どうして知っているんですか!?」と聞いた。
 
「だってそれ私があなたに催眠をかけて塗りこんだ私が作ったストーリーだから。あなたはエイリアンに誘拐されてなどいません。催眠をかけているとき、私が催眠による誘拐されたという偽の話をしたんです。」
 
「私は催眠などかかっていません」
 
「催眠にかかった人は皆さんそういいます。 ですが実際はかかっているんです。ビデオを見せましょう」と催眠をかけているところ、催眠中に偽のエイリアンに誘拐された話を聞かせているところ、催眠から解いているところ、と映像を見せても、本人ぽかーん。
 
催眠にかけられたという記憶が無い。
 
これが、カウンセリングの最中にも起こったわけです。
 
カウンセリングをする側の誘導で、偽の記憶を作り出した。
 
カウンセラーが好む性的虐待の記憶を自ら作り出し、神と崇める先生に気に入られようと、性的虐待のストーリーを作り出した。
 
カウンセラーに気に入られるために、それを真実の記憶と塗り替えた。
 
前世記憶の本 いくつかありますが、それが真実か検証された例も知っています。
 
何百年も前にイギリス方面の地方で話されていた言葉を、突如喋る出した人。
 
この人の前世は、その地方の人だったのか?
 
いいえ、何百年も前に話されなくなった言葉ではなく、現代の人も使っています。
 
そして、その昔の言葉を喋る人は子供の頃、そのイギリスの地方からやってきた住民と親しく、よくその家を訪れていたことも突き止めた。
 
ええ、そのイギリスからやってきた人は、現代の言葉として使っているわけで、何百年前の言葉じゃないんですね。
 
催眠下では、夢の中で自分の意思とは違う夢を見るように、子供の頃聞いた言葉を思い出して喋ってもおかしくない。
 
ちょっと変わった言葉だ。昔の言葉だと子供の頃に思っていたら、過去に戻るための催眠だといわれたら、当然、昔の言葉となれば、その子供の頃、古い言葉だと思った言葉が蘇ってもおかしくもなんとも無い。
 
上品な女性が、退行催眠をかけると、南部訛の男の言葉使いになってしまった。
 
というのも、上品であるべきだという脅迫観念から催眠により制限がゆるくなると「べらんめ ちくしょー」と今まで言ってみたかった荒い言葉を使ってみたくなるんじゃないでしょうか。
 
酒を飲むと、荒くなる人もいるように、社会的抑圧により上品な人格を演じていた人ほど、実際自分が望む生き方ができず、精神的に苦しい思いをするのではないかと。
 
それが、催眠をかけられ「自由に思いついたことを言っていいんですよ」となれば、「てやんでー」と言ってみたかった言葉を言うんじゃないか と。
 
前世男だったからじゃあない。と思えます。
 
さて、中には胎児の頃の記憶があるという人もいる。
 
胎児の頃は まだ記憶を保存する器官ができておりません。
 
おぎゃーと生まれてた時も、まだできておりません。
 
唯一耳だけは成人に近いレベルですが、そのほかの器官は何年もたたないとできあがらない。
 
記憶を保存する器官が無いのに、どうやって胎児の頃の記憶、そして言葉をまだ習得していないのに、母親がどういう歌を歌っていたとか どういう言葉を腹の中にいる自分に言ったとかなるのでしょうか?
 
それは何年もたって、記憶する器官が出来上がったとき以降に聞いた歌であり言葉だからだと思えます。
 
それを胎児の時に聞いたと、記憶を塗り替えてしまっている。
 
(註 : 子供の魂が自ら親を選んで胎の中に入っていく、などという話もよく聞きますが、それもすべて嘘ということですね。やはり前世はないということです。)
 
----------------(転載ここまで)
 
ということで、これだけ読めば、「前世」なんて存在しないということがはっきりとお分かりいただけたと思います。
 
はっきりと言いますが、人間の運命なんて生まれたときから決まっているわけではありません。カルマがどうこうとか、前世の因縁がどうこうとか、そんなことのためにあなたの人生が悪くなるわけではありません。
 
はっきり言って、人生、生きていれば良いことも悪いこともあります。というか、悪いことの方が多いんじゃないでしょうか。
 
なぜなら、この世の中は悪魔が支配しているわけですからね。
 
そんな中で毎日24時間幸せに楽しく生きる方が無理というものです。
 
なのに、その痛み苦しみに耐えられず、安易にお金でその問題を解決しようとなどするから、悪魔に付け込まれてしまうのです。
 
しかも、単にお金を奪い取られるだけでなく、精神や人生そのものまで完全に破壊されてしまうわけですから、ひとたまりもありません。
 
私はかつて「向精神薬」が精神病を治すどころか、むしろ悪化させるだけという記事を書いたことがありますが、この「前世療法」もそれに似たような、いえ、それを遙かに超える悪質な商売だと感じました。
 
とにかく「前世」は存在しません。「輪廻転生」もありません。これがこの世の真実です。
 
ですから、あなたは自分の人生や心の問題を、霊能者や占い師、療法士などに法外なお金を出して解決してもらう必要がありません。
 
私もこれまで数え切れないぐらいの艱難・苦難に見舞われ、何度も絶望の淵をさまよってきましたが、結局、お金ではなく、すべてを祈りと聖書の言葉で解決してきました。
 
その上、神様はこうしてこの世のカラクリまで私に全て教えてくださいました。
 
法外なお金を出しても、こんなことは絶対に成し得なかったでしょう。
 
むしろ、お金の力なんかに頼らずに、神様だけに頼ったので、ここまでできたと思っています。
 
ちなみに、昨日のコメント欄はまるで一つの壮大なドラマを見ているかのようでしたね。まだご覧になっていない方は、ぜひ昨日のコメント欄もご覧になってみてください。(昨日の記事は以下になります。)
 
「輪廻転生」の概念が悪魔から生まれた可能性について。または真に悟りを開いた人とはどんな人なのかについて。
 
結局、「前世」を信じたところで何もいいことはないし、むしろ余計な苦悩だけが増えてしまうということです。現世の生活を生きるだけでも大変なのに、「前世」のことにまで悩みたくはありませんよね。しかも、存在しない「前世」のことを。
 
皆さんに大きな祝福がありますように。
 

11 Comments
  • こびと
    Posted at 22:39h, 24 4月

    はじめまして。いつも、記事を読ませて頂いております。
    どんどん、悪魔の実体があばかれていくので、日々驚きです。
    輪廻や前世に注目させておいて、お金を巻き上げ、精神を崩壊させるのは、まさに悪魔の業ですね。おみくじや占いも深入りすると良く無いですね。
    知人が病いの癒やしを求めていたら、細木数子を紹介され、祈り1回で100万円と言われたそうです。もちろん、そんな大金払えないので断わったようですが、もし本当に祈りを受けていたら、ますます病いが酷くなっていたと思います。
    多くの人々が、悪魔の支配から解放されるよう、お祈りします。

  • rapt
    Posted at 23:04h, 24 4月

    細木数子は、昔から法外な鑑定料をとることで有名ですね。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1420249574
     
    (以下、転載)
    ----------------
    「勉強会」の参加費が1万円、
    その際、カレンダーを持っていないと強制的に買わされるので2千円、
    「個人鑑定」が1項目につき最低10万円、
    強制的にセットにされる「先祖供養」が10万円、
    以上が最低限必要なお金ですので、
    合計すると21万2千円が必要最低限な金額ということになります。
     
    ただ、これで済めば良いのですが、
    細木の「個人鑑定」には、悪名高い「墓石霊感商法」がつきものだ、
    ということを忘れてはいけません。
     
    つまり、「個人鑑定」時の密室で、細木と「久保田家石材」の人間に囲まれ、
    「死ぬ」「不幸になる」「地獄に落ちる」
    等のテレビでお馴染の脅し文句で迫られても、
    強い意志を持って断ることの出来ない人だと、
    さらに1000万円以上の出費を覚悟しなければなりません。
    ----------------
    これじゃあ、まるでヤクザやチンピラのかつあげと同じですね。
     

  • カシスオレンジ
    Posted at 02:59h, 25 4月

    RAPTさん、皆さん、こんばんは。
    いつも大変貴重なお話を有難うございます。
    人生は一回限り。
    悪魔崇拝者たちが支配している世の中にまた生まれてきたいと思わないので、
    何だか俄然やる気が出てきました。メラメラと燃えています。
    天国に行けるよう頑張ります。
    逆に、たとえ1,000兆円いただいても地獄にいくのは絶対嫌です(笑)。

  • こびと
    Posted at 06:45h, 25 4月

    確か、聖書にも金持ちと貧乏人の話が書かれていたと思います。
    お金で、自分の命を救うことは、絶対にできませんよね。
    多くのお金を持ち過ぎると、この世の誘惑に囚われて、人生が狂います。
    地道に働いて、日々の生活に感謝することが、自分の心を守ることにつながると思います。

  • アモリフェラ
    Posted at 09:30h, 25 4月

    おはようございます。今回のお話も大変興味深かったです。
    この世のカラクリに気が付いて、最初のうちは「呆然」としたり「ガッカリ」することの多かった私ですが…、最近は意外と「真相・真実を知ること」=「天国」なんじゃないのかと、思うようになりました。
    私は無宗教だと人に聞かれたら答えているのですが…。あえて言えば「キリスト教ラプト派」かも知れません。神を信じ、真実を知って、虚飾を廃し、シンプルに生きる、まあそんなようなネット宗派ですね。(笑み) 今日もup感謝いたします。

  • つゆ草
    Posted at 09:45h, 25 4月

    「よろこびが集まったよりも
    悲しみが集まった方が
    しあわせに近いような気がする

    強いものが集まったよりも
    弱いものが集まった方が
    真実に近いような気がする

    しあわせが集まったよりも
    ふしあわせが集まった方が
    愛に近いような気がする」

    星野富弘

  • 五輪の書
    Posted at 10:18h, 25 4月

    人それぞれ入ってくる道は違えども行き着く場所は一つな気がします。まあ自分の真実の探求の入り口が船井氏でしたから。今では胡散臭くて読んでいた書物は全て処分しました。20年近くなりますからね。今はちょいとネットで検索すれば物凄い量の情報が入ってきますから。時間はかかるけど精査しやすい。時間かからずにここに来れる人はラッキーですね。後は一人一人自分の人生と照らし合わせ考えて行けばいいのでは無いのでしょうか?あと工作員の方々に一言。もし自論を押し通して相手を屈服させたいのであればご自分でraptさんのブログの様なものを自分が作りそこでゴリ押しするがよろし。まあみんな興味持つて集まってくれればの話なんですけどねw

  • ぽんて
    Posted at 11:20h, 25 4月

    輪廻や生まれ変わりという「あるか無いかわからない世界への期待」をして自殺してしまう子供が多いです。

    悲しいことです。。

  • Posted at 12:57h, 25 4月

    沢山の人が輪廻転生を言っているのですっかり信じていました、だから今生では無理だから来世に頑張ろうと思ってのんびり過ごしていたので驚きました。
    調べた所、スピリチュアリズム普及会の公式ホームページに「ブライアン・ワイス博士の前世療法の問題点」で、退行催眠による前世像やソウルメイトといった人間関係はことごとく事実から遠く離れたフィクションであると有りました。また今の私という意識はその地上人生における一度限りのもので、再生時には別の人間意識(私)になっています。前世の私は二度と地上には存在しません。とありました。

    それと「パワーストーンがもっとわかるブログ」を一部転載します。
    私たちは、自分が気をつけていても大変なことが人生で起こってきます。
    それをカルマと説明されて納得できますか。
    この考え方は極端にいくと、差別を生みます。
    インドではこの前世についての考え方に基づいて、カースト制度が生まれました。
    生まれながらに貧乏だったり、障がいを抱えている人は、
    「カルマ」があるからと説明して差別をするのです。徹底的に。
    インドでは多くの貧しい人たちが見捨てられてきました。
    世界で最も貧しい人たちが集まる場所のひとつのインドのスラム街があげられるのは、
    このカースト制度に基づく差別に起因しているといわれています。
    前世という考え方は極論すると、世界にこのような悪影響を与えてしまうことも
    あるということを覚えていてください。
    転載終わり。

    今まで信じていた事がガラガラと崩れ落ちました。
    ブログ楽しみにしています。

  • カシスオレンジ
    Posted at 15:22h, 25 4月

    >こびとさま
    >確か、聖書にも金持ちと貧乏人の話が書かれていたと思います。
    「ルカによる福音書」16章19~31節「金持ちとラザロ」のことですね。
    非常に考えさせられるお話しですね。
    天国と陰府の間には大きな淵があり、どうすることもできないようですし。

    私は未熟者で全然できていないのですが、下記の記事の中でRAPTさんが記述された
    「マタイによる福音書」22章37〜39節の考え方が非常に大切なことだと思っています。
    http://rapt-neo.com/?p=25897
    人生は一度きりですので、自らが未熟であることを認めつつも
    悔い改め、あきらめないで神さまに寄り添っていたいと願ってやみません。

  • とし
    Posted at 16:31h, 23 8月

    過去世が宇宙人だとかなんとか言って高額な受講料でセミナーを開催してる人もいますね。
    http://ameblo.jp/brigits/
    ぼったくりもいいところです。

Post A Comment