RAPT | 世界の億万長者ビル・ゲイツがアメリカの社会を破壊している現状について。
15133
post-template-default,single,single-post,postid-15133,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

世界の億万長者ビル・ゲイツがアメリカの社会を破壊している現状について。

世界の億万長者ビル・ゲイツがアメリカの社会を破壊している現状について。

 

ここのところ、このブログの読者の皆さんから多くのコメントやメールをいただいており、非常に励まされると同時に心から感謝しております。  
 
しかしながら、日によっては一日のうちに何通もメールをいただくことがあり、とてもではありませんが、その全てに返事を差し上げることができない状態です。したがって、もし私が皆さんのコメントやメールに返事しなかったとしても、決して無視しているわけではありませんので、どうかそれだけはご理解ください。
 
また、このような現状に対処するためにも、皆さんからいただいたメールの中でも、特に多くの方々に情報として共有した方がいいと思えるものについては、なるべく記事の中でご紹介したいとも考えています。
 
コメントにつきましても、私自身がそのコメントの内容をもっと深く掘り下げたいと思うもの、掘り下げるべきだと思うものもありますので、その場合は特に、私自身、詳しくその内容を調査した上で、記事にしてご紹介させていただきたいと考えています。
 
ということで、今回は皆さんからいただいたメールの中でも、特に多くの方々に共有したいと思ったものを、この場を借りてご紹介させていただこうと思います。
 
昨日、私は記事の中でアメリカが世界一最悪な国家に成りはてているということ、そしてそのアメリカがやってきたことを日本がやろうとしていること、そのため日本の経済がどんどん破壊されていることを書きました。(その記事は以下のリンクになります。)
 
賃金を上げずにデフレを解消して物価を上昇させれば、家計はパンクします。この国は国民を苦しめることしか考えていません。
 
しかし、残念ながら、日本のメディアが未だにアメリカが理想的な素晴らしい国家であるかのように報道していますので、多くの国民がアメリカの音楽や映画などを見ながら憧れを抱き、アメリカに追随することを良しとしているようです。
 
しかし、アメリカという国家は単に「イメージ戦略」で全世界の人々を洗脳し、アメリカがとても素晴らしい国であるかのように思い込ませているだけに過ぎません。
 
たまに私のところにもアメリカにお住まいの方からメールが届くのですが、彼らの語るアメリカの現実は非常に厳しいものです。非常に悲惨なものです。もちろん、彼らの語ることがアメリカの現実の全てだとは思いませんが、例え現実の断片であったとしても、知っておくに越したことはないと思います。いいえ、むしろ知るべきだと私は思います。
 
今回はそのアメリカの現状について語ってくださった方のメールの内容を一部ご紹介いたします。
 
—————————————
 
私は今シアトル(厳密にはカークランドというシアトル郊外の町)に住んでいます。
 
まずここにはかつて(Raptさんのぶろぐにも出てくる)ビルゲイツ率いたマイクロソフトがありますがアメリカの雇用形態を非常に大きく破壊しました。それは派遣システムを非常に多く取り入れ(日本の竹中はこれを習ったんだと思いますが、、、)、派遣もしくは契約社員を9ヶ月契約にして3ヶ月休んでその後更新するかどうか決める、そして正社員でもバンバン切る。確か常に年5%以上をきり続けて人を変え続けるという感じです。言うならば正社員もプロ野球選手のような感じです。
 
これによって、マイクロソフトに長く働かれ高齢になった方も容赦なく切り続けています。それによってシアトル近辺はかなりお父さんが高齢で既に大家族になってしまった方々が路頭に迷ったという話をちょくちょく聞きました。マイクロソフトが勢いがあった2000年初頭から中期にかけてこの雇用の流動化をどんどん加速させてこれがまた全米により大きく広がった感があります。(これによりマイクロソフトで長く働く人は極めて減って、今はいる人にとっては長くいない場所という感じになっているのですが、、、、)
 
ビルゲイツはたくさん寄付しているだのなんだの流れていますが、自分は長くいて見てわかるのですがマイクロソフトの巨大化とともに完全に正比例で浮浪者の数がシアトルに増えました。ともに、一部のモンスター的な富裕層を作ったため、町の物価が一気に上がり一般層には年々住みにくくなってきています。
 
ビルメリンダゲイツ財団はダウンタウンのど真ん中に出来たのですが、非常に違和感のある建物です。ダウンタウンは以前よりもはるかに多い浮浪者が回りを歩いています。それによって建物はバリケードで完全に囲まれています。シアトルの空港にはビルゲイツが注射器を持って笑っているポスターがあります。ビルゲイツは遠いアフリカを救うんだとかっこつけていますがシアトル市民は、その足元のこの町を破壊して、浮浪者を増やして、治安を悪化させておいてよく言うよと思っています。
 
自分は財団の中の博物館を見学したことがあるのですが、その際ひとつ驚いたことがあります。中身の8割は例のワクチン、1割は農業関係だったような覚えがあります(なぜか北極か南極に種を集めているというのはなかったのですが)ひっそりと角に“Climate Change”の研究とありました。表向きは干ばつがありそうな所に雨を降らそうよ、みたいなことが書いてあったのですが、Raptさんから見ればすぐ天候兵器を思い出すはずです。非常に小さなパネルでしたがこんなことまでやってるのかとあきれました。
 
—————————————
 
現在の日本もまたこれと全く同じ運命を辿りつつあります。日本の場合、まだそれほど浮浪者の数は目立って多くはありませんが、竹中平蔵が政府の中枢にのさばっている限り、日本でもワーキングプア(年収200万以下の人たち)の数は今後もどんどん増えていくでしょうし、ワーキングプアどころか、仕事のない浮浪者の数もどんどん増えていくことでしょう。
 
そうして、彼らの得るべき富がビル・ゲイツのような一部の富裕層にどんどん流れていくわけです。しかも、その富裕層たちは「ビルメリンダゲイツ財団」のような悪しき会社を作り、殺人ワクチン、殺人ウイルスの開発に日々いそしむわけです。詳しくは以下の動画をご覧ください。
 
 


 
そもそも、このビル・ゲイツが現在のような億万長者になれたのは、日航機123便が墜落し、トロンOSを開発していた日本の技術者がこぞって死んでしまったためと言われています。つまり、日航機の墜落は単なる事故ではなく、裏社会の陰謀であった可能性が高いわけです。
 
そんな悪事を働いて巨万の富を得た人物が、世界的に大きく評価されると同時に、続けて巨万の富を得ながら、裏社会の言いなりになってこの社会と人類とを破壊しつづけているのです。こんなことが許されていいわけがありません。
 
とにかく、この世は本当に恐ろしい世界になってしまいました。見るも無惨な世界になってしまいました。しかしながら、日本だけは絶対にアメリカの二の舞にならないようにしなければなりません。我々一人一人が、自分にできることが何であるかを考えて行動に移すべき時が来ています。
 

3 Comments
  • nemesis3112011 (ネメシス)
    Posted at 19:17h, 01 9月

    「ワクチン」 と聴いて最初に連想されるのが 「優生学」 と 「人口抑制」 です。
    どちらもNWO(ユダヤ金融資本による世界支配)実現を目指す
    タルムード(悪魔信仰)信者たちの独り善がりの思想の表れです。
     
    水道水に不妊症の薬を混ぜて、人口抑制すべきだという、普通の人間にとっては
    まったくもって気違いとしか思えないようなことを 大真面目で述べるような人間が、
    米政府の主要な参謀として職についています。
     
    アレックス・ジョーンズ・ショー日曜版(01/10)
    https://www.youtube.com/watch?v=JhbhqEJ901Y
     
    この気違い科学者が、何とオバマ大統領の直属の科学部門のアドヴァイザーなんです。
    (ちなみに311福島禍の時のアメリカ側窓口でもありました)
     
    もう、この 「優生学」 というのが、ユダヤ民族の 「選民主義」 とともに
    もろ、あのナチスの 「アーリア民族の優越性」 と重なり、
    ナチス=実はユダヤ=ユダヤ国際金融資本=NWO=タルムード=悪魔崇拝
    という図式が益々明確になってきます。
     
    それと もうひとつ、最近日本でも話題になっている 「子宮頸癌ワクチン」。
     
    【舛添要一売国奴偽都知事】と【子宮頸癌ワクチン】の関係 さゆふらっとまうんど
    https://www.youtube.com/watch?v=mWT25OLdxqo
     
    今朝のRKブログでも、これまた海外の常連さんの 「ハニトラTシャツ希望@NY」 さんが、
    子宮頸癌予防ワクチンの治験者1000人(全国)中、
    なんとその内の300人が弘前市民である事実と、
    また同市に隣接した、美人の宝庫で名高い西目屋村の女子生徒が全員、
    既に該当ワクチンの強制接種という暴挙の餌食となってしまっている現実を
    報告していらっしゃいました。
    http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_5.html
     
    「強制接種」 って何だよ、それ!
    これって物凄い人権侵害で、それこそ憲法違反じゃないんかい?!
    接種を受けさせられた女児の両親は、村だか弘前市だかの責任者を相手取って
    「殺人未遂」 だとか何とかで、裁判を起こして訴えたって良いと思う。
    自分は今、彼女らには具体的には何もしてあげられないこの不甲斐なさを、
    ひしひしと噛み締めております。(涙)
     

  • Mikako Kuroda
    Posted at 23:33h, 01 9月

    不慣れなくせに度々のコメント失礼します。
    不慣れでブログを傍観しか出来なかった私を突き動かすのは何でしょう?
    アレックスジョーンズ氏の2014,08,28のSecretive Forced Labor Camp Revealed をお薦めします。
    また、raptさんはもうご存じか知れませんが、ユーザー名 jhenningkelloggiaさんの Refraction Distractionを
    ぜひご覧下さい!! OPEN your eyes です。
    検閲かけて 日本の上の方はどうされますか?

  • 遠藤和之
    Posted at 00:56h, 27 11月

    日本の職業訓練のそれぞれの学校の背後に得体の知れない財団法人、公益法人が存在し、その指導のもとに生徒に
    洗脳を指示しています。ガイドラインを学校に渡し、それに従うようになっています。
    この財団法人、公益法人は天下りの巣なっています。
    新聞やニュースになりませんが。

Post A Comment