RAPT | RAPT有料記事324(2018年11月3日)主を信じ愛する者は自ずと運命が好転し、主に反逆する者は自ずと運命が悪化していく。
49120
post-template-default,single,single-post,postid-49120,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事324(2018年11月3日)主を信じ愛する者は自ずと運命が好転し、主に反逆する者は自ずと運命が悪化していく。

RAPT有料記事324(2018年11月3日)主を信じ愛する者は自ずと運命が好転し、主に反逆する者は自ずと運命が悪化していく。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
今現在、私たちはサタンやイルミナティと激しい戦いを繰り広げている最中です。
 
しかし、そのような中にあっても、神様の裁きはどんどん進行しており、悪人には厳しい裁きが下され、義人には豊かな祝福が与えられています。
 
神様を信じて愛する者は自ずとその運命が好転していることでしょうし、その反面、神様に反逆する者は自ずとその運命が悪化していることでしょう。
 
自分でもそれがはっきりと分かるぐらい、神様は一人ひとりの運命を変えておられます。
 
そして実際、このような裁きによって、イルミナティの核心であるカルト・生長の家では、月に千人もの退会者が出てきているようですし、統一教や幸福の科学、エホバの証人といったその他のカルトでも激しい分裂騒ぎが起き、今や崩壊の危機を迎えています。
 
また、発足したばかりの第四次安倍内閣も、早くも終焉の危機を迎えているかのような様相を呈しており、どこもかしこも暗いニュースで満ち溢れています。
 
ところが、神様を信じて愛する私たちは、今や次から次へと霊的にも肉的にも祝福が与えられ、心の喜びで満ち溢れています。
 
神様はこのようにしてこれから年末にかけて、私たち人間にそれぞれ受けるべき祝福と裁きを下されていくでしょう。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月11月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の赤いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2018年11月分の有料記事を全て購読することができます。
 

 
記事の購入には、各種クレジットカード(VISA,MASTER)での決済はもちろん、Paypalやコンビニ決済、ATM決済、ネットバンク決済などがご利用いただけます。
 

No Comments

Post A Comment