RAPT | RAPT有料記事228(2017年11月27日)神様の世界では次元の高い愛が義とされ、次元の低い愛は罪とされる。
45923
post-template-default,single,single-post,postid-45923,single-format-aside,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事228(2017年11月27日)神様の世界では次元の高い愛が義とされ、次元の低い愛は罪とされる。

RAPT有料記事228(2017年11月27日)神様の世界では次元の高い愛が義とされ、次元の低い愛は罪とされる。


 
今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。
 
これまでこの御言葉の中で何度も伝えてきました通り、私たちの信じる神様はどこまでも豊かな愛をもった神様です。
 
しかし、神様が我々に対して抱いている愛は、私たち人間が考えている愛とは根本的に違います。
 
これについてはこれまで何度も話してきましたが、愛媛の教会に通う人たちの中にも、未だに神様の愛をきちんと理解できず、間違った愛で人を愛する人が現れ、それによって大きな問題が発生しました。
 
その人は、皆で食事をしているときに、一人だけ子供とじゃれ合ってその場の雰囲気を乱し、さらにはそのことを指摘してきた兄弟姉妹について、陰であれこれと悪口をまくし立てました。
 
そうすることで、自分はあいつよりも子供に対する豊かな愛を持っているとアピールしようとしたわけですが、真に愛を持っている人がどうして皆の楽しい雰囲気を壊したり、陰で他人の悪口を言ったりするでしょうか。
 
この時点で、この人が真の愛を持ってはおらず、自分勝手な歪んだ愛を持っていることが分かります。
 
神様が仰られる愛はどこまでも次元の高い愛であり、その愛こそが神様の前で義とされます。
 
一方で、この世には次元の低い愛があり、その愛は神様の前では罪とされます。
 
神様の世界では同じ愛という行為をしても、一方では祝福され、一方では裁きが下されるのです。
 
今回はこの愛の問題について、主がまたしても深い啓示の御言葉を私たちに与えてくださいました。
 

 
なお、記事の購読を希望される方で、今月11月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2017年11月分の有料記事を全て購読することができます。
 
また、クレジットカードをお持ちでない方は、デイピッドカード、またはコンビニ等で販売されているVプリカでも購入できます。
 
今すぐ購入
 

1Comment
  • はっぴぃ
    Posted at 21:58h, 28 11月

    断食祈りをして

    私の初の断食体験をお話しさせて下さい。
    私は体の具合が悪くて食べる元気のない時以外には、食べ物を口にしない、という経験がありませんでした。もともと食いしん坊な私に断食とは未知の世界でした。それでも朝会の御言葉を聞いて、やりたい!いや、やらねば!!と強く心に感じ、一日ですが体験した感想を綴らさせて頂きます。

    その日は朝から家人が留守でしたので、いろんな讃美歌をYouTubeで検索しながら、誰に遠慮することもなく、日中ずっと楽しく賛美ができて満ち足りた気持ちでありました。
    夜には親しい友人達との楽しい食事会。
    本当に充実した一日を終えるところ、だったのですが、、、
    家の前で友人を見送り、手を振った私の指から、普段は身につけない記念の指輪が宙に舞い、夜の闇の新雪の中へ、、、行方不明に。
    頭が真っ白になったあと、さらに慌てふためきましたが、探すことは諦め、これは神様の裁きかと思い、悔い改めるため、夜中でしたが大声で賛美しました。家人も居らず、冬ですのでどのお宅も窓を閉め、我が家は幸いなことに断熱性機密性とも高い家なので、声が外に響くことはありません。
    しばらく賛美していると、これは裁きではなく、神様がわざと私の指から指輪を外し、朝にはポンと戻して下さるのではないか?と思え、ざわついた心が落ち着いて来ました。
    愛媛の教会に兄弟姉妹の皆さんが集まってくる1時まで賛美をし、それからいつもは翌朝に聞く朝会の配信を聞きました。その日はraptさんが断食祈りを教えてくださり、明日は(いやもう今日ですが…)断食だ!と決めました。

    そして翌朝、どこからどうやって探せばいいやら、途方もない雪の中から小さな指輪を探すなんて…でも見つかるまで何時間でも探そうと決心して臨みました。
    するとどうでしょう、なんと15分も経たないうちに神様は指輪を私の手に戻して下さったのです!こんなにわかりやすい祝福がありますでしょうか。主よありがとうございます。私は指輪が戻って来たことよりも、小さな、未熟な私に神様のしるしを見せてくださったことに涙がとまりませんでした。
    raptさんは私たちに、御言葉通りに生きよ。4本の柱を持て。と力強く、何度も何度も繰り返し教えて下さいます。どうか一人でも多くの方がこの御言葉に出会い、救われることがありますように。私は情けないことに、家族を含め誰一人として伝道できていません。それでもこうやって神様が私を見捨てずに見守ってくださっています。
    神様はどんな人にも愛を与えたいと思っていらっしゃるのが、よくわかります。
    もし有料記事に飛んで行くか行くまいか、悩んでいる方がいらっしゃったら、どうかどうか一歩前に進む勇気を出して下さい。あなたのために。。。切にお祈りします。

    すみません、断食から話がそれました。
    指輪が見つかってからも、その日はもちろん断食を続けました。意味があって断食するためか、食いしん坊の私が、食べたい!という思いと戦うことはまったくありませんでした。好きなコーヒーも一口も飲みたいと思いませんでした。
    就寝中にお腹が空いて目がさめるということもなく、本当に至ってフツウでした。
    朝も空腹で…ということもなく、全くいつも通りでした。一日断食が私にはちょうどいい重さなのだと思いました。断食後、初めて口にした食べ物の味が違いました。味覚が研ぎ澄まされ、白米やパンのそのものの甘みが強烈に感じられ、美味しかったです。たった一日の断食で、です。
    具合が悪くて食事を摂らなかった後の味覚とはまったく違いました。
    この研ぎ澄まされた感じが聖霊様を受けやすい身体にもしてくれるのかな、とも思えました。
    断食はこわくないですよ。逆に恵みを与えてくれることがわかりました。無理は禁物ですが。
    今年中に断食を数回するだけで、来年はサタンからの影響がなくなるのです!こんな素晴らしいご褒美をも神様は下さったのです。

    家人が留守だった日
    思う存分賛美ができた
    友人との楽しい食事
    指輪が宙に舞う
    からの賛美
    そしてraptさんの断食祈りの御言葉
    今年中に断食5回以上を決心
    指輪が戻る(主からのしるし)
    断食祈りができた喜び

    これらはすべて偶然ではなく、必然なシナリオだったんだと思えます。
    主よ感謝致します。

    長文駄文を最後まで読んでくださりありがとうございました。誤字脱字ありましたらお許し下さい。

    皆さまにも
    どうか神様からの祝福がありますように。

Post A Comment