RAPT | RAPT・1.stアルバム発売記念・特別企画〈RAPT×K.対談 VOL.1〉 これまでの音楽とこれからの音楽
38336
post-template-default,single,single-post,postid-38336,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT・1.stアルバム発売記念・特別企画〈RAPT×K.対談 VOL.1〉 これまでの音楽とこれからの音楽

RAPT・1.stアルバム発売記念・特別企画〈RAPT×K.対談 VOL.1〉 これまでの音楽とこれからの音楽

 
ここ最近は音楽活動に力を入れているため、一般記事の更新も週一回とさせていただいていますが、こうしている間も1stアルバム発売に向けてコツコツと活動を続けています。
 
何しろ、二年近くもの間ずっと「RAPTファーストアルバム近日発売」状態が続いていましたので、私としても早く発売しなければと必死な思いです。
 
とはいえ、私一人で作曲、アレンジ、ミキシングなど、何から何までやっていますので、時間が途方もなくかかってしまうのです。
 
一応、まだアルバムの発売日は未定ではありますが、それでも近いうちに発売できそうな目処が立ってきました。
 
そこで今回、特別企画としまして、プロのピアニスト「K.」さんとの対談を公開することにしました。
 
「K.」さんも今回のアルバムのうち一曲のみですが、参加してくださっています。
 
今回のアルバムは全部で10曲を収録する予定で、その曲のほとんどがアップテンポの洋楽系の曲ばかりなのですが、その中で唯一、しっとりとしたバラードの曲があります。
 
今回の対談のオープニングとエンディングに流れているのがその曲です。
 
この曲は私が今から15年以上も前、ちょうど2000年頃に作ったもので、私としてもかなり思い入れのある曲です。
 
その当時は、私一人だけで歌っていた(ピアノの打ち込みに併せて、ときに誰かに伴奏してもらって)のですが、今回、この曲をアルバムに収録している際、この際だから、「K.」さんにビアノの演奏を頼んでみてはどうかと思いつきました。
 
プロのピアニストに演奏してもらったら、よりリアルな曲になるだろうと思ったからです。
 
で、「K.」さんもこの依頼を喜んで承諾してくださいました。
 
といっても、「K.」さんも実際に演奏したわけではなく、打ち込みをしただけですが、それでもさすがにプロのピアニストだけあって、打ち込みにもかなりのリアリティがあります。
 
しかも「K.」さんは、ピアノの打ち込みをしているうちに、ベースやギターもアレンジしたいと言い出し、結局、ピアノとベースとギター、ストリングスの一部も「K.」さんにアレンジしていただくことになりました。
 
といっても、私と「K.」さんは古くからの付き合いがあったわけではありません。
 
実は「K.」さんと知り合ったのはほんの数カ月前のことで、今年の二月に「K.」さんから以下のメールをいただいたことがきっかけでした。
 
---------------------
 
いつも拝見させていただいています。
 
私も一ヶ月ほど前からRAPTさんのブログに出会い、聖書を読み、キリストの教えを学ぶに至りました。今にして思えば、本当に良い選択をしたと思います。
 
私はピアニストとして活動していましたが、音大の大学院を出て活動わずか1年ほどで、約5年ほど前の話になりますが、フォーカル・ジストニア、と呼ばれる指のコントロールが困難となる症状に見舞われ、簡単な動作すらも非常に困難となってしまう、演奏家としては致命的な症状を発症してしまいました。
 
そこからの人生はもう絶望の連続でした。未だその症状は良くなってはいませんが、RAPTさんのブログに出会ったことは本当に良い転機であったと、今ではそう思っています。
 
聖書を読み、お祈りを行うようになり、ここ最近不思議な現象に見舞われました。
 
最初は足元あたりにモヤっとした暖かい空気が触れる感触があり、気のせいかと思っていたのが、徐々に強くなっていき、今では寒いところにいると勝手に暖房が付いているかのように暖かい気流がまとわりついてくるような感触を明確に感じるようになってきました。
 
時には部分的にカイロを入れてるくらい熱く感じる時もあるくらいです。これが気の力なのでしょうか?
 
変わったことと言えば聖書を読むようになったこと、お祈りするようになったこと、タヒボ茶を飲むようになったこと、くらいです。
 
またここ最近足の裏が痛く、足底筋膜炎というのになったため、気功整体に行った、というのはありましたが、その気功整体自体は昔から何度か通っており、このような変化が体に起こったことはありませんでした。いずれにしても不思議です。
 
---------------------
 
さらに、それから一ヶ月ほど後にも、以下のようなメールをいただきました。
 
---------------------
 
以前メールを送らせていただきました、右手をフォーカル・ジストニアと呼ばれる運動障害のため活動を休止している元ピアニストです。
 
実は徐々に徐々にですが、祈りにより回復に向かっています。まだ復帰は難しいですし、完治までいけるかはなんともいえませんが、通常では考えられないことが起こっており自分でも驚いています。
 
希望が持ててきました。
 
キリスト教に出会えて本当に幸せであったと心から思います。ありがとうございました。
 
手の件とはまた別に質問なのですが、聖霊の熱い気がさらに強くなってきたわけですが、今後もしかすると人を癒すようなことができるようになるのでしょうか?
 
また最近ではふいに、主に集中して祈っているときですが、頭皮がもぞもぞするような感覚が出てきました。
 
もしかしてこれは霊感が強くなった、ということなのでしょうか?だとすると行き着く先僕は一体どのようになってしまうのかなと、ぜひお教えいただければと思います。
 
またこれほどに分かりやすい不思議なことが起こるというのは、他の人もよくあるのでしょうか?
 
かなりのめり込んでしまってまして、正直神様を信じていない人たちとはもう別の次元に生きてるような感覚になってきました。
 
信仰生活2ヶ月でこんなになるとは思いませんでした。
 
手を治し復帰して、演奏と福音を人々に伝えていく。これが今後の理想であり自分に出来る奉仕かなと考えております。
 
---------------------
 
つまり、私の有料記事を読むようになってから、聖書を読んだりお祈りしたりしているうちに、不思議と病気が治っていくような感覚があったということです。
 
それで、これは一体どういうことなのかと不思議に思い、私にこのような質問メールを送ってこられたわけです。
 
で、その後、このジストニアの件についてあれこれと話をしていくうちに、一緒に音楽活動をする運びになったわけです。
 
私にとっても、そして「K.」さんにとっても、ある意味、とても運命的な出会いになりました。
 
ただ、今回のこの対談をしたとき、私がやや体調を崩しておりまして、いつもより声に元気がありません。本当に聞き苦しくて申し訳ありません。
 
なので、この対談を公開するかどうか少し迷った部分もあったのですが、RAPT理論を知っている者どうしが芸術について語り合うとこんな感じになる、ということが少しは伝わるのではないかと思い、敢えてこの対談を公開させていただくことにしました。
 
今回の対談は、特に解説などなくても理解できるような内容になっていますので、堅苦しい説明は抜きにして、とりあえず気楽に聞いていただければと思います。
 
ちなみに、この動画のオープニングとエンディングに流れているのは「The cross」という曲で、イエス・キリストが十字架に架けられたときの悲しみの心情を歌ったものです。
 
この曲のヴォーカル担当は私の家内です(笑)。今回のアルバムでは、家内もこの曲でのみ参加しています。
 
なお、「K.」さんとの対談はさらに続きますので、どうぞご期待ください。
 

10 Comments
  • ユンダンテ
    Posted at 23:45h, 20 6月

    私は祈っているとき、心臓の音、首、手首の脈打つ音ともう1つ、どこの音かわからない脈?が不規則なリズムできます。

    K.さんの指が治ってraptさんとの音楽活動も楽しみに待ちます。
    アルバムも楽しみに待ってます。

  • 真の知識を欲する者
    Posted at 00:02h, 21 6月

    こんばんは。おめでとうございます!本当にいつアルバムが発売されるのかと首を長くして待っていました。
    アルバムの発売を心待ちにしております。
    対談の最後の曲の中に「更に磔にするのか」とあって心臓がつかまれるような切なさを感じました。こんなに素晴らしい曲が10曲も発表されるとなると今からとても楽しみです。
    最近の流行の曲やアニメが幼稚化している。まさにその通りだと思います。
    自分の家はテレビが毎日ついているのですが騒音と笑い声とその放送内容には耐えられません。(両親は平気で見ていますが・・・。)
    「日本人は体だけ大人になって心は子供のまま」。これもその通りだと思います。自分さえよければそれでいい。若い人も老人もそのような人が多いですよ(汗)接客業をしていますので余計にそう感じます。
    あと日本人は刑法に引っかかる犯罪は犯さないけれど、モラルがない。
    彼らの洗脳工作が上手に進んでいるのですね。悲しいです。
    最近「地獄は本当にある」という検索をしてみて以下のサイトを見つけました。
    http://www.tengokujigoku.info/ji/ji.html 現世の行いは死後に繁栄されます。永遠に栄光を受けるか永遠に破滅するか。
    調子の良いときには聖霊様がいらっしゃることを感じることがあります。Kさんとは違い足元ではなく胸が温かくなります。
    背後に守護天使?なのか何か気配があることを頻繁に感じます。邪悪なものでは無さそうですが守護天使ってそんなに簡単に感知できるものなのでしょうか・・・?聖なるものを感じ取るのは難しいとRAPTさんがおっしゃていたので少し疑問です。
    善良な皆様が永遠の栄光を受けますように。

  • HI
    Posted at 01:54h, 21 6月

    更新有難う御座います。
    RAPTさんの奥様がとても綺麗で澄んだ声だったのが印象的でした。
    そしてメロディを聴くにつれて御子の様々な場面が浮かんできます。
    気付けばここ最近、教室で何かをしてる夢ばかり見ます。
    おそらくまだまだ勉強や知識が足りないという事だと思い、
    有料記事を最初から読み返したり聖書を読んで悟れるように頑張ろうと思っています。

  • ちょこたん
    Posted at 10:34h, 21 6月

    今回の対談を再生し、流れてくる音楽を耳にした途端に、涙が溢れました。奥さまのお声がとても澄んでいて、清みわたるようでした。何度も聴いてしまいます。フルバージョンでずっと聴いていたいです。ここのところ、お祈りに集中できない日が続いていたので、救われるようでした。本当に有難うございます。対談でも仰っていたように、艱難があったからこそ、RAPTさんのblogに出会え、聖書に辿り着き、命のパンを手にすることができたのですよね。私もKさんと同じです。Kさんの病が癒え、主の御心を行ってゆくことができますように。アルバム、楽しみにしております。RAPTさんと奥さま、共に行う方々に神様からの幾多もの祝福とご加護がありますように。

  • あやこ
    Posted at 15:41h, 21 6月

    対談も素晴らしかったですが、音楽もとても素晴らしかったです。
    昨今の愛だ恋だの薄っぺらな歌に辟易としていましたので、とても心地良く染み渡りました。
    もっと聴きたい、フルコーラスで早く聴きたいと私も思います。
    奥様の声、本当に透明で美しいですね。この声で賛美歌を歌ったらどんなに素敵だろうと想像してしまいました。
    因みに今もう一度対談を聴こうと思ってブログを開きましたが、YouTubeの部分が消えていました。これって私だけでしょうか?端末の不具合でしょうか。

    私も沢山の艱難がありましたが、それもここに辿り着く為だったのだと心から思います。Kさんやちょこたんさん、ここの読者の皆さんと同じ気持ちです。

    RAPTさんが益々ご活躍されることを神様はお望みなのだと感じました。それにきちんと応えていらっしゃるRAPTさんを尊敬致します。

    神様がRAPTさんと共に行なう方々をお護りくださいますよう、沢山の祝福がありますようにお祈り致しております。

  • あやこ
    Posted at 15:42h, 21 6月

    いま、YouTube表示されました。
    失礼致しました。

  • NASU
    Posted at 15:52h, 21 6月

    美しいブログですね。
    皆様がおっしゃるように澄んだ奥様の歌声も
    それをさり気なく紹介しているRAPTさんも
    ほんとうに素敵です。
    音楽には癒しとか療法とかの力があるそうですが、
    Kさんとのコラボ楽しみです。
    朝のお祈りは演奏前のチューニングと似てますね。
    言葉だけでなくRAPTさんの音楽の表現が世の中を
    変化させていくことは間違いないので心待ちにして
    おります。芸術の世界が広がって行くことを、こころ
    からお祈りいたします。

  • 88
    Posted at 23:49h, 21 6月

    ps、
    病気は全て生活習慣病と考えています。
    西洋文化、砂糖、保存量、添加物、偏った姿勢、ファッション優先の無理がくる靴など。
    便利に依存しすぎ随落した人々の負の部分。
    医療はそれをあれこれ利用にその事を新たに生活習慣病と言うものを作り煙に巻く。
    お酒、タバコだけが生活習慣病ではないことに気付いて欲しいなと感じています。
    全てを極端に原始にすると言うことでなく、選択しているもの吟味理解し、悪いものを取ったら汗や風呂で出す。
    体内維持のバランス。
    霊的に心と意識を悔い改めれば、自然と生活習慣も悔い改め良いもの良い生活を見抜いて選ぶ様になると思っています。
    解る方には理解できると思いコメント追加します。
    誘惑する偽専門家などがいない世界になります様に。

  • Olive
    Posted at 18:28h, 22 6月

    対談の中で、RAPTさんがKさんにおっしゃった
    「私と出会うために・・・」の応答に
    Kさんが「私もそう思います・・・」の部分に胸が熱くなりました。
    みたまの力ですね。
    確実に霊的成長をされていらっしゃいますね。
    あまり頑張り過ぎなくても、清い心でお祈りいていれば、
    必ず御霊が導いてくれます。
    信仰期間なんて関係なくて、
    何を信仰して、どのくらい深いのかが大切と思います。
    僭越な物言いで申し訳ありません。
    Kさんの平安をお祈りします。
    また、皆様に平安が有ります様に。
    2年前から近日発売予定(笑)の
    アルバムすごく楽しみです!!
    RAPTさんご自身がすべて御一人で作業されてご苦労でしょうが、
    作品楽しみで仕方がありません。
    いつも有難うございます。

  • dds
    Posted at 21:43h, 23 6月

    ラプトさんのブログ、2年前から読ませていただいてます。
    目覚めのきっかけとなり、大変感謝しております。

    今日の昼ごろからラプトブログを見ようとしたら、ウィルスバスターのブロックがかかりました。
    今までまったくかかったことがないのに。

    裏側で、何か操作されているのでしょうか。

    心配になり、コメントさせていただきました。

Post A Comment