RAPT | RAPT有料記事47(2016年3月5日)サタンを完全に始末する方法。
36421
post-template-default,single,single-post,postid-36421,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事47(2016年3月5日)サタンを完全に始末する方法。

RAPT有料記事47(2016年3月5日)サタンを完全に始末する方法。

9078
 
サタンが「悪」を「善」だと言って、私たち人間を「悪」の道に導くことは周知の事実です。
 
逆に、サタンが「善」を「悪」だと言って、私たちが「善」を行っているにもかかわらず、それを「悪」だと言って責め、罪悪感を抱かせ、二度とその「善」を行えないようにすることもあります。
 
例えば、つい最近、このようなことがありました。
 
ある教会の牧師と名乗る人が、急に私のところに連絡してきて、「お金をもらって神様の言葉を伝えるなんてとんでもないことだ。神様の前で罪だ。今すぐやめなさい」と言ってきました。
 
しかし、私はその言葉を聞いて、すぐにその話が「サタン」の言葉であることが分かりました。
 
なぜなら、その牧師自身、信者たちに神様の言葉を伝えながら、その信者たちから献金をもらって生活しているからです。
 
なので、もし私がやっていることが「悪」ならば、その牧師も今すぐ牧師という職業をやめなければなりません。
 
ここに一つの大きな矛盾があります。
 
そしてもう一つ。
 
私が「それなら、この有料記事を無料にして、誰でも読めるようにしましょうか」と言うと、急に口ごもって「それもまずい」と言ってきました。
 
さゆふらっとのように迫害する者がまた現れるかもしれないから、ということが言いたかったのでしょうが、それなら「有料」だろうと「無料」だろうと、どちらも御言葉を伝えてはいけない、ということになります。
 
しかし、神様が御言葉を伝えることを禁じることは絶対にあり得ません。神様がそれを罪とし、禁じることは未来永劫、絶対にありません。
 
もし御言葉を伝えることを悪だと言い、罪だと言って禁じるなら、それは「サタン」です。
 
ですから、一発でこの牧師が「光の天使を装ったサタン」であることが分かりました。
 
このように、例え相手が牧師だろうと何だろうと、その人の言う言葉をむやみやたらと信じてはいけません。
 
その人の肩書が何であれ、どんな善良そうな人であれ、その人の言葉が本当に神様から出たものなのか、サタンから出たものなのか、人間から出たものなのか、きちんと分別しなければならないのです。
 
そして、サタンが自分に近づいてきたと分かれば、直ちにそのサタンを始末しなければなりません。
 
特に今はサタンが凶暴に暴れまくっていますので、どうやってそのサタンどもを始末すればいいのか、今回はその方法を具体的にお話しています。
 
名称未設定
 
なお、記事の購読を希望される方で、今月3月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2016年3月分の有料記事を全て購読することができます。
 
今すぐ購入
 

1Comment
  • アモリフェラ
    Posted at 08:10h, 07 3月

    昨日おとといと「停止」コメントが出てサイトが読めない状態でした。RAPTさんのブログは非常に重要なことが書いてあるということなのでしょう。昨夜のNHKスペシャル『被爆の森』、浪江町の生い茂った森の被爆の話をやっていました。森のホットスポットの線量は、地面だけがやたらと高いのですが、RAPTさんの記事を読んでいたので「ああ、消石灰が雨で地面に流れ落ちたのだろう。」と私は思いました。日経もNHKもあちら側です。さゆふらさんは以前読んでいたのですが、なぜか私がコメントを書くと削除され「出入り禁止」になります。笑 よく意味が解りません。「常に喜べ。絶えず祈れ。」で祈っていると良いアイデアも浮かびますね。
    どうぞRAPTさんに神の祝福と平安がありますように。

Post A Comment