RAPT | RAPT有料記事32(2016年1月4日 )サタンも「愛」と「情」を使う。
34927
post-template-default,single,single-post,postid-34927,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事32(2016年1月4日 )サタンも「愛」と「情」を使う。

RAPT有料記事32(2016年1月4日 )サタンも「愛」と「情」を使う。

20141107_senses_1
 
皆さん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 
年末年始にかけて、私は不覚にも体調を崩してしまい、記事を全く更新できなかったことを非常にもどかしく思っています。
 
現在でも未だに体調は良くなったり悪くなったりの繰り返しで、私自身かなりの悪戦苦闘を強いられている毎日です。
 
しかし、有料記事をご購読してくださっている方であれば、私がこうして多くの人に向けて神様の言葉を伝えていれば、当然、悪魔どもから激しい攻撃が来るだろうことは予想できるかと思います。
 
実際にそれを理解して、お気遣いのメールを送ってくださった方も多々いらっしゃいましたが、本当に心からありがたく思っています。この場を借りてお礼を申し上げます。
 
しかし、こうしてお休みをしている間も、文章は書けないにしても、人と会話をすることはできましたので、読者対談だけはずっと密かに続けてきました。
 
なので、体調を見計らいつつ、いずれ近いうちにその対談を少しずつアップしていければと思っています。
 
とりあえず、今日は月曜日ですので、いつも通り有料記事を配信したいと思います。
 
ここ最近の有料記事は、ずっとキリスト教の教理の話が続いてきましたが、この辺で私たちの生活に密接に関係のあるような実際的なお話をしたいと思います。
 
これまでずっと有料記事を読まれてきた方の中には、真剣に神様を求め、お祈りしたり、聖書を読んでいらっしゃる方も数多くいらっしゃることと思います。
 
恐らくそのような方は、自分の身近なところでもサタンの攻撃や誘惑が忍び寄ってきているのを強く実感おられることと思います。
 
もちろん、中にはサタンからの攻撃や誘惑があったとしても、それがサタンからの誘惑なのか、それとも神様からの導きなのか分からず、判断に困っている方もいらっしゃるかも知れません。
 
今回はそんな方のために、サタンの攻撃や誘惑がどのような形で来るのか、そしてそれに対してどう抵抗すればいいのか、かなり具体的に踏み込んでお話しています。
 
これを理解することで、サタンとの戦いにも確実に勝利し、着実に神様に近付くことができるようになるはずです。
 
名称未設定
 
なお、2015年12月分の有料記事は前回で終わりましたので、今回からまた新たにお申し込みをしていただく必要があります。
 
RAPT有料記事は、定期購読という形ではなく、毎月、定期的に(自動的に)お金が引き落とされるわけではありません。
 
今月2016年1月分の有料記事の購読をご希望される方は、以下の青いボタンから新たに今月分のパスワードをご購入下さい。
 
このパスワードで、2016年1月分の有料記事を全て購読することができます。
 
今すぐ購入
 

4 Comments
  • トモコ
    Posted at 07:46h, 05 1月

    Youtubeにあります、サンライズミニストO-は
    ホワイト・エレン創立団体でイギリス系

    考古学的には参考になる部分がありますが
    ピトケアン諸島での全島民の淫行が問題に
    なっています。
    モルモン教と同じて、酒タバコ禁止ですが。
    飲み屋街がある、経営者という矛盾。

  • HAPPY MEAN
    Posted at 08:42h, 05 1月

    RAPTさんおはようございます
    記事の更新ありがとうございます。

    今回のお話は、耳が痛いです…。
    でも、本当にそうなんだ、と思います。

    以前、離婚者が増えているとコメントされているのをお見かけしましたが、
    その通りで、また、それ以上に結婚をさせようとしている気がします。
    結婚式や披露宴の華やかなイメージとか、結婚出来ないと負け組みたいに、
    誰でもいいからとにかく適齢期が来たら結婚しなければいけないという
    洗脳をしていると思います。
    恋愛をしていないと寂しくてつまらないとか、
    結婚していないとみじめで、将来が不安だとか…。
    恋愛でも相当なエネルギーを奪われますが、
    結婚となると、本当に取り返しがつかないことになりかねません…。
    神様が恋人だったらこんな洗脳に惑わされないで、
    慎重に将来の伴侶を見極めることが出来ただろうに、と…。
    どんな教育よりも、まずこのことを子供たちに知ってほしいです…。

  • YUM(ヤム)
    Posted at 13:11h, 05 1月

    明けましておめでとうございます。

    体調が優れないない中、記事を書いて下さり、ありがとうございました。

    何よりも神を一番に愛する事・・・。
    それが、男女においても、お互いを慈しむ良きパートナーとなれる道なのでしょう。
    エゴの愛が多い世の中で、結婚そのものも打算や安易な形で踏み切っていたり・・・と、
    そもそもの、この神を第一に愛するという所が現代人には欠け過ぎていますね。
    その事の重要性をあらためて考えされています。
    結婚はまた、誰かが強引にさせるものでもありませんし、「邪魔だから早く結婚でもしなよ!」なんてことでもありませんね。
    神への信仰も、人への尊重もないあれこれ…はまだまだ色々あります。
    良い話よりそんなこんなが多くあるのが、スッキリしません。
    神ならぬ神はたくさんいるのが現状で、そちらがせせら笑いをしている姿があちこちにあるように思わされます。
    * * * * *
    今年の私自身について・・・なのですが。
    RAPTさんのブログで色々気付かされ、学ばされながら、もっと聖書も皆さんのように読み進めなくては・・・と思っている年始めです。
    旧約の方は飽きてしまう内容もあって、中断したりしてしまう事がありますが、読んでみると発見もあるのが聖書ですので、ちゃんとバイブルとして手元に・・・と。
    解釈本は、聖書の息吹を受ける意味では、解釈する人の思いもあるので、読もうとは思いません。
    昔はそんなものに目を通すこともありましたが、頭に入らないものも多くて。心に・・・でしょうか。
    その中でも、これは良かったかな?というものもありはしましたが、今は必要ないです。
    もう、そのものでいいと。そのままでいいからと。
    そして、今はRAPTさんのブログで十分です。
    それ以上の解釈のものは見受けられませんので。

    それと、教会についてですが。
    かつて行ってみて合わないと思うタイプでしたから、一度礼拝に出たらそれきりということが続いたことも、私の場合は聖書を遠避ける要因になっていたようにも思うのです。
    なので、一書物として・・・もっと資料としても、重視行きたいと再度思う次第です。
    それにしても、
    聖書というのは「命」の書ですから、だからこそ攻撃も多いんですね。悪用も・・・。
    それが本当に問題です。
    その「命」を台無しにするあちこちの仕掛けがあることを、もっと見抜いて行かなくては。
    そして、そんな悪事や罠を避けるために、あるいは打ち負かすためにも、有料記事は大変有難いものです。
    なるほど・・・といつもそう思わされます。悟らされます。気付きがあります。
    それゆえ、RAPTさんへの攻撃も強くあるとは思いますが、それでも神側からの援助も多いと思っていますので。
    ルシファーがいるなら、ミカエル大天使も動かれているはずですよね。確か軍神であられますよね。
    サタンの軍勢と闘う天使長ということですが・・・。
    こちらの天使長についても、機会があればもっと教えていただければ・・・と思っています。
    それと、
    こちらの記事は、希望者だけが読むという形であるのが、やはりふさわしいとも思います。
    そういう気になったら、そうすれば良いという選択も必要かと。
    最後に、
    今年も引き続きRAPTさんや皆さんに教えられ、ヒントを得ながら、少しでも魂の成長をしたいと願っています。
    2016年が、より良い年になりますように。体調も良くなりますように。
    また宜しくお願い致します。
    m(_ _)m

  • ちょこたん
    Posted at 22:51h, 05 1月

    今回の内容もまた核心的な内容で、答え合わせをしているようでした。
    私のこれまでの経験から感知していたもの、私の回りで起きていることそのものであると、理解が深まりました。素晴らしい記事を有難うございました。RAPTさんに神様からの絶え間ないご加護と、より一層の多くの祝福がありますように。一人でも多くの方がRAPTさんのブログに出会い、理解という救いを得ることができますように。真の神様にたどり着き、神様を愛することができますように。

Post A Comment