RAPT | RAPT×読者対談〈第27弾〉STAP細胞とiPS細胞の利権争いが起きた背景。
31340
post-template-default,single,single-post,postid-31340,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第27弾〉STAP細胞とiPS細胞の利権争いが起きた背景。

RAPT×読者対談〈第27弾〉STAP細胞とiPS細胞の利権争いが起きた背景。

 
今回、また新たな方と読者対談することになりました。
 
今回、対談にご応募してくださったのは、日本の各省庁の役人、政治家、様々な企業の方々と仕事上の付き合いがあり、「政・官・財」の裏事情にかなり精通しておられる方です。
 
そのため、ご本人の名前を公表することはできないのですが、東出融さんと同様、かなり具体的なお話をして下さいました。
 
今回のテーマはズバリ、「STAP細胞とiPS細胞」です。
 
「STAP細胞」については、私もこれまで何度か記事にしてきました。例えば以下の記事などです。
 
理研・笹井氏の暗殺説の裏がとれました。松岡大臣のときと同じく、死因鑑定がわざと回避されたようです。
 
なぜSTAP細胞は握りつぶされたのか。ガン利権という巨大な闇。
 
理研・笹井氏暗殺によるSTAP細胞つぶしの成功により、早くも新たな保険利権が誕生する模様です。
 
これらの記事を書いた当時は、私もまだリチャード・コシミズなど有名陰謀論者たちの言うことをそのまま真に受けていましたので、彼らの言うことを鵜吞みにしたまま記事を書いていたのですが、その後、この世の裏社会が「天皇派」と「教皇派」に分かれていること、そして「天皇派」が「大和族」と「出雲族」に分かれていること、そして彼らが互いに争い合っていることが分かってきました。
 
で、「大和族」と「出雲族」との争いについて調べていくうちに、以下のような事実が分かってくるようになりました。
 
■大和族 = 日本帝国陸軍 = 理研
 
■出雲族 = 日本帝国海軍 = 京都大学
 
この事実が分かった経緯は、以下の記事に詳しく書いています。
 
日本が「核兵器」製造国であるという紛れもない現実。「核兵器」が開発・製造されている幾つもの国内施設について。
 
第二次大戦当時、「理研」と「京都大学」はそれぞれ別々に「核兵器」を開発していて、当時から火花を散らし合っていました。
 
その戦いが、現代でもまだ続いていて、それが「STAP細胞」と「iPS細胞」の利権争いとなって表面化したわけです。そうして、笹井氏の暗殺と小保方へのバッシングが始まりました。
 
また、今回の読者対談によって、この利権争いの具体的な背景も分かってきました。
 
もちろん、今回の話がすべて真実かどうかはまだはっきりと断言できませんが、それでも今回の方は、STAP細胞やiPS細胞に深く関わった方から話を聞いた結果、今回の結論に至っていますので、それなりに信憑性が高く、私自身も今回のこの話を聞いてかなりスッキリしました。
 
ご存じない方はいないと思いますが、念のために説明しておきますと、以下の写真の左から「小保方氏」「笹井氏」「若山教授」となります。
 
STAPE7B4B0E8839EE38080E5B08FE4BF9DE696B9
 
また、以下が「iPS細胞」を作った京都大学の「中山教授」になります。
 
mig
 
なお、今回の対談は「スカイプ」のつながりがかなり悪く、対談者の方の声がところどころ小さくなってしまっています。
 
少々、お聞き苦しい点がございますが、どうぞご了承下さい。
 
あと、今日は今までになくパソコンの調子が悪く、音声の編集に手間取ってしまいました。とにかくパソコンの処理が遅いです。
 
ここ連日の「トヨタ叩き」のせいで、誰かがハッキングしているのでしょうか。
 
そうとしか思えないほどのパソコンの処理の遅さです。
 

6 Comments
  • ゆかい
    Posted at 13:09h, 06 9月

    raptさん

    いつも有益な情報ありがとうございます。少し疑問に思うことがあるのですが、理研の大和族といえば当然ロスチャイルドも後押しするはずと思ってしまうのですが、なぜ通貨発行権を握っている側のはずの人たちが、これほどまでにお金(研究費)にこだわるのかがわかりません。必要があれば印刷すればよいだけのように思うのですが(日銀の株主ですよね、天皇家もロスチャイルドも)。トヨタにしてもそうですが、国を挙げていろんな策を弄して自分達にお金が入るようにしていますが、そもそもお金を印刷すれば済む話だと思うんです。ところが実際にはそこまでするかというほどお金に執着し、意地汚いことをしますよね?このマトリックスのようなお金の世界を維持するために、そういうステップを踏まざるを得ないのかもしれないとは思っていますが、そこのところをraptさんはどう思っておられるのか一度考えを聞かせていただけると嬉しいです。

  • rapt
    Posted at 13:30h, 06 9月

    >ゆかいさん。
    単純に考えて、お金を印刷しすぎると、ハイパーインフレになって、通貨の価値が下落してしまいます。
    そうすると、いくらお金を持っていても、何の意味もありません。
    だから、お金を印刷すれば済むという話ではなく、あまりお金を刷らずに、通貨の価値を高くしたまま、お金を稼ぐ必要があるということです。

  • ネメシス
    Posted at 18:37h, 06 9月

    小保方さんに関しては、当時の叩かれ様からして
    自分もずっと 「判官贔屓」的な感覚でおりましたが、
    先頃、偶々目にしたこちらのブログ記事で目が覚めました。
    (動画内でお話が出ていた 「バカンティ・ガールズ」 に関して)
     
    私のブッ飛び★小保方考!
    http://ameblo.jp/makimed/entry-11983319699.html
     
    ブッ飛び★小保方考ーその後
    http://ameblo.jp/makimed/entry-11988019334.html
     
    あと、こちら(イタリア)で知り合った、以前、日本の食品企業で
    研究員をされていたという女性の方が、小保方さんに関して、
    やはり客観的に 「辛い」 点数を付けていらしたことも
    今となってはなるほど・・・と思われます。
     

  • G-HUNTER
    Posted at 19:06h, 06 9月

    初めまして。
    いつも色々と勉強させていただいています。
    今回の記事とは関係ありませんが、イヤシロチというものをネットでちょっと探していたら、カタカムナというものを見つけました。
    ちょっと自分には難しい内容ですが、ラプトさんの記事の参考になればと思いますので時間がある時に一度見てみてください。
    ご存知でしたら申し訳ありません。
    http://katakamuna.net/index.html

  • きりーくらっぺ
    Posted at 21:44h, 06 9月

    こんばんわ、raptさん。

    僕はSTAP騒ぎは戦後69年の儀式に關するものではないかと思っています。結局は騒ぐことで何かを牽引したり、何かを隠したりするためだった、お祭りの一場面のようなものだと思っていました。
    千島学説を僕は信じていますが、千島学説では万能細胞的なものはいくらでも想定でき、多分、ipsも何であっても、分化している細胞の途中の不安定なものだろうと思っています。細胞分裂説がおかしいということはあえて説明しませんが、細胞分化發展の説です。
    raptさんにお伝えしたいのは、千島学説の詳細ではなく、千島さんが昭和天皇に学説をまとめた本を献上したということです。
    僕は千島学説が生物学のより正しいものだと思っていますので、再生医療は天皇家はすでに完成させているだろうし、いや、千島学説を献上される以前から、古代の知識によってそういうものを持っていただろうと思っています。
    おかねを刷ればいい、ということについても思いますが、なんでもできるということを彼らは好みません。支配というものは、枠を作って、無駄なルールで雁字搦めにして行うようなものだからです。
    チェスとかそういうゲームのようなものが大好きなのだろうと思います。
    フリエネ技術もそうですが、彼らはそういった「ジョーカー」のカードを切ろうとはしません。負けを宣言するようなものだからです。
    ジョントッドもゲームのようなものだと思っていたと言っていたと思いますが、彼等もトッド氏のように早く氣附くといいですね。
    彼等が罪から解放されることを祈っています。

  • 世界を変えたいんジャー
    Posted at 12:53h, 04 11月

    以前iPS細胞の山中伸弥教授のことを調べていると、興味深いことがわかりました。
    彼は大阪教育大学附属中学校・高等学校の出身なのですが、その学校を卒業した著名人を見ると、
    衆議院議員の世耕弘成、福島第一原発の所長だった吉田昌郎、オウム真理教の菊池直子、現職の最高裁長官の人がいました。
    日本史に残る重要な事件にピンポイントでかかわっている人たちだったのでかなり驚きました。
    またこの学校は、全国でも珍しい男子が海軍式の制服だそうです。

Post A Comment