RAPT | rapt
1
archive,paged,author,author-rapt,author-1,paged-3,author-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

Author: rapt

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   この世の人々は、自分がどうすれば幸せになれるのか、確固たる知識もなく生きています。   それでいながら、漠然と幸せになりたいと夢を持って生きているわけですが、幸せになれる道をはっきりと分からないまま生きて、どうして幸せになることができるでしょうか。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   神様は、この世の人々を救いたいと切に願っていらっしゃいます。   しかし、神様には肉体がないので、ご自身が直接、人類にこの御言葉を述べ伝えることができません。   ですから神様は、この地上で肉体をもって生きている私たち人間に働きかけ、私たちの体を使って御言葉を述べ伝え、人類を救う働きを成したいと願っていらっしゃいます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   私たちはこれまで熱心に情報拡散をして、この世の悪人たちを裁き、滅ぼす働きを成してきました。   そして、そんな私たちの働きが功を奏して、今では多くの悪人たちが次々と滅びの道を突き進んでいます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   この世の中には、ガラクタのような情報ばかりが氾濫しています。   余りにも低俗で、余りにも無意味で、余りに低レベルな情報ばかりがこの世に広く氾濫しています。   イルミナティ(中国共産党)が、そうやって無益な情報を次々と垂れ流し、私たちがまともに物事を考えられない低俗な人間になってしまうように誘導しているのです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   今やどんなSNSにおいても、RAPT理論を拡散しようとすると、激しく言論弾圧され、RAPT理論がこの世に広まらないように操作されています。   さらには、RAPT理論と似たような話をして注目を集め、人々がRAPTブログに辿り着かないようにミスリードする人も随分と増えてきました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   主はこれまでずっと御言葉の中で、神様は7であり、サタンは6だと話をしてこられました。   これはつまり「サタンは神の前ではどこか一つ抜けている」ということを意味します。   サタンはこれまで、自分がまるで全能であるかのように人類の前で仄めかし、自分のことを誇示してきました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   主は私たちに対して、常に個性・才能を磨きなさいと仰います。   しかし、その話を聞いても、多くの人たちが「そんなことをして何になるのか」と思って相手にしません。   なぜなら、この世のほとんどの人が、もともと大した個性・才能を持っているわけではないので、今さらそんなものを磨いたところで、自分に何ができるだろうかと思ってしまうからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   この世のほとんどの人々は、会社の奴隷となって、朝から晩まで人から命じられたことだけをロボットのようにこなして働いています。   では、そのような仕事が楽しいかというと、心から楽しいと思っている人はほとんど誰もおらず、生活のためにやむなく働いているという人が大半でしょう。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   神様の御言葉を聞いて、深く祈って神様と疎通すると、私たちは実に多くの悟りを得ることができます。   そして、私たちがそうやって悟るたびに、私たちの脳は一新され、新しいことを考え、新しいことを行うことができるようになります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   人生を生きていく上で、分からないことがあると、人は不安や心配に陥り、思い悩み、苦しみ、ときに絶望します。   人々はこの世のことについて、人生について、霊界について、神について、何も知らずに生きているので、当然、苦悩や苦痛や絶望の中で生きるしかありません。 ...