RAPT | RAPT有料記事
30947
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-30947,paged-3,page-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   主はこれまでずっと今年の6月までは工作員が悔い改めるのを待つと話をしてこられましたが、工作員たちが一向に悔い改める気配を見せないため、もうこれ以上は彼らを待たないと断言されました。   それによって、実際に工作員どもには様々な裁きが下されるようになり、彼らは焦りに焦ってさらなる妨害工作を仕掛けようとしています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の多くの人々は、自分には何の取り柄もない、自分には大したことができない、などと言って自己卑下をしながら生きています。   何か努力をしても、成功することよりも失敗することの方が多いので、いつのまにかそのような考えが自分の中に染み付いてしまっているのです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   神様はこれまでずっと数多くの使命者たちをこの地に送って、神様の歴史を成し、人々を救おうとされてきました。   しかしながら、神様の歴史はいつも失敗ばかりで、人々は救われるどころか、むしろ神様から裁かれて終わりになるばかりでした。   では、なぜそのような歴史ばかりが繰り返されてきたのでしょうか。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この度、皆さんも御存知の通り、メタップス(SPIKE)が越えてはいけない一線を越え、多くの読者の皆さんがこのブログの有料記事をまともに購入できないという事態になりました。   これは単なるシステム障害ではなく、明らかな妨害行為に他なりません。   このようにして、サタンとサタンを拝むイルミナティの連中は、はるか昔から我々のように神様を信じる義人たちが神様を信じられないように様々な妨害をしてきました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回の御言葉は、主が私たち義人のことをお怒りになって、御言葉を三日間、宣布しなかった後に伝えられた御言葉です。   主は私たち人類のことを愛しておられますし、御言葉を宣布することでその愛を私たち人類に示されました。   しかしながら、愛というものは片方だけが愛しても長続きしません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   これからこの世の中はますます混乱と混沌とに満ちていきます。   イルミナティの滅亡はもう既に始まっていますし、そのイルミナティがこの世を支配している以上、この世の中もまたイルミナティと共に運命が傾いていくしかないからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   これまで主は、二心を持たずに一筋の心で主を愛しなさいと話をしてきました。   では、主はどのような人を一筋の心で主を愛する人だと認めてくださるのでしょうか。   それは、一言で言うなら、多くの人々を救っていく人です。   自分の個性と才能を使ってこの御言葉をこの世に述べ伝え、多くの人々を主のもとに連れてくる人です。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   人々はこの世の中で幸せになりたいと思って生きています。   幸せになりたくないと思って生きている人は誰もいません。   しかし、この世のどんなものを手に入れても、結局、人は真の幸福を享受することができず、心を完全に満たすことができません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   ここ最近、朝の配信の御言葉では、この御言葉に聞き従っている人がどれほど平素から神様を愛して生きているかが顕わになるような御言葉が続いています。   その結果、この御言葉を聞いていながらも、未だに自分の損得ばかりを考えて、神様を愛することを第一に考えていない人たちが実に多いということが分かってきました。 ...