RAPT | RAPT有料記事
30947
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-30947,paged-44,page-paged-44,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回のコロナパンデミックは、イルミナティたちが世界統一政府を作るために計画された捏造事件であることがRAPT理論を通して暴かれました。   そしてこの日本では、緊急事態宣言が発令されてからというもの、全ての街から人の姿が消え、活気を失い、多くの店舗や企業が立ちゆかなくなり、多くの人々が職を失っています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回のコロナパンデミックによって、多くの人々がコロナに感染して命を落とすよりも、経済的に追い詰められて命を落としそうな勢いになっています。   しかし、この世の人々はこの本末転倒の有様に気付くこともなく、相変わらず政府の言いなりになって自粛を続け、自らの首を絞めているという有様です。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この地で主の御心を成していくためには、主が共にし、主が強力に臨んで下さる者とならなければなりません。   そして、そのような者になるためには、何よりも主の心情を深く理解できる者とならなければなりません。   主の心情を理解できない人に、主が共にすることはできませんし、主が臨まれることもないからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   私たち人間には、各自にそれぞれ様々な能力が備わっています。   そして、その能力が人類から尊ばれるものであれば、その人は人類から尊ばれるようになります。   しかし、その能力が神様から尊ばれるものではあれば、当然、その人は神様から尊ばれるようになります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今現在、コロナパンデミックによって、この世の中は今までにない異様な雰囲気に包まれ、多くの人々が不安と恐怖の中で生きています。   しかし、世の人々はその不安や恐怖から逃れたくても逃れる道がないし、人によってはこのコロナパンデミックによって経済的に追い詰められて、生活に行き詰まる人すら出てくることでしょう。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の中では、人生に行き詰まり、八方塞がりの状態に陥ったとき、どんなに懸命にそこから逃れようとしても、逃れる道をきちんと見出すことができない人が大半です。   仮にその行き詰まった状態から抜け出すことができたとしても、その後、大きく栄えていくことのできる人はほぼ皆無と言ってもいいでしょう。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の中は今、まさにノアの洪水のような裁きが成されている時だと言えます。   コロナパンデミックによって日本政府は緊急事態宣言を発令し、外出を自粛するように要請しましたが、これによって多くの店舗や企業が倒産の危機に陥り、多くの人々が職を失っています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今現在、全世界で騒がれているコロナ・パンデミックは、全てイルミナティによって捏造された大嘘です。   コロナウィルスはただのインフルエンザウィルスに過ぎず、コロナ感染で死亡したという人も、実際はただインフルエンザ感染によって死亡した人たちに過ぎません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今現在、この世の中はコロナ・パンデミックによって、多くの人々が不安と混乱の中で生きています。   しかし、RAPT理論を知っている私たちは、RAPT理論によって解明された通りのことがそのままイルミナティの手によって実行されていることが分かるので、不安になることも混乱することもありません。   むしろ私たちは、彼らの無力さ、彼らの知能の低さを改めて確信しながら、彼らのやっていることを眺めていると言ってもいいぐらいです。 ...