RAPT | RAPT有料記事
30947
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-30947,paged-2,page-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、11月11日の主の祝祭の日に受けた啓示と、その翌日に受けた啓示を掲載することにしました。   主があらかじめ啓示してくださっていた通り、11月11日にはサタンの妨害が全くなく、むしろ聖霊の恵みに満ち溢れて、明け方から私自身も次々と不思議なしるしと奇跡を体験しました。 ...

  本日は、主の祝祭の日である11月11日になります。   皆さんはこの日一日、どのように過ごしていますか。   神様の愛をいつも以上に豊かに受けて過ごせていますか。   それとも、いつもと同じ一日を過ごしていますか。   私自身は愛媛の教会に集まった人たちと共に過ごし、驚くべきしるしと奇跡に満ちた一日を過ごしていますが、その間を見計らって記事をアップしています。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   以前から何度もこの有料記事でお話してきましたように、これから主の裁きはどんどん加速していきます。   つまり、この世の人々を羊(義人)と山羊(悪人)に分けて、義人には祝福を、悪人には裁きを下していきます。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は特に、今年の11月11日の主の祝祭の日に関する啓示の御言葉をピックアップして掲載しています。   昨年、主は私たちに11月11日を、私たちと聖三位が出会って愛を成したことを記念する日として定め、お祝いしなさいと仰いました。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回の御言葉は、大きく分けて3つの内容になっています。   先ず一つ目は、男は神様に似た者となり、女は聖霊様に似た者にならなければいけないということ。   そのために、具体的にどうしなければならないのかについて話をしています。   二つ目は、サタンに打ち勝つためにもっと主に祈り求め、聖霊を呼び求めなければならないという話をしています。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   神様がこの地上でご自身の御心を成されるとき、神様は必ず自分の代わりとなる使命者を立てて行われます。   神様は霊なので、肉体をもった人間を使わなければ、この地上の世界で目に見える形でご自身の御心を行うことができないからです。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、前回に引き続き、感謝することの重要性について主が啓示を与えてくださいました。   そして、皆の信仰の方向性がズレることがないようにと、信仰の四本の柱を立てることの重要性についても啓示を与えてくださいました。   また以前、二人目のレビ人が私のことを軽んじたことによって、主から厳しく裁かれたことがありましたが、今回もまた同じような過ちを犯した人が現れたため、主が啓示によって厳しい裁きの御言葉を宣布されました。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回の御言葉は、大きく分けて二つの内容になっています。   一つ目は、この歴史が本当に最後の歴史であるということを改めて認識させるための御言葉です。   そしてもう一つは、これが最後の歴史であるからこそ、サタンの妨害も激しいということを改めて認識させるための御言葉です。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   御言葉の内容としては、大きく二つに分かれています。   先ず一つ目は、我々がどうすればサタンの体となり、どうすれば神様の体になることができるのかについて、主が克明に語ってくださいました。   これについては、これまでに何度も御言葉の中で伝えられてきましたが、この世の中で生活しているうちに、私たちはいつしかその御言葉を忘れて、ずるずるとサタンの侵入を許してしまいがちになります。 ...