RAPT | RAPT有料記事
30947
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-30947,paged-2,page-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の中では、どんなに努力しても報われないことが多いです。   そのため、努力して生きても無駄だし、努力して生きることは損だと考える人も大勢います。   しかし、神様の世界においては、努力した分だけ必ず報われます。   私たちが努力して行った分だけ、神様が何倍もの祝福を与えて下さるからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   同じ誰かを愛するにしても、その愛には次元があり、段階があります。   ある人はやや愛するし、ある人は強く愛するし、ある人は激しく愛するし、ある人は完全に自分を捨てて愛します。   しかし、この世ではどんなに次元を上げて誰かを愛したとしても、相手から全く同じ次元の愛が返ってくるという保証は全くありません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世のクリスチャンたちの多くは、そのほとんどが形ばかりの祈りを捧げます。   また、自分ではほとんど何の努力もしないで、神様に全てを丸投げするような祈りを捧げるクリスチャンも大勢います。   しかし主は、自分の力で最大限努力した上で、どうしても自分の力では突破できない限界を突破できるように心からすがりつく者の祈りを聞かれます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世で起きることの全てには必ず意味があります。   主は常に御心通りにこの世を導いておられるので、この世で起きることには全て必ず意味があります。   しかし、人間は何か辛いことや苦しいことがあると、すぐに「神などいない。神が存在しないからこの世にはこんな大変なことばかりが起きるのだ」と考えがちです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世は多くの偽善者たちで満ち溢れています。   心の清い振りをして善人ぶり、人々を騙す偽善者たちが大勢います。   しかし、真に心を清めた本物の義人がこの世に現れると、それら全ての偽善者たちが皆、すぐに偽物であることがバレてしまいます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   主はこれからイルミナティを始め、私たちに悪巧みをしてきた工作員たちを次々と裁いていかれます。   もう既に裁かれた人も多いですが、「未だに自分は裁かれていない」と言って大言壮語している者たちにも、これから順次、恐ろしい裁きが下されていきます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の人々はおおよそ死について真剣に考えることなく、とにかくこの世を生きている間に楽しく生きて、私利私欲をできるだけ満たして生きられればいいなどと、安易な考えをもって生きています。   そして、いざ死を目の前に迎えたときには、誰もが後悔と未練と恐怖とむなしさの中で死んでいきます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   先月の一ヶ月間、私たちは私たち義人の中に紛れ込んできた工作員たちを見分け、排除するために多くの労力を注ぎ込んできました。   しかしある程度、工作員を見抜いて排除した今、いつまでも工作員ばかり相手にしているのではなく、これまでコツコツと磨いてきた個性と才能を使って、主の御心を壮大に成していかなければいけません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の年金制度は破綻し、この世のありとあらゆる街がシャッター通りへと化しています。   日本を乗っ取った李家(イルミナティ)の連中が、自分たちの私服を肥やすために、私たちから次々と搾取し、私たち日本人の生活を破壊してきたからです。 ...