RAPT | RAPT有料記事
30947
page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-30947,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   神様から愛されて育った人は、人間から愛されて育った飼い犬のような存在であり、神様から愛されずに育った人は、人間から愛されることなく育った野良犬のような存在だと主は仰いました。   飼い犬は、ただ主人が喜ぶことさえすれば、常に主人から美味しい食べ物が与えられ、素敵な場所に散歩に連れて行ってもらうことができます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   私たちは自分の願いが叶えられると、すべてが神様からの祝福だと考えがちです。   しかし、私たち人間には持っていい欲望(もしくは持つべき欲望)と、持ってはいけない欲望があります。   そして、神様は持つべき欲望だけを満たして、私たちが霊的にも肉的にも救われるようにしてくださいます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   人間はある程度、自分の求めているものが手に入ると、それだけで満足して、それ以上、上の次元を目指そうとしません。   浮浪者でさえも、自分の今の生活に満足しているので、浮浪者としての生活から抜け出そうとしません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   先月の終わりに主は、これからこの地上に大量のサタンを解き放つと宣布されました。   そのようにして、この終わりの時に全人類を裁くと仰いました。   この御言葉に聞き従わない者、聞いても悟れない人は、サタンに勝利する方法が分からないので、絶えずサタンに責め苛まれ、激しい苦痛と絶望の中で一生を過ごすことになります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   現在、私の信者たちが、ツイッターやブログなどを使って、私の御言葉を聞いて救われた経緯について、色々と文章に書いて証をしています。   しかし、残念ながら、彼らの中には私の信者のふりをした工作員も数多く混ざっています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   私たち義人が主の御心を成そうとすると、それに対して多くの人々が良くも悪くも様々な評価を下してきます。   私たちがどんなに正しいことをしたとしても、私たちに何か裏があるのではないかと疑い、私たちの背後に何か悪い者たちがついているのではないかと疑う人たちも大勢います。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この御言葉を信じて従うようになった人は、どうしてこの御言葉を信じて従うようになったのでしょうか。   それは主が自分のことを心から愛して下さっていることを知ったからです。   では、どうしてその人は主が自分を愛して下さっていることを知ることができたのでしょうか。   それはこの御言葉を通して、それまで得たこともない深い悟りを得ることができたからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   主の御言葉を聞いて悟った人は、この世のどんな人も受けることができない祝福を受けた人だと言えます。   なぜなら、その人はこの世でどんな問題にぶつかってもすぐに解決することができますし、この世で成功することも他の人以上に易しくできるようになるからです。   そして何より、その人は自分の行ったこと全てによって、自分自身にも豊かに恵みを受けることができるようになります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   これまで私は幾つもの教会を転々としながら、クリスチャンとしての信仰を守ってきました。   しかし、それらの教会は全て工作員によって乗っ取られ、以前とは全く趣の違う教会へと変貌を遂げてしまいました。   では、その工作員とは一体何者なのか。 ...