RAPT | 2017 10月
0
archive,date,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

10月 2017

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回の御言葉は、大きく分けて3つの内容になっています。   先ず一つ目は、男は神様に似た者となり、女は聖霊様に似た者にならなければいけないということ。   そのために、具体的にどうしなければならないのかについて話をしています。   二つ目は、サタンに打ち勝つためにもっと主に祈り求め、聖霊を呼び求めなければならないという話をしています。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   神様がこの地上でご自身の御心を成されるとき、神様は必ず自分の代わりとなる使命者を立てて行われます。   神様は霊なので、肉体をもった人間を使わなければ、この地上の世界で目に見える形でご自身の御心を行うことができないからです。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、前回に引き続き、感謝することの重要性について主が啓示を与えてくださいました。   そして、皆の信仰の方向性がズレることがないようにと、信仰の四本の柱を立てることの重要性についても啓示を与えてくださいました。   また以前、二人目のレビ人が私のことを軽んじたことによって、主から厳しく裁かれたことがありましたが、今回もまた同じような過ちを犯した人が現れたため、主が啓示によって厳しい裁きの御言葉を宣布されました。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回の御言葉は、大きく分けて二つの内容になっています。   一つ目は、この歴史が本当に最後の歴史であるということを改めて認識させるための御言葉です。   そしてもう一つは、これが最後の歴史であるからこそ、サタンの妨害も激しいということを改めて認識させるための御言葉です。 ...

  〈読者の証言〉シリーズの第28弾になります。   今回は、ホメオパシーにはまり、ホメオパシーにハマる中で一人の男性に恋をして、不倫をしてしまった40代女性の証言になります。   ホメオパシーが悪魔崇拝から誕生したものであることは、RAPTブログの読者の皆さんなら既に周知の事実ですが、今回の証言者はそのホメオパシーにどっぷりとハマって、心身ともにおかしくなり、人生がどんどん不幸になっていきました。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   御言葉の内容としては、大きく二つに分かれています。   先ず一つ目は、我々がどうすればサタンの体となり、どうすれば神様の体になることができるのかについて、主が克明に語ってくださいました。   これについては、これまでに何度も御言葉の中で伝えられてきましたが、この世の中で生活しているうちに、私たちはいつしかその御言葉を忘れて、ずるずるとサタンの侵入を許してしまいがちになります。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、サタンの巧妙な手口について主が教えてくださると同時に、そのサタンの手口に打ち勝つ知恵を与えてくださいました。   我々は常に神様の次元にまで成長しようと努力していますが、一日のうちに飛躍的に成長することはできません。   あくまで、少しずつ少しずつ成長していくしかありません。 ...

  〈読者の証言〉シリーズの第27弾になります。   今回は高校時代に母親を亡くし、さらに父親までも自殺してしまい、夫とは離婚を余儀なくされ、子供と離ればなれに暮らさざるを得なくなる、という壮絶な人生を生きてこられた60代女性の証言になります。   ここまで様々なものを失ってしまうと、それこそ極度の絶望に囚われ、精神的に立ち直ることも難しいはずですが、この方はその後、このRAPTブログに出会い、全ての絶望から立ち直り、大きな喜びと平安に満たされて生きられるようになりました。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、各時代ごとに送られた中心者に従うこと、また中心者と心情を一つにしていくことがどれほど重要なことなのか、主がかなり具体的に啓示を下さいました。   そして、今回もまたレビ人がこれと同じような啓示を、また別の角度から補足するような形でいくつか受けましたので、そちらも一緒に掲載しています。 ...

  今回の有料記事もまた、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   最初の啓示は、朝の祈り会に波長がとても悪く、明らかに普通の信者でない人が一時滞在にやってきた日に受けたものです。   この日、私は山で祈っているときから嫌な胸騒ぎがして、さらには主から二心を持った人、悪なる波長をもった人間に警戒し、きちんと教会から追い出すようにと指示を受けました。 ...