RAPT | RAPT有料記事
30947
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-30947,paged-2,page-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   今回のタイトルにもありますように、神様が裁きを下されるとき、この世の人々のように「どちらかというと、この人の方が悪い」という裁き方はしません。   例え誰かと誰かが争い合って、両者が神様に裁きを祈り求めたとしても、一ミリも残さず罪を悔い改めて、心を清めた者だけを義とし、その人の訴えだけを聞いて裁きを行われます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   今はまさに終わりの時であり、この終わりの時には神様が人類に対して厳密な裁きを下されます。   すなわち、悪を行ってきた者には裁きを下し、義を行ってきた者には祝福をお与えになります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   神様は、日本人の多くが神様の御言葉を受け入れなかったことに心を痛め、日本人に対して厳しい裁きを宣布されました。   それ以降、日本には様々な災いが降りかかり、今や多くの日本人がまともに食べられず、まともに心身の健康を保てなくなりつつあります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   主はこれまで御言葉の中でずっと、終わりの時にはこの世の誰もが羊(義人)と山羊(悪人)とに振り分けられ、羊は祝福され、山羊は裁かれると話をしてこられました。   そして、2023年を迎えようとしている今こそ、まさに終わりの時であり、実際に今、全ての人々が羊と山羊とに振り分けられています。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   今年の9月24日から、主は日本に対する裁きをはっきりと宣布されました。   それ以降、日本には様々な災いが降りかかり、岸田内閣が次々と日本人に対して様々な増税を断行しはじめました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   主が遣わした中心者の御言葉を受け入れた人は、中心者が立ててきた義の条件と同じ条件を立てた者と見なされ、中心者が受けているのと同じ恩恵を受けることができます。   つまり、聖霊の守護を受け、何かあれば天の軍勢から助けを受けますし、主の御心を成そうとするならば、やはり同じように天の軍勢から助けを受けることができます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   私たち義人は、常に神様の守護を受けて生きています。   だからこそ、私たちの祈ったことは全て叶えられ、何か問題にぶつかっても全て解決し、危機的な状況に陥っても常に助けを受けることができます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   私たち信仰者にとって、聖霊に満たされて生きられるかどうかは、とても重要な問題です。   しかし、私たちの心の中に何らかの罪があるなら、聖霊は受けられませんし、私たちが神様を喜ぶような行いをしなければ、やはり同じように聖霊を受けることはできません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章を掲載しています。   これまで、この世の支配者たちは人々の給料をどんどん減らし、生活を困窮させておきながら、「老後が心配だ」などといって不安を煽り、人々の貯金を投資に回すように仕向けて、さらに人々のお金を搾取し、さらなる貧苦のどん底に突き落としてきました。 ...