RAPT | Blog by RAPT
1815
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-1815,page-parent,paged-2,page-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

Blog by RAPT

2015年1月31日にサイトをリニューアルしました。


 

朝のお祈り会がきちんと表示されず、以下のような警告表示が出てくる場合があるようです。     こちらは、「SSL証明書」というものの期限が切れたために表示される画面です。   そのため、特にサイトに何か問題があったというわけではありません。   この場合、最初の「https://」を「http://」に書き換えていただくと、きちんとサイトが表示されるようになります。   こちらでも「SSL証明書」の再発行を申し込んでいますので、数日中にはいつも通り「https://」でも表示できるようになります。   お騒がせして大変申し訳ございませんでした。   どうぞよろしくお願いいたします。...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の人々はおおよそ死について真剣に考えることなく、とにかくこの世を生きている間に楽しく生きて、私利私欲をできるだけ満たして生きられればいいなどと、安易な考えをもって生きています。   そして、いざ死を目の前に迎えたときには、誰もが後悔と未練と恐怖とむなしさの中で死んでいきます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   先月の一ヶ月間、私たちは私たち義人の中に紛れ込んできた工作員たちを見分け、排除するために多くの労力を注ぎ込んできました。   しかしある程度、工作員を見抜いて排除した今、いつまでも工作員ばかり相手にしているのではなく、これまでコツコツと磨いてきた個性と才能を使って、主の御心を壮大に成していかなければいけません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の年金制度は破綻し、この世のありとあらゆる街がシャッター通りへと化しています。   日本を乗っ取った李家(イルミナティ)の連中が、自分たちの私服を肥やすために、私たちから次々と搾取し、私たち日本人の生活を破壊してきたからです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   工作員は、これまでずっと私たちの活動を妨害しようと様々な悪巧みをしたり、私たちを誹謗中傷したりしてきました。   彼らがそのようにするのは、もちろん彼ら自身の利権を守るためですし、人によっては生長の家などのカルト思想に洗脳されているためです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   神様はロボットではないので、私たち人間と同じように、常にその心にある思いや考えは一瞬一瞬、移り変わります。   そして神様は、真に愛する人にはそんな自分の思いや考えを分かってほしいと思い、実際に様々な方法を使って、必死でその思いや考えを伝えようとなさいます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   この世の多くの人々はどうして自分が不幸なのか分からず、どうすれば幸せになれるのかも分からずに、悩み苦しみの中で生きています。   一言で言うなら、人が不幸になるのは悪のせいであり、自分の内からも外からも全ての悪を排除するなら、この世の誰もが真の平和を享受し、喜びと平安と希望の中で生きられるようになります。 ...

〈現代日本の諸悪の根源だと分かった李垠と李方子〉   今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   2017年に私が教会を建てたとき、数多くの工作員たちが信者の振りをして私の教会に侵入し、私の活動を阻止しようとしてきました。   そして今、彼らの正体が実は「生長の家」の信者であり、かつ「李家」の連中だったことが明らかになりました。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   ここ最近、主は朝の祈り会の中で、私たちの中に紛れ込んだ工作員たちを次々と炙り出してこられました。   彼らは、誰の目から見ても明らかに工作員であると分かるにもかかわらず、それでも「自分は工作員ではない」と言い張り、信者の振りを装って私に近付いてきます。 ...