RAPT | RAPT有料記事
30947
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-30947,paged-14,page-paged-14,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事

  先月の後半の有料記事では、特に「祈り」に関するお話をしましたが、「祈り」というのは単に自分の願いを叶えるためにするものではなく、神様の心と考えを受けるためにすることでもあります。   これについては、これまで何度も書いてきましたし、実際に心から真剣に神様に祈った人なら、誰でもこのことを強く実感していることだと思います。 ...

  先日の有料記事で、お祈りについてかなり具体的にお話しましたところ、多くの読者の方々から、お祈りが深くできるようになったとか、お祈りが叶えられるようになったとか、お祈りを再びやろうと決心するようになった、などといったメールをいただくようになりました。 ...

  未だに私のところに「祈り」より「努力」することの方がもっと大事なのではないかと質問してくる人がいます。   要するに、私のブログをろくに読まずに、私が書いたことを全て分かった気になって質問してきているわけです。   はっきりと言いますが、私が言っているのは、「100%の努力」と「100%の祈り」、その両方が必要だということです。 ...

  昨日の一般記事で、聖書を読んだり、お祈りしたりすると、神との一体感や全知全能感を得られるという話をしました。   そして、それは実際にその通りなのですが、神様に対する祈りは、単にそのような錯覚状態に我々を陥れるというものではなく、現実に我々の霊魂と神様とが疎通できる状態にしてくれるものです。 ...