RAPT | RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。
36462
post-template-default,single,single-post,postid-36462,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-9.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。

08 3月 RAPT×読者対談〈第79弾〉カタカムナとあらえびすとイヤシロチ詐欺。

 
今回の対談もまた「原発も原爆も存在しない」シリーズと「あらえびす・東出融の正体」を合体させたような内容になっています。
 
私としても、まさかこの二つのシリーズがこのように見事に一つに合体するとは思ってもいませんでした。
 
しかし、神様は「原爆・原発」と「あらえびす」が切っても切り離せない関係にあることを最初からご存知だったのでしょう。
 
そのため、あらかじめ私と東出氏とが対談するように導いてくださったのかも知れません。神様は悪魔の行いすらも神様の御心に変えることができるというわけです。
 
念のため、これまでの「原発も原爆も存在しない」シリーズのリンクをここに貼っておきます。
 
RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)
 
RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)
 
RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?
 
RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。
 
RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。
 
RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。
 
RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。
 
RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。
 
RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。
 
また、「あらえびす・東出融の正体」シリーズは以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第75弾〉あらえびす・東出融の正体(1)
 
RAPT×読者対談〈第76弾〉あらえびす・東出融の正体(2)
 
また、「イヤシロチ」がとんでもないインチキ商品であった、ということについては以下のリンクをご参照ください。
 
イヤシロチグッズが効果はあっても、とんでもないぼったくり商品である確たる根拠。
 
で、「あらえびす・東出融の正体」と「原発も原爆も存在しない」シリーズを合体させた前回までの対談が以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)
 
RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)
 
ということで、今日は先ず最初に「東出」という名前について、ある読者の方からいただいたメールをご紹介いたします。このメールが難しいと思った方は、後から詳しく解説していますので、読み飛ばしても構いません。
 
----------------
 
実はメールさせていただいたのは、
この東出氏のこの度の記事を読んで音声を聴いて、
改めてRAPTさんのこれまでの、関連する記事を読ませていただいて、思うところがあったからです。
 
それは、「カタカムナ」から見た東出氏、
「イヤシロチ」ということ、
さらには、十字が??ということなどです。
 
RAPTさんがすでにもうカタカムナのことに精通していらっしゃるようでしたら、今さらと思いますので、スルーして下さい。
 
まず、RAPTさんの過去の記事、
「<閲覧注意>日本の密教もまた悪魔崇拝そのものです」
を読んでいて、
「密教の『理趣経』が「性的」な行為を礼賛」
「どくろ本尊が約7年間の歳月を費やして作られる」
というところで、
 
「カタカムナ」の「ウタヒ」80首の半分以上はまた、性の本義についての記述であるということ、
7年間の7は「ナ」、「成る」の「ナ」。
成ったものの意味から代表するもの、分身の意味にも用いられる。
という解説だったり、
カタカムナではありませんが、
ホツマツタエのヲシテ文字での「ナ」は、○に十字(島津家の家紋と同じかたち)だったりするということ、が、浮かびました。
 
カタカムナに話を戻します。
「カタカムナ」は楢崎皐月が昭和24年1月、兵庫県六甲山系の金鳥山中で、平十字という人から「カタカムナ神社の御神体として伝えられたもの」という巻きものを見せられ、写しとり、解読したものです。
この山の頂上には俗称狐塚(芦屋道満の墓)があるということです。
 
楢崎皐月は、「イヤシロチ」とか「ケカレチ」ということを、『静電三法』という著書で記しているようです。
 
私自身、「イヤシロチ」という言葉はたしか、この方のカタカムナ関連のところで初めて目にしたのですが、
おそらく東出氏もカタカムナ、知らなくはないのではとも思うのですが、対談の中でそういった話とかあったでしたか?
(対談のRadio、まだ全部聴けてなくて申し訳ありません)
 
たしかイヤシロチグッズの回ではそんなカタカムナの話はなかったようにも思うのですが?
 
(駐:東出氏は私との対談の中で「カタカムナ」のことには一切触れていません。もちろん、彼は「カタカムナ」のことを知っていたはずですが、知らないふりを決め込んでいたのです。)
 
カタカムナでの「イヤシロチ」とは、
「完全な生気が示され、それが持続している場所」ということになります。
 
カタカムナの話があってもなくても、
カタカムナというところからみると、
「ヒフミヨイのウタ」というのがあります。
 
「ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト・・」
カナ48文字プラス最後にカタカムナというものなのですが、
それは、
「ヒガシの日の出るところをヒとし、そこから順にフミヨイ、マワリながらメクルことにより、ムナヤコトと文字を作った」とあります。(引用文献は最後に書きます)
 
RAPTさんの記事でよく出てくる「123ヒフミ」ですよね。
 
「ひふみ神示」もありますが、
この「カタカムナ」80首の中でも、このウタは、
最も重要な意義を持ち、現代のカタカナの原形と推測されています。
 
実際にカタカムナの記号というか文字を見ていただくと、
これまた○に十字で、小さい○が8つあります。
 
文字を一つずつみると、
ヒからフミヨイにヒが登って沈み、ムナヤコトは見えないところを進むという具合で、「ト」は10。十という文字で、
この「ト」は、単音では「統合されたもの、融合したもの、高次のものの思念」
「数字の十(トオ)で、トキ(縦線)とトコロ(横線)を統合したもの。つまり時空融合(融ける、溶ける)の絶対空間の思念」と書かれています。
 
また、
「ヒカシは、『ヒ』という秘められたエネルギーが『カ』というエネルギーに変遷して示されていることを指しています。『カ』はあらゆるエネルギーの総称であり、内に秘めたる『ヒ』のエネルギーが、どんどん満ちあふれてきて示されているのが、つまりは『ヒカシ』。その『ヒカシ』からさらにエネルギーがどんどん示されていくと『ニシ』。つまり『現象(ニ)』して示される(シ)。すなわち目に見える」ようになるわけです。」
 
ということが書かれています。
 
「テ」は、「手の掌と甲のように両面性を持つものの思念」ということで、
濁点がつくのは「そのような状態の存在」、その文字を強調するもののようです。
 
名前というか苗字の解読してみると、何だか示唆しているように感じました。
 
今回参考にしている本で、
カタカムナ的に「カゴメ カゴメ」を説明、解釈しているところをみると、
「しゃがんだ姿勢で男女の性器の縁を触れ合わせると、高次元の生気の微粒子がその両面で完全な形で発達分離して溶け出すことで、心の迷いが明けてサトリが完成する」
と、歌詞の大意が解説してあります。
 
先にも触れた、東出氏のやっているRadioでは、やたらとセックスの話とかが出てきていたのが、どうもこういったところを思い起こさせたりします。
 
ちなみに、今回の東出氏のことからは逸れますが、
カタカムナには第33首に
「エヒメ サヌキヂ アワ トサヂ」
というものがあり、
今の四国がかなり昔からこうやって出てくるのがなんかあるのかなとか、
サヌキは男性の本性、アワは女性の本性などということで、出てきます。
 
カタカムナのことは私も語れるほどではありません。
これまではただ単に何かすごいなぁとか、言葉とかの思念が見えてくるので思っていましたが、
これもRAPTさんのおっしゃる「天皇派」かとか、「出雲族」かとかというところも含めてみてみると、またさらに何か見えるのかなとも思ったので、
長々と書かせていただきました。
 
カタカムナは、普段私たちが使っている言葉とつながっているので、
何気に名前とかからも見えてくるように感じたものですから。
 
参考、引用したのは
『カタカムナへの道 潜象物理入門 第2版』
関川 二郎著 稲田 芳弘編
Ecoクリエイティブ 2014
です。
 
夜中に失礼しました。
 
----------------
 
このように、「東出」という苗字は「カタカムナ」という古代の文字に深い関わりがあるというわけです。
 
で、この「カタカムナ」をグーグルで検索すると、以下のようなサイトが出てきました。
 
神科学研究所:第4章・カタカムナ
 
で、このサイトの中には以下のような画像が貼ってありました。
 
z4-1
 
z4-3-1
 
なんと「渦巻き」です。
 
で、以下のサイトを見てみると、この「渦巻き」の言葉にきちんとフリガナが打ってありました。
 
カタカムナ 楢崎皐月【カタカムナ】の解読をした。
 
katakamuna1a
 
よく見てください。内側から順番に見てみると、「ヒフミ……」と書かれてありますね。「ひふみ」。まさに「国常立尊」ですね。
 
JAL123便を撃墜して520人もの乗客を殺した「国常立尊」とは何者なのか。3.11と御嶽山噴火にもなぜか垣間見えるこの神の正体。
 
で、よくよく調べてみると、どうやら、これ。「ひふみ祝詞」というものらしいです。
 


 
この動画をアップした人は、この「ひふみ祝詞」を最強の「言霊」だと解説していますが、私は気味が悪くてこの「祝詞」を最後まできちんと聞くことができませんでした。
 
で、「イヤシロチ」という概念もまた、この「カタカムナ」から発祥していると言われています。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
イヤシロチという概念の発祥は、「カタカムナ」と呼ばれる、太古より日本に伝わる智恵に由来します。
 
これは、旧石器時代に日本に存在したカタカムナ人が、直感体系によって得た智恵をまとめ、カタカムナ文献として今日に伝えたものです。
 
日本に古くから存在する古文書には、「竹内文献」や「上津文」、「秀真伝」などがありますが、そのどれよりも古いのがカタカムナ文献です。
 
しかも内容はこれらと大きく異なり、宇宙の構造や法則、万物の根本原理、マクロコスモスからミクロコスモスに到るまで、最先端の科学が取り上げるテーマにまで及びます。
 
カタカムナという言葉には次のような意味があります。
 
カタ・・片の「カタ」。我々の見ている宇宙が全てではなく、それは片であるという意味。
 
現象として現れているもの。粒子系。
 
カム・・目には見えないけれど存在している意味。
 
現象としては現れ ていないが潜在的に存在しているもの。波動系。
 
ナ・・ダンナの「ナ」というように、代表する存在。潜在する支配の主を表している。
 
カタカムナは、現象(カタ)も潜象(カム)もひっくるめた主(ナ)が世の本 質を現すことを意味しています。
 
そして現象世界(カタ)と潜象世界(カム)の全ては、(アマ)という極微の 基礎物理量から成り立っていると考えられています。
 
アマは、カタチも無く無限量存在しているもので、インド ではゼロ、中国では気、仏教的には無に通ずるものと言えるでしょう。
 
----------------(転載ここまで)
 
よく見て下さい。「カタカムナ」とは「粒子」であり、「波動」であるとのこと。
 
まさにアインシュタインの「相対性理論」から誕生した「光子」や「ニュートリノ」や「重力波」と同じ性質のものです。
 
つまり、アインシュタインの「相対性理論」は「カタカムナ」から誕生したということです。というか、「相対性理論」は「カタカムナ」文献に書かれていることそのものと言えるかもしれません。
 
つまり、「相対性理論」とは実は物理学でも何でもなく、単なるイルミナティどもの信じる宗教に過ぎなかったというわけです。
 
どうりで権威ある物理学者たちが、この世界は「曼荼羅」と同じようなものだ、などとこぞって宗教的な話をしたがるわけですね。
 

 
このようにイルミナティの連中は、古代から伝わる「カタカムナ」文献を重視し、それを「物理学」という形で我々庶民に無理やり押し付けてきたのです。
 
ちなみに、「カタカムナ」とは先史時代の日本人が信じていた神様の名前でもあるそうです。恐らくこの神様とは「国常立尊」のことなのでしょう。
 
また、「カタカムナ」の文字は見ての通り、「太陽十字」が基盤になっています。そして、この「太陽十字」は悪魔教である「ドルイド教」のシンボルマークでもあります。(詳しくはこちら
 
s_marunijuji-640x640
〈太陽十字〉

 
「ドルイド教」というと「ケルト文化」というイメージがありますが、やはり当初の予想通り、「ドルイド教」の本当の源流はこの日本にあったというわけですね。
 
恐らく「東出・木村」両氏も同じように「カタカムナ」を重要視し、そこに宿る「言霊」の力を信じているに違いありません。でなければ、「カタカムナ」から誕生した「イヤシロチ」という概念を多用するわけがないからです。
 
で、彼らがこの「カタカムナ」を重視しているからこそ、「東出」氏は昨年の「11月23日(123=ひふみ)」に私と会いたがっていたわけです。
 
ということで、東出氏らがルシファーなる悪魔「国常立尊」を崇めていることがこれでよりいっそう明白になりました。
 
彼らが原価数百円に過ぎない単なる「ゴム」や「セラミック」や「プラスチック」に数万円という値をつけて販売しているのも、ルシファーから「嘘をついて、人々から大金を巻き上げろ」と命令され、その命令を厳密に守らなければならないと思っているからでしょう。
 
ちなみに、「イヤシロチ」がいかにインチキな詐欺商品であるかについては、以下のリンクをご参照ください。
 
イヤシロチグッズが効果はあっても、とんでもないぼったくり商品である確たる根拠。
 
しかしながら、この「イヤシロチ詐欺」を思いついたのは実は「東出氏」でも「木村氏」でもありません。
 
実はこの「イヤシロチ詐欺」は、太古の昔(恐らくムー大陸の時代)から行われていたものなのです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
■カタカムナは古代科学の書
 
カタカムナは太古から密かに連綿と伝えられてきた謎の古文書です。
 
ここで言う「太古」とは今から数万年~10万年以前の時代のことで、そのころ日本列島に住んでいたといわれる謎の人類が残した古代科学の書です。
 
一説にはこの人類 → 「宇宙人」であったと言われております。
 
(註:また「宇宙人」ですか。彼らは何でもかんでも宇宙人の仕業にしたがりますが、この古文書は単なる詐欺の方法が書かれた書物であり、人間でも書くことができるものです。なので、宇宙人などいちいち登場させる必要がありません。)
 
カタカムナの真実を証明できる物証は残念ながら何もありません。
  
アカデミックな社会では認められていませんが、これが本当とすると、今までの人類起源の説をひっくり返すような 一大事になります。
  
■カタカムナ文字・文献の発見者・楢崎皐月氏
  
カタカムナと言えばこの人【楢崎皐月(ならざき・さつき)】氏という天才科学者が1949年に カタカムナ文字を入手して解読に成功したというもので、カタカムナの解読そのものは戦後ですから比較的あたらしいといえます。
   
楢崎氏は日本の物理学者・電気技術者。
  
1899年山口県生まれ、北海道育ち、1974年没。 「ケガレ地」、「イヤシロ地」という名前で土地の良し悪しを研究した、「静電三法」で有名です。
  

  
晩年は「カタカムナ」の研究に没頭したと言われています。
   
■カタカムナ文書を六甲山系の金鳥山で発見
  
1949年(昭和24年)楢崎氏が兵庫県六甲山系の金鳥山で地質調査中に見る機会のあった古文書のことです。 
  
その古文書は、父親が「カタカムナ神社の宮司」であったという「平十字(ひらとうじ)」と名乗る猟師から、見せられました。
   
カタカムナ古文書には不思議な文字が書かれていました。
  
そこに書かれていたのは円と直線で作られた幾何学的な文字であった。(下図参照) 楢崎氏はカタカムナ音声符が片仮名の起源としていると見ておりました。 
 
この文字を八鏡化美津文字を略して八鏡文字(はっきょうもじ)、化美津文字(かみつもじ)又は上津文字ともいう。
  
katakamuna1a-2
 
katakamuna1b
 
残念ながら、このカタカムナ文献の原書も「カタカムナ神社」という名前の神社も不明ですが、楢崎皐月氏の体験は強烈だったのです。
   
カタカムナ人は宇宙の二重構造を知っていた。
  
カタカムナ人は宇宙は次のようになっていると教えてくれています。
 
カタカムナではまずわれわれの住んでいる「物質世界」がある。
 
「その背後に物質世界を作り出している潜像世界(多次元世界)が存在している。
 
(駐:要するに「霊界」のことです。彼らはこのように明らかに「霊界」を信じているのです。なのに、我々にはその「霊界」が存在しないと教えてきました。)
 
カタカムナの宇宙論においては、現代の様な「物質文明、物質宇宙」は高次元宇宙の「投影像」であるといわれております。 
 
ここで言う「投影像」とは「ホログラフィック」なものを言います。また生命の起源(All Life of Origin)は、時空表現された物質宇宙ではなく「高次宇宙」にあるのです。
 
物質文明もしくは物質宇宙とは 3次元(縦・横・高さ)に時間軸をいれた 4次元の世界のことを言い、われわれが物理的に確認出来る世界のことを言います。 
 
残念ながら、この世の中は 物質崇拝主義となっており、カタカムナの言っている「宇宙論」に比べると、次元の低いところに価値を見出しております。
  
■カタカムナの潜像世界とは
  
この「高次宇宙」とは、5次元以上の世界を言い われわれ人類ではまだ解明されていない10次元、もしくは一説には13次元まであるといわれている世界のことです。
 
(註:「超ひも理論」と同じことを言っています。つまり、「超ひも理論」も実はこのカタカムナを元にして作られたということでしょう。)
 
この多次元世界・潜像世界は「アマ始元量」と呼ばれる究極粒子(この粒子はおよそ10のマイナス80乗センチメートルと推定している)およびその複合体で出来ている。
 
この潜像世界が宇宙の本質であり、その世界にはアマナと呼ばれるヌシ(創造主)が存在しています。アマナは究極粒子の集合体そのものである。
 
■カタカムナの宇宙論
 
また、カタカムナでは独自の宇宙論を展開しています。
 
地球が存在している宇宙は、一定の大きさを持つ球状(宇宙球)で膨張しつづけてはいない。この宇宙球の外側は、超微粒子のエネルギーの存在する世界が無限に拡がっており、そこには無数の宇宙球が存在する。 
 
結局、宇宙は無限と言うことになる。
 
(註:これまた現代の物理学者たちと全く同じことを言っています。つまり、現在の宇宙論もすべては「カタカムナ」そのものということです。笑ってしまいますね。)
  
■カタカムナは生命の起源
 
生命の起源は われわれの知っている「物質宇宙」ではなく、「高次宇宙」にあるのです。
 
地球での生命表現は全て高次宇宙にその原版「ブループリント・設計図」があり、その投影像がそれぞれの生物として映しだされていることになります。
 
----------------(転載ここまで)
 
これまで私は、現代の科学がいかにデタラメ、インチキであるかを解き明かしてきましたが、どうして現代科学がここまでインチキ、デタラメなのかというと、現代の科学がこの「カタカムナ」という詐欺の指南書から作られているからです。
 
こんなわけですから、科学の知識など下手に持たない方が身のためです。
 
実際、科学の知識を余り持っていなかった文系の私が、科学の知識を下手に持ってしまった理系の人たちより先に、「原発も原爆も存在しない」ということを見抜いてしまったわけですし。
 
さらに言うなら、この「カタカムナ」。実は「放射能は危険である」と民衆の不安を煽って、大金をぼったくるための指南書であることも分かっています。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
楢崎皐月氏は1970年代初頭に刊行された会誌『相似象』の中で、「現代科学は現代文明の基礎であり、現代文明が孕む必然的な病弊に科学のモノの考え方が密接に繋がっている」と現代科学の問題性をはっきりと見抜いています。
 
ということは、カタカムナ(原日本人)の自然認識を学ぶことを通じて、現代科学の問題性やその閉塞を突破する新しい切り口が発掘されることが期待できます。
 
その一つを紹介します。
 
放射能を中性化(無毒化)する技術⇒反電磁場の技術です。
 
楢崎皐月氏は、日本が他国から原爆・水爆等によって攻められた時、その原子力を無力化させる技術を構想していました。
 
それが反電磁場の技術です。

 
楢崎皐月氏が主宰した相似象学会誌『相似象』第八号(1975年7月 シーエムシー技術開発㈱発行)から引用します。
 
(駐:ここから以下の文章は、まるで竹中平蔵を彷彿とさせる「複雑南海」なデタラメ文章です。)
 
〜〜〜〜〜
 
楢崎皐月の反電磁場の着想は、『潜象から現象へ出現する正の波動と共に、現象から潜象へと還元してゆく逆波動が存在する』、というカタカムナの直観物理に基づいている。
 
(現代科学は、現象界に於ける「正」の波動のみを扱い、「反」の波動の存在を捨象している。いわば、潜象界から現象界への「一方通行」しか扱っていないのである。)
 
則ち、反電磁波は、正の電磁波動方向に対し、負方向に波及する時空量の変動である。
 
したがって、反電磁場の特性は、放射能物質を中性化(無力化)させる機能である。
 
原爆や水爆を無力させるには、強力な反電磁場を形成する必要があるが、そのような反電磁場を日本の国土周辺に備えておけば、原子力兵器は忽ち威力を失う。
 
こうして、楢崎皐月氏とそのグループは反電磁波放出の振動源物質の開発を志向した。そこでは、カタカムナの直観物理のミトロエカシ(原子転換)の技術が役立ったのである。
 
そして、1970年代に入って、彼らは、初志の通り、無償で、この研究の成果を国家に献上している。
 
〜〜〜〜〜
 
----------------(転載ここまで)
 
これが彼らの詐欺のやり方です。このように小難しい知識をあれこれこねまわす振りをしていますが、実はここに書かれたことが全てデタラメであることは、「原発も原爆も存在しない」ことを知った皆さんには今さら説明するまでもないことだと思います。
 
「反電磁場」とか「振動源物質」とか小難しい言葉を使って話をする学者を見ると、我々庶民はそれだけでその人が立派な人のように思ってしまいます。
 
そして、それを理解できない自分は、頭が悪い、と思い込んでしまうわけです。
 
しかし、彼らの言うことを理解できないのは当然のことです。彼らはその小難しい言葉の意味を、絶対に我々庶民に分かりやすく説明しようとはしないからです。
 
なぜ彼らがそれを説明しないのかというと、その言葉自体、何の意味もないデタラメだからです。デタラメなので、説明のしようがないのです。
 
第一、「放射能」は最初から無害なものです。なのに、その無害な「放射能」を「半電磁場の技術」によって「無害化」すると言うのですから、これがいかにインチキ・デタラメな話であるかがよく分かります。
 
もはや完全な詐欺ですね、これは。
 
イルミナティの連中は、このようなインチキ・デタラメを太古の昔から行っていたというわけです。
 
しかも、現代に至っては、このインチキ・デタラメを広めた「楢崎皐月」のことを優れた学者だとか天才だとか言って持ち上げる人までいるという始末です。
 
で、この「楢崎皐月」が土地をイヤシロチ化する方法として、「炭素埋設」という方法を編み出したようですが、この「炭素埋設」とは土地の土を掘り返して、大量の炭素を埋めていくというものです。
 
炭素埋設法とその問題点
 
炭素埋設の基本と炭文化について|イヤシロチ講座で超幸運人生の実現
 
tanmaihead2
 
しかし、いくら健康や環境のためとは言え、これほど大変な作業を実際に行おうと思う人はほとんど誰もいないでしょう。
 
だからこそ、木村氏の作ったような手軽に使える「イヤシロチグッズ」が売れるわけですね。
 
しかも、木村氏(と東出氏)の場合、神様からもらったという「渦巻き」模様に「宇宙パワー」が宿るなどと嘘をつき、「イヤシロチ」を神格化させていました。
 
単なる「絶縁体」「誘電体」に過ぎないものを「神格化」し、あなたもこれで幸せになると嘘をつくことで、「イヤシロチ」にありもしない付加価値を与え、原価数百円のものを数万、数十万で売っていたわけです。
 
まるで、一昔前に流行したテレビドラマ「トリック」を地で行くような話です。
 
intro01
〈トリック〉

 
ちなみに、「カタカムナ」人たちは、以下のように大きな世界も小さな世界も同じ法則の下に動いているということを言っていた、と「楢崎皐月」は語っているようです。
 
103sojisho
 
地球は太陽の周りを回りながら、どんどん太陽に向かって落下していると言われています。
 
ということは、地球は太陽の周りを「渦巻き」を描くように公転しているとも言えます。
 
恐らく彼らが「渦巻き」を重要視しているのは、ここが全ての出処に違いありません。
 
「カタカムナ人」と呼ばれる古代人たちは、太古の昔からこのような物理的法則を知っていたということです。
 
だからこそ、日本の古墳やアイルランドのニューグランジ、縄文式土器や銅鐸などのあちこちに「渦巻き」のマークが描かれているわけです。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
古代ケルトと古代エジプトと古代日本の幾多もの文化的共通点と、日本がドルイド教から誕生したという幾つもの証拠。
 
で、対談の中でもお話しています通り、「イヤシロチ」についてネットであれこれと調べていくと、最終的には以下のようなブログにたどり着きます。
 
縄文環境開発 木村将人先生のイヤシロチグッズ : サラ・シャンティ スタッフ瑠璃のblog
 
このように、必ずといっていいほど、最終的に「あらえびす」やら「木村将人」の名前に辿り着きます。
 
つまり、「楢崎皐月」のイヤシロチ詐欺の技法を受け継いだのが、実は「木村氏」であり、「あらえびす」であり、「東出氏」であるということです。
 
彼らこそが「カタカムナ」文献に書かれたインチキ技術を「楢崎皐月」から受け継いだ中心人物なのです。そうとしか考えられません。
 
だからこそ、私が「原発も原爆も存在しない」と暴き出したとたん、彼らは急に「RAPTネガキャン」を大々的に開始したわけでしょう。
 
何せ、「原発も原爆も存在しない」ということが世間に知れ渡り、「放射能は危険ではない」ということがバレたら、「イヤシロチグッズ」は売れなくなってしまいます。
 
それに危機感を覚えた彼らは、「原発も原爆も存在しない」と唱える私の言説をなんとしてでもインチキだと言って叩き潰さなければならなかったわけです。
 
しかし、いくら私がこんな話をしても、「東出氏」も「木村氏」も「カタカムナ」なんて知らないと白を切るに違いありません。
 
でないと、神様から「渦巻き」マークをもらったという木村氏の話が嘘デタラメになってしまうからです。
 
しかし、「東出氏」は、私との対談の中で「佐野千遥氏と一緒にカザフスタンに行った」と言っていましたが、その当の佐野千遥氏は「カタカムナ社」という会社を運営しています。
 
(もっとも、以下のリンクを見た限りでは、運営していたと言った方がよさそうですが。)
 
驚くべき真実の結論!「玉蔵によるカタカムナ社乗っ取り」の陰謀!!!!!!!ドクター佐野千遥
 
なので、「東出氏」がカタカムナのことを知らないわけがありません。というか、彼らイルミナティの連中はみんな「カタカムナ」を知っているに違いないのです。
 
そして、当の「あらえびす」はその看板に「ふくろう」を掲げています。
 
b6c344_94e8d83898e94eaf9b760f2832dcf3ea-2
 
「ふくろう」といえば、フリーメーソンのシンボルですね。
 
また、あらえびすのホームページにある「縄文バンド」の絵にもやはり「カラス」と「ふくろう」の絵が描かれています。(出典はこちら
 
b6c344_0a1188152fb84628bdf33a13a9e5e5f5
 
「カラス」といえば「悪魔」の象徴であり、「八咫烏」を連想させられます。
 
しかも、ここには「赤」い旗まで描かれています。「秦氏」の匂いがプンプンしますね。
 
しかし、この絵が余りにも露骨すぎるからでしょうか。現在の「あらえびす」はパンフレットに別の絵を使っています。
 
で、この「あらえびす」の郵便番号について、ある読者の方がこんなコメントを書いていました。
 
----------------
 
みなさんお気づきでしょうがあらえびすの住所は〒999から始まってますね。
私はこれみた時お茶吹きました。
 
----------------
 
「9」とは渦巻きそのものです。「999」とはまさに「三つ巴」です。
 
巴 – Wikipedia
 
4bbba3c49239e87253c28bbd772adf94
 
で、言うまでもなく、この「三つ巴」はケルト文化から発祥したものですね。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
三脚巴 – Wikipedia
 
スクリーンショット 2016-03-08 15.35.42
 
あらあら、ここにもまた「渦巻き」が……。
 
で、上のコメントを見た「あらえびす」のサポーターとおぼしき人が、こんなメールを私に送ってきました。
 
----------------
 
RAPT様、お世話になります。
マーという名前でコメントを2度書き込みさせて頂いたものです。
 
実は、自分のコメントがアップされないのはRAPTさん自身選別しているからなのかどうかわかりませんが? 
あるコメント者の内容があまりにも侮蔑としかとらわれない文章だったのでいつもリードオンリーの自身ですが、今回はコメントさせて頂きました。
しかし、2度アップしたのですが全く表示されないようです。
やはり、アップするにはNGというわけでしょうか?
 
下記のコメント投稿内容です。
 
引用
 
かに
Posted at 20:34h, 23 2月
 
みなさんお気づきでしょうがあらえびすの住所は〒999から始まってますね。
私はこれみた時お茶吹きました。
 
引用終了
 
このコメントに対し私は憤りました。
〒999から始まる住所は、あらえびす=あちら側(イルミナティ)? 悪魔崇拝者の地域と言われているのでしょうか?
もし、そう言ったつもりではないとおっしゃるのであれば、思わせぶりもいいとこです。
大変迷惑だし、インターネットは、そのような噂が広まるのは早いです。
本来なら、謝罪文を載せて貰った方が本人のためかもしれませんが?
 
RAPT様のご見解を是非賜りたいのですが?
 
お忙しいところ、恐縮です。ご返信頂けると幸いです。
 
----------------
 
この人はこのようなコメントを二度も書いたのに、私が削除したといって東出氏のブログで大騒ぎしていました。
 
しかし、実際のところ、この人は私のブログには何のコメントも書いていません。(ゴミ箱もスパム欄も探してみましたが、この人のコメントはどこにも見付かりませんでした。)
 
この人は自作自演の大騒ぎを演じていたわけです。全くもってとんでもない悪魔ですね。
 
で、私はこの人に対してこう返事を書きました。
 
----------------
 
そんなコメントは届いてませんよ。
 
本当に書きましたか?
 
あるいは、メールアドレスや名前を書き忘れてはいませんか。
 
かにさんは別に「〒999」の地域が悪いというわけではなく、あらえびすがわざと「〒999」の地域を選んだと言いたかったのだと思いますが?
 
彼らならやりかねませんよね。
 
そもそも、他人のコメントを冷静に分析できず、感情的に書くのもどうかと思いますよ。
 
ちなみに、今、あなたのメールをたまたま見たので、すぐに返事を出しましたが、今後はしばらくメールは出せません。
 
頭を冷やしてください。
 
----------------
 
そもそも、現在の郵便番号を割り振ったのも全てはイルミナティの仕業です。なので、彼らがわざと自分たちの拠点に「〒999」をつけた可能性もありますよね。
 
さらに言うなら、「あらえびす」の住所は以下になります。(出典はこちら
 
■山形県東根市大字泉郷甲808
 
「808」とあります。「8」といえば、「八岐の大蛇」とか「八咫烏」とか「八百万の神」とか、色々とありますよね。
 
また、四国八十八ヶ所も「88」です。上の読者のメールに出てきた「四国」にもつながりますね。
 
ちなみに、私が今回の対談の中で「ミトラ」とは「大国主」のことだと言っていますが、私はこれまで「大国主」も「スサノオ」も「出雲族」の神様だと一緒くたにしていました。
 
しかし、現段階では以下のように考えています。
 
■秦氏=大国主=ミトラ(ミトラ教)
 
■出雲族=スサノオ=ヴァルナ(ゾロアスター教)
 
なぜこのように考えるようになったかについては、近いうちに記事にしたいと思います。
 
ということなので、「ミトラ教」を教えている「サラ・シャンティ」というブログは「秦氏」側ということになりますね。
 
で、この「サラ・シャンティ」と深くつながっている「あらえびす」もまた「秦氏」ということになりそうです。
 
現に「あらえびす」のパンフレットには赤い旗が描かれているわけですし。
 
しかし、私がこうして「東出氏」のことを「秦氏」だというと、「東出氏」の先祖は服部半蔵で、「徳川家」の家臣であり、「徳川家」は出雲族だったはずではないか。
 
それなのに、どうして東出氏が「秦氏」だと言えるのか、と疑問に思う人もいるはずです。
 
しかし、「徳川家」の中にも実は「秦氏」が存在していました。実は「徳川家」も一枚岩ではなかったのです。
 
これについても、いずれ近いうちに記事にしたいと思います。
 
なお、今回の対談の中で「〒666」が「兵庫県川辺郡」であり、「川辺郡(河辺郡)」という名前の「郡」が、鹿児島にも山形にもあるというお話をしていますが、このことについて詳しく知っておられる方がいらっしゃいましたら、ぜひとも情報をお寄せ下さい。
 
お待ちしております。
 
ということで、「アインシュタイン」も「原爆・原爆」も「ニュートリノ」も「リニアコライダー」も「CERN」も「あらえびす」も、全てがことごとく「カタカムナ」へとつながっていきました。
 
どうやら「カタカムナ」にこそ「悪魔崇拝」の根源がありそうです。というか、確実にあります。
 
それについては、これからじわじわと皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、どうぞお楽しみに。
 
(追記)今回の動画を公開したのが本日の17時04分ぐらいでしたが、その5分前にいきなり以下のようなクレームがYOUTUBEから届きました。彼らはこの動画を公開する前から、今回の対談の内容を知っていたのでしょうか。そうとも思えるメールですね。
 
スクリーンショット 2016-03-08 17.05.45
 

46 Comments
  • じげもん
    Posted at 18:47h, 08 3月

    更新お疲れ様です。いよいよ核心に迫ってきた感じですね。向こう側も必死のようです。
      
    さて、少し気になる話題として、さゆふらっとのyoutubeアカウントが3月4日付で利用停止になり、動画141本が削除されたということです。
    以前アップなさった対談『RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)』のコメントで、エンタルピーという方が『RAPTさんの対談 DVDにして 後世に残す作業してます RAPTさのアカウント@ドメイン抹消 間近です』という書き込みをしていたのが気になっています。自分にできることといえば、毎日神様にお祈りすることぐらいしかないのですが、RAPTさんと、このブログの読者の皆様に祝福が訪れますように。

  • ユンダンテ
    Posted at 18:58h, 08 3月

    この情報も凄すぎますね。佐野千遥さんが物理学者なのにカタカムナ哲理が~~どうちゃら書いていて何で?と思っていたのですが、相対性理論がカタカムナとなると佐野千遥さんも語る資格ありますね。この対談は過去1番の驚愕でした。

  • rapt
    Posted at 21:53h, 08 3月

    さゆふらっとはネタがなくなって困ったときに必ずFACEBOOKやら何かのアカウントが停止されたという手を使って、人集めをします。
    彼の言うアカウント停止は全て自作自演です。
    YOUTUBEと一緒にそんな自作自演を行えるということは、彼がやはり裏でその手の人たちとつながっているという証拠です。
    また、今回の記事で、「マー」という名前でコメントした人のことを紹介しましたが、これもまたあらえびすのスタッフの中に「マー坊」というのがいるそうです。
    以下、ある読者の方からの情報です。

     
    ----------------
     
    「マー」という人がコメント欄で工作活動を行ったとのこと。
    私はこれを見て、思い浮かんだことがあります。
    ご承知の通り、私は対談からあらえびすの活動に興味を持ち、体験学習に行きました。
    そこでスタッフに「マー坊」と呼ばれている20代くらいの男性がいました。
    私は東出氏は直接会って「この人は演技性が見えるし、コミュニケーションがナチュラルじゃなくやたらに自分の考えを押し付けようとするからおかしいな。」と思っていましたが、スタッフにはそこまでの疑いを持っていませんでした。
    しかし、あらえびすがyoutubeにアップしている2016・2/26「黒伏山採水」という動画の冒頭にこの「マー坊」と思われる人物が移っているのです。
     

    しかも、あらえびすスタッフである「しげちゃん」こと「ムライシゲル」が以下のようにその人物の事を紹介しています。
    それは、「今回は那須からお越しのMさんと一緒に黒伏山に採水に行きます」というものなのです。
    この「Mさん」は大きなゴーグルをかけており、素顔を全面的にさらしておりません。
    ですが、私が会った記憶の中ではスタッフの「マー坊」ととても似ているのです。
    スタッフに対し「〜からお越しの」なんてまるでお客様やサポーターかのような言い方で「おや?」と思いました。
    しかも、私が滞在していた時にこの「マー坊」は那須から来たと言っていました。
    (ちなみに「マー坊」の下の名前は忘れてしまいましたが、苗字は「山田」だったと記憶しています。)
     
    更に今回の騒動後、東出氏のブログを見ていると、コメント欄に「ケイコ」「ムライ」というあらえびすスタッフと何故か符合する名前の人物が不自然な東出氏擁護発言をしています。
    残念ながら私は今回RAPTさんが挙げられた「マー」なる人物のコメントは見逃しており知らなかったのですが、上記の符合は「おかしいな。」と感じていました。
    それにあらえびすの景子夫人、「シノブさん」という女性スタッフ、そしてこの「マー坊」はパソコン業務を一日中しています。
    これだけ自然活動をメインに謳っているあらえびすなのになぜそんなにPCに張り付いているのか、当時の私には不思議でした。
    が、組織だって工作活動をしていたとなれば今となっては納得がいきます。

  • rapt
    Posted at 21:54h, 08 3月

    ちなみに、私のYOUTUBE動画が削除されたとしても、私の対談動画はすべてきちんと保存していますので、他の動画共有サイトからアップできます。
    なので、全く心配には及びません。

  • アモリフェラ
    Posted at 22:08h, 08 3月

    じつに興味深いお話です。安い絶縁体を使ってぼったくり詐欺しているだけではなく、彼は秦氏側の王子様だったわけですね。
    「原爆・原発は存在しない」シリーズが真実だとすると、一体どうやって電気まかなってるの?と思いまして。そういえば小学校の先生が「日本は急な川が多いから水力発電がやりやすい。」みたいなこと言っていたような気がする、と思い出して、ウィキペディアで検索してみたら、
    「日本の水力発電所一覧」という項目が、見事に削除されていました。
    https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%B0%B4%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%B8%80%E8%A6%A7&action=edit&redlink=1
    原子力発電所がイコール水力発電所だったなら、それもうなずけます。笑
    教会に行っていたときは、神と悪魔の戦いとか「神話や伝説」だとばかり思っていた私ですが、これって今起こっている「現実の話」なんですね~。驚くばかりです。有難うございます。

  • トモコ
    Posted at 23:12h, 08 3月

    凄い方だったんですね東出様!
    あんまりの修行で意味訳わからないブログで
    普通の生活者は理解不能ですが。

    では、洗脳の銀河鉄道スリーナインや
    忍者ハットリ君とかも
    意味ないマンガでしたけど。

    なんで、心に感動しないのか理解出来ました。

  • 通りすがり
    Posted at 00:33h, 09 3月

    実は私も、秦氏=(ミトラ教) 出雲族=スサノオ=ヴァルナと考えていました。
    ヴァルナとゾロアスター教がどうつながるか、続く記事を楽しみにしています。
    サザンオールスターズが3×3とはなるほど。発想が豊かで感心します。てっきりサザンは南朝の意味だと思っていました。
    実は愛の言霊の歌詞も気になっていました。毎日サイトを見ているので、無意識にraptさんに感化されているようです。
    愛の言霊は宗教的で意味不明な歌詞ですが、「過去に多くの人が 愚かな者が 幾千億年前の星の光見て
    戦をしたり 罪犯したなら ぼくもまたそれを繰り返すのか」という部分が心に残っています。
    太陽、月、金星(明星)シリウスやおうし座、へび座、りゅう座、南十字星、北極星、北斗七星など、星を拝むが故に戦が絶えないと解釈しています。
    サザンと言えば、2014年末のライブパフォーマンスがニュースになりました。
    http://matome.naver.jp/odai/2142145896467120301
    サザンの所属するAmuseのマークは自由の女神(ミトラ)ですね。安倍首相や天皇がミトラを拝んでいるとすれば、パフォーマンスはやらせかもしれません。

  • きりぎりす
    Posted at 09:30h, 09 3月

    荒夷(あらえびす)で検索すると歴史的な背景も出てきてもっと繫がってきますね。

  • olive
    Posted at 10:05h, 09 3月

    RAPTさん

    いつも更新感謝します。
    全ての事柄が結びついて、
    嘘で固められたものが、みるみる溶けていきますね。
    本当に有難うございます。

    私達は、これまで、嘘をスリこまれて来ていましたので、
    貴方の歩いておられる、狭き門に私も入った際、
    当初はRAPT理論に違和感がありましたが、
    正しいGPSに導かれるとみるみる真実に辿りつくことができます。

    真実を知ったものは、造り固められた嘘やまやかしは
    本当にバカバカらしくなります。

    感謝しております。

  • ピンク
    Posted at 10:41h, 09 3月

    いつもありがとうございます。
    いつかの対談で福島近辺で見られる観光バスのことについて、お話しておられた件です。

    おそらくこれのことではないかと思いメール差し上げます。

    https://www.youtube.com/watch?v=TVKPsG0WWnI

    6:15辺りからです。

    今でも一日7000人の方が原発近辺で作業なさっています。
    その方を運ぶ輸送手段として観光バスが使われています。

    それでは、今日も一日よい日でありますように。

  • パンダ
    Posted at 16:14h, 09 3月

    今回の対談で、ヒカルランド系の怪しげな陰謀論が全てあらえびすにつながることが分かりました。
    H氏のブログでは相変わらずただの悪口のオンパレードが続いていますが、そんな悪口で今回の対談の内容を覆せると思っているのでしょうか。
    まあ、向こうもやけっぱちなのでしょう。
    子供じみていて吐き気がします。
    今回の対談にもありますように、彼らは飯のタネを失ったわけですから、彼らはいずれ自滅するでしょう。

  • パンダ
    Posted at 16:18h, 09 3月

    あと、向こう側のコメントでは、この記事が客観性がないとか言っていますが、森を守るとか言ってPCばかりにかじりついているPCオタクに客観性があるとかないとか分かるわけがないですね(笑)
    客観性という意味すら分かっていないんじゃないでしょうか。

  • rapt
    Posted at 16:35h, 09 3月

    >ピンクさん。
    福島原発付近なら作業員をバスで運んでいても不思議ではありませんが、稼働していないはずの(事故も起きていない)伊方原発でも同じように観光バスが走っていたのです。
    また、六ケ所村でもそうです。
    なので、単に人を運搬しているだけとは思えません。

  • オレンジ
    Posted at 16:42h, 09 3月

    カタカムナの記事を読んでいくと、前回の対談でRAPTさんがさらっと仰っていた
    H氏が もしかしたら本名ではないかも。と思えてきました。
    K氏との対談の中でうずまきの向きの話で
    子供の頭をなでる時右巻きはいいけど左は良くないと、、、
    そのとき、子供の頭をそんな風になでる風習がある県があるんだ。と
    私はさする程度なのにって思いましたが 
    例え話が嘘だったんでしょうか。
    ふくろうは海外ドラマの悪魔退治みたいなものによく使われていますが そういう意味があったのですね。
    RAPTさんのブログを読んでいく内にそういった海外ドラマは観るの止めました。

    さっき全国放送NHKの番組で世界一癒しの~アメリカ セドナというのをやってました。
    スピ系が心 身体に効果があるように思わせる内容でした。(あるんでしょうけど。)
    庶民におすすめです。みたいな?!

    余談ですが
    私はたぶん鈍感な方でレイキをすすめられて数回受けましたが何も感じず。ヨガもやってると体が冷えてしまう
    ので止めてしまったタイプです。(すすめてくれた方には申し訳ないのですがお値段も安くないので)
    それに その度 石や装飾類 書籍などすすめられましたし、悩みは解決できなかったですし逆に増えていって余計に疲れました。
    出費もかさんでしまいました。 
    RAPTさんの 以前のはし休めや有料記事を読むようになって スピ系や他の宗教も悪魔崇拝からきているとわかり
    スピ系は捨てました。
    そして善悪の区別で物事を考えるようになってきました。(鈍感な方なのでまだまだだと思いますが)
    読んでると うなずける事ばかりです。ありがとうございます。

  • パンダ
    Posted at 20:37h, 09 3月

    H氏のプログを見てると、今回の記事に対する動揺ぶりの凄まじさが見えて笑えます。
    彼ら、今まで以上に必死にラプトブログの悪口を言っていますが、その慌てぶりが逆にこの記事がいかに核心をついているかを示しています。
    彼ら、本当に頭が悪いですね。
    ふくろうがフリーメーソンの象徴であることはネットの常識だし、それを指摘されると嘲笑って逆ギレ。
    竹中平蔵と全く同じ反応なので笑ってしまいますね。
    悪魔はみんな同じ性質なのですね。

  • パンダ
    Posted at 21:01h, 09 3月

    H氏のブログを見ていると、やはり「999」と「ふくろう」には触れてほしくないみたいです(笑)。
    あと、スタッフが工作活動していることも。必死でごまかしてますね。

  • 春のきざし
    Posted at 22:24h, 09 3月

    伏流水サポ-タ-、解約 葉書で届け出しましたら
    受理され 初期費用 2万2千円返して貰えました。 ですが何だかすっきりはしません。 純粋な人の心を 踏みにじられた想いなのだとおもわれます。    「東出さん! 悲しいです。」  でもあなたには 通じないのでしょうね? 

  • YUM(ヤム)
    Posted at 22:55h, 09 3月

    昨日から「狭き門より入れ」-が、頭の中にずっと浮かんでいました。
    奇しくもコメント欄にその聖句を使われていた方がいらっしゃいましたので、
    ちょっとハッとさせられました。
    ・ ・ ・ ・ ・ 
    「神社はそこを訪れた者をいつでもオープンに受け入れる。」
    そんな話を、かつて天河神社関係の記事だったか・・・で、読んだ記憶があります。
    誰でも、どんな時でも、入るのも自由なのだと。
    その時はもともと神社にはそういう精神性があるのかと、そうだったのかと、感心したりしたものでした。
    でも、今はそこに入って行ったらー。
    「行きはよいよい帰りは怖い」ーの世界もあると思っています。
    あらためて、それとはどこか対照的とも言える聖書の言葉。
    「 狭い門から入りなさい。 滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。
    しかし命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。 それを見いだす者は少ない。」
    この言葉が気になっています。
    やはり聖書には深く心を揺さぶる言葉があります。考えさせられるものがあります。
    ・ ・ ・ ・ ・
    いつだったか。BSをつけた時、海外の番組をやっていて「悪魔はとても聖書を嫌う」と
    そこに出演していた人が言っていた事がありました。
    その部分だけで途中でしたし、後の内容は見ていませんでしたが。
    しかし、この一言がとても印象に残りました。
    ・ ・ ・ ・ ・ 
    どうかブログを止めろと、次々に警告して来る者達から
    RAPTさんやブログ読者の皆さんが守られますように。
    物質的なグッズ類より、より神の武具を強く身に付けてそれぞれの人生を歩んで行けますように。

  • ちょこたん
    Posted at 23:38h, 09 3月

    > YUM(ヤム)さん、私も同様にoliveさんのコメントから「狭き門より入れ」の聖句を思い出していました。響くコメント、聖句と共に祈りを書いてくださり有難うございます。私も共に祈ります。RAPTさんとこの回の対談者様、善良な読者の方たちが護られますように。物質的なグッズに頼ることよりも、より神の武具を強く身に付けて、神と共にそれぞれの人生を歩んで行けますように。アーメン。

  • Chisaka
    Posted at 23:54h, 09 3月

    H氏の3月3日のブログのコメント欄は382もの書き込みがあります。すごいなーと思って、全部書いてあるコメントを最初から全部を読んでみました。とても疲れましたけど。

    で、気づいたことが何点かあります。

    主に書き込みをしている人はたったの4人。「セザンヌ」「キリスコ」「サポーター」「raptはなんちゃってクリスチャン」。
    この4人の書き込みだけで200~220もあります。

    それから、ふざけたハンドルネームがやたらに多いこと。RAPTさんがらみのオフザケ・ハンドルネームだけで10人くらいありますね。これはもろ工作員の仕業だと思われます。

    ですから、少なくとも一人で何人ものハンドルネームを使って書き込みしていることがありありとわかります。
    しかも文体が全く同じ。書いている本人はわからないだろうけど(笑)。だから読んでて疲れます。

    書かれているコメントも、誤字・脱字が多くて、しょーもない悪口と笑えもしないし、くだらない会話の連続。本当に2ちゃんねると同じ雰囲気でした。

    ちょっと不思議に思うのですが、なぜH氏の文章は読みにくくて誤字・脱字が多く、しかも意味不明なのでしょうか。
    本当に本人が書いているのかなと疑念が出ます。

  • 真実を知り行動する人
    Posted at 01:31h, 10 3月

    RAPTさん、更新ありがとうございます。なるほど!!また秦氏、ドルイドですかぁ。今、ほとんどの人がスマホを持っていますが、友達と話をしていまして、GOOGLEのOS、AndroidのスターウォーズのR2D2のようなロボットのキャラクターは、ドロイド君と言う名前みたいですね。「それってあんたドルイドちゃいますの?」このドルイド君、ロックな出雲系の虫にかじられて出荷できない出来損ないのリンゴにおしっこをかけたりする素行の悪さと品の無さ、会社の面接問題が「悪魔の契約書」を作れですか?正にギリシャ語の語源の「人もどき」ですね。悪魔崇拝の人間の振りをしたイカレタ連中です。キムタクのやっていたドラマで「安藤ロイド」と言うのがありました。これも秦氏→ドルイドですね。見ていないので内容に関する感想は控えますが、「エバンゲリオン」のスタッフが作っているようです。ノーベル賞を受賞できるような東大の天才物理学者が、悪魔の人工知能の持ったアンドロイドとうんちゃらこんちゃらです。本当に嘘の積み重ねですが、全てRAPTさんに暴かれてしまいましたね。キムタクは東京地検の検事役、「HERO?」でしたか。出雲族系のドラマにも出ていますので、ちゃっかりバランスをとっているのかもしれません。サザンの桑田氏もリチャード輿水氏と同じ青学、現行の安倍政権をあれだけ馬鹿にできるのは、かなりの秦氏なんでしょうね。どういった経緯からもらう事になったんでしょうか?しかしながら天皇からの褒章も出雲系からならオークションにも出しても平気です。「RAPT理論」もひょっとすると、最初は狭き門だったのかもしれませんが、ここまでの分野に及ぶとは想像もしていませんでした。真実を知り正しい道を歩み、見いだす者になれるでしょうか。神様、RAPTさんも危険からお守り下さい。そしてみなさんにお祈り致します。

  • オレンジ
    Posted at 08:00h, 10 3月

    H氏のブログのコメ 133。読んで笑ってしまいました。

    この手段使うと また荒れるのわかっていて書いてますね。
    今日は一日中そんな書き込みを期待して待ってて
    自分自身はRAPTさんの事を本気で心配しているんだ(心の広い良い人みたいな)
    と、いう演出にPCの前で励むんでしょう。

    こんな事を一時的にやっても庶民からは信用 取り戻せはしないのに。

  • ココ
    Posted at 08:12h, 10 3月

    RAPTさん、こんにちは。
    普段はブログを読んでいるだけなのですが、今回思い切ってコメントします。少し緊張しますね!
    川辺郡について調べてみましたら、小泉元首相の父親:小泉純也氏が鹿児島県川辺郡加世田村出身でした。現在は南さつま市になっているようです。
    純也氏は「安保男」とも呼ばれ、自民党在任中には在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業を主導されていたとwikipediaに記載されています。
    小泉元首相の真実と書いてあるブログがありましたので、添付しておきますね。
    http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-2bbd.html

  • あやこ
    Posted at 08:34h, 10 3月

    アンドロイドについて書かれている方がいたので、語源を調べてみました。
    http://moto-neta.com/it/android/

    正確にはギリシア語のAndro(人間) / oid(〜のようなもの)
    が語源のようですね。

    あくまでも、ここの記載が正しければ、でしょうけど‥‥

    因みにドルイドは
    ドル (樫)と イド(知者•賢者)だそうです。

  • パンダ
    Posted at 17:26h, 10 3月

    ラプトブログでH氏のことに触れない日は、H氏のブログは静まり返る。
    ラプトブログでH氏の核心をつくと、H氏ブログが炎上する。
    悪魔はこうして自らの尻尾を出してしまうわけですね。
    彼らはもうお先真っ暗なので、破れかぶれになって、後で後悔するというパターンですね。
    というか、もう後悔しているかもですね。
    キリスト教を信じる人までバカにするところがやはり悪魔ですね。
    一方のラプトブログはとても静かで、読者がいかに平静を保っているかがよく分かります。
    見事に勝敗が分かれましたね。

  • とんた
    Posted at 17:27h, 10 3月

    あちらは、コメントの質が悪いですよね。
    それだけで解ります。

  • はな
    Posted at 18:03h, 10 3月

    いつも鋭い分析、有難う御座います。
    今回初めて書き込みで、長文になり申し訳ありません。

    読者対談 21
    http://rapt-neo.com/?page_id=21576&paged

    読者対談 22
    http://rapt-neo.com/?p=30739

    東出氏との対談は13弾からスタートしました。
    特に、21と22をお聞き直し下さい。

    今現在迄の東出氏側のブログ上でのコメントがいかにヘンテコ過ぎるか一目瞭然です。
    疲れるのでコメントも含みで時々しか見ませんが。

    バラ事件でRAPTさんから工作員扱いを受けた人が、泣きながら東出氏に連絡してきた時の事を東出氏自身の口から色々とコメントされています。

    これこそ、神様からの祝福だと思いませんか?
    まさにデジャブ!!

    RAPTさん自身の行動・聖書・イエス様を大絶賛され、何と聖書まで購入したそうですよ。
    しかも有料記事も登録され、「聖書から学ぶのでなく、RAPTさんから発信される聖書の教えの方を信じている」とまで言われています。

    今ご自身のブログ上で発信されている方が本音であれば、その本心を捻じ曲げての対談をしたのか。
    今となれば嘘をつき、相手に共感しこうやって自分は敵ではありませんよ~!!
    あなたの熱烈なサポーターで味方ですよ~!!
    一緒に陰謀論を阻止しましょうと大アピール。

    他の対談もこれを踏まえて聞き直すと色々と勉強になりました。
    相づちの打ち方や話の盛り上げ方など。

    何故この対談時に今ブログ上でご自身が書かれている事とは180度違う事を発信されているのでしょうか?
    売名行為・攪乱作戦・商品宣伝・取り込み作戦・・・・・????
    何と言われてもどう言われても仕方ありませんよね。

    東出氏がやたら「顔出しせず・所在先明かさず・何かあった時でもRAPTさんは何もしてくれませんよ。
    責任も取ってくれませんよ」とコメントされていますね。

    では東出氏の場合は、顔出し・住所公表はしているから何をしてもOKなのでしょうか?
    顧客の名前や住所を公表するとは、株式会社代表としてどうなのでしょうか?

    返金する・返金しないとコロコロ変わり、挙句の果てに「RAPTさんから卒業すると自分の前で言えば返金に応じる
    →まるで隠れキリシタンの踏み絵と同じではありませんか。

    大炎上をしかけ楽しんでいる某医者と同類なのでしょうか。
    東出氏が数回講演されている神戸・サラ シャンテイでも、〇海聡(神戸出身)氏も公演されてますね。
    田井寅子(ホメオパシー)とも数年前からジョイントし、ご自分の診療所でも使われているそうです。
    〇海聡氏はサイエントロジーと関わりがあるのではないかとかねてから噂がありますが、それに対する回答が何度読んでも煙にまいているのか解釈するのが難しいです。
    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%86%85%E6%B5%B7%E8%81%A1+%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

    木村氏の方でも・・・・
    「詐欺師呼ばわりされています」
    http://jkk-kouhou.co.jp/magabkn/mmshow.php?uid=97&pag=5

    「1千万単位であった借金返済出来ました」
    ttp://jkk-kouhou.co.jp/magabkn/mmshow.php?uid=94&pag=5

    「600坪の土地購入」
    http://jkk-kouhou.co.jp/magabkn/mmshow.php?uid=95&pag=5

    「だれも、二人の主人に仕えることはできない。
    一方を憎んで他方を愛するか、
    一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。
    あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」
        マタイによる福音書 第6章24節

    それとも「地獄の沙汰も金次第」とでも思っているのでしょうか!?

    光の天使に化身しても悪魔はどうやっても神様には勝てません。
    RAPTさんのように聖書を熟知し、神様から祝福を受けていなければどんな人だって知らないうちにコロリと取り込まれるか完全に潰されていたでしょうね。
    祈りに勝るものはありません。

    毎日聖書を読み、神様にお祈りさせて頂いています。
    RAPTさんやこのブログの読者の皆様に神様からの祝福がありますように。

  • ちょこたん
    Posted at 18:07h, 10 3月

    あちらが大事にされている狼について調べてみました。西洋では、家畜を襲う害獣とされ、赤ずきんちゃんや3匹のこぶた等の昔話でも悪者として登場し、人々に認識されてきましたが、それとは反対に日本ではおおかみは大神として崇められ大切にされており、おおかみ神社もあるようです。山賊から守ったり、畑を荒らす害獣を捕食するのが狼だったため、神格化されていたようです。明治維新後、西洋文化の浸透と共に日本でも国の政策として駆除対象になり、毒殺や銃殺により乱獲され、絶滅したようです。少なくとも北海道、東北の狼については、毒殺と銃殺の記録が残っているようですが、絶滅の原因がわからないなどと書いてあるものもあり、何やら隠蔽したいのか何やら争いの匂いを感じました。秦氏と出雲族の争いの影は多岐にわたりますね。詰めが甘いですがお許しください。

  • 春のきざし
    Posted at 18:42h, 10 3月

    彼らが 郵便番号 住所番地 など 物凄いこだわりを 見せていますね? 呆れるほどに‥‥。そこで 調べてみました。         有名陰謀論者 R.K氏 ●●党 事務所所在地 〒171-0014(1と7+1で18)   東京都豊島区池袋2-6-1-8-602は(2+6=8 1と8で18 6+0+2=8)   <18・8・18・8>
    当てはまっていました。おみごと!   それに 池袋は 地下鉄=怪しげな地下施設もあるところ。  R.K氏も 隠しようが 無いですね?    

  • やっぱり言葉は大切ですよね。
    Posted at 20:12h, 10 3月

    読者の方のオオカミの話を読んで少し思ったのですが、
    あらえびすのホームページにの大神プロジェクトってところに「サンとアシタカのプロジェクト」っていう企画があるみたいですね。
    サンとアシタカヒコといえば、もののけ姫の主役ですよね。
    そしてオオカミです。
    ジブリとも何かしら繋がっているのでしょうか?
    もののけ姫ではイノシシと鹿(トナカイ?)の神も出てきて、それらを巡る争いが展開されます。
    サンと仲間のオオカミは森を大事にしていてドルイドですよね。

  • ポポ
    Posted at 21:15h, 10 3月

    東出氏はアンチ陰謀論になったんですよね。
    直に会ったことのあるRKは叩かないでRAPT叩きには随分ご熱心ですね。
    直に会うのが自分の信条なんでしょ?だったら直に会ったRKを先に叩かないと。
    RAPTさんなんてあなたに言わせれば「亜空間」の存在でしょ?現に直に会っていないんだから。
    でも今回の対談で納得しました。
    「あなたたち、お仲間だったんですね。」
    見事に繋がりました。
    RAPTさん、ありがとうございます。

  • はとむね
    Posted at 21:27h, 10 3月

    東出融氏は、先祖が伊賀と甲賀の二重スパイと言ってましたよね。

    伊賀と甲賀の両方に通ずる人物は、服部半蔵正成しかいません。
    1542年三河生まれなんですが、同じ年に同じ三河で渡辺半蔵守綱と言う人物も生まれています。

    どちらも槍の使い手で、どちらも徳川家の家臣です。
    個人的には同一人物の可能性があると思っています。
    もし、同一人物ならば渡辺半蔵守綱の方は嵯峨源氏ですから、始祖は源融です。

    源融の一番有名な和歌に
    陸奥のしのぶもぢずりたれゆえに
    乱れそめにしわれならなくに

    と言う百人一首にも収められている歌があります。
    平安時代の陸奥と言えば、あらえびすがある所も陸奥と呼ばれていた場所だったと思います。

    東出融氏が、源融と嵯峨源氏と繋がると、安倍家の先祖は、嵯峨源氏の松浦家に助けられていますから、あらえびすに安倍晋三が関わってくるのも納得できるように思います。

    個人的な妄想かもしれませんが、少し気になったのでコメントしました。

  • やっぱり言葉は大切ですよね。
    Posted at 21:54h, 10 3月

    ジブリの「千と千尋の神隠し」について知恵袋でこんな書き込みを見つけました。
    貼り付けたかったのですが、何故か出来ないのでコピぺを載せます。
    何か参考になればよいのですが。

    ここから引用です。

    【 「千と千尋の神隠し」裏設定がどうの、という動画を見たのですが、そこで質問。

    公開当初は、「千尋親子は新居に着き、引っ越し業者に「遅れると困ります」と注意され、千尋は窓の外にある川を見て、それがハクだと気付いたように意味深に眺めて終わる」場面があったのに、それが削除されたそうです。

    千尋が契約書に名前を書く際、ハクに「絶対に本当の名前は書いてはいけない」と言われ、「萩野千尋」の「火」を「犬」と書いた。だから契約は解除することができ、千尋は湯屋から出ることができた。

    でもハクは本名を書いたから契約違反したら、八つ裂きにされるという裏設定があるとか。なので、最初に公開されていた場面がある意味は、ハクも湯屋から逃げることができ、新しい川に生まれ変わった?というような意味になると思います。

    それを公開するのを取りやめにした理由は、「ハクはそのまま湯屋に残った」か、「八つ裂きにされた」かどっちか、って事ですよね。わざわざ一度、公開しようとなって公開したものを手直しと言うかいじった訳ですから、それ相応の理由があるはずです。

    千尋を逃がした代わりに八つ裂きなのか何なのか、その辺りの粗筋自体わかってないですが、公開を止めたのは、「千尋だけ助かった」ことを強調しないといけなくて、「ハクは助からなかった」ことが重要なんだろう、と思います。

    どうなってるんでしょう?

    物語と言えども(物語という体裁を取ってはいるが)、現実とは切り離せない、2人とも助かるようなハッピーエンドは有り得ない、犠牲(供物)は付き物だ、という意味にも取れます。とても現実的と言うか、そう思えて来ました。
    まぁ吐き気ですが。

    検索したら「すべてのことはルールに従わなければならない」という世界観で、湯婆婆の言葉通り八つ裂きにされるのを受け入れたハク云々」なので公開して、これは「ルールと違う」という声が上がった為、切り取ることになったのでは? という事です。

    そういう事ですね。。( ´艸`;) 】

    引用終わり。

  • 初級raptファン
    Posted at 21:54h, 10 3月

    RAPTさん、お疲れ様です。
    久しぶりにコメントします。
    私は東出さんが「水のパワーが」とか、「数値が上がる」とか言ってましたが、
    どうやって測ってんの?という疑問があったし
    木村さんのグッズは妙に安っぽくてデザインもセンスが無いのに
    価格が高かったので買いませんでした。
    この二人の話は支離滅裂な所があってあまり興味が無かったのですが、
    今回の記事を読んでかなりのラスボスだった事に驚いています。
    そして興味深いのはRKとの繋がりですね。
    しかしまだ彼らは原発で儲けようとしてますね。
    今日ラジオで安倍の会見が流れていてこんな事言ってました。
    「電力の安定供給の為に原発は稼働します」
    私の耳にはこう聞こえました。
    「天皇家財源の安定維持の為に原発は稼働します」
    まあこれが本音でしょうね。
    だって電力余ってるでしょ。
    ツイッターでこんなの流れてますね。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ■【もんじゅ停止中も毎日5900万円づつの維持費が今日も税金から出てます】
    ■その維持費でマスコミ、地方議員に夜の接待
    ■福井県議会議員や敦賀市議会議員らに東京の銀座などで夜の接待
    https://twitter.com/kitahamamikiya/status/705864852326100992
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    福島と同じですね。
    議員に金や接待で口封じ、その金は庶民の金です。
    好き放題やってくれますね。
    あと、面白いニュースが流れてました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ■ロシア版「もんじゅ」送電開始 「歴史的」現地報道
    http://www.asahi.com/articles/ASHDH2PP1HDHUHBI00B.html
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    海外でも無駄な物作ってますね。
    その他、電気関連で面白い記事があります。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ■長寿命のはずのLED電球に不点灯問題、大手メーカー製すら短命な場合も
    http://buzzap.jp/news/20160309-led-light-short-lifespan-problem/
    当初10年という寿命で売られてきたLED電球ですが、想定よりも非常に短い使用時間で不点灯となってしまうケースがあるそうです。
    実際に不点灯になった大手メーカー製LED電球を分解する様子も公開。分解する前から、中にある部品から液体が流れた跡とおぼしき粉が口金の隙間に付着しています。 
    分解してみると、原因は電解コンデンサーの液体漏れにあることが判明したとのこと。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    安く電気が作れますよと嘘で原発で電気料金を上げて庶民から金を取り、
    省エネで電気料金が安くなり長寿命ですよとLED電球を庶民に売り付け、
    実際はすぐに不点灯になってしまうという悲しい現実。
    切れない白熱灯があるらしいです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ■白熱灯の話
    https://twitter.com/jackiemopsy/status/671004672858185728
    このカリフォルニアのリバモア市消防署にあるこの電球は109年間取り替える必要なく、未だに光を灯し続けている。 話によると、このタイプの電球は買い替えを必要とせず、「うまく出来過ぎていたため」業界から封印された。
    ■110年間、光り続けている電球
    http://ameblo.jp/eliot-akira/entry-11127933903.html
    ■ライブカメラ
    http://www.centennialbulb.org/photos.htm
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    一般的に電球が切れるという人の方が常識でしょう。
    でも切れない電球は存在します。
    それと同じく、
    原発も放射線被ばくも無いと言うと、
    「そんな訳無い」と言う人が多数でしょう。
    でも本当にそうですか?と言いたい。

  • やっぱり言葉は大切ですよね。
    Posted at 22:01h, 10 3月

    あとこれも知恵袋から引用です。
    先ほどの千と千尋の話の質問者と同じページに書いてあります。

    22:匿名:2014/11/22(土) 23:58
    湯婆と話をつける→八つ裂きに
    弟子をやめる→死ぬ
    私も元の世界へ行くよ→魂が
    最後のハクの名残りおしそうな手→永遠の別れを指す
    23:匿名:2014/11/22(土) 23:58
    どっかの都市伝説かなんかで
    「千尋が現世に帰れたのは契約の時に萩の火の部分を犬と間違えて真名を言っていないから。
    ハクは真名を教えて契約してしまっているのでどうやっても帰れない」
    みたいなの読んだんだが

    あと湯屋は「娼館」を表してうんだらかんたらとか

    http://ha10.net/toku/1416656525.html

    「火」は悪魔崇拝だから、それを書かず、文字の「犬」が身代わりになった、という事か。

  • 春のきざし
    Posted at 22:06h, 10 3月

    第2弾 ●海 聡氏 「●●●●● DDCLINIC」    
    〒110-0016 (1+1+0=2+16=18)   東京都台東区4-17-1 偕楽ビル302   (17+1=18) (4+3+O+2=9)  またしても  (18  18  9)  と なり   あきらかに 隠しようが 無いですね?   彼は ブログ等かなり 粗野で口汚く まるで 愛の欠片も感じない文章を 書かれている事 よくあり 信頼に足る方と思って著書も何冊か購入読みましたが 残念です。    しかし ラプトブログに辿りつき 沢山の嘘が暴かれてゆき おもしろく 痛快で 心救われる日々です。 ラプトさん また 読者仲間の皆さま ありがとうございます。神様お守りくださいませ。

  • 初級raptファン
    Posted at 22:48h, 10 3月

    >やっぱり言葉は大切ですよね。さん
    ちょうど私もジブリを調べていたので・・・
    ケルト族が最も神聖な動物として崇めたのは、彼らが狩猟の対象とした牡鹿だそうです。
    ケルト族はドルイドでしょう。
    もののけ姫のデイダラボッチの元の姿は鹿でした。
    ドルイドがモデルで間違いないでしょう。
    それと「たたら場」ですが、金属精錬ということでヒッタイトを表していると思います。
    「ヒッタイト:高度な製鉄技術によりメソポタミアを征服した。最初の鉄器文化を築いたとされる」
    日本刀が世界でも優れた技術により出来ている点を見てもヒッタイトの技術が入ったと思います。
    アシタカですが森の中で狩猟、朝廷の権力外という所を見るとモデルは「アテルイ」かなと思います。
    宮崎駿の作品ですが、私はイルミナティ側の歴史を表しているのではと思います。
    風の谷のナウシカ:おばばの回想に出てくる人がアフラマズダ
    天空の城ラピュタ:巨木と失われた超古代文明=ドルイド
    となりのトトロ:巨木とお化け=ドルイド
    魔女の宅急便:魔女とカラス=呪術、シャーマニズム
    紅の豚:紅は秦氏、空中戦は第一次世界大戦?
    もののけ姫:上記、日本の歴史?
    ■ここでアカデミー賞
    千と千尋の神隠し:働かないと豚になる=奴隷化、ゴイム、NWO、
    ハクという龍=秦氏
    千尋の職業は「湯女」=風俗、売春
    ハウルの動く城:街が燃えるシーンがある=第二次世界大戦?
    崖の上のポニョ:大津波=3.11予言
    風立ちぬ:兵器開発=現在
    こんな感じです。
    あっているかはわかりませんが、
    何かの参考になれば。

  • YUM(ヤム)
    Posted at 23:36h, 10 3月

    数字の8と言えば、
    昨年(2015年)8月8日に、「さがみ健康クラブ」という所で「東出融さん講演会」が開催されていたようですね。

    http://sagami-kenkou.sakura.ne.jp/index.php?%E6%9D%B1%E5%87%BA%E8%9E%8D%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A

  • やっぱり言葉は大切ですよね。
    Posted at 00:47h, 11 3月

    >初級raptファンさん
    調べていただき感謝です。
    という事は宮崎駿もドルイドに何かしら精通した人物という事になりますね。
    と言いますか、そうでなければあのような作品を次々とつくるのは不可能ですよね。
    息子の宮崎吾郎もゲド戦記の制作の際は、父親の「あいつに出来るわけがない」って反対を押し切って相当揉めたようですね。
    結果、ゲド戦記が酷評の嵐で、監督としての才能が無いのは明らかなのに、
    これに懲りず続けて超駄作のアリエッティを生み出すおごり高ぶりです。
    やらせてもらえたのは宮崎の息子だからでしょうか。
    でも制作の際は父親と争ってますからねぇ・・・。
    今の二人の関係は解りませんが。

  • じげもん
    Posted at 00:52h, 11 3月

    お疲れ様です。皆様の博識と探求心に圧倒されっぱなしです。勉強になります。
    私も東出氏のHPを確認させていただいたのですが、ソリを引く2頭の犬の名前が『アメ』と『ユキ』、飼っているふくろうの名前が『エリン』というみたいです。
    それぞれ『おおかみこどもの雨と雪』、『獣の奏者エリン』からの命名でしょうか。ジブリ作品に限らず、アニメがお好きなようです。
    皆さまに祝福がおとずれますように。

  • SOMA
    Posted at 13:09h, 11 3月

    ヒカルランドから「カタカムナ《源流》日本人よ!」という、見るからに日本人に選民意識を植え付けカタカムナ詐欺に持ち込もうとする本が出ていました。

    アマゾンの商品説明を見ると、まぁビックリする程長い説明文(笑)、実在の人物名もいっぱい出て来ます。

    あちら側にすれば、実在の人物名を出せば信憑性が増すと思ったのでしょうが、あちら側の人脈がバレバレです。
    これを元にさらに人脈や血脈(父方だけでなく母方も重要)、関連会社などを調べれば、より真実に近づけそうですね。

    http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4864712646/ref=mp_s_a_1_1?qid=1457666619&sr=1-1&pi=AC_SX236_SY340_FMwebp_QL65

    この作者の北一策、小学館の編集部にいたみたいです。小学館と集英社は同じ創業者から別れた会社。ジャンプから世界的な忍者ブームに火をつけた「NARUTO」そして、ドラゴンボールにワンピース・・・

    ジブリといい、今まで何の疑いもなくブームに乗って見ていた物が、これほどまでに計画的に作られた洗脳道具だったとは・・・

    相手が巨大過ぎて、広過ぎてたちうち出来ない時は、やはり基本に帰って「天皇=悪」
    ここだけは、ブレない為にもきちんと訴えたいです。

  • 春のきざし
    Posted at 15:10h, 11 3月

    初級ラプトファンさん の「110年間光りつずけている電球」のお話、初めて聞きました。 電球は切れやすい物 と 思い込まされてきたのですね?この話「エジソン」が出てきますね。電球の発明も横取りしたみたいですね? 「意図的な旧式化」というのですね?   今の電化製品が故障しても、「買い換える方が、結果安くつきますよ。」とのシステムなどと 同じ どんどん消費購買させる、これも一つの 奴らの「詐欺」ですね?フワッションの流行なども 周期的に同じ形の物が流行ったり (そんなに変えようが無いから そうなる? ) 車など モデルチエンジ 頻繁に図ったり 大衆心理意識が強い人は 「流行遅れ」と思われるのが嫌で 動かされてしまいますよね?  「エジソン・アインシュタイン・物理学・カタカムナetc‥‥。」 馬鹿にし むつかしく捏ね繰り回し   善良に生きている 私たちを、長い年月騙しつずけて来たのですね。  その結果 ゴミが増え 公害をまき散らし  その一方で その対策費を膨大に膨らまし 横取りする。 自然環境も、自分たちで破壊しておきながら、東出氏のように あたかも「体を張っての 自然保護 やってます。ひ弱な 思考オンリ-の ブログおたくとは違います。」と毎日おふざけなくらい 足掻きまくってる 東出氏たちのようにです。 自作自演も甚だしい。 ラプトさんに ここまで 見破られ どうしようも無い位 追い詰められている事でしょう。     厚かましい「詐欺・横取り」は、もう いい加減 止めにしてください 裏社会の皆さま!

  • やっぱり言葉は大切ですよね。
    Posted at 23:24h, 11 3月

    一度は送ったように思うのですが、
    ジブリの「借り暮らしのアリエッティ」の監督は宮崎吾郎ではないみたいです。
    米林宏昌という人がアリエッティの監督を勤めました。
    宮崎吾郎は父親から一緒に作ろうと誘われたけど、ゲド戦記の評判が厳しくて「もう人目には触れない」と意欲が湧かなかったそうです。
    宮崎吾郎はその後に「コクリコ坂から」の監督を勤めています。
    訂正させていただきます。
    申し訳ありませんでした。

  • T
    Posted at 23:35h, 11 3月

    東出氏が秦氏の中でもかなり上に位置する人物だったがそれっぽくない、というのを聞いて1つ思い出しました。
    私の母のFacebookの友達にイルミナティメンバーだと自称する人がいます。特徴を挙げていきます。
    ・年収2千万越え、外車数台持ち(エンブレムが蛇) ・プルデンシャル生命保険(彼いわくイルミナティ米国企業)の副幹事 ・右翼 ・イルミナティの参謀員 ・他人の誹謗中傷してばかり ・お寺参りによく行く ・(あくまで写真を見た印象でしかないですが)雰囲気がドヨンとしている etc……
    いかにも悪魔崇拝者、という感じがします。
    あちら側の人はどこにでもいるものですね。

  • Yuuu
    Posted at 20:31h, 12 3月

    こんにちは。初めまして。
    2年前からブログのファンで、毎日拝見させていただいております。

    一年前ほどでしょうかRAPTさんがブログで紹介していた天皇派のプロパガンダ動画を改めて見ていました。
    以前より鮮明にドルイド教のボキャブラリーが理解できて、驚きのオンパレードな2時間です。
    特に動画の初めに紹介される、渦巻き(トーダス)の神秘。17分ほどに正四面体との関連性。64個(8×8)の正四面体とドロイド(?)のエネルギー場。宇宙のエネルギー。ドロイドシステムとゼロ磁場。
    現在タイムリーな話題も盛り込まれています。
    https://m.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI&ebc=ANyPxKqL6erlXF2nYgb0K6MHABl0E39IWKE9YN806koL6vLgYJBomO18ycx4G86v7UQaReRpeISR&time_continue=1

    自然保護は人の同情を惹きつけるのに他に無い悪魔の隠れ蓑なのでしょう。それは古今東西変わることが無い法則なのだと思います。
    この動画は真実を語る反面、全てを語らずドルイドの罪と偽善を隠し、ロックフェラー攻撃などの目的があるように感じます。

    善に従い悪を滅ぼす祈りに専念いたしましょう。RAPTさん応援しています。

  • 通りすがりの山形県民
    Posted at 22:13h, 14 3月

    初めまして。
    山形で服部といえばこの男を思い出します。
    「服部天皇」いわく「服部敬雄」

    https://ja.wikipedia.org/wiki/服部敬雄

    http://matome.naver.jp/m/odai/2133260926079591601

Post A Comment