RAPT | RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)
36333
post-template-default,single,single-post,postid-36333,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)

RAPT×読者対談〈第78弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(2)

 
東出氏が自分の行った詐欺を暴かれて、収入源がなくなってしまったため、混乱して大騒ぎの体たらくになっているようですが、私としてはこれまで同様、あまり気にせず情報拡散をしてまいります。
 
人によっては、彼が余りに凶暴に暴れまくり、脅迫まがいの言葉をプログに書き連ねているので、怖くなったり不安になったりしているようですが、そうやって怖くなったり不安になったりするのは、それこそかえって彼らの思う壺です。
 
彼ら悪魔はこれまでにも、そうやって人を怖がらせ、不安がらせることで言論弾圧を行ってきました。
 
特に彼らは、私のようなキリスト教の信者に対して、キリスト教の布教活動ができないように必死で圧力をかけてきました。このことは皆さんも歴史の授業で習ったはずです。
 
最初のうちは教会の中にスパイを送り込んで、信者たちから信仰を削ぎ落とすようにあれこれと情報撹乱するのですが、それに失敗すると、今度は激しく迫害し、それに失敗すると最後は「殺す」などと言って脅しをかけていくわけです。
 
しかしながら、有料記事を読んで既に信仰が深く入っている方は、このような事態になったとしても、特に動揺することはないと思いますし、例え動揺したとしても、この事態が早く収束するように深くお祈りし、心を落ち着けておられることと思います。
 
私もそのような人がこの世から一人でも多く出てきて、私と共に悪魔どもが滅び去るよう祈ってくれるようにと思いながら有料記事を書いてきました。
 
なので、今回のこの事態に動揺し、恐れ不安になっている方は有料記事をぜひともお読みくださり、心を沈め、悪魔の滅びを私と一緒にお祈りしてください。
 
また、既に有料記事をお読みの方で、それでも不安や心配が消せないという方は、さらに有料記事を深く読み返し、私の活動を阻止しようとする悪魔どもが必ず滅び去るように共にお祈りしてください。
 
必ず奴らはいずれ全て滅び去ります。彼らは心のどこかでそのことを知っているので、不安で不安でたまらないのです。
 
実際、東出氏は私との対談の中で、「あと四年で死ぬと思っていた」と話をしていました。やはり彼自身、自分の繁栄がそんなに長くは続かないことを心のどこかで分かっているのでしょう。
 
ところが彼は、敵だと思っていた私と対談し、意外にあっさりと打ち解けあうことができたので、「もっと長生きできる気がしてきた」と話してきたのではないでしょうか。
 
しかし、こうして彼が自分の尻尾を出してしまった以上、やはり彼の当初の予想通り、彼の寿命もそんなに長くは続かないかも知れません。
 
彼は改めてそのことを悟り、今さらのように絶望して、「弱い犬」のように吠えまくっているのでしょう。
 
とはいえ、吠えまくる「弱い犬」が何をしてくるか分かりませんので、私の命に害がないように私自身もお祈りしていますし、皆さんも私のためにお祈りしてください。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
とにかく、はっきりと言いますが、私がこのブログで何を書こうが私の自由です。この日本では「言論の自由」が保証されているのですから。
 
その自由を封じ込めようとすることこそ、悪であることは小学生でも分かることですよね。
 
ということで、今回の対談は前回の続きになります。前回の対談は以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)
 
先ず、「福島原発」や「六ケ所村」、「伊方原発」の周りを走っている観光バスが一体何の目的で走っているのかについてお話していますが、これについては今のところまだ謎のままです。
 
しかし、いずれこの謎も解明できるときが来るでしょう。
 
また、今回の対談の中で最初にご紹介しているニュース記事が以下になります。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
【被曝リスクを検証する(上)】
 
evt16022013000013-p1
 
小さな診察室に穏やかな空気が流れた。
 
「大丈夫。今の生活で食べているものは、何も問題ありませんよ」
 
子供が被曝していないか不安そうな母親をなだめるように、医師の坪倉正治さん(34)は言葉をかけた。「ありがとう」。女の子がはにかむと、坪倉医師は185センチの長身をかがめて「どういたしまして」とほほ笑んだ。
 
東京電力福島第1原発から北に約23キロ離れた福島県南相馬市立総合病院。坪倉さんは東大医科学研究所に研究員として籍を置きながら、週の半分をここで過ごす。毎週火曜日の午後は、乳幼児専用のホールボディーカウンター(WBC)「BABY SCAN(ベビースキャン)」を使い、6歳以下の児童の内部被曝量を測定している。体外から放射線を浴びる外部被曝に対し、飲食物から被曝する内部被曝は、健康への影響がより大きい。
 
この日、長女(5)の検診で訪れた女性(36)は、平成23年3月の東京電力福島第1原発事故で、まだ生後3カ月だった長女とともに県外へ避難し、2年ほど前に南相馬市の実家に戻った。
 
「子供に内部被曝の検査を受けさせていないことが、ずっと心に引っかかっていた」。結果を聞き、「ほっとした。2人目も安心して育てられる」。間もなく生まれる新しい命に語りかけるように、大きくなったおなかをさすった。
 
坪倉さんが南相馬市に入ったのは、原発事故から約1カ月後の23年4月。これまでに南相馬市と周辺自治体の延べ10万人以上の内部被曝検査に携わってきた。
 
また、南相馬市が事故後、全市民を対象に希望者に配布したガラスバッジ(個人線量計)のデータ延べ約5万人分の解析も進めるなど、現場の医師としては唯一、「内部」と「外部」の両方から住民への影響を調査し続けている。
 
23年9月から24年3月までのおよそ半年間では、被験者の35%で放射性セシウムが検出されたが、翌年の夏は10%以下、26年以降は5%以下で推移している。
 
26年から県内3カ所で導入したベビースキャンは通常のWBCの5~6倍の検出能力を持つ。これまでに4千人以上を検査したが、放射性セシウムが検出された児童は1人もいない。
 
にもかかわらず、検査と同時に実施したアンケートでは、福島県産の野菜やコメ、水道水を避ける親の割合が約6割に上った。「通常の食生活で内部被曝することはない」。坪倉さんは“安全性”を発信する必要性を感じ、これまでに県内の小学校などで100回以上の講演を重ねてきた。
 
原発事故は福島の社会を大きく変化させた。避難で長時間の移動に耐えられず亡くなった高齢者、身体の異変を感じても受診せず末期がんになった女性、脳卒中でたびたび入院する除染作業員…。住民は健康を害し、「弱者」があぶり出された。坪倉さんはこうした実態を目の当たりにしてきた。
 
データも坪倉さんの見てきた現実を裏付ける。原発事故後、南相馬市立総合病院では脳卒中で入院する患者が倍増した。糖尿病や高脂血症などの生活習慣病が事故後に増加していたことも分かり、避難した人の方が避難しなかった人よりも病気の悪化率が大きいという結果も出ている。
 
「住民の命を奪っているのは放射線ではない。放射線をリスクの1つとしてとらえながら、本当に命を守りたければ、社会全体の問題として本気で取り組んでいかないといけない」。坪倉さんはそう訴えた。
 
原発事故から5年近くがたつが、放射線への不安はなかなか消えない。被曝リスクの実態はどこまで分かっているのか報告する。
 
----------------(転載ここまで)
 
このように、原発事故があった直後の2012年に、福島県の南相馬市の児童たちを検査したところ、彼らのうちの35%からセシウムが検出されたとのこと。
 
ところが、その翌年には10%以下の人からしか検出されず、その翌年には5%以下の人からしか検出されなかった……。
 
で、同じ2014年にさらに精度の高いベビースキャンを使って四千人の児童を検査したところ、セシウムが検出された児童は「一人もいなかった」とのことです。
 
セシウムの半減期は確か300年でしたよね。なのに、どうしてたった三年ほどの間に、全ての児童の体からセシウムが消えてなくなってしまったのでしょうか。
 
これだけ見ても、セシウムという放射性物質が、世間で言われているほど危険なものではないということが分かります。
 
前回の対談でもお話しましたように、この危険でもない物質を「危険だ」と言ってほしい人が大勢いるがために、未だにこのセシウムが危険だという話になっているだけなのです。
 
ですから、やはり福島では放射能による「被曝」など全くないということなのです。「外部被曝」だけでなく「内部被曝」すらも。
 
これがこの世の真実なのです。
 
とはいえ、こうして児童の体からセシウムが検出されたということは、確かに福島にはセシウムが存在していたということになります。
 
では、どうして「原発も原爆も存在しない」はずなのに、福島にはセシウムが存在していたのか……?
 
恐らく飛行機がばらまく「ケムトレイル」こそが、セシウムのような放射性物質なのだろう、と私は推測したわけですが……。果たして真相はいかに。
 
ということで、先ずは先日ご紹介した読者の方からのメールを再度、ここにご紹介します。(一部、省略します。)
 
----------------
 
ブログ更新ありがとうございます。
 
東海原発事故の写真は今まで何回か見ていました。
 
0372602a
 
この写真を見て、いつも思っていたのは、『スティーブンス・ジョンソン症候群』と同じだな…
ひどいな…薬って被曝した時と同じ状態にまでしてしまうんだ…
ということでした。
 
しかし、原爆はなかったということになると、薬って本当に恐しいものだということですよね。
 
リンクしました記事と写真をご覧下さい。
被曝による皮膚症状として、今まで出されている写真と症状が似ているでしょう。
熱風を受けなくても、毒液を浴びなくても、薬で内臓や皮膚が内側から焼けただれた状態に出来るわけです。
 
スティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)
ライエル症候群(中毒性表皮壊死症)
 
スティーブンス・ジョンソン症候群が進行したものがライエル症候群と言われています。
 
スティーブンス・ジョンソン症候群 この現実を知ってください(ブログ 1ダースのプードル+a9)
 
スティーブンス・ジョンソン症候群画像
 
ライエル症候群画像
 
----------------
 
このように薬物を使うと、まるで「被曝」したような症状を簡単にでっちあげられるということです。
 
で、これを読んだ読者の方から、さらに以下のようなメールをいただきました。
 
----------------
 
第五福竜丸について調べていたのですが、死の灰の成分に水酸化カルシウムが含まれていたとの記述を見つけました。
 
———-
 
第五福竜丸乗組員23名は2週間後の3月14日焼津港へ帰港した。
 
この事件は読売新聞の3月16日付朝刊に「邦人漁夫、ビキニ原爆実験に遭遇」の見出しでスクープされ、瞬く間に日本はもとより世界的なニュースとなった。
 
乗組員が持ち帰った白い灰の分析が行われ、灰の本体は炭酸カルシウムと水酸化カルシウムでこれに核分裂生成物が付着した放射性降下物であることが分かった。
 
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-02-16
 
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/水酸化カルシウム
 
———-
 
水酸化カルシウムって消石灰の事ですよね。ヤケドの症状も出るし内出血にもなるって事は、原爆被害者の紫色の斑点はこの内出血が原因かな?と思いました。
 
広島や長崎で使用された物と同じかはわかりませんが、、、
すでにご存知でしたらお手数おかけして申し訳ないです。
 
----------------
 
つまり、「消石灰=水酸化カルシウム」を使うと、これまた同じように「被曝」のような症状を引き起こすことができるというわけです。
 
実際、「消石灰」を体に浴びると火傷のようになりますし、体内に入ると内出血を起こします。
 
そうすると、確かに「被曝」したように見えるでしょう。
 
以下、「消石灰」についての解説です。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
運動場のライン引きに使うのは消石灰(水酸化カルシウム)で、これは強アルカリ性の物質です。
 
手についたまま放置すると、手が荒れたり皮が剥けたりします(特に子供は皮膚が薄いので)。手だけならばその程度で済むのですが、これで目をこすったりすると大変です。粘膜はアルカリに対して非常に弱く、最悪の場合失明の危険性さえあります。
 
最近ではこのような理由から、石灰ではなく安全な炭酸カルシウムのラインパウダーが使用されるようになってきました。石灰のような際立つ白さはありませんが、まあ安全な方がいいですよね。
 
----------------(転載ここまで)
 
で、「セシウム」のウキペディアの記事(その記事はこちら)を見てみると、「セシウム」の写真として以下のような画像が掲載されてありました。
 
300px-Cesium

〈セシウム〉

 
見るからに「鉄」のように見えますね。
 
ところが、同じセシウムのウィキペディアの記事には、セシウムには「塩化セシウム」なるものが存在していると書かれていて、その「塩化セシウム」の写真が以下になります。
 
220px-Caesium_chloride-2
〈塩化セシウム〉

 
単なる白い粉です。これはまさしく「消石灰」そのものにも見えますね。見た目だけでは全く区別ができません。
 
それにしても、「セシウム」というのは一体何物なのでしょう。放射性物質である以上「電磁波」であるはずですが、もともとは「鉄」のようでもあり、ときに「白い粉」にもなり……。
 
またしても「嘘」の匂いがプンプンしてきましたよ。
 
ちなみに、「ウラン」の写真が以下になります。
 
300px-HEUraniumC
 
どこからどう見てもただの鉄のようにしか見えませんね。
 
で、話を元に戻しますと、「塩化セシウム」は以下のような方法で生成することができるようです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
炭酸カルシウムおよび塩化カルシウムとともにポルサイトを焼成させることで不溶性のケイ酸カルシウムと可溶性の塩化セシウムが得られる。
 
これを水もしくは希アンモニア水 (NH4OH) で溶出させることで塩化セシウム溶液が得られる。
 
この溶液を蒸発させることで塩化セシウムを得ることができ、反応させることでセシウムミョウバンもしくは炭酸セシウムを得ることもできる。
 
商業的に採算の合う方法ではないが、真空中でカリウムまたはナトリウムもしくはカルシウムを用いて鉱石の直接還元させることで、直接金属セシウムを生産することができる。
 
----------------(転載ここまで)
 
例のごとく、小難しいことがあれこれと書かれていますが、要するに「炭酸カルシウム」と「塩化カルシウム」から「塩化セシウム」が作れるということです。
 
で、「炭酸カルシウム」というのは、対談の中でもお話しています通り、「水酸化カルシウムに二酸化炭素を反応させて合成する」ことができるそうです。(出典はこちら
 
200px-Calcium_carbonate
〈炭酸カルシウム〉

 
ということは、やはり「セシウム」は「水酸化カルシウム=消石灰」から作れるというわけで、もしかしたらこの「消石灰」こそが「ケムトレイル」の正体なのではないでしょうか。
 
もう少し詳しく言うなら、この「消石灰」を飛行機から「塩化カルシウム」と一緒にばらまく。
 
「ケムトレイル」は雨の日の前日にばらまかれることが多いようですから、そうすると「ケムトレイル」が「雨(水)」と混じり合って、「塩化セシウム溶液」に変わります。
 
で、この「塩化セシウム溶液」が太陽の熱などによって蒸発すれば、「塩化セシウム」「炭酸セシウム」が生じます。
 
そうすると、地上からは確実に「セシウム」が検出されることになります。
 
で、その空気を吸った人、またはその「セシウム」の混入した野菜やコメを食べた人(動物)の体からは「セシウム」が検出されることになるはずです。
 
だからこそ、福島県民の身体から次々と「セシウム」が検出されるわけでしょう。
 
念の為に言っておくと、「消石灰」は以下のような用途にも用いられているとのこと。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
グラウンドなどに白線を引くラインパウダーによく用いられるほか、火力発電所の排ガス中の硫黄酸化物の除去、酸性化した河川や土壌の中和剤、凝集剤としても用いられる。
 
近年、目にはいると失明のおそれがあり非常に危険なことが指摘されており、白線用としてはより安全な炭酸カルシウムに変更することが推奨されてきている。
 
砂、海草抽出物と練ったものは漆喰と呼ばれ、壁や天井に塗られる。
 
固まるまでに時間がかかるが長持ちする内外装材である。
 
これが固まるのは下に示すように空気中の二酸化炭素を吸収することによって炭酸カルシウムが生成するからである。
 
また、コンニャクの凝固剤としても使用されている。
 
ほかに、試薬、食品や化粧品のpH調整剤、カルシウム補充剤、化学合成原料、体質顔料、殺菌剤、歯科治療における感染根管処置時の貼薬剤などとしても用いられる。
 
そのほか藍染めに、また石灰水は実験などに用いられる。
 
----------------(転載ここまで)
 
このようにコンニャクの凝固剤としても用いられるとのことで、実はそれほど危険な物質でもない、ということのようです。
 
だから、イルミナティどもは自分の住んでいる地域にこの「消石灰」をばらまいても平気でいられるわけでしょう。
 
とはいえ、この「消石灰」を大量に浴びたり、体内に吸収したりすれば、間違いなく「被曝」のような病気を引き起こすに違いありません。
 
実際、副島隆彦などの有名陰謀論者たちは、「被曝」すると以下のような状態になると講演会で話していたそうですし……。
 
231108456747-up41591
 
そのため、イルミナティの連中は、3.11直後に「消石灰」を大量にばらまいて、「被曝」したような症状の人たちを福島から沢山誕生させる予定だったに違いありません。
 
もしかしたら広島・長崎でも「原爆(という名のただの爆弾)」を爆発させた際、この「消石灰」を大量にばらまいたかも知れません。(あるいは、爆弾の中にあらかじめ「消石灰」を大量に詰め込んでいたのかも知れません。)
 
だからこそ、広島・長崎では様々な症状をもった人々が誕生したのだろうと思います。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?
 
しかしながら、福島においては、彼らの予想とは違って、どんなに大量の「消石灰」をばらまいても被害者がほとんど出なかった。
 
しかも、三年後にはセシウムが体内から検出される福島県民が「0人」になってしまった。
 
まさに彼らは大失態を犯してしまったわけです(笑)。
 
ということで、ケムトレイルの正体は「消石灰」の可能性が大です。
 
しかも、この「セシウム」からは大量のガンマ線が放出されるらしいので、ガイガーカウンターで計測しても「放射能」が検知されるということなのでしょうか。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
セシウム137はバリウム137mへとベータ崩壊するため、ガンマ線の強い発生源である。
 
セシウム137はストロンチウム90と同様に主要な中寿命核分裂生成物となる。
 
これらは使用済み核燃料の放射能の原因となり、使用後、数年から最高で数百年間の冷却を必要とする。
 
例えば、セシウム137とストロンチウム90は現在、チェルノブイリ原子力発電所事故の周囲の地域で発生している放射能の発生源の大部分を占めている。
 
セシウム137は中性子の捕獲率が低いため、中性子捕獲によるセシウム137の処理ができず、自然に崩壊するのを待たねばならない。
 
----------------(転載ここまで)
 
ということで、今回もまた東出融氏の話をヒントにこの世の新たな謎を解明することができました。ありがとうございます。
 
img_0-2
 
しかも、この世の神はイルミナティには味方しませんでした。
 
彼らの計画はことごとく失敗し、「ケムトレイル」をいくら空からばらまいても、福島で「被曝」したような人を生み出すことはできませんでした。
 
そのため、私のような名もない庶民から「原発も原爆も存在しない」という事実を暴かれるハメになってしまったわけです。
 
また、さらに付け加えておくなら、読者の方からのコメントにもありましたように、「ケムトレイル」の全てが「消石灰」というわけではないかも知れません。
 
山形県にお住まいの方からは、3.11直後に「ヨウ素」が土の中から検出されたとのメールもいただいています。
 
----------------
 
福島遷都から原発事故や原爆の疑惑の記事は、刺激的でショックではあるのですが、ナルホドと思うところが多々あります。
 
3.11直後に私は山形の測量機器を売る店からガイガーカウンターを買いました。
 
それで家のまわりを測ったのですが、雨樋の所は0.7マイクロシーベルトと高い数値が出ていました。
 
現在は地表で0.07~0.13マイクロシーベルトぐらいです。(雨樋の所は最近測っていません)
 
友人の家庭菜園の土からはヨウ素が検出されています。(友人が検査会社に依頼し分析してもらいました)
 
----------------
 
で、この「ヨウ素」の化合物には、以下のものがあります。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
ヨウ素と水素の化合物(ヨウ化水素)は強酸性を示す。
ヨウ化銀 (AgI) – 人工降雨に使われる。またα-AgIは超イオン伝導体でもある。
ヨウ化カリウム (KI)
ヨウ化水素 (HI)
ヨウ化窒素(窒化ヨウ素)(I3N) – 濃アンモニア水に少量のヨウ素の結晶を投入すると、針状結晶として生じる。これは乾燥させると触ることができないほど敏感な物質で、部屋の中で手を叩く振動でさえも爆発を起こす。
ヨウ化ナトリウム (NaI) – ガンマ線検出用単結晶(シンチレーション検出器)に用いられる。
ヨウ化セシウム (CsI) – エックス線蛍光倍増管・ガンマ線検出用単結晶に用いられる。
 
----------------(転載ここまで)
 
で、見ての通り、この中には「ヨウ化銀(I)(ようかぎん・いち)」というものがあって、これは人工的に雲を作り、雨を降らせることができる物質だそうです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
結晶構造が氷に似ているため、水が結晶する際の種となりやすい。そのため、ヨウ化銀(I)の粒子を大気中に散布すると、それを核にして雲が発生する。
 
そのため、人工降雨の用途に使われている。
 
ヨウ化銀(I)には毒性があるが、人工降雨に使用される量は非常に微量であり異常摂取でもしない限り人体に影響を与えるほどではない。
 
----------------(転載ここまで)
 
これまで「ケムトレイル」については、気象操作のためにばらまかれているのではないかとか何とか、実に様々な憶測が囁かれていました。
 
そして、その気象操作は「HAARP」によって行われているとも言われてきましたが、どうやら気象操作というものはそんなに複雑なものではなかったようです。
 
単にこの「ヨウ化銀(I)」を空にまいておけば、自然と雨が降るわけですから。
 
「ケムトレイル」と称してこの「ヨウ化銀(I)」を散布すれば、それだけで「雨」も降らせることができるし、放射性物質をまきちらすこともできるというわけです。まさに一石二鳥です。
 
実際、ケムトレイルは雨の日の前日にばらまかれることが多いと言われてきましたが、実は「ケムトレイル」そのものが雨を人工的に降らせていたわけです。
 
で、雨が降れば、それまでに散布されていた「塩化セシウム溶液」が蒸発し、大気中に「セシウム」が発生しますので、さらなる放射能汚染を演出することができます。
 
で、もしかしたらこの「消石灰」や「ヨウ素」などを観光バスがコソコソと運んでいるのかも知れませんね。
 
(追記)セシウムの半減期は「300年」ではなく、「30年」ではないかとのお問い合わせがありました。
 
セシウムの半減期については、あるサイトにこのように書かれてあります。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
セシウム137の半減期は約30年だが、チェルノブイリ付近の土壌に含まれるセシウムの「環境的半減期」は、180〜320年と算定されている。
 
----------------
 
ですから、「30年」でも「300年」でも間違いではないのですが、いずれにせよ、放射能に関する情報は嘘デタラメだらけなので、まともに相手にする必要はないでしょう(笑)。
 
(追記)ある読者の方からの情報です。
 
----------------
 
Facebookで「原爆ウソ」の記事を書いた時、それを見た方が「第五福竜丸はみんな死んでますよ」と突っ込まれ、調べたらこんな記事を見つけた事があります
池田信夫が絡んでるのがなんともですがよかったら見てください
http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2015/05/post-925_1.php
 
それと消石灰と肝炎について
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1336262803
 
----------------
 
やはり第五福竜丸の人たちは「被曝」ではなく、「消石灰」のせいで死んでいるわけですね。

43 Comments
  • ポポ
    Posted at 20:24h, 04 3月

    ケムトレイルがまさかの消石灰だったとは!
    今回は本当に痛快でした、お見事!
    ネットではケムトレイルはアルミニウムやアスベストなどの有害金属だと言われており、天候操作物質などと言われていました。
    が、実際にケムトレイルを見ても翌日天候が荒れるのを見たことがないため、私は農薬系、アレルギー物質を散布することで、人々を慢性的な病、奇病に罹患させ、病院に通わせる事で製薬会社が儲かる仕組みを画策しているのかと想像しておりました。
    それがまさかの消石灰!全く盲点でした。
    そういえば、学校で使用する白線も消石灰から炭酸カルシウムにここ10年程前に変わりましたね。
    私が子供のころは運動場で消石灰に触れまくっていましたが、それで何の病気にもなっておりませんが?
    そういう事でしたか。
    十分有り得ることです。恐怖を煽りたてたい彼らなら。
    リニアコライダー然り、電磁波然り。
    本当に勉強になります。RAPTブログは。
    いつもありがとうございます。
    悪魔に加担する彼らが悔い改めるよう、お祈りいたします。

  • htkr
    Posted at 21:03h, 04 3月

    RAPTさん、昨日は、取り乱したコメントをかきこみ申し訳ありません。
    向こうのBlogの余りにも稚拙なコメントを読み、その怒りで書き込んでしまいました。
    私もまだまだ祈りと思慮が足りません。本当に申し訳ありませんでした。
    RAPTさんと皆さんに、神様の祝福が有るようにお祈りします。それでは、北の大地から愛を込めて…

  • 春のきざし
    Posted at 21:24h, 04 3月

    原爆映画「黒い雨」大量の 黒い雨が降りますよね? 今日の解析もおみごとで 何か 笑うしか無いですね。 ケムトレイル不可解でしたが 納得です。お見事です。ラプトさんのお陰で むやみに 怖いものが無くなって来ます。ありがとうございます。  東出氏 今回の騒動 又 ラプトさんに「ヒント」を大量に与えすぎた事で 寿命が縮むのかもしれませんね? 彼らの滅亡を祈り  また ラプトさん 読者ご一同様の健康繁栄をお祈りします。

  • rapt
    Posted at 23:40h, 04 3月

    ポルサイトがないとセシウムができないと書いてきている人がいます。
    それでは、ポルサイトも一緒にばらまけばいいというだけの話です。
    あるいは、地面にポルサイトをあらかじめ置いておくということも可能ですね。
    ポルサイトを粉末にできるなら飛行機からばらまき、できないなら地面に置く。
    それこそ観光バスはその役割でしょうか。

  • JIN ONO
    Posted at 23:42h, 04 3月

    ワラビー

    初めまして
    私は2003年よりシドニーに在住している者ですが、数年前からいわゆる陰謀論に興味を持ち、いろんなサイトを閲覧し世の中の仕組みが本当はどうなっているのか、真実は何なのかと自分なりに考えていましたがRAPTさんのこのブログに出会うまでは、自分では今まで洗脳されてたものが解けてたと思っていましたが、イッパイ食わされてた所が多々有りました。
    今回のケムトレイルのお話しですが、ここシドニーでも頻繁に見かけます、たぶんもっと前からあったのでしょうが気に留めず、またケムトレイルという事自体を知らなかったと思います。
    こちらでは雲ひとつない晴天の日に撒かれ、その後徐々に天候が悪くなり翌日には雨が降る事が多いようです。
    今回のお話しでは福島原発の影響を演出する為だとのお話しで、なるほどそういう事かと思いましたが、では他の地域での目的は何なのか?という事なのですが、私が自分なりに考えてる事としてはワクチンビジネス(向こう側の)ではないかと思うのです。
    RAPTさんはワクチンに関してどのように考えてられますでしょうか?
    私の考えではこれでよりいっそう人々を不健康、または病気にしてからインチキ薬で儲けようとしてるのではないかと思うのですが。
    WHOのパンデミックの煽り、インフルエンザの流行の煽りでワクチン接種の奨励が本当に多いです、子供のいる家庭ではワクチン接種をしなければ各種手当の支給を打ち切るような政策を行っています。
    どうしてもワクチンを接種させたいと思えてしまいます。
    私の勝手な推測で申し分け御座いません。

  • アモリフェラ
    Posted at 23:48h, 04 3月

    副島隆彦さんが「被曝」するとこのような状態になると話していたという問題の画像ですが、これってどう見ても病院ではなく実験室の一隅という背景ですし(間違っていたら大変失礼なのですが)「作りもの」のような感じがします。皮膚が全身剥がれている重傷者を、わざわざこんなふかふかした埋もれるようなお布団に寝かせるものでしょうか?患部に布がくっついて余計に痛そうです。
    ケムトレイルは私の町の上空でも頻繁に見かけます。消えない飛行機雲といった形で非常に不気味だったのですが、消石灰を撒いているとのお話で少しほっとしました!関東地方には皇居をはじめ大企業の社長宅もたくさんありなので(笑)やたらな化学物質は撒けないだろうなとも思いました。名推理、有難うございます。民衆の不安を煽るのもイルミナティの仕事なのでしょうね。

  • rapt
    Posted at 00:00h, 05 3月

    先ほどのコメントに追記します。
    ポルサイトというのは、それ自体がセシウムです。
     
    https://ja.wikipedia.org/wiki/セシウム
     
    ----------------
     
    ポルサイト鉱石の採掘は選択的な過程であり、大部分の金属鉱山の操業と比較して小規模である。鉱石は砕かれたあと手作業で選鉱されるが、通常は濃縮工程を経ずそのまま磨り潰される。セシウムは主に酸による分解、アルカリによる分解、直接還元の三つの方法でポルサイトから抽出される。
     
    ----------------
     
    どうやら情報撹乱に引っかかってしまったようです。
    悪いですが、セシウムを生み出すためにポルサイトが必要なわけではありません。
     
    いずれにせよ、このように情報がめちゃくちゃに錯綜しているところからして、これらのウィキペディアの記事もほとんどがデタラメだと言えそうです。
    まともに相手していると、頭が混乱するだけです。

  • ネメシス
    Posted at 00:04h, 05 3月

    >RAPTさん
    ポルサイトを「焼成(焼結)」と書かれているのが分かりませんか?これは「炉の中で焼いて生成する」ということです。
    繰り返しますが、粉末を撒いておいて、後は雨が降れば(水を撒けば)OKというものではありません。

  • rapt
    Posted at 00:13h, 05 3月

    >ネメシスさん。
    だから、そこが問題じゃないんですよ。
    分かりませんか。
    そうやって彼らはあれこれと小難しいことを言って、論点をすりかえて、我々に真の情報を教えないようにしているわけです。
    あなたは彼らの理論にまんまとしてやられているのです。
    あなたが放射能について調べているのは知っていますが、だからこそ余計な情報に惑わされているのです。
    例えば、セシウム133と137の違いについてあなたは話しましたが、ではなぜ133は安定していて、137は安定していないと断定できるのですか。
    それは向こう側が勝手にそう言っているだけで、本当にその情報が正しいという証拠はどこにありますか。
    137がそんなに危険なら、そのセシウムを身体に取り込んでいた児童たちはとっくに病気になっているはずですよね。
    なのに、なぜ彼らは三年で身体からセシウムがなくなったのですか。
    論点を間違っています。

  • 真実を知り行動する人
    Posted at 00:34h, 05 3月

    RAPTさん、更新ありがとうございます。なるほど!!今回も衝撃的なお話ですね。ケムトレイルですが、実はちょうど東北地震、福島の原発事故があった時に三重県の鈴鹿の方で仕事をしていたのですが、人口地震や陰謀論を知り始めた頃でして、ケムトレイルの話を聞いて「ふっ」と空を見上げると、正にブログに載せてあるような写真の雲を、朝から晩まで飛行機が飛び交い、何やら航空ショーのように撒いているのです。夕暮れ時の飛行機はライトが付いておらず、民間機でないのは明らかでした。友達に話してみたところ懐疑的で、セントレアか関空の飛行経路ではないかと言っていましたが、同じ飛行機が行き来したり、3時間経っても消えない飛行機雲は見たことはありませんでした。私の推測では自衛隊の小牧基地からではないかと思います。近くの四日市は一大工業地帯で、確かに最近では工場の夜景が美しくて人気もあるのですが、60年代、70年代には、四日市ぜん息の公害訴訟があった所でもあります。三菱系のモンサント、三井系の石原産業などの鉱山鉱業、化学工業系の企業が多く、コンビナートに中部電力もありますし、はっきり言って今でも綺麗だとはいえません。雨が降った時、バイクに乗っていて黒い雨を浴びてしまいましたが、墨のような泥のような雨でした。今、ちょっとググッてみましたところ、三重県のセシウム量はちょうど震災の時ぐらいから増え始め、何故か急に14倍になり2014年には福島に続き全国で2位となっています。驚きました。RAPTさんの仰る「ケムトレイル」との関係と合点します。ではただ何故三重なのかはまだ見えてきませんが、何かあるんでしょうね。リチャード輿水氏も「ケムトレイルは分からない。」とする立場を見ると、実際存在するものなのでしょうね。ただ身体に影響が無いと言う事であれば安心な反面、あまりにもやっている事が「アホ」過ぎて言葉がありません。福島や東北の避難民の方のプレハブ生活をみると、高額な保証金があるとは言え、津波で亡くなられた人もたくさんいるでしょうし(放射能じゃない。)、まだ雲で覆われた複雑な気持ちであることは確かです。晴れ渡る透き通った空の青さ。あの青い空にもう一つの空があるなら、見てみたいですね。その空の向こうを。RAPTブログの真実の扉は開かれています。神様、RAPTさんをお守りください。そしてみなさんにお祈り致します。

  • 真実を知り行動する人
    Posted at 00:47h, 05 3月

    追記失礼致します。

    なるほど!!
    分かりました。断言はできませんが、三重県の四日市でセシウムを作っていますね。
    そんな工場はいっぱいあります。
    そう考えるとセシウムの量とケムトレイルを含め、自然に導きだされるかと思います。
    みなさんにお祈り致します。

  • トモコ
    Posted at 00:57h, 05 3月

    去年帰省した時も
    益々日本の感じが悪くて
    子供と高速の休憩場公園で景色が
    良かったので
    歌を歌っていたんです。

    通りがかりの中年男性が凄い睨んだり
    女性も聞き耳を立てているような
    気配だったんです。
    私達を獣のようにチラ見しながら
    私からの目を通せば
    今の日本は人間らしくないロボットの
    丁寧語を話せば、
    目先の人参があればそれで良し
    にしかみえませんでした。

    昨日東出様にコメントして
    彼みたいな方が聖書を読み本来ならば
    福音を伝えられる才能が
    あったはずなのに
    と感じました。
    昨日の夜から頭痛いです。
    キリスト教徒はこんな邪念みたいな
    感覚おくらないです。

    今回の記事もお見事です。

  • 春のきざし
    Posted at 10:00h, 05 3月

    私は介護従事者ですが インフルエンザワクチンは お年寄りはもとより私達も 反強制的に打たされます。ですが その 2,3日後?にはインフルエンザ 又は風邪が大流行します  某有名陰謀論者が ワクチンには 水銀他有害なもの インフルのウイルス迄も故意に入れている、と言っていますが、 頷けます。私達も強制され 何とか逃れても 白い目で見られ大変です。   そして ワクチンを打ち発症した人から 打たない人もうつされます。そして 「打たないからだ」とまた非難されたりします。  ケムトレイルから「ウイルス」を 撒くこともあるのでしょうか? シドニ-でもワクチン接種半強制的なんですね?困りものですね?

  • クドウ
    Posted at 10:14h, 05 3月

    はじめまして、私は青森県の弘前市に住んでいて、りんご関係の仕事をしています。2015年の9月〜11月まで、ほぼ毎日のように上空でケムトレイルを見てますが、仕事の管理上、りんごの放射能を計測していますが、一回も基準を超えた事がありません。
    そのかわり、インフルエンザが会社内でも、周りでも大流行しました。
    その前の年とかは気にしてなかったので気のせいかもしれませんが、インフルエンザ事でネットで調べていたら、ワクチンは原価350円で、病院側に1000円で売り、病院が予防接種しにきた人に2500円〜3500円で売っているそうです。
    ラプトさんはもうご存知かもしれませんが、参考までに、

  • rapt
    Posted at 10:22h, 05 3月

    JIN ONOさん、春のきざしさん、クドウさんの話から鑑みると、確かにウイルスをばらまくことも不可能ではないのかもしれませんね。
    例えば、宮崎県の口蹄疫も怪しかったですし、SARSとか、エイズとか、色んな流行病が瞬く間に広がるのは確かに不自然です。
    しかも、某有名陰謀論者は「ケムトレイル=ウイルス」説をひどく否定していましたので、かなり怪しいですね。
    ワクチン接種で医者が儲かる以上、医者のために何らかのウイルスがばらまかれている可能性は大だと思います。
    とはいえ、断定するためにはそれなりの確証をつかむ必要があります。
    今後、検証してみたいと思います。

  • rapt
    Posted at 15:12h, 05 3月

    ある読者の方からの情報です。
     
    ----------------
     
    Facebookで「原爆ウソ」の記事を書いた時、それを見た方が「第五福竜丸はみんな死んでますよ」と突っ込まれ、調べたらこんな記事を見つけた事があります
    池田信夫が絡んでるのがなんともですがよかったら見てください
    http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2015/05/post-925_1.php
     
    それと消石灰と肝炎について
    http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1336262803
     
    ----------------
     
    やはり第五福竜丸の人たちは「被曝」ではなく、「消石灰」のせいで死んでいるわけですね。

  • かに
    Posted at 16:54h, 05 3月

    原発の話もそうですが一般人が確認しようがない事柄でありもしない危険を訴えることによって恐怖を与え、人々を縛っておくのが彼らのやり方のようです。
    ケムトレイルが存在するとして、彼らが本当に毒を撒くでしょうか?
    いくらあちらの人たちでも空気を吸わないで生活することはできないでしょう。
    好き放題に暮らしてる権力者が、「今日はケム撒く日だから外に出られない」という日常を我慢するでしょうか?(そんな不自然な行動をとってると怪しまれると思います。)
    何より有名陰謀論者たちがこんなに口をそろえてケムトレイルの話をして(ただし証拠は出ない)情報が広まるでしょうか?
    本当に毒であるなら一般人にも昼間に写真が撮れるようにこれ見よがしにケムトレイルの雲を残すでしょうか?
    そう考えるともし何か撒かれているとしてもまったく無害なものである可能性が高いと自分は考えます。
    何にしてもあちらさんが警戒していないようなものは恐れる必要がないのではないでしょうか?
    日常的にケムトレイルを避けて行動している権力者が過半数を占めたならその時こそは警戒すべきでしょう。
    きっと本当に何か撒くのはこの記事にあるように彼らが巻き込まれることがない限定的な被害を演出する必要がある時ぐらいなのでしょう。

  • Haku
    Posted at 17:01h, 05 3月

    今回の対談、記事は凄いですね。なぜセシウムが検出され、そして時間の経過とともになくなってしまうのか、そして放射能被曝とされる方々の症状が消石灰とケムトレイル等で繋がって、かなりの人達に納得してもらえると思います。読者の方々のコメントと同様に私もほぼ毎日同じ時間帯(夕方5時〜6時頃)に同じ場所で、明らかに何か撒いている飛行機を何機も見かけます。私の住んでいる場所はセシウムを撒く必要はないと思われるので、一体何を撒いているのか不安で気にはなっています。

  • Shin
    Posted at 17:31h, 05 3月

    もし、ケムトレイルでウイルスを撒いても、権力者たちは大したことがないと分かっているんではないでしょうか?
    遺伝子組み換え植物だけでは癌の発症は低いですが、ランドアップと一緒に使うと発症率が上がる
    同じようにウイルスだけでは大したことがない、そこにワクチンや薬などが関わることで酷い症状に悪化しやすくなる。
    彼らはいつものごとく分かりにくくするための手順を多く用意してあるんではないでしょうか?

  • K,A
    Posted at 17:39h, 05 3月

    関係ない話ですみません。
    理論に対する有益なコメントは他の方達にお任せして、
    私は私に出来る事を続けて書きます。
     
    相変わらす東出氏は「体感せずに言葉に変換する恐さ」を強調して、
    RAPTさんをまがい物扱いしているようなので、
     
    それらに乗せられる人が出てこないように、私が
    「体感して、表面的な事を全てだと思い込み、思考を停止する恐さ」
    を説明しておきたいと思います。
     
    いかに前者が「くだらない思想」でも、何回も繰り返されると、
    「なんとなくいいような気」になってしまう事があるかもしれませんので。
     
    なお、私の書く事は、道理がよくわかった人にとっては、
    今さら必要のない事柄なので、長文で申し訳ないので、飛ばしていただいて結構です。
     
    東出氏は現在、「体感」キャンペーンを連日ブログで行っています。
     
    直接会ったり、おいしい料理を食わしたり、
    そういう体感的で感情的な魅力をアピールして、人々の心をそこに注目させるのは、
     
    「イザコザの原因は東出氏が先制攻撃を開始した事である」という、
    一番重要な事実から目をそらす為です。
     
    真実をめくらましする為に、体感ってものすごく役に立つんだなと
    彼をみて学ばせてもらっています。
     
    気持ち良くもてなされたら、その人の裏側なんてどうでもよくなるのが人間です。
    気持ちのいい部分に浸っていたいですから。
     
    原爆手帳の話と同じです。
    保障されていれば、本当に原爆症かどうかなんてどうでもいいのと一緒です。
    「原爆手帳」が「東出融」に代わっただけです。
     
    そういう体感に魅了された人は、東出氏が「いい人」にしか見えなくなってしまうから、
    東出氏の落ち度が全く目に入らない状態になります。
     
    体感の世界に引きずり込みさえすれば、
    「自分の落ち度を無かった事にしてくれる人」を量産できるので、
    知り合いになって、もてなして、楽しませて、人の心をわしづかみにします。
    なので相手は良くされれば良くされるほど、はまります。
     
    今私は東出氏の問題を指摘していますが、私でも親切にされたらヤバイです。
    批判はしずらくなるでしょう。
    だから会いたくありません。電話もしません。
    感動や美しいものには弱いので。
     
    しかし、何をしようと真実は変わりません。
     
    「東出氏がRAPTさんに先に攻撃した事」を正当化する事は、
    めぐまれない子供達に全財産寄付しようが、
    ボランティアをしようが、
    友達10000人増やそうが、
    感動的なエピソードを語ろうが、
    出来ません。
     
    断言します。
    これから先も彼は「自分の落ち度を誤魔化す」為に、
    よりいっそう「いい人」である事を周囲に見せ付ける行動を取ります。
    そして「自分の落ち度」にだけは絶対に向き合いません。
    どういう風に回避するか見ものです。
    そうやって限りなく人間の良心を利用します。
     
    彼が本当にいい人であれば、
    「先に攻撃を開始した事」を、公にむけてキチンと認め、
    嘘をついた事、恩を踏みにじった事をRAPTさんに文章で謝罪をするはずです。
     
    私はRAPTさんが東出氏に対して、最初の警告をするまでは、
    東出氏の事を「いい人」だと、好意的に思っていました。
    イヤシロチも本当に購入しようか考えていました。
     
    だから、最初、出自の疑惑があがった時も、東出氏はいい人なんじゃないかと思っていました。
    これは正直な気持ちです。本物の裏社会の人だと思えませんでした。
     
    しかし、気になってこの経過を見ていると、主張や説明が二転三転し、
    自分の怪しい部分は一切触れないか、最小限に説明をぼかす
     
    ・・・その一貫して「疑惑に白を切りとおす態度」や、
    話を「体感」や「自らの活動」にばかりそらす行いを見て、
    昔見たある動画を思い出しました。
     
    https://www.youtube.com/watch?v=aZ8aVU0rO_0&index=4&list=PL7ECC6689F3FB1AF0
     
    これはリチャード・コシミズが裏社会の人間の特徴を説明している動画です。
    今思えば、これをしゃべっているRK自信が、よくあてはまっていて滑稽ですが、
    見事に東出氏もこれと同じです。
     
    そういう理由から私は東出氏は普通ではないと思い始めました。
    脅迫を平気で行う神経も、普通の感覚とかけ離れていると思いました。
     
    東出氏は普通にそのへんにいる熱いおじさんに見えますが、
    それをいうならRKだって、普通の熱いおじさんに見えていたわけです。
    騙されている人にとっては今もそう映るでしょう。
     
    「庶民らしさ」はとても大切なんだなと思います。
     
    正体も白を切り通して、庶民の味方をしている様子も共通しています。
     
    RKは語りが上手いのもあって、昔RKを真面目な人間だと思っていた時は、
    まさかそれを説明している本人が、そうであるなんて夢にも思っていませんでした。
     
    私はRK講演会にも出席した事もなかったので、彼の矛盾点がわかっても、
    RKを疑うことにそれほど抵抗はありませんでしたが、
    (それでも、ショックは大きかったです)
     
    一緒にポスティングをしたり、不正選挙裁判に強力した人、
    講演会の後、懇親会で触れ合った人達は、その時の絆が邪魔して、
    「RKをいい人と思いたい」という心が働き、アンチになれない人も大勢でした。
     
    「会った事あるけど、この目で見て正義感の強い良い人だった」・・・ってね。
    事の真相ではなく、体感で言うわけです。
     
    それはRKのコメントを読んでも簡単に理解できました。
    または、「RKの今までやって来た事は評価できる」とか、
    「彼のお陰で色んな事を学ぶことができた、だからそんな人を疑うなんて」
    という意見もとても見受けられました。
     
    「情」や「絆」や「恩」や「体感」がいかに真実を見えなくしているか、
    しかも普段から思考している人達が、そこに惑わされている様子を見て、
    これらがいかに恐ろしいか私は学びました。
     
    そして悪人がこれらを上手く利用するのもリアルタイムで見させてもらいました。
     
    今の状況は同じです。
    「リチャード・コシミズ」が「東出融」に代わっただけです。
     
    東出氏を擁護するコメント欄を見ても、
    「体感が大事だから~」と東出氏が誘導したいように、
    まんまと乗っけられた人が、論点を間違え、
    東出氏の落ち度を無視した前提で、RAPTさんを否定しています。
     
    東出氏が発端で起きたこの争いが、いつの間にか
    「体感を重視しないから、思考だけのRAPTが悪い」
    にすり替わっています。
     
    東出氏は自分の落ち度をもみ消す為に、人間の善意や絆を利用する為に、
    会う事を要求します。
     
    合って打ち解けあうというのは危険です。
    私は、RKがインチキであるとわかった途端に捨てました。
    RAPTさんがインチキなら、同じ事をします。
    だけど、知り合いだったら、そこまで出来るか・・・自信はありません。
     
    東出氏の「一貫して話を誤魔化す態度」は、性格が悪いからではなく
    人間が「いい人」に騙されやすい事を知った上で、計画的にそうしています。
     
    そして人々が「東出氏を疑うのは気の毒である」という気持ちになる為にはなんでもします。
    それで、自信の悪質な行いが消えるのであれば、安いもんです。
    笑いが止まらないでしょう。
     
    反面、RAPTさんは読者の「情」を利用する様な態度は、
    私が知る限りこれまで一度もとっていません。
    悪い事は、たとえそれまでの情や絆を捨ててでも追求する精神です。
    例え自分のイメージを落とす事になっても実行します。
    自分のメリットよりも、誠実さを優先する精神は信用に値します。
     
    自信のイメージを良くする文章ばかりを、
    連日必死に書き綴っている東出氏とはまるで違います。
     
    そこがわからない人は、
    「RAPTが悪いから、東出氏が怒るのは当然だ」と勘違いします。
    そして東出氏の落ち度を徹底的に追及しようとはしません。

  • Posted at 19:51h, 05 3月

    この世には真実を求める人と、嘘でもいいから快楽の方がいいと思う人がいるということでしょう。
    それでもって、真実を求める人はいつの時代も迫害されるわけです。
    快楽を求める者にとって、ときに真実は目障りですから。
    その戦いが今、我々の目の前で始まったというわけです。
    これはまさに歴史的な戦いかもしれませんよ。後になって見てみれば。

  • オレンジ
    Posted at 21:25h, 05 3月

    K.Aさんと同感です。
    H氏の今日のブログは 家族愛 仲間愛が強調されていると思いました。(良いイメージを取り戻そうの回って感じです)
    自分の身近な人間の前でワザト大げさに騒いで見せる。
     同情して止めに入る事がわかってる奥さんやスッタッフに(「君たちが止めてくれたんだ」みたいなこと)
    感謝を言う。ブログにあげる。( こんな時の為に情で集めた仲間達。)
    まわりの人間には本題には触れず感情だけを表に出して。。。思考を止める。

    自分達の仕事がまるで一番大変な仕事のように思わせる(雪山からの水くみ) 
     だけど世の中 他にも大変な仕事たくさんありますよね。肉体労働だけではない。
    それをH氏は商売してる。お金になってる。

    飼育している動物達ですが お金に余裕がないと維持できないですよ。(大動物、小動物、鳥、獣医師でも別れてます。)
    お金には不自由なさそうですね あらえびす。
    サポーターなんて必要ないかもと思います。いや、 サポーターではなく これは募金じゃないですか?

  • 春のきざし
    Posted at 21:30h, 05 3月

    先ほどの NHK7時のニュ-スで今月「311」に向けての福島復興の様子放映ありました。 仮設住宅避難民K氏の日常インタビュ-してたのですが、「あと少しで仮設住宅を、出なければならず 災害公営住宅に転居しなければならない。精一杯 生活を切り詰めているが苦しい。 公営住宅は今は1万円だけど 、ゆくゆくは上がると言うことで 「やって行けるかが心配。」と奥様とお子様も顔出しで、仮設で居酒屋もされているらしく、 ここも移転先探さなければならず「見つかるか 心配」と 暗く 重たく 悲惨な おももちで話されていました。
     「週刊新潮」での多額の保証金の記事とは、天と地程の違い 
    場所によって こんなに差があるんでしょうか?
     それとも 
    NHKがよくなさる 「ラプトブログ記事」への、 後出し 事実隠滅やらせ 番組でしょうか? ちなみにこの 今も悲惨な状況の、非難住民のお名前は くしくも「木村さん」と、いうお名前でした。 
       偶然ですね?

  • K,A
    Posted at 23:47h, 05 3月

    正さん、
     
    >この世には真実を求める人と、嘘でもいいから快楽の方がいい
    と思う人がいるということでしょう。
    それでもって、真実を求める人はいつの時代も迫害されるわけです。
     
    すごくそれを感じております。
    リチャード・コシミズの時と東出氏の時を傍観していても、
    そういう方が非情に多いと思います。
    しかも、快楽を選んでいる者達は、快楽を選んでいる事を認めたがりません。
     
    そして東出氏は人を快楽に引きずりこむ強力な武器をいくつも持っています。
    快楽は色々ですが、依存している事に気付かれないものがいいんだと思います。
    大自然はその筆頭ではないでしょうか、
    美しい自然の中で一緒に語り合ったら、絆が深まること間違いなしです。
     
    それをわかっているから、RKも自然を利用しようとしたんでしょう。
    自然というキーワードは、それだけで善人の様なオーラが出ます。
     
    RK独立党田舎暮らし計画
    http://richardkoshimizu.at.webry.info/201411/article_185.html
     
    オレンジさん、
     
    >自分達の仕事がまるで一番大変な仕事のように思わせる(雪山からの水くみ) 
     だけど世の中 他にも大変な仕事たくさんありますよね。肉体労働だけではない。
     
    そこなんですよね。私もそれが言いたいです。
     
    世の中には
     
    ●3K(勘と経験と根性)だけでなんとかなる作業と、
    ●理屈を無視すると3K(勘と経験と根性)が無駄になる作業があります。
     
    東出さんはそれを同等に扱っています。無理矢理そう見せかけているだけです。
     
    前者は、ポスティング、組み立て、構造が単純な物造り…単純作業や芸術
     
    ●理屈がわかっていない人が描いた、美しい絵
    ●音符が読めない人が歌う、美しい歌
    ●賢くない人が取って来た水
    ●スポーツ
     
    …これらであれば、構造を理解しなくても、問題はないでしょう。安心して受け取れます。
     
    しかし、後者の作業になると話は別です。
     
    ●機械構造が分かっていない人が作った機械は使いたくありません
    ●体の構造について勉強不足だけど、手先だけは器用な人に、治療してほしくありません
    ●世の中の仕組みがわかっていない人に世の中を動かしてほしくありません
     
    東出さんの活動が前者なら、RAPTさんの活動は後者です。
     
    そして東出さんのような活動をいくらやっても、
    仕組みが理解できていないのであれば徒労に終わります。
    RAPTさんの様に陰謀や仕組みを解明して、効率よく行動に移すことで、
    東出さんのするような実質的な活動がはじめて生きてくるのです。
     
    そのいい例が広島の平和活動です。
    原爆を「体験」した人は、体験はしましたが、
    誰が、何故、どうやって起こしたか、という「理屈」はまるでわかっていないので、
    必死に原爆を無くそうと「現実」の努力されていますが、
     
    悲惨さを訴える、抗議をアメリカに向けてする、平和の歌を歌う、折鶴を折る・・・
     
    本当に自ら体験し、実際に足を運び、老体に鞭打って頑張っていらっしゃいますが、
    方向性がトンチンカンなので、70年やっても暖簾に腕押しです。
    この状態なら残念ながら1000年やっても実を結ぶ事はないでしょう。
     
    ゴルフの素振りだって、変なフォームで1000回するより、
    正しいフォームで10回する方が効果があると、知人が言っていました。
    変な癖もつきませんし。
     
    そこで登場するのが陰謀論です。
    仕組みを解明し、行動が実を結ぶ為に、正しいフォームに導き修正します。
    それを「必要ない」と言って、
    根本的な解決に結びつかない意味のない行動を繰り返させるのが東出氏です。
     
    頑張ったという達成感や感動は得られるかもしれませんが・・・
     
    「世の中の為にしている活動」という部分は共通していますが、
    両者は全く異なる作業です。同じにしてはいけません。
     
    ・・・というか、みんなそんな事はわかっているんですが、
    何故かわからない人達がいます。
     
    目的が共通しているからといって
    「片方に理屈が必要ないから、もう片方も理屈を捨てろ」
    というのはメチャクチャです。
     
    こんな事、だれでもわかる事なので、正直書くのがアホらしいですが、
    「3Kだけで乗り切ることが世界を変える」と誘導する人がいるのであえて書きました。
     
    こんなしょうもない理由で、陰謀論や思考をやめさせられてはたまらないからです。

  • メビウスの輪
    Posted at 00:29h, 06 3月

    raptさん、更新ありがとうごいまず。

    K.A様、初めまして。
    的を得たご意見に賛同です。
    未だに自分の落ち度を、身体を張ってると主張し、誤魔化していますね。
    raptさんに先制攻撃した事は、何処吹く風で正当化に必死です。
    ですが、東出氏が二枚舌を巧みに使うことを知ると、多少なりにも客観的に見られますね。
    こんなに大変な思いをしてるんだ感を益々強調してます。

    今度は押しかけ騒動を、女性陣の話題に切り返しました。
    この言葉も策略だと思います。
    大事なのはそこじゃ無いのに…。

  • K,A
    Posted at 08:54h, 06 3月

    メビウスの輪さん、こちらこそ初めまして。
     
    >今度は押しかけ騒動を、女性陣の話題に切り返しました。
    この言葉も策略だと思います。
     
    「女」、「子供」、「動物」の話にはみなさん弱いですからね。
    本当に策略です。
     
    だいたい、歳の離れた奥さんが、苦労しているとか、
    体張っているとか、そんな事はどうでもいいんです。
     
    奥さんや、女性スタッフがRAPRさんに怒っているとか、
    何を勘違いしているんでしょうか。
     
    スタッフが経営者である東出氏に右習えなのは、しょうがないとして、
    問題は奥さんです。
     
    東出氏ぐらいの年齢で、しかも経営者となると、
    彼を叱りつけるような立場の人はいなくなるわけです。
     
    奥さんが、怒らなければ、誰も怒る人はいないでしょう。
     
    私なら、「恩のある人を裏切って」、「嘘をついて」、「脅迫して」、
    挙句自分は悪くないと言ったら、烈火のごとく怒ります。
     
    恥ずかしいです。
     
    そして、「主人の無礼をお許し下さい」とRAPTさんに伝えるべきではないでしょうか。
    東出氏が文章が下手なら、なおさらそういうサポートをするでしょう。
     
    それを東出氏側に立って一緒に怒るということは、そういう人なんです。
     
    彼女がいくら普段、他の人によく尽くしてあげていたとしても、
    RAPTさん「だけ」に、同じように出来ないのであれば、
    東出氏同様、RAPTさんを貶めたい魂胆があると思われても仕方がないのです。

  • はとむね
    Posted at 13:26h, 06 3月

    東出さんのブログで、仲間の歯医者さんがRAPTさんは、昔は5次元にいたけど今は2次元にいる。自分は6次元にいるとよくわからない事を言ってましたが、一般相対性理論では、高次元はすべて時空と言う表現をしていたと記憶しているので、5次元とか6次元とかそんな事を言い出したら、一般相対性理論は崩れます。

    また、墓穴を掘ったような気がします。

    自分が高次元界に存在するとか言ってしまったら、一般相対性理論は嘘だったと言っているのと同じだと個人的には思いますが、どうでしょうか?

  • 春のきざし
    Posted at 15:22h, 06 3月

    歯医者さんの「プッシュワン」と言えば、私も買ってしまいましたが、受付窓口の男性は、「イヤシロチグッズ」と同一人物でした。 この「プッシュワン」も東出氏の「ウルフン何とか?」も 「??をホメオパシ-化」したものと言うことですが、       この「ホメオパシ-」を、イギリスから日本に広めている「由井 寅子」と言う女性ですが、無農薬野菜農園をも経営されていて、その農園の名称が「日本豊受自然農(株)」で、提携しているクリニックが「豊受クリニック 高野弘之院長」とのこと。「豊受大神」とは、「国常立尊」の別名ですね? この「寅子氏」大変な女傑で、信心深く 後援会もよくされていますが(動画もあり)おおきな日の丸
    を掲げていたり、その後援会のゲストが、あの 元自衛官「田野神氏」だったり、某有名陰謀論者「S・U医師」だったり 多彩に繋がり この「寅子先生」は「田野神氏」と同じく「戦争奨励者」発言されています。
     確か「愛媛県」出身です。 又、ホメオパシ-には「祝詞」「般若心境」のものまであります。  私は、唯、家族の病気治療法を,探したと言うことなのに、あちこち 繋がる事になり せっかくの 信頼が崩れ 嫌になります。    日本は「占領」されて居ること 実感です。  「プッシュワン」も中身の 成分説明ありませんね この歯科医も 
    ドルイド教なのでしょうか?

  • rapt
    Posted at 16:46h, 06 3月

    >はとむねさん。
    彼らの世界では、悪を行うほど高い次元の極楽浄土に行けるそうです。
    http://rapt-neo.com/?p=24135
     
    なので、彼らの悪を暴いた私が、より低い次元に落ちるのは彼らの世界では当然のことであり、理にかなっていますね(笑)。
    彼らにとっては悪口かも知れませんが、我々にとっては実は褒め言葉なのでした。

  • ポポ
    Posted at 18:21h, 06 3月

    私もはとむねさんと同意で、お仲間の歯医者さんに6次元がどういうものなのか科学的、数学的にご説明いただきたいですね。
    アインシュタインでさえ6次元なんて説明していましたっけ?
    6次元が数学的に説明出来たらですけどね。
    オカルトはNGで願います。

  • あやこ
    Posted at 23:28h, 06 3月

    春のきざしさんがコメントされているように、由井寅子氏は大本教と繋がっていますね。
    私は、子供の喘息・アレルギーに悩み、西洋医学から東洋医学までフルコースやってきましたが、内海聡氏の影響を受け、薬漬けから脱却したくてホメオパシーに辿り着きました。
    ホメオパシーのレメディー(薬に相当するもの)を作る時には聖書を近くに置くというのも私に良い印象を与えました。
    まずはホメオパシー入門を学び、確かに良いものだったので、もう少し深く学ぼうと「キッズトラウマ」という本を購入して自分なりに勉強していました。すると最後の方で出口直、出口王ニ三郎の名前がサラリと出てきてギョッとしました。
    また、由井寅子氏の談話の中に「私は何万回も生き返っているんだよ。あるときはヤマタノオロチとして生まれ、あるときは仁王として生まれ‥‥」ともありました。このようなことは入門には全く触れられていなかったことです。
    入口はとても清らかで良いもの、奥に進めば進むほど密教への扉が開いていく、というのを目の当たりにした感じです。
    ヨガ、自然農法、マクロビ等々、全て同じものへ誘導されていくようです。
    因みに以前RAPTさんにもメール致しましたが、内海聡氏は出口光氏や池田整治氏らと共に宇宙維新シンポジウムなるものを立ち上げ、近々講演会もするようですね。
    https://ja-jp.facebook.com/satoru.utsumi/posts/787226161361139

  • オレンジ
    Posted at 05:35h, 07 3月

    K.Aさん
    3K(汚い きつい 危険)とはそんな理由だから自給が高い、、、だけだと思って早、数十年。深く考えることがなかったので勉強になりました。
    ありがとうございます。

    世の中 女、子供、動物を取り入れる商売がほとんどですよね。(昔からTVで言ってますよね)
    主婦になれば家族の事を考えて 何か良い事や良いと評判のある商品に目がいきますから。
    家族に病人がでれば尚のこと。(私もいっぱいそんな商品を買ってました。)
    ですが、次から次と色んな良いとされる商品が出てきます。
    気がつくと良いものとされる商品はどれなのかわからない、という思考停止状態に入り とりあえず効果があるかどうか試す、という事を繰り返してしまいました。
    結果、出費がかさんでいきました。

    H氏の商売も同じ様なもの。
    女 子供 動物 そろえてますね。
    H氏は 白黒をはっきりさせず
    善と悪の区別を忘れさせてトラブルは空中分解へ、
    その考え方が情のある良い人と、イメージづけてます。
    H氏のとこだけに限りませんが この世の中 TVのドラマや映画、マスコミから思考誘導されてますよね。

    H氏は自分がその正体をあばかれてしまったのですが本題ははぐらかして
    大騒ぎして同情をかって偽善者を続けてますね。(このまま続くと商売が危ういですから。)

    昨日、本題についてはコメント欄で答えてましたが書く場所間違ってますね。
    ここまで大騒ぎになるとは思っていなかったと思います。
    これでRAPTさんのブログを読んでる方が沢山いる事が証明されます。

  • ちょこたん
    Posted at 08:20h, 07 3月

    RAPTさん、更新有難うございます。
    なるほど、ケムトレイルとその様に繋がるとは、、、、確かに合点がいきます。有名陰謀論者、医師たちや著名人、支配層が平気で暮らしている点が疑問で違和感でしたが、それも一気に説明がつき、解消されますね。私は皆さま書いておられましたが、インフルエンザや様々なウイルス、病原体を撒いて、製薬会社が儲かる仕組みかと予想していました。さらに、農薬を売るための農作物の病害虫や除草剤が儲かるように遺伝子組み換えの種等も撒かれているのではと思っていましたが、まさか原発事故との繋がりは思ってもみませんでした。面白いほどに繋がっていきますね。まさに目から鱗とはこのことです。 毎回視点の鋭さ、解き明かしには驚かされるばかりで、敬服の限りです。

    経済学にしても科学にしても、専門用語や難しい言葉で撹乱し、それぞれの言葉の解説を聴いていくうち、頭が混乱して、根本にあるシンプルな疑問や違和感を見失わせ、思考が停止状態になるように誘導する。「よくわからないけど、大変なんだ。このままでは恐ろしいことになる、危険だ」という不安と恐怖のみが人々に残る。そこに各種の活動をした音頭をとる者たちが時間がないと焦らせ、様々な情報を次々に流して危機を煽り、各種の商品を売ってお金を稼ぐ。どれもこれも同じで共通しています。大元が紐解けてくると末端に至るまで加速度が増して手口が露呈していきますね。

    春のきざしさん、あやこさん、私も同じ経緯でホメオパシーにたどり着き、RAPTさんの解明と共にジワジワとその組織の後ろにあるものを確信し、必ず繋がってくるだろうと思っていました。まさにあやこさんと全く同じ様に感じておりました。真実と本物が先頭にあり、先に進んでいくと密教の間口が開いている。真実と本物がないと騙せないし、また同時にその真実の活動が目隠しにもすり替えの武器にもなる。
    サタンは真実に嘘と罪を混ぜる。狡猾ですね。

  • よっしー
    Posted at 13:13h, 07 3月

    RAPTさん、いつも記事の更新ありがとうございます。

    >春のきざしさん、あやこさん、ちょこたんさん

    同じくホメオパシーに辿り着いて、摂取して逆に体調が悪くなり、中止しました。
    その後、以下のサイトを見つけました。

    ホメオパシーは「黒魔術」である
    http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-11567040107.html

    ホメオパシー開発者はイルミナティの中枢人物とのことです。
    また、ホメオパシーに使われる物質のほとんどが、毒物または摂取に耐えない物質のようです。
    「プッシュワン」の中身も心配ですね。

  • 春のきざし
    Posted at 13:18h, 07 3月

    あやこさん、ちょこたんさん ありがとうございます。凄い繋がりですね。「寅子氏」チベット仏教の地  ブ-タンに行き 国王にも 謁見していますね。 私は もうひとつ  「臼井式 霊気」というのも かじったのですが、この「臼井 某?氏」修行したところが 「鞍馬山」だそうで、その教えの中に 「明治天皇」が出てきます。  内海医師後援会にも さまざまなゲスト講演者来られるみたいで  「自然療法界」乗っ取られていますね?   かかる料金も 保険が利かず 高価 ふんだくられました。    又、「自然農法」といえば、「無肥料、無農薬」ですが、「肥料 農薬」を売りつけたい「農協」が、「無肥料 無農薬 野菜 米」出荷引き取りしないそうで、知り合いの農家さんが、嘆いておられました。  どこもかしこも 乗っ取られていますね。

  • 春のきざし
    Posted at 14:34h, 07 3月

    よっし-さんも ありがとうございます。 ラプトさん 読者の皆様とこうして交流でき沢山の疑問他が解けてゆき、苦手なパソコンメ-ルですが、始めてよかったです。 感謝いたします。        さて「黒魔術」も御登場ですか? ホメオパシ-開発者「ハ-ネマンさん」は「フリ-メ-ソン」でしたか?   「由井 寅子」氏の、前身ですが、日本ではTV局のディレクタ-で、イギリスに渡っては、ご自分でTV会社経営されていたと、いうことです。ここらへんからも、完璧 繋がっていますよね?     又「プッシュワン」ですが  厚生労働省等からの「内容成分表示義務」はないのでしょうか? 「違法製品」では無いのでしょうか?

  • K,A
    Posted at 15:14h, 07 3月

    オレンジさん、
     
    >結果、出費がかさんでいきました。
     
    私も同じ事を考えています。
    というのも、私が陰謀論を学ぶキッカケとなったのは、
    オレンジさんの言われている「健康」でした。
     
    食材も凄く値上がりしていて、スーパーに行く度に血圧が上がります。
    自然にそうなったのなら仕方のない事ですが、意図的に庶民が困るように
    されている事がわかっているだけに怒りが湧いてきます。
     
    健康を思って食の質に気を使うと、余計にお金がかかります。
    それでも健康を損ねたくないので、出来る限り質のいいものを買うようにしています。
     
    健康の維持の為に、お金がかかる事に疑問を感じています。
    それは食だけではありません。
     
    親の知人にネットワークビジネスで生計を立てている人がいます。
    1つの会社に固執するのではなく、いい商品があると聞けば、全国を飛び回り、
    色んな会社の、様々な商品を販売してきました。
     
    「今度セミナーがあるから、聞きに来ないか?」
     
    と何度か言われて、私も何度か複数の会社の勉強会に出席しました。
    健康食品、化粧品、水、美容機器、ダイエット、保険・・・等、
     
    親はいつもその人が、次から次へと違うものを誘ってくるので、怒っています。
     
    健康食品は、良くても高額商品がほとんどで、飲み続けるには費用がかさみます。
    どんなに質が良くても高いと負担になります。
     
    物と違って、食べたり飲んだりしたら無くなるので、一回買ったら終わりではありません。
    従って健康を維持する為には、いい商品を、ケチらず、継続して飲み続ける必要があります。
     
    そこで、お金の問題が出てきます。
     
    大病をわずらっている人で、お金にゆとりのある方は、飛びついて買われるのですが、
     
    そこそこ健康で、特に病気を抱えていないけれど、年齢的にそろそろ健康に気を使った方がいいかな・・・
     
    そういう人は切羽詰っていない分、お金がかかる事を理由に、
    「よさそうだけど、買わない」といって諦めます。
     
    そこでビジネスの説明が入ります。
     
    この商品を売ると、その商品を購入した人が払った内の 〇% があなたの懐に入ります。
    また、購入させるだけじゃなく、さらにその人を「販売する人」に育てれば、
    自分の傘下になるので、その人が売った〇%もあなたの懐に入ります。
     
    こんな無味乾燥な言い方ではないですが、
    こういう意味の事を美しい言葉で、納得させるように説明します。
     
    そしてその後に来るのが、
     
    「あなたが売ったり、人を育て、これだけの人数を傘下に持てば、これだけの金額が稼げます。
    なので事実上、この商品がタダで飲める事になります。
    しかも、普通の仕事と違うので、一日数時間、人と会って説明するだけです。」
     
    (同時に配った紙や、スクリーンに映し出した、金の入るシステムが書かれた図を提示する。)
     
    完全に捕らぬ狸の皮算用なんですが、
    不思議と、何処の会社でも共通して、セミナーで聞くと、本当に収入が見込めそうな気がします。
     
    そして、(まだ稼いでもいない)金があるから、この商品を安く飲む事が出来る、決して高くない。
    おまけに自分も健康になって、さらに紹介した人も健康になる、いい事づくしであると魅了します。
    バリバリ稼ぐ事を目指さなくても、自分が飲む分をタダにする為に、気楽にすればいいといいます。
     
    最初は「高いから止めておこう」と思った人の何割かは、ここで考え直します。
     
    セミナー、勉強会、呼び名はそれぞれですが、パターンがあります。
    私が参加したのは、健康や化粧品の数社なんですが、前半と後半に分かれていて、
     
    前半は、いかに世の中が汚染しているかという事、それを解毒する為にこの商品が必要だと説明します。
    後半は、どうやって購入するか、どうやってビジネスをするかの説明になります。
     
    何処の会社でもバイタリティ溢れる経営者が、人の心を掴むような、聞くだけで元気の出るような、
    精神論的な話を交えながら、会社や商品を説明します。
     
    夢を与えて簡単に成功できそうな気分になる・・・という独特の雰囲気です。
     
    しかし、そうやって会場を出て、販売しても、商品は簡単に売れないと思います。
    私は売った事はないですが、親や「紹介してくれた知人の周囲の人」を傍目に見て、
    成功しているのは決まって、その話を持ちかけた知人本人で、
    その他の人が儲かった姿を見た事がないからです。
    最初儲かっても、そのうち勢いが衰えてきます。
    しかし、儲かっている人はぶっちぎりです。
     
    普通の商売と同じで、成功する人は成功するし、しない人はしないと思います。
    それをネットワークビジネスであれば簡単に儲かるかのような説明をされるから、その気になるんです。
     
    知人のようにネットワークビジネスが得意な人は、何処の会社のどんな商品を売っても、荒稼ぎします。
     
    観察していると、商品の知名度が上がり、飽和状態になる前に、いかに早く販売を開始するかという事と、
    どんな商品でも売れる強引で「商売根性」のある性格である事が、儲かっている人に共通している部分です。
     
    同じ商品を売っても「高い商品だから薦めるのが申し訳ない・・・」と尻込みする人は、
    どんなに商品の良さを純粋に伝えても、なかなか傘下を作る事は難しいです。
     
    友人に紹介しても、一度は付き合いで購入してくれますが、継続となると難しいです。
    みんな様々な理由をつけて止めていきます。
     
    何故なら健康食品でも化粧品でも、すでに巷にはたくさんの物があふれているので、
    1つの物に固執せず、色々なものを試したいと思う人が多いからです。
    女性はとくに気分でコロコロ変わります。
    わざわざ高いお金を出して、複数の中からそれを「いい商品」だと見込んで買ってくれる人は少ないです。
     
    健康食品や化粧品などは、数ヶ月使ってみないと効果がわからない物もあるので、
    「とりあえず一ヶ月だけ試してみる」という人は効果を実感する前にやめます。
     
    そして高い健康食品の場合、ケチって最低限飲まないといけない量を飲まないで、
    「効果がない」と判断する人も多くいます。
     
    類似品を買うのが難しい田舎で、純粋に商品の良さと人柄で売っている人もいますが、
    物の溢れる都会では難しいかもしれません。
     
    この様に、いい商品だから売れるわけではない事は、わかることなんですが、
    セミナーでは簡単に儲かるように説明しています。
    悪質とまでいかなくても、人の心理をよく研究した上で巧妙に乗せていると思います。
     
    親も数回登録して、商品の販売をしましたが、
    商売っ気0なので、儲かる事はありませんでした。
     
    どんなに自分が使っていい商品だと思って、それを純粋な気持ちで人に勧めてもです。
    そうやって何度も儲からない事を経験しているのに、
    また違う会社の違うセミナーに誘われると、よくわからない勇気をもらって帰ってくるので、
    たぶん無理だろうと、思っていました。
     
    ビジネスはしなかったけど、購入したものもあります。
     
    そんな事を10年くらい続けて、ようやく儲からない事に気付いてくれましたが、
    お陰で私は色々なネットワークビジネスの商品を試したり、
    セミナーに参加して健康について学ぶ事が出来ました。
     
    その上で言えることは、(私が使った物は)本当にいい商品が多かった事と、
    高すぎて継続が難しい物が多い事です。
     
    実際にその商品で癌や難病が治った人も知り合いになりました。
    いいと実感するから、気に入ったものは私も使い続けています。
     
    しかし自分が健康になったら、大事な人も健康になって欲しいと思うものです。
    そうなった時、一人あたり一月10000円近く掛かるものを、
    家族全員が使用するのは大きな負担になるわけです。
    どんなに良くても、経済的な理由から、継続は難しくなります。
     
    良心があると、高くて人には薦められません。
     
    仮に今続いていたとしても、世の中がこうなので、
    もしお金がなくなればその健康は維持できなくなります。
    金の切れ目が健康の切れ目なんです。
     
    でもそれって、なんか間違っていると思います。
    そもそも健康になるのにお金が必要なんでしょうか。
     
    世の中が汚染されていて、デトックスが必要だから、
    健康食品が必要だとしたら、お金がないと維持できません。
     
    私は昔から食事、健康食品、化粧品は気をつけて使ってきました。
     
    世の中には毒が溢れていて、悪いものを避けだしたらキリがないのですが、
    キリがないとわかっていても、さらに数年前から、
     
    合成シャンプーの変わりに海外からハーブシャンプーを取り寄せる、
    日本の歯磨き粉の中にも有害なものが入っていると知って、これも外国製のを使う、
    そして電磁波が悪いと思ったから、イヤシロチを購入しようか悩む・・・矢先に騒動。
     
    1つの有害な物質を避ける為に、
    その度に普通のスーパーで売っていないような物を購入する為に、お金がかかるわけです。
     
    そうしないと、毒をさけられない。
    健康にはなれないというのは、間違っていると思います。
    お金をかけずに健康になる権利はないのでしょうか?
    意図的に汚染され、少しずつ毒を盛られて、
    タダで健康になる権利を剥奪されている様な気がしてなりません。
     
    そして、ネットワークビジネスのセミナーに参加して
    「汚染されているから、デトックスが必要だ」という発想の誤りに気付きました。
     
    「この世の中が汚れているのはどうしようもないから、とりあえず解毒」
     
    なんで毒を撒き散らす元を無視するのでしょうか?
    これさえなければ解毒も、それにかかるお金も必要ありません。
     
    それを考えた時に、
    どんなにいい商品を使って毒を避けたり打ち消したりする努力を地道に繰り返しても、
    世の中を汚すものがいる限り、毒を避けることは不可能という結論に達しました。
     
    Aを打ち消したら、次はBの中に毒、Bを解消したら、Cの中にも・・・キリがありません。
    お金がなくなってしまいますし、健康に無関心な人は逃げられません。
     
    例えば「アスパルテームが入っているから、ガムは食べない方がいい」と言ったら、
    「みんな食べてるから大丈夫、本当に変なものだったら売らないよ」と、こうくるわけです。
     
    自分一人だけ元気になろうと思ったら、自分だけお金をかければ毒を回避できますが、
    それもお金がないとできません。
     
    庶民であれば、だれが、いつ、貧乏になって、
    明日の飯が食えなくなってもおかしくありません。
    わざと庶民が貧乏になるように仕組まれているので。
     
    庶民が横取りされず、稼いだ分、ゆとりをもって生活できればいいですが。
     
    「横取りされない為にどうすればいいか」という事1つ見ても、陰謀論は必要です。
     
    毒を盛る側を潰すしかないんですよ。
    それが自分と大切な人を守る方法です。
     
    毒を盛る側はそのままで、地道に健康食品食ってれば元気になるんだからいいでしょとか、
    毒を盛る人に文句を言うのは甘えだ、庶民は毒をさけていればいいんだ、行動しろ
     
    ・・・というのは論点が違います。
     
    健康食品も悪くはありませんが、どうせ飲むなら、
    毒が全くなくなった状態で、健康食品を食べればもっと効果があるはずです。
     
    世の中の仕組みを解明し、人々が不健康になるようなシステムを消し去る事が最優先事項である。
    ・・・それが、私が健康の為に気をつけまくった結果、達した結論です。
    健康の為に地道に努力をしてきたからこそ、元締めを叩かないとダメだという事に気が付いたのです。
     
    どんなジャンルであれ、実質的な努力をしている人は、その事に気付きます。
     
    それなくして、真の健康はあり得ませんし、
    同じことが世の中のあらゆるジャンルにも当てはまると思います。
     
    そして、お金をかけずに健康になる方法を探している最中です。

  • ちょこたん
    Posted at 16:31h, 07 3月

    K.Aさん、私は電話でお水のサポーターの退会を伝え、奥さまと話をさせていただきましたが、彼女にK.Aさんの仰るような対応を求めるのは無理なのだと悟りました。東出氏自身も今回のことで奥さまは成長したと書いていましたが、本当にそうなのだろうと思います。私も人のことを偉そうに言える立場では決してありません。それを十分に認識の上で敢えて書きます。彼女は「どうして夫とRAPTさんの2人の喧嘩、ただの喧嘩に、見ず知らずの関係のない外野が一斉にとやかくいってくるのかわかりません。酷いです。」と話していました。私はそれを聞いて、そのような認識に絶句してしまい、とにかく退会の意志と思うところと事実を伝えて、その場は電話を終えました。
     コメントしている方の多くは、関係のない外野ではありません。東出氏に好意を持ち、信用し、商品を購入したり、サポーターになった当事者ばかりです。この発言はそれがわかっておられないということになります。「人は完璧ではないので」とおっしゃっていましたが、本当にその通りで、私もそのように思います。しかし、完璧さを求めているのではなく、商品を売る代表者としての誠実さ、善、責任を求めているのです。

    購入者側の「自己責任」について、東出氏は触れていますが、もちろん買う側にも責任はあり、反省する、それは当たり前です。しかし、だからといって物申す資格がないということにはなりませんし、売った側の責任は問われないということにはなりません。購入者側の自己責任という視点があり、そこを訴えるのなら、売った側のご自分の自己責任にも目を向けるべきです。自己責任、これは、自己について振り返り、反省できる人に、口を塞がせる殺し文句になるのですね。それがよくわかりました。

    そもそも、そもそもRAPTさんのブロガーとしてのスタンスを知りながら、熱烈にアプローチして対談を申し込んだのは誰ですか?木村将人氏との対談を申込み設定したのは誰ですか?何故ご自分の信念を曲げて、顔の見えない相手と対談したのでしょうか?

    顔の見える相手に1,000人以上のサポーターを得てきたのに、今や散々に非難している亞空間をわざわざ使って、顔の見えない相手、たかだか100名程度に商品を宣伝したり、売り込んだのは、一体誰なのですか?なぜ、亞空間でそのようなことをしたのですか?
    信念を曲げて、素性のわからない相手に商品を売ったり、サポーターになることを承認したのは誰なのですか?

    違いを認め合おうと言いながら、自分の土俵に、自分の向き合い方、やり方に強引に当てはめようとする。違いを認めていないのは誰ナノでしょうか?
    会社の代表者ともあろうお方が、顧客情報として知り得た情報を感情的に堂々と公開したのは正当な行為なのですか?

    信用を潰したのは、ご自分の言動、行動からではないのですか。少なくとも私は、そこをみているのです。そこをみて、このやり方は賛同できないと判断したのです。

    学校の先生まで務めた半生がありながら、恐喝紛いの言葉や強引な危険を感じるような行為の予告を公然とほのめかす身近な相手に、やめなさいと止めなかったら、それこそ異常です。 止めるのは当然であり、当たり前の行為です。

    そう言えば木村氏は「あっしのせいじゃございやせんぜ」が決め台詞と書いておられましたね。今となってはもうそれが全てだったのだと思います。最初から答えを教えてくださっていました。まるでアインシュタインのあっかんべーの写真のようです。
    学びは大きく、お勉強させていただき、またひとつ成長させて頂きました。胸を貸してくださり、有難うございました。自分の様々なことにリンクする出来事そのものでした。私を当事者として選び、鍛練してくださった大きなはからいを感じています。真の神様に感謝致します。

  • あやこ
    Posted at 20:13h, 07 3月

    ちょこたんさん、この一連の騒動の核心部分を明瞭にご指摘頂き有難うございます。
    全くおっしゃる通りです、
    ここで意見を交わし合う全ての方の人生が絶妙にリンクしていて、神の御計らいの深さに毎度感動してしまいます。
    全ての人の共同作業というか、私達は同じ学び舎にいるのだなとしみじみしました。
    これからも、人が悪なのではなく、悪が悪なのだということを肝に銘じ、真実のみを見てゆきます。
    とても貴重な経験をさせていただきました。
    RAPTさんと善良な読者の皆さんに祝福がありますことを。

  • MM
    Posted at 20:29h, 07 3月

    私の経験だと、ケムトレイルが巻かれるのは天気予報で雨の予報が出る前日が多いのです。ケムトレイルがが雨を降らせているのではなく、雨に合わせてケムトレイルを撒いているのは間違いないと思うのですが。

  • rapt
    Posted at 20:33h, 07 3月

    >MMさん。
    それを言うなら、ケムトレイルを今日まくから、明日には雨が降ると分かって、雨の予報を出せるとも言えますよね(笑)。

  • K,A
    Posted at 21:47h, 07 3月

    ちょこたんさん、
     
    奥様との一部始終を教えてくださりありがとうございます。
    ありえない認識に、絶句したお気持ちが、よく理解できます。
     
    彼女のいう「外野」としての意見ですが、
     
    私も「東出氏が攻撃してこなければ、反撃しなかった」というRAPTさん同様、
    あちら側がRAPTブログの信頼を落とすような事をしなければ、放っておくつもりでした。
     
    だって、自分と関係ない争いに入っていくのって、めんどくさいですから。
     
    だけど、東出氏側が、自分のした行いを一切棚にあげて、
    RAPTさんが攻撃した事を強調して、RAPTさん本人を始め、理論、そして自分を含めた読者を
    バカにしたり、脅迫した様子を見て、堪忍袋の尾が切れました。
     
    「人」と、「その人の主張する事」を分けて考えられる人は少ないです。
     
    「とてもいい商品を売っている人」のイメージが傷つくと、商品まで同じに見えてしまいます。
    とてもいい理論を主張していても、主張している人のイメージが傷つくと、理論も同じに見えてしまいます。
     
    そうじゃない冷静な人が、ここにはたくさんいるので安心していますが、
    東出氏側にいる人達の様に、分けて考えられない人もいます。
     
    RAPTさんと東出氏が争う事で、様々な言い分が飛び交っていますが、
    それによって、両者のイメージが著しく落ちるのは否定できません。
     
    RAPTさんは自分を良く見せようと思う人ではありません。
    なので、私がその事をとやかく言うつもりはありません。
     
    ただ、せっかくここまで完成した理論まで、インチキ呼ばわりされるのだけは我慢できませんでした。
    理論を否定する時だけは「イメージ」ではなく、純粋に「中身」で評価してもらいたいからです。
     
    例えば誰かが理論を「妄想」と決め付けるのであれば、
    どこが、何故インチキになるのか、根拠を持って賢く否定してほしいわけです。
     
    そこを飛ばして、
    「説明はしないけどRAPT理論は妄想だ、現場に足を運んでいないからニセモノだ」
    と声高々に宣伝されては、たまったもんじゃありません。
     
    その事を何度もしつこく、しつこく、しつこく言ってきました。
     
    知らない人や、頭の悪い人は、
    「現実にサポーターを抱えていて知名度のある彼ら」が言っている事に、耳を傾ける事と思います。
     
    もしそうなって、いわれのないレッテルを張られれば、
    読者が情報を拡散した時に、「ああ、あのインチキな理論ね」と中身に触れてもらいにくくなります。
    それどころか「信奉者」呼ばわりされるかもしれません。
    そうなったら、迷惑するのは私です。
     
    「現場に足を運んでいない」という大義名分をかざせば、
    誹謗中傷しても許されると思っているのが、そもそも間違いなのです。
     
    そして脅迫は論外です。
     
    そして人には散々しておいて、自分達が反撃された時だけ、
    「私が」「私が」「私が」・・・といって主張します。
     
    「見ず知らずの外野」、それは彼らにとってそうなのであって、
    ネットを通じて交流している人達にとっては、見ず知らずだけど外野だとは思っていません。
     
    私は商品の購入はしていませんが、本当にイヤシロチを購入しようか迷っていました。
    この騒動が起きるまではです。
    つまり、それだけRAPTさんを通じて、東出氏に好感をもっていたのです。
    本当に購入した方もおられます。
     
    これは「外野」でしょうか?
    好感をもっていた、東出氏にRAPT理論を「現場に足を運んでいないからまがい物だ」と言われ、
    あげくの果てに「信奉者」呼ばわりされました。
     
    裏切られた気分です。
     
    ————–
    信奉者 読み方:しんぽうしゃ
     
    特定の人物やその教えを無上のものとして尊ぶ者。信奉する者。信者。
    ————–

    なんですか、これ。怒るのは当たり前でしょう。
    読者には色んな人がいます。
     
    そもそも、東出氏のブログで奥様を始めとする女性スタッフが怒っていると書かれてあります。
    という事は一連の経過を知っているはずです。
    なのにRAPTブログの読者が怒るのが理解できない・・・その事の方が私には理解できません。
     
    旦那の起こした事だから、そういう意味では気の毒だと思いますよ。
    歳の離れた女房に苦労さして、「成長できてよかった」じゃないですよ。
    どこまでいい風に言うんですか。
     
    彼女が旦那の起こした過ちを認め、例え旦那が謝らなくても率先して頭を下げる。
    その事ができて、始めて成長したと言えるのではないでしょうか。
     
    旦那と一緒になって、「外野には関係ない、私達は被害者」と開き直っているようでは、
    情が通用しない人には通用しないでしょう。
     
    そして、ちょこたんさんの言われる、
     
    >違いを認め合おうと言いながら、自分の土俵に、自分の向き合い方、やり方に強引に当てはめようとする。
    違いを認めていないのは誰ナノでしょうか?
     
    に同意します。言っている事がメチャクチャなんです。
     
    彼らを見ていると、つくづく考える事を放棄してはならないと思います。
     
    考えないから、
     
    自分の主張している事と、やっている事が違う事にも気付かない。
    相手が怒る理由がわからない。
    論点を間違える。
     
    彼の周囲はすべからずこれです。
    東出氏本人はわざとすっとぼけているだけですが、
    周囲は彼の言う事を真に受けて、こんな想像性の欠如した人間になるんです。
     
    東出氏の読者までそうです。
    彼らは現場で見ていない事を語るRAPTさんをバカにしながら、
    コメントで、全く確かめてもいないのに、憶測でものを言っています。
     
    人にはいうくせに、自分達は同じ事をするのです。

  • YN
    Posted at 21:35h, 09 3月

    ふと思ったのですが、あらえびすで扱っている「プッシュワン」の中身がただの水にすり替わっている可能性は否定できませんね。無味無臭ですし、成分表示はありませんし。歯医者さんが治療用に使っているものは分かりませんけど。

Post A Comment