RAPT | RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)
36270
post-template-default,single,single-post,postid-36270,single-format-video,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)

RAPT×読者対談〈第77弾〉ケムトレイルとイヤシロチと福島原発事故(1)

 
今回の対談は、「あらえびす・東出融の正体」と「原発も原爆も存在しない」を合体させたような内容になっています。今回もまた二回シリーズとなっています。
 
今回の対談はこれまで行ってきた「原発も原爆も存在しない」シリーズを先にお聞きになった方が理解しやすく、かつ面白くご視聴できると思いますので、まだご視聴になっていない方は、できれば先に以下の対談をご視聴ください。
 
RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)
 
RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)
 
RAPT×読者対談〈第61弾〉原爆被曝はどこまで本当の話なのか?
 
RAPT×読者対談〈第62弾〉原発と原爆を生んだ相対性理論はデタラメの可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第65弾〉戦後復興もすべては天皇家一族の儲け話。
 
RAPT×読者対談〈第66弾〉電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。
 
RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。
 
RAPT×読者対談〈第70弾〉ノーベル賞創設の目的はアインシュタインの嘘を隠蔽するため。
 
RAPT×読者対談〈第71弾〉嘘と矛盾だらけの核技術。
 
RAPT×読者対談〈第72弾〉この世の支配層が大金をぼったくる仕組み。
 
RAPT×読者対談〈第74弾〉この世の支配層による口封じの実態。
 
また、「あらえびす・東出融の正体」シリーズは以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第75弾〉あらえびす・東出融の正体(1)
 
RAPT×読者対談〈第76弾〉あらえびす・東出融の正体(2)
 
また、「イヤシロチ」がとんでもないインチキ商品であった、ということについては以下のリンクをご参照ください。
 
イヤシロチグッズが効果はあっても、とんでもないぼったくり商品である確たる根拠。
 
「東出融」氏は過去に私と行った対談の中で、このインチキな「イヤシロチグッズ」によってケムトレイルの効力を打ち消すことができると話していました。そのときの対談が以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第20弾〉ケムトレイルの散布目的とその効能を打ち消す方法。
 
また、彼は「イヤシロチグッズ」によって「電磁波被曝」も防ぐことができるし、「リニアコライダー」の稼働を阻止することもできるかもしれないとも話してきました。そのときの対談が以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第24弾〉電磁波とピラミッドの関係。または悪魔に囚われた淡路島について。
 
つまり、「東出融」氏の理論によれば、「イヤシロチグッズ」によって「ケムトレイル」も「電磁波」も「リニアコライダー」も無力化できるというわけです。
 
しかし、世間一般の常識からすれば、「ケムトレイル」と「電磁波」と「リニアコライダー」は全くの別物です。
 
にもかかわらず、「東出融」氏はこの三つを一緒くたにしたわけです。
 
で、その「東出融」氏はイルミナティの最重要人物の一人でもあるわけですから、彼の言うことには何かしら真実が含まれている可能性があります。
 
ということは、「ケムトレイル」と「電磁波」と「リニアコライダー」は実は全く同じものなのかも知れない、と私は疑いを抱きました。
 
となると、「ケムトレイル」はそれこそ「放射能」や「電磁波」のたぐいではないか、ということになります。
 
「東出融」氏はこの「ケムトレイル」を人間の精神をコントロールする「キメラ」だと言っていました。
 
また、この世の多くの陰謀論者たちは、「ケムトレイル」のことを「気象操作のための物質」だとか言っています。
 
恐らくこれらは全てウソに違いありません。きっと真実を隠蔽するための撹乱情報でしょう。
 
で、そんなことをあれこれと考えていた矢先に、ある読者の方から以下のようなメールをいただきました。
 
----------------
 
初めてメッセージ送らせて頂きます。
 
原発は存在しないシリーズ、大変興味深く拝見させて頂いております。
既にご存知かもしれませんがこのような記事が出ていました。
 
被爆牛の処分に反対して飼育を続けてる方の記事です
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160221-00000518-san-soci
 
まったく何の影響も出ていないようですね。
しかも国は殺処分に反対されるとは思っていなかったと・・・
このまま飼育を続けられたら全て嘘だとばれてしまうから世論を誘導して、
こういう活動をされてる善良な農家の方のネガキャンをしまくっているようです。
 
更に殺処分方法を調べてみると
http://blog.goo.ne.jp/grandemperor/e/4bb2b5cfcbe8ef917c61a5da381bd58a
 
安楽死と公言しながら洗剤で毒殺しているようです。
これも暴力団の利権の臭いがしてきます
 
先日はこういう記事もありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00010000-minyu-l07
 
 上記のリンクの一部抜粋
昨年10月、NPO法人ハッピーロードネット(広野町)などが企画し中高生も参加した国道6号の清掃活動。募集を始めた後に「殺人行為だ」「お前は国賊か」など清掃活動の中止を求める電話やメール、ファクスが団体に届き、その数は千件を超えた。活動に反対する人たちは清掃当日、現地にもやってきて、線量計を手に子どもたちの写真を撮っていった。
 
避難区域や昨年避難指示が解除されたばかりの楢葉町は大人が担当し、中高生は線量が低い広野町の通学路などを清掃したが、寄せられたメッセージは、広野の放射線量の現状すら理解していなかった。「聞く耳を持たない人もいるだろうが、県外の一般の人たちに、私たちの日常の生活を伝えていくことが必要と感じた」。NPO理事長の西本由美子(62)は振り返る。
 
 転載ここまで。
 
福島が安全だとバレたら、危険地域としている場所も人が住めることになってしまいますしね。
私は実際今年の元日に、福一の近くまで行ってきました。
そこは異様な光景で、数百メートルごとに警官やパトカーが配備され、小さな道は全て封鎖されていました。
私の乗っていた車は尾行され、職質もされました。
その時、カメラは持ってないか?スマホに何も撮ってないか?職業はジャーナリストじゃないのか?
など執拗に目的と写真の有無を確認されました。
(ナンバーも控えられていたので、自家用車ではなくレンタカーで乗り込んで正解でした)
ちなみに、そこにいた警官は特殊な装備などせず顔を出していました。
放射線量が高いとされている場所を見回っているとはとても思えませんでした。

 
そんな場所ですが
更に不気味なのは場違いな車が頻繁に走行していたことでした。
 
それは観光バスです。
会社は「株式会社報徳観光」

http://www.gurutto-koriyama.com/detail/index_160.html
 
中に人の気配は感じませんでしたが、このバスが何台も走っているのです。
更に、このバスは一昨年、六ケ所村の施設付近を夜走っていた時、施設に入っていくのも目撃しました。
ただの観光バスが原子力関連の施設と関係してるとはとても考えられません。

何かありそうなのですが、私には調べるすべがありませんので、
お役に立つかわかりませんが、RAPT様に情報提供させて頂きたいと思います。
 
今後も記事期待しております。お身体には十分気を付けてくださいませ。
 
----------------
 
で、このメールの中で最初に貼られたリンク記事が以下になります。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
緑色のトラクターが雪の残る平原をうなりを上げながら進んでいく。その音を聞くや、大柄で真っ黒の牛たちがリーダー格を筆頭にゆっくりと集まってきた。
 
「べぇーべ」。トラクターの運転席から下りた山本幸男さん(73)が、牛を意味する東北地方の方言「べこ」に由来する言葉を口にしながら、わらをほぐす。「同じ家族だからね」。まるで自分の子供のように、寄ってきた牛たちの頭や背中をそっとなでた。
 
東京電力福島第1原発から約10キロ北西にある福島県浪江町の末森地区。山本さんは東京ドーム4個分ほどの広さに、約50頭の牛を飼育している。他の牛と違うのは、大量の放射性物質で被曝したことだ。
 
原発事故から2カ月後、政府は福島第1原発から半径20キロ圏に残された家畜の殺処分を決定したが、山本さんは拒否し、牛を牧場内に放った。“家族の一員”を自らの手であやめることはできなかったのだ。
 
しかし、飼育の厳しさは年々増す。4月から11月ごろまでは牧草が餌になるが、12月から3月ごろまでは草が生えず、岩手県で取れた牧草を購入。その間の餌代は600万円ほど。出費だけがむなしくかさむ。
 
それでも、山本さんは牛の面倒を見続ける。「飲まず食わずで死ぬのと、腹いっぱい食べて死ぬのとでは全然違う。最後まで面倒見てやりたいんだ。そして地域のため、福島の畜産の未来のために、この牛が貴重な資料になるんだよ」
 
山本さんの牧場を含む浪江、大熊の両町の3カ所では、殺処分を拒否した被曝牛計約160頭の調査が続けられている。
 
「大型動物の被曝を長期的に調べるのは世界初。実験室ではできない。その研究が人間にとっても参考になり還元されていく」。岩手大農学部准教授の岡田啓司さん(59)=生産獣医療学=は力を込める。
 
原発事故があった平成23年の夏、岡田さんは原発から20キロ圏に入った。
 
24年9月には、山本さんらの牧場と協力し、獣医師や北里大、東北大などの研究者と団体を結成。
 
被曝した牛の採血、採尿、遺伝子変化の解析などを通して放射線の影響調査を継続してきた。
 
累積の被曝線量が、2千ミリシーベルトと推定される牛もいる。人の年間目安量1ミリシーベルトの2千倍だ。
 
しかし、これまでの調査では、白血球の減少など被曝による影響は確認されていない。放射性物質に汚染されていない餌を与えていれば、3カ月ほどで体内の放射性物質が排出されることも分かった。

 
こうした活動に対し、批判的な声も多い。
 
事故当時、原発から20キロ圏では、農家約300戸が計約3500頭を飼育。国は県を通じ、伝染病の危険や野生の「放(はな)れ牛」になることを恐れ、殺処分命令を下した。
 
しかし、国にとって一部の牧場が殺処分に反発したことは予想外だった。結局、国は出荷しないことを前提に飼育を認めた。
 
県によると、「被曝牛は福島の風評を助長する」と反発する声まで上がっているという。
 
現状の研究では、被曝の影響がないことが牛で実証されているが、その影響は長期にわたり、見極めには時間がかかる。
 
「本当だったら何も出ないで幸せな形で終わるのが一番いい。それが住民の帰還や復興にもつながる。しかし、私たちはストーリーも到達点もつくらない。純粋に科学者として中立的な立場で、何が起きて、あるいは何が起きていないかをきちっと整理することが大事だ」。岡田さんはこう言い切った。
 
----------------(転載ここまで)
 
太字にした部分をよく見てください。
 
被曝した牛の放射線量について調査したところ、「累積の被曝線量が、2千ミリシーベルトと推定される牛もいる」ということが分かったとのこと。
 
しかも、この数値は「人の年間目安量1ミリシーベルトの2千倍」とのこと!!
 
しかし、こんなに大量の被曝をしたにもかかわらず、その牛たちからは「白血球の減少など被曝による影響は確認されていない」というのです。
 
つまり、その牛たちは一匹たりとも「癌」になっていないというわけです。
 
さらに、「放射性物質に汚染されていない餌を与えていれば、3カ月ほどで体内の放射性物質が排出されることも分かった」とのこと。
 
つまり、例え被爆したとしても、放射能で汚染されていない餌を与えつづければ、三ヶ月で牛の体内にある放射性物質を全て排出することができるというわけです。
 
確かセシウムの半減期は300年でしたよね。なのに、どうしてそんなものがたった三ヶ月で消えてなくなってしまったのでしょうか(笑)。
 
要するに、放射能被曝なんてものはこの世に存在しないということです。
 
例え放射能を浴びたとしても、身体には何の害もないのです。
 
とはいえ、こうして牛の体から大量のセシウム(あるいは、他の放射性物質でしょうか?)が発見されたということは、福島には実際に大量の「放射性物質」が存在しているということになります。
 
また、何人かの読者の方からは、福島周辺から通常よりも多い放射線量が検出されているとのメールをいただきました。
 
しかし、我々の調査では「原爆も原爆も存在しない」ということが既に分かっています。
 
ということは、誰かがセシウムなどの「放射性物質」を意図的にばらまいた可能性が高い……、と私は考えました。
 
では、一体、誰がそんなものをばらまいたのか……?
 
また、どうやってばらまいたのか……?
 
そう考えたとき、私はふと「東出融」氏の話を思い出し、もしや「ケムトレイル」の正体とは、セシウムなどの「放射性物質」なのではないかと直感したのです。
 
ちなみに、上に転載したメールにも書かれていますように、福島で行われている家畜の殺処分は、表向きには「安楽死」とされていますが、実は決して「安楽死」と呼べるものではなさそうです。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
2328315537eca3a13d1576768dd85eeb

b0b0aaa90f2e2b46d6e9b3a38425e3f6

5f1aa8c918d5baf80c57244be9312fe9

b344de110e26249a8002a7a44946beda
 
安楽とは思えません。
 
ロープで手足を縛り付けられ、洗剤が体内を巡り、目・口から、穴という穴から・・・・・。
 
苦しさに舌を大きく出し、口からも目からも、洗剤の泡を噴いた状態で亡くなっています。
 
内蔵が泡とともにおしりから出ています。
 
睡眠導入剤や麻酔が使用されているようには考えられません。
 
手足をロープで縛られ、完全に動きを封じられてから、…。
 
安楽死とは、どうしても思えないのです。
 
農家さんへの説明は「安楽死」でした。
 
書面にもありますが、今回行政の言う「安楽死」が、手順からきちんとした安楽死であることを説明できず、透明性が非常に低い状態の今、
 
現場で何が起きているか所有者の方すらわからない今、
 
農家さんや国際的な世論に与える不信感を払拭し、人道的責任を問われるような殺処分方法を改善するために、
 
安楽死の一時中止を強く求めます。
 
----------------(転載ここまで)
 
福島の危険区域にいる動物たちは、今でも被曝の影響は全くなく、とても元気に暮らしています。その証拠が以下の動画です。これは2014年に撮影されたものです。
 


 
中には食べるものがなくて餓死した動物もいるようですが、あくまで餓死であって、被曝死ではありません。
 
つまり、福島の動物たちは被爆による影響は何も受けていないということです。というか、被曝すらしていない可能性が高いと言えるでしょう。
 
しかし、この世の中にはこのような事実を知られたくない人たちが大勢います。
 
そのような人たちが、無理やり元気な動物たちを殺して、放射能被曝が存在しないという証拠を必死で隠蔽しようとしているのでしょう。
 
では、この真実を知られたくない人たちとは誰なのか……?
 
つい先日、原爆が投下された「広島」市民が、原発によって何の被害も受けていないのに、大きな被害を受けているかのように見せかけている可能性が高い、というメールをある読者の方からいただきました。念のため、再度、そのメールをここに転載しておきます。
 
----------------
 
今日の対談は最近のものだという事なので、体調はどうかなと思っていたのですが、
声を聞くと、RAPTさんも対談者の方もお元気そうなのでなによりです。
 
TPPの事、すっかり忘れていました。
気になるのはやっぱり保険の事です。
国は保険なんて払いたくないんでしょうね。
しかし、彼らの徹底的に毟り取る姿勢は見事です。
RAPTさんが以前記事で書かれていた、「横取り」という言葉がぴったりです。
 
私は相変わらず「原爆は存在しない〜科学の嘘シリーズ」の事が気になっているのですが、
やっぱり考えれば考えるほど原爆にはおかしな事が一杯あります。
 
考えてみたら、それらはRAPT理論を知るずっと前から「なんでそうなるんだろう?」
と思っていたのですが、深く考える事はありませんでした。
このシリーズを聞いた最初は「さすがにそれは無いだろう」と思いましたが、
聞いているうちに、「封じ込めた疑問」を思い出すようになりました。
 
振り返ってみると、こうした疑問を封じ込めたのは学校の平和学習のお陰だと思います。
授業では何を見ても、何を議論しても、結論は「かわいそう」とか「戦争は絶対にやっちゃいけない」
というお決まりのフレーズに誘導されるので、それ以外の方向に話をもって行こうとすると
話をはぐらかされたり、怒られたりしました。
 
そんなことを繰り返されると、原爆について否定的な発想が無意識に出来なくなります。
今考えると、平和学習という皮を被った洗脳授業だったと思います。
 
今の60代の人達が子供の時は、平和学習はなかったそうです。
親世代が被爆しているので、世間の空気がそういう話をする雰囲気ではなかったそうです。
また現代は少しずつ廃れていっているようです。
それに比べると、私の世代は特に平和学習が盛んだったと思います。
 
今日の対談によって、支配者は国民を富ませるつもりが全く無いということを改めてわからせてもらいました。
それでこれから書くことにつながるのですが、
何故、政府が原爆手帳という制度を作ったのかについて考えています。
保険も払いたくないと考える人たちが、ここだけしっかり払うというのが不自然に思えます。
原爆が存在しないとすると、原爆手帳を作る理由はなんなのか・・・
 
国民の為ではなく、支配者側に都合のいいシステムなんじゃないかなと思ってしまいました。
 
医療費が無料になるし、毎月手当てが支給されます。
当然生活が楽になります。
原爆手帳を持っている高齢者が「ありがたい」と口にしているのも見たことがあります。
戦争を起こした支配者が、何故被爆者の為にこんな手厚いサービスをするのか謎です。
 
しかし、RAPTさんの「原爆は存在しないシリーズ」を前提に考えると、
この原爆手帳は「口止め料」なのではないかという気がしてきました。
 
昔、民間治療家の書かれた本の中に、
 
どんなに治療を施しても全く回復しないタイプの患者さんがいる。
そういう患者を観察していると、その共通点が見つかった。それは、
その疾患のために何かの保障をもらっていたり、
その疾患があるが故に家族に優しくされる等、
病があることで利益が得られ、そこにドップリつかっている人である。
病が無くなれば当然、その利益はなくなるので、病が治ると困る。
病が治ることにより不都合が生まれる人の場合、精神的な理由から治らない。
 
〜という内容の事が書かれてありました。
面白いことに、「病がなおったら困る事が起きる」と無意識に思っていても、
患者自身がその本心を自覚しているとは限らないのだそうです。
 
つまり「人間は利益の為なら、時に自分自身を病気にする事もある」という事です。
本にあったように、精神的な理由から本当に病になる事や、それが治らない事もあると思います。
しかしそれとは別に、病気じゃないのに、病気になったようにふるまったりする場合もあると思います。
 
このことから考えると、原爆手帳を貰ってその恩恵を受けている人は、
「原爆を受けたけど、何の問題も無い」と言いにくくなると考えられます。
至近距離で被爆して、原爆症が現れず「何も起きない、放射能なんて存在しないんじゃないか?」
と疑問を持っていた人も、毎月手当てを貰っていたらその疑問は封印するでしょう。
 
場合によっては「放射能なんてないんじゃないか」と疑う人を攻撃するようになると思います。
挙句の果てに、「放射能と関係の無い、長年の不摂生によってなった晩年の病」まで、
全て原爆のせいにするようになります。
 
原爆手帳を配ったお陰で、
「放射線を浴びたけど、病気にならない。おかしいじゃないか」という声を封じ込めるのと同時に、
「放射能をあびたせいでこんなに病気になりました」と訴えてくれる人を作り出すことに成功しました。
 
被爆したけど原爆症になっていない人は広島にたくさんいます。
外傷は別として、体内に発祥する「原爆症」になったという人を見たことがありません。
「どうみても生活習慣病だろ」と言いたくなる症状を、原爆のせいにしている方は見たことありますが。
そういう人もかなりの高齢ですから、「長生き」の部類に属します。
 
そういう被爆者の実際の健康状態を考えると、原爆手帳を配っていなかったら、
「放射能はたいしたことない」という声があちこちで普通に上がっていたかもしれません。
本当にそういう元気な人がたくさんいますから。
 
本当の事が出てこないように、病人じゃない人を病人扱いし、
生涯お小遣いをあげることで「放射能の無害を公表するな」という事だったのではと思えてきました。
 
「被爆者自身が放射能の存在を肯定してくれる」という状況は、
放射能の存在を広げたい支配者にとっては好都合だと思います。
どこぞの専門家が出てきて、難しい理屈を並べて放射能の存在を説明するよりも、
被爆者自身がセールスマンとなって、放射能と原爆症のPRをしてくれた方が説得力があります。
おまけに非人道的になるから否定もされにくい。
 
もう一点奇妙な事があります。
 
「当時、被爆者の手当てをした」という理由で、原爆手帳をもらっている人がいます。
被爆した人に接触したらうつるという発想からでしょうか、それだけでも手帳をもらえます。
その手帳が今も機能しているということは、
国も「被爆者と接触したから被爆した」という認識のままでいるということになります。
 
なのに、広島には被爆建物と呼ばれる建造物が複数残されています。
被爆者と一時的に接触しただけで、生涯手帳が必要になるほど、放射能が危険なら、
被爆建物を残すことも危険じゃないでしょうか?
それなのに観光地として、建物に大勢の人を近づけさせています。
保存するといって職人に防護服なしで修理させたりします。
支離滅裂じゃないですか?
 
私は子供の頃平和学習で放射能の危険性を学んだ為、
社会見学で平和資料館に行くのは被爆しそうで恐かったです。
また広島には「アンデルセン」というパン屋・レストランがあるのですが、
被爆建物を利用しているので、お店に入ると被爆しそうで、ここで食事をするのは嫌でした。
 
http://www.andersen.co.jp/andersen/hiroshima/building.html
 
福島では除染した土を云々と言っているのに、広島では除染どころか被爆した建物を再利用。
 
建物に接触しても、被爆した人に接触しても問題がないという事でしょう。
 
じゃあ何故、被爆者の治療にあたった人まで手帳を配ったかというと、
現場で様々な被爆者の治療経過を見ている人に、余計な事をしゃべられては困るからではないでしょうか。
手当てをした人も見ているはずです、外傷以外はそんなに問題はないと。
 
それと、当時の人の口から、「広島には草も木も生えない」という言葉がでたのも不思議です。
何故なら、広島の人達は戦後何年も、原爆の事を「ピカ」と呼んでいました。
現代人であれば「核」、「原爆」と呼ぶところ、当時の人は「ピカ」です。
これは核に対する知識のなさを物語っています。
よくわからないから、そういう呼び方が定着したのだと思います。
 
なのに、そんな人たちが新型の爆弾を見て「これは草木が生えない」とどうやったら思うのでしょうか?
ピカと呼ぶような人たちが、放射能の影響でそういう現象になるとわかって言うにしては不自然すぎませんか?
「草木が生えない」という言葉は、放射能という概念があって始めて出てくる発想だと思いますが…。
原爆という言葉もなかった当時の広島の人たちが、他の爆弾と何が違うから「草木が生えないだろう」と思ったのか謎です。
 
で、実際生えましたしね。
 
放射能を宣伝したい何者かが広島でそういう噂を流したのでしょうか。
 
----------------
 
このように、「広島」市民が口をそろえて「原爆によって莫大な被害を受けた」と言わざるを得ない、そう言いたくなるような仕組みが作られているわけです。
 
で、よくよく調べてみると、実は「福島」でもこれと全く同じ、いえ、もっと巧妙な仕組みが作られていることが分かりました。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
先週に続いて、今週も『週刊新潮』(7月31日号)が、新聞には絶対書けないことをズバリ。
 
「『石原環境相』の暴言を嗤(わら)えない! 『原発避難民』の心を荒廃させた『補償金』ジャブジャブの日常」
 
そうなのだ。避難民が、多額の補償金をもらって昼間からパチンコや競輪にうつつをぬかしているという話は、ジャーナリズムの世界ではかねて囁(ささや)かれていた。
 
『WiLL』でもそのことを報じたいと思っていたのだが、力不足でできなかった。さすが『新潮』だ。
 
そもそも、原発避難民にはどれくらいの補償金が支払われているのか。
 
〈2011年10月から、赤ちゃんからお年寄りまで、1人あたり月10万円あるいは12万円の精神的損害賠償(中略)加えて、震災前の収入は自己申告すると全額補償〉
 
60代男性のケース。
 
〈「楢葉町の自宅や田畑などの賠償金は約2000万円(中略)家族全体で精神的損害賠償金は70万円、震災前の収入補償などを加えれば、一時は月収が200万円近くになりました」〉
 
〈なおかつ、家賃は無料、医療費は免除され、所得税や地方税も支払う必要はない〉
 
ために約2万4千人の原発避難者を受け入れている福島県いわき市ではベンツ、BMWなどの高級車が売れ、土地購入、不動産売買が増加。〈9割方は原発避難民〉だという。
 
〈これまでに、東京電力が約8万人の原発避難民に支払った補償金は、ざっと1兆8000億円。単純に計算すれば、1人平均約2300万円〉
 
いずれ、補償金のツケは電気料金に転嫁され国民全体に回ってくる。

 
考えるべき重大な問題だ。
 
----------------(転載ここまで)
 
はい。このように福島原発避難民8万人に対して、赤ちゃんからお年寄りまで、一人ひとりに毎月もれなく「10万円か12万円」が支給され、震災前の収入も「全額保証」されるとのこと。
 
地域によっては、自宅や田畑などの賠償として「2000万円」が支給され、家族全体で精神的損害賠償金として「70万円」が支給されたとのこと。
 
それに加えて「家賃は無料、医療費は免除」。
 
その上さらに「所得税や地方税」も支払う必要はないとのこと。
 
この日本国内に一つの「タックスヘイブン」が誕生してしまったわけですね(笑)。
 
これでは「福島」の原発避難民たちが、「原発は安全」だとは口が裂けても絶対に言わないでしょう。むしろ、自分たちは被曝して大変な目に遭っている、と一生、声を大にして言いつづけるはずです。
 
そう言い続けている限り、彼らは働かなくも毎月のようにジャブジャブと大金がもらえるのですから。
 
しかも、そのお金は我々庶民から、電気料金として知らぬ間に徴収されているわけです。
 
ですから、「東電」はもとより、この世の支配層は何ら損をすることはありません。
 
いやはや。実に巧妙な仕組みができあがっています。本当に驚きました。
 
この対談は次回に続きますが、次回の対談を聞いていただけば、「ケムトレイル」の正体がはっきりとお分かりいただけることでしょう。どうぞお楽しみに。
 
ということで、最後に「イヤシロチグッズ」をご購入された方にお知らせします。
 
この度、「東出融」氏、「木村将人」氏、ともに返金に応じるとのお知らせをある読者の方からいただきました。
 
なので、「イヤシロチグッズ」をご購入された方で、何の効果も感じなかったという人は、ぜひとも返金の申請をしてみてください。
 
ちなみに、「宇宙エネルギー載パワー」なるものを木村氏が本気で信じているのかどうかは分かりませんが、未だに彼はこの「宇宙エネルギー載パワー」が本当に存在していると言い張っているようです。
 
で、それを信じない私のことをバカにしているようですが、それならどうして私の以下の記事に対して、何の反論もしてこないのでしょうか。
 
イヤシロチグッズが効果はあっても、とんでもないぼったくり商品である確たる根拠。
 
彼らはこの記事に対して何の反論もしないで、ただ私の悪口をたらたらと言っているだけです。これでは、彼らの話がただの嘘デタラメであると誰もが思って当然です。
 
それに、実際、木村氏が神様から「渦巻き」のマークをもらったという話も、完全な嘘八百であるとの確証をこちらでは既に掴んでいます。
 
その証拠となるキーワードは「ひふみ祝詞」です。この「ひふみ祝詞」でグーグル検索すれば、以下のような動画が出てきます。
 

 
見ての通り、「渦巻き」ですね。
 
で、この「ひふみ祝詞」は「カタカムナ」と呼ばれる先史時代に作られたもので、この頃から既に「イヤシロチ」なる言葉は存在していました。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
イヤシロチ と カタカムナ
 
木村氏が「イヤシロチ」という言葉を使っている以上、彼が「カタカムナ」を知らないはずがありません。「カタカムナ」から「イヤシロチ」という言葉が作られたからです。
 
で、「カタカムナ」を知っている以上、「ひふみ祝詞」の渦巻きを知らないはずがないのです。
 
ちなみに、「カタカムナ文字」を使った「ひふみ祝詞」が以下になります。(上の動画の「ひふみ祝詞」は「ホツマ文字」を使っています。)
 
katakamuna1a
 
これだけ見ても、木村氏が神様から「渦巻き」のマークをもらったという話が嘘デタラメだったということが分かります。
 
彼ら「国常立尊」を信じる者たちは、古代から「放射能は危険」「電磁波は危険」と不安を煽りながら、「イヤシロチ」詐欺なるものを実行していたのです。
 
これについては既に対談にも収録していますので、いずれ詳しくお伝えします。
 
しかし、私がこのように「イヤシロチ」は詐欺だと話すと、木村氏も東出氏もきっと「詐欺ではない」と言うに決まっています。
 
なので、彼らが二度とそんな減らず口を叩けないように、以下の画像をこちらに貼っておきます。
 
以下が、2015年1月5日の「イヤシロチ」の値段です。(出典はこちら。いずれ削除されるかも知れませんので、お早めにご覧ください。)
 
Exif_JPEG_PICTURE
 
見ての通り、住宅、マンション用の「イヤシロチ」はたった4000円になっています。
 
そして、以下がそれから約15日後の2015年1月21日の「イヤシロチ」の値段です。(出典はこちら。こちらもすぐに削除されるかも知れません。)
 
image-1
 
住宅用の「イヤシロチ」が一気に3万円、果ては8万円にまで値上がりしています。たった15日の間で!!
 
しかし、これだけでは満足できなかったのか、現在の価格は以下のようになっています。
 
スクリーンショット 2016-02-25 23.44.44
 
見ての通り、住宅用の「イヤシロチグッズ」は11万円、オール電化住宅用は19万円です。
 
つまり、「2015年1月」から現在「2016年3月」までのおよそ一年の間に、住宅用の「イヤシロチグッズ」は20万円近く値上がりしたということになります。
 
しかし、これまで何度もお話してきました通り、「イヤシロチグッズ」の原価はたった数百円です。
 

 

 
彼らの言うところの「宇宙エネルギー」とは、このように好きなように適当に値段がつけられるエネルギーのようです。これだけでもいかにインチキなシロモノであるかが分かります。
 
なお、私は「イヤシロチ」の中に入っていた石ころを「雲母」だと推測していましたが、読者の方から送っていただいた石ころの写真を拝見しましたところ、どうもこの石ころは「コンクリート(もしくはセメントかアスファルト)」か何かのようですね。
 
iyashiroti
 
unspecified
 
一応、「コンクリート(セメント、アスファルト)」にも絶縁性はあります。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
 
コンクリートの電気的特性に関する研究(1)
 
だからこそ、「放射能漏れ」を防ぐとの名目で、福島では「コンクリート」を使った「除染作業」が進められているわけです。
 
もちろん、絶縁性があるからといって、放射能漏れを防げるとはとても思えませんが……。
 

いずれにせよ、「コンクリート」なら「雲母」よりも安く手に入りますので、「イヤシロチグッズ」の原価もかなり安く抑えられますね。
 

35 Comments
  • エンタルピー
    Posted at 20:19h, 01 3月

    医療従事者です
    100年前 アインシタイン 放射能キューリー夫人 ユダヤ イルミナティー フリーメイソン以来 スイス北欧 悪魔崇拝 子供生贄 イエズス会 
    現在 広島 長崎 偽原発患者の口止め料  病人演技料 医療費 慰謝料 からくり 福島県 原発 インチキ放射能拡散 飛行機からケムトレイル 空から 撒いてしまう 凄いからくり 褒めてはいけませんが 凄い演出です RAPTさんの 解き明かしは 感謝します
    着々と 東北医科薬科大 今年開学 数年後 国際医療福祉大学医学部 群馬で 厚労省j認可 福島県 都移転 始まっている ビルゲイツすでに大成建設による 建設工事始まってます
    子宮頸がんワクチン メチル水銀による 脳内破壊 GMO 遺伝子組み換え種 農薬 RAPTさん 是非 世界のワクチン 赤十字 闇 天皇が役員 今日も 真実の捏造に 国民を仲間にして 医療費無料 ビックリ
    RAPTさんの対談 DVDにして 後世に残す作業してます RAPTさのアカウント@ドメイン抹消 間近です 心配です
    いつまでも健康でお祈りいたします

  • 春のきざし
    Posted at 22:22h, 01 3月

    311が人工地震なのに、 地元民からの怒りの声が上がっていない様子 ず-っと疑問でした。ネットを見ることもできず 気ずけないのかな?お気の毒に思っていました。「札束マスク」凄い威力で ダンマリだったんですね。
    毎年8月15日になると被爆経験者がTV等で悲惨な経験談話されますが 80歳を超えたお年寄りばかりで、「長生きじゃん しかもお元気じゃん なんで?」と思わずつぶやいてしまいます。被爆と言えば NHKドラマ「夢千代日記」での吉永小百合さんの名演技?白血病の主人公夢千代がしょっちゅう貧血めまいを起こし倒れたり いつ死ぬかもしれないか細さで 同情し原爆の残酷さをドラマを本当と信じていたので被爆するとほとんど そんな病状を持っていると思っていましたから。 吉永さんは毎年朗読公演もしていますよね。思っても見ないところで巧妙なプロバガンダ。 そして回り回って我々庶民からむしり取る。 ラプト理論感服です。 ありがとうございます。

  • アモリフェラ
    Posted at 23:02h, 01 3月

    はぁ~今日も勉強になりました。避難民の方々はひたすら気の毒な人々だとばかり思っていたのですが、少しというかだいぶ違うようですね。
    原発事故避難民の補償金漬けの日々 http://blog.goo.ne.jp/admisaki/e/0134bd01b91427ea26a37a5f33bb8600
    このブログによると、いわき市では、ベンツや宝石が売れているそうです。「現状は、補償金という麻薬の中毒患者を蔓延させているようなもの。札束で避難民を黙らせ、避難民もそれを当然の権利のように思い込み、その立場も胡座を欠いているようでは自立はできません。」と被災者支援の方もおっしゃっています。考えさせられました。有難うございます。

  • 春のきざし
    Posted at 00:23h, 02 3月

    追伸  有名陰謀論者F瀬氏の講演会で 長崎?の爆心地に居た何人かがなんの被害もなく元気だったとか、それは大酒をのみ泥酔してたから 酒の酵母菌が放射能を防いだとか話されたのですが、ほかの本等でも 味噌 醬油 塩が効くとの話、また 土地の  除染に乳酸菌が効くとの話 そういう製品が開発されているとか。又講演会主催者側から 福島で奇形児が何人も生まれていると写真提示されました。枯れ葉剤被害の物だったのだと納得です。又  F氏は25歳位からヨガの実践者で 大麻解禁推奨者とのこと 盛んに大麻PRされていました。彼はすでに 大麻愛好者ですね? 

  • K,A
    Posted at 03:34h, 02 3月

    長くなるのでコメントは控えようかと悩みましたが、
    誹謗中傷が相変わらずなので、一応私の今の考えをここで述べておきます。
    今回の対談から話は少しそれますが、お許し下さい。

    東出さんはもうガキ集団は相手にされないそうですが、
    こちらが何かを暴く度に、態度を変えるかもしれないので、
    今後の為に、理不尽な誹謗中傷をされない為にも、
    RAPTさんの正当性を改めて示しておこうと思います。

    先日の記事のコメントで、RAPT×読者対談1さんが以下の様に書かれていました。

    >しかし、読者の我々も一緒になって徹底的に叩くべきかについて悩んでおります。
    それは、RAPTさんらが疑って暴いたからこそであって、私が疑って暴いたからではないからです。
    今回の件で、改めて己の未熟さを痛感致しました。
    そんな自分が徹底的に批判する側にまわる事が、最善とは思えなかったからです。

    この件で悩まれている方が少なからずいるということです。
    私もRAPT×読者対談1さんと同じような理由で、
    イヤシロチや東出さんの出自は、自分が調べた事ではないので、批判するのは気が引けます。
    おかしいですよね。これが大企業や陰謀論者が相手なら、誰が調べたことであろうと、
    真実だとわかった瞬間から批判にまわるのに。

    対談を聞いて、彼らをいい人だと思っていた時期が長かったのもあり、
    そういう情のおかげで、怯んでいるというのも自覚しています。
    相手をみて批判の強弱を決めている自分のズルさに苛立ちます。

    ただし、商品や出自については批判できなくても、
    この騒動の原因である、彼らの一連の行為や、彼らの人間性については、批判できます。
    RAPTさんがいまだに叩かれている現状をみると、読者として、批判しなければならないと思いました。

    自分で調べていない私に批判できるのはこの部分です。
    そこを指摘して、RAPTさんの障害を取り除く事によって、
    悪質な妨害に邪魔されること無く、新たに真実が追究されればいいと思います。

    その他のカラクリを解き明かす作業はRAPTさんにお任せします。
    私には出来ないので、変わりにやってくれて嬉しい、そういうスタンスです。
    彼らはRAPTさんの事を「教祖」という表現をしていましたが、
    教祖を崇めているのではなく、私は真面目に正しい行いをする人間の味方をするだけです。

    不真面目な人間が得をしたり賞賛されて、真面目な人間が損をしたりバッシングされたりする
    そういう世の中にしていてはいけないと思うからです。

    今回は真面目なRAPTさんが、理不尽な目に合われているので黙っていられませんでした。

    常にそういう動機ですから、逆に厳しい目でRAPTさんを見て来たと言っても過言ではありません。
    崇拝とは逆です。これからもそれは同じです。
    もし誠実でなかったら、とっくに見限っていたと思います。リチャード・コシミズのようにです。
    おそらく多くの人も陰謀論を学ぶ時点で「騙されたくない」という思いがある為、
    RAPTさんが誠実であるかどうかは敏感に感じ取っている事でしょう。

    そしてRAPTさんが真剣に世の中を良くする為に取り組んでいる事は伝わってきます。
    そういうRAPTさんに対して、先制攻撃を仕掛けてきたのが東出さんです。

    私は東出さんが最初にRAPTブログに登場した時から経過を見ていますので、
    自分で体感したこととして、彼らの非を批判します。
    自らケンカを売っておいて、善良な被害者を装う東出さんの人間性は許し難いです。

    憶測だけで相手を叩いたり、商品にまで文句を言うのは私も気が引けましたが、

    考えてみたら、RAPTさんはその商品を売ってくれと、商売を持ちかけられた側ですので、
    批判する権利は読者以上にあると思います。
    一歩間違えたら、RAPTさんは「よくわからない商品を売らされていた」わけですから。
    しかもそういう相手にいきなり攻撃されるという、裏切り行為まで受けたわけです。

    そもそも、こちら側が商品まで叩いて相手の妨害するのがいけないことなら、
    東出さんのやった行為もこちらの活動を妨害する行為です。
    彼らの商品に需要があるように、RAPTさんの情報にも需要があるからです。
    やっている事は同じなんです。しかも先に手を出したのは向こう側です。

    「ネットでの活動だから、どんなに相手をけなしてもいい」というのは理由になりません。

    気に入らないんなら見なきゃいいだけの話です。
    RAPTさんは以前と変わらないペースでこの活動を続けているだけです。
    一時期仲が良かったのに、わざわざRAPTさんを裏切って怒らせるような事をして
    やりかえされたら逆切れする。当たり屋です。

    真面目にやっていたRAPTさんの活動に「ネットだから」という見下した思いで、
    水を差した東出さんの行為は、こちら側が東出さんの商品にケチをつけるのと同等です。
    いやそれ以下です。
    何故なら、多くのRAPTブログ読者は、東出さんの活動や商品を、最初好意的に見ていました。
    イヤシロチグッズを購入した人が多いので、それは想像がつきます。
    その信頼関係をぶち壊したのは東出さんです。

    東出さんは、ネットで調べたことはデタラメで、体験を通して得たものが真実だといって、
    RAPTさんの事を馬鹿にしたり、妄想だとか、インチキ扱いしていました。
    彼は自分がされたら嫌な事を散々やっているんですよ。

    私が東出さんを批判するのは、RAPTさんが気の毒だからです。
    どうして誠実にやっている側が傲慢で、ケンカをふっかけた方が善人の様な扱いになっているのでしょうか。
    この逆転現象は狐につままれたようです。

    その雰囲気に飲まれる人が多いことを見ても、
    それだけ彼は自分を良く見せる能力が高いという事です。

    元ヤンキーとかいって、飾りっ気のない、庶民的で、悪ぶってるけど実は悪くない、
    馬鹿だけど、まっすぐで純朴なアピールを過剰にするところもニクイ演出です。

    あの歳で「元ヤン」をアピールしますか?
    友達に元ヤンキーが多いですが、そんな事一々言いませんよ。
    私を含め友人は、大学進学もしてない連中がほとんどで、バカの部類に属する人間ですから、
    賢い人がバカぶってたら、なんとなくわかります。本物のバカと空気が違いますから。

    本物のバカは、本当にバカなんです。
    それに比べ東出さんは、かなり頭がキレると思います。
    文章力がないと言っていますが、ハッキリ言って、書くよりじゃべって説得する方が難しいですよ。
    時間が限られた中で、要点をまとめて説明しなきゃいけないわけですから。

    東出さんの話術は優れている方じゃないでしょうか、わかりやすく説明されています。
    頭で整理して言葉に変換する技術がなければ、事実上あれほどしゃべれません。

    あれができるなら、しゃべっている事を、そのまま文字おこしすればいいだけの話です。
    理解できる文章の完成です。
    本当に文章力がなかったら、彼の会話はもっとわかりにくいはずです。

    なんで過剰にバカのフリをするのか謎でしたが、今回の流れを見て思いました。
    馬鹿のフリをすると、庶民の同情が得やすいからです。
    純粋で策を弄していないように見えるので、信用されやすいです。

    馬鹿なふりをして逃げる。
    説明すべきところをのらりくらりとかわして、逃げる。

    問題の軸である、先にRAPTさんに攻撃をしかけた事をウヤムヤにして、
    巧妙にRAPTさんの人間性が悪いかのように、見せかけるわけです。

    最初から、RAPTさんを挑発して、炎上させて、被害者ぶることによって、
    RAPTさんのイメージを悪くする事が目的だったのではないかとさえ思ってしまいます。

    こんなことをいうと、妄想だとか、合ってみてないからわからないと言われそうですが、
    東出さんがRAPTさんを先に批判した事を、キチンと説明しない限りその疑惑は拭えません。

    また、もしRAPTさんを批判するのであれば、スカイプ等で個人的に連絡すれば、
    こんな大事にはならなかったと思います。
    しかもRAPTさんからメールがあった際も、しかるべき対応をしていません。
    あえてそういう行動をとったということは、
    まるでRAPTさんが反撃してくれるのを待っていた様にも見えます。

    これは東出さん側に「争いをしたくない」という気持ちがなかったからに他ならないでしょう。
    わざわざ争いが大きくなる方法で、批判をする意図が知りたいです。

    文章が下手だからとか、それで通ると思っているんでしょうか?
    そういう風に逃げる為に、文章が下手である事すらも強調しています。
    文章が下手でも、伝える気持ちさえあれば、何時間もかけて、訂正すればいいんです。
    高卒で文章力のない私はそのぐらいします。
    2、3日もかければ、日本語として読みにくくない文章にはなるでしょう。

    こういうカラクリというか、陥れ方には正当性を感じず、それによってRAPTさんが叩かれている。
    その狡猾ともいえるやり方は徹底的に叩くべきだと思います。

    礼をつくしていたRAPTさんが一方的に悪く言われるのは、腹が立ちます。
    ネットであろうがなんだろうが、RAPTさんが真剣にやっているのは、日々伝わってくるからです。

    この件に便乗して、東出さんはRAPTさんに対して、
    教祖とか、命もかけていないとか、人格攻撃のオンパレードです。

    RAPTさんが教祖である事を目で見て確認でもしたんでしょうか?
    RAPTさんが命をかけていない事を足を運んで確認したんでしょうか?
    人には「妄想や調べた事をもっともらしく語るな」と説いて、
    東出さん本人も憶測や妄想で決め付けて語っています。

    そもそも東出さんの主張するように「自分が見聞きした事じゃないと全てニセモノだ」というのなら、
    誰も何も言えなくなります。

    数学の公式は、苦労してそれを発見した人じゃなくても、使えます。
    人体を解剖したことがなくても、私達は心臓の位置を知っています。
    私はロシアに行ったことがありませんが、どこにあるかは知っています。

    自分の体験以外から学んだ情報の何がいけないんでしょうか?

    星だって、宇宙に出て行って確認しなくても、軌道を計算したら、予定した日に彗星が見れたりするわけです。

    他人の発見から得た情報でも、嘘がなければ、本物です。
    自分の体験から得た情報でも、嘘があれば偽者です。
    体験か、知りえた情報かは所詮学習の手段に過ぎません。

    現場を見ていない、という理由でRAPTさんをまがい物扱いしたいようですが、
    説得力がありません。

    そして彼が訴えている自身の潔白も、よくみるとまるで正義を感じません。

    ヤンキーを馬鹿にするなと言いたいようですが、ヤンキーだから馬鹿にしているのではなく、
    いい歳して当たり屋みたいに真面目な人間にケンカをふっかける
    「ヤンキー以下」の態度を馬鹿にしているのです。
    批判をするなら、顔を出せ、住所を明かせ、それが出来ないなら主張するなと迫り、
    「表へ出ろ」みたいなことを言うわけです。

    私は最初このブログを読み始めた時から、RAPTさんは表へ出ないブロガーだと認識しています。
    読む私もそれを承知で読んでいますから、いまさらそんな事を思いません。
    支配者側へ寝返らないことと、辻褄の合う理論を展開してくだされば満足です。

    気に入らなければ最初から読まなければいいのです。
    今になって急に「正体をさらせ」と逆上をする方がどうかしています。

    だいたい陰謀論のブログに望むことは、パフォーマンスの質ではなく、
    どれだけ正義感の元に真実を導き出せているかという事です。
    逆にそれさえクリアしていれば、他はどうでもいいです。

    これだけの主張をすれば、素性を明かせば、誰が考えても危険なわけです。
    東出さんは、それを承知で、なんとかRAPTさんを表に引きずり出そうとしている様子ですが、
    (イベントに出させようとしたり)
    東出さんはRAPTさんに危険な目にあって欲しいのでしょうか?

    東出さんのように、会おうといって、押しかけようとする輩がいても不思議ではありません。
    そういう人が存在する事は東出さんが証明してくれました。
    こんな人がいるんだな、やっぱり危険だなと改めて認識しました。

    私はRAPTさんが素性をさらして、危険な目に会うことを望みません。
    表へ出て「頑張っています」パフォーマンスをするよりも、
    安全に、身を守って、RAPTさんにしか出来ない事をやり遂げて欲しいです。

    陰謀を解くことがRAPTさんの役割なら、自身の身を守ることも役割の1つです。
    結果的に、その方が読者の為になります。
    そして、RAPTさんが表に出ることで、読者に得はありません。

    もし表に出て、リスクが増えれば、危険を回避する為に、理論の勢いが弱まったりするかもしれません、
    そういう事は私は望みませんし、誰に遠慮する事もなく切り込んでくれるところがRAPTさんの魅力です。
    それが失われるくらいなら、安全を守った上で、誰に遠慮する事もなく、理論を展開してくれた方がいいです。

    リチャード・コシミズの「死んでもいい」や
    さゆふらっとまうんどの「この世に未練はない」というのは、カッコイイですが、それだけです。
    こういった自分の命を危険にさらすような事はRAPTさんにはして欲しくありません。

    そういう無謀な事が「命を賭ける」とはいいません。

    東出さんのいう、「表へ出ないなら、批判するな」というのは、
    「批判したかったら、表へ出て危険な目に合え」という意味です。

    表に出ていない人の意見は真実ではないかのような、印象操作もします。
    そうやって、なんとかRAPTさんを表に引きずり出そうとしたり、
    そのようにしないRAPTさんが卑怯で悪い印象になるように仕向けます。

    またそれができなかったら、主張するなと言論弾圧をするわけです。

    彼は真実追及の邪魔をしているわけです。
    東出さんにとっては、所詮ネットの情報かもしれませんが、他の人にとってRAPTブログは需要があります。

    「カラクリを解き明かす事には意味がない、現場の努力が大事」という主張を一生懸命されていますが、
    川に例えてみましょう。

    川下の汚れを清掃するのが「現場の努力」なら、汚れの原因を流している川上の工場をつきとめ、
    止めさせて、川を汚さないようにするのが「カラクリを解き明かす」事です。

    汚れの原因がなんであるかも確かめずに、川下だけ綺麗にする場合、清掃を永久に続けなきゃいけません。
    また汚れが工場のせいだとわからなければ、流れを止めようがありません。

    「原因が工場かどうかなんてどうでもいい、工場も悪玉菌と同じで意味があって存在している、
    さあ、清掃しましょう」・・・っていうのは本物の馬鹿か、工場によって利益を得ている者かのどちらかです。

    そもそも、工場がなければ、川は汚れないので、清掃活動じたい必要ありません。

    カラクリを解き明かすには、拡散する為には、
    今のところネット以上のものは思いつきません。

    そして東出さんは悪人を叩く必要がないとも主張されています。
    その状態では、いくら東出さんのお好きな「ネットではない現実の努力」を積み重ねても
    庶民が頑張って得たものを、支配者層に横取りされるのですから、意味がありません。

    悪人は叩く必要がないといいながら、RAPTさんの事は叩くわけです。
    悪人じゃなくて善人を叩いています。
    もしRAPTさんが工作員認定ばかりして、それが悪人だから叩くというのなら、
    支配者層も叩いたほうがいいです。

    このように、主張する事が調子よくコロコロ変わります。

    そして私は、傍観者の方々に
    RAPTさんが東出さんに会おうとしない事、その選択を悪い事だと勘違いして欲しくありません。

    会う事で危害を加えられたり、弱みを握ったりされる可能性は十分あります。
    勝手に写真を撮って公開するという事もやりそうな気がします。

    彼はこれまで、

    ●RAPTさんの承諾なしにイベントに出演させようとする。
    ●木村さんと秘密裏に埋めたものを、勝手に公開する。
    ●いい仲になれたのに、いきなり批判をする
    ●謝罪はするが、訂正はない。
    ●工作員認定される側に問題があると頷いていたのに、工作員認定は許せないと突然主張が変わる。
    ●もう相手にしないといいながら、やっぱりからんでくる。
    ●バラの時に工作員認定されて泣きながら電話をかけてきた人に嘘をつく。

    これだけの事をしています。
    こういう風にいきなり掌を返す人間は、要注意。
    言っている事とやっている事が違う。
    二枚舌。裏切り行為もヘッチャラ。
    調子がいい人という印象です。

    過去にそういう事を繰り返しているなら、またそういう事をする可能性は視野に入れた方がいいです。
    これは妄想でもなんでもなく。

    木村さんの
    http://blogs.yahoo.co.jp/nagatarock614/folder/705470.html?m=lc

    >実は、「製品一覧表」には掲載してない特別なパワーを戴くものも幾つか完成していまして、
    そのうちの一つは「周囲50km以内の空中の電磁波を解消してくれる」
    というすさまじいパワーを発揮するものです。
     これは、当初、東出融さんと二人で「秘密裏に」全国各地に設置して回りましたが、
    途中で東出さんがご自身のブログで公表し、やがて、その設置場所までも全国地図に記して、
    ご自身のブログに載せてしまいました。
    それはそれで「カンナガラ」「カミハカライ」の結果だと私も納得しています。

    この記述からもわかるように、東出さんはこういう事が平気で出来る人間です。
    そもそも普通はこんなことをされたら、怒るはずですが、
    彼の周囲の人は彼のそういう行為をとがめないのでしょうか?

    確かにやっている活動は素晴らしいものかもしれません。
    人々に賞賛されている事でしょう。
    だけど、だからと言って、人の信頼を裏切る行為を平気でする人間は信用できません。

    直接会って繋がっている木村さんに対してこういう事が出来るのなら、
    直接会っていないRAPTさんやその他の人に対しては、もっと不義理だろうと思います。
    本当に相手が怒らないのであれば、それをチャラにする演出力が彼にあるという事です。

    これだけ頻繁に繰り返すという事は、常習性があるという事です。

    どんな裏切り行為をしても、相手が許してくれる・・・そういう人生だったのかもしれません。
    だから、先制攻撃した自分の行いを棚にあげて、やり返されたら逆切れするのです。

    自分がやったことは、いつも通りでチャラ・・・
    になるはずが、雰囲気に騙されない人達は、東出さんのやった事はチャラにしてくれません。

    「自分が批判するのは良くて、相手が批判するのはダメだ」
    と言わんばかりの傲慢な態度はいただけません。

    今回RAPTさんは木村さんとの対談の後から、東出さんが批判を始めたと言われていました。
    RAPTさんが反撃にでるまで、あれから何ヶ月でしょうか?
    つまりその間、黙って耐えていたわけです。

    東出さんはRAPTさんを愛しているとか、ブログに書いていました。
    東出さんがとった対応から、本当に愛を感じるかどうか考えてみてください。

    最近の記事のコメントで、東出さんは批判を始めた理由を質問されて、
    RAPTさんが人を工作員扱いして苦しんでいる人がいるから批判したと、
    今更主張していますが、それは後付の理由でしょう。

    そもそもRAPTさんの行動が誤りだと思うのなら、直接やり取りして注意すればいいのです。

    だって以前の対談で
    「工作員かどうかが問題ではなく、そのような行動をする事が問題、潰していかないといけない」
    という内容をRAPTさんが言った事に、納得していたのは東出さんです。

    二人はスカイプで何時間も話をした仲です。
    工作員扱いされる人が可哀想だと思うなら、あの場でそのように自分の意見を言えばいいんですよ。

    また、考えがあの時と変わったなら、その事を直接電話で話せばいいじゃないですか、
    なんでこれみよがしにブログで批判するのか理解に苦しみます。
    RAPTさんを愛しているのなら、こういう対応はしないでしょう。

    RAPTさんがやりかえしてくる事を最初からわかった上で、
    つるし上げるみたいにブログで批判する根性はいやらしいとしか思えません。
    メールでもスカイプでも、時間をかけてRAPTさんを説得すればいいだけの話ではないでしょうか。

    一方で、RAPTさんの方は木村さんや東出さんの疑惑を、ネットでさらしたりしませんでした。
    東出さんが批判を始めて、それをやめるようメールでお願いしたという経緯でさえ、
    公にはしていませんでした。最近までは。

    また木村さんがイヤシロチグッズを売ってくれと言った印象の悪い場面も、
    配慮して公開されませんでした。

    電磁波はないという結論に至った時、木村さんの商売にさしつかえるかもしれないけど、
    中立を貫きたいから、話をすすめる事を前置きされた事も記憶に新しいかと思います。

    東出さんを批判した記事の後に、イヤシロチを批判したコメントが殺到した時でさえ、
    RAPTさんは、今批判しているのは東出さんで、商品ではないと、読者に呼びかけていました。

    RAPTさんはすぐ人を批判するというような、バッシングをされることが多いですが、
    この経緯をみても理不尽な批判はしていないと思います。

    電磁波の記事のように、きちんと、こういう理由だから批判をすると、解説しています。
    しかも木村さんに配慮するような一言も忘れていません。

    私は昔、RKやプーチンはいい人のイメージだったので、
    始めRAPTブログに出逢った時、これらを否定している記事を読んでショックでしたが、
    その当時から今と変わらず、何故みんなが支持する人をあえて批判するのか、
    その理由を示した上で話を展開されていました。

    これが正しい姿勢ではないでしょうか。常識的にみても。
    スカイプで話をされた事もある為か、大企業なら容赦なくバッシングするところ、
    東出さん、木村さんには、気を使っているような印象を受けたのは私だけでしょうか?
    RAPTさん自身も、批判しなければ、反撃しなかった事を対談で言っていますし、
    これまで配慮していた経緯をみれば、嘘ではないことがわかります。

    東出さんは、いきなり批判を始め、
    RAPTさんからのメールに一応謝罪するも、訂正する等行動に表しませんでした。
    ここでも二枚舌です。

    RAPTさんを批判する人がいるなら、まず、こういうところを良く考えてして欲しいです。
    また、RAPTさんの行動に疑問や不安がある人は、悩まなくていいと思います。
    両者のとった行動を比べると、人間としてどちらが誠実かわかると思います。

  • あやこ
    Posted at 08:37h, 02 3月

    K.Aさんの書いてくださったことに賛同します。
    K.Aさんのご意見を深く頷きながら読みました。一点の曇りもない眼差しに感動します。
    私は今までの人生を通して、中の上か、上の下くらいの優等生をずーっとやってきましたが、学歴社会って何だろう?学歴社会って糞でゴミだな、と改めて思いました。

    私も同じ気持ちです。
    ありがとうございました。

    RAPTさんと善良な読者の皆さんに祝福がありますように。

  • ねこ
    Posted at 11:14h, 02 3月

    先ほどあちらのブログ見ましたらラプト信者を止めると誓った者だけ返品に応じるそうです。彼が日々劣化していく様子は痛々しくもあります。深夜に読んだラプト支持者さんのコメは見事に消されておりました(笑)
    KAさんのコメントを読ませて頂いて朝からとても清々しい良い気持ちになりました。人間性のレベルの違いをはっきりと見せつけられて笑っちゃいました。

  • ねこ
    Posted at 11:19h, 02 3月

    すみません。消されていませんでした。ブログ箇所を間違えていました。

  • Posted at 11:29h, 02 3月

    こんにちは。時々拝見しています。私も K.Aさんの発言を支持します。全てを読めているわけではないですが、東出さんの掌の返しようとRAPTさんの発言や対応の仕方を見ていると、RAPTさんの姿勢に一貫性を感じ、東出さんのやり方がそれこそ工作員、相手を罠に陥れるために活動するよう派遣された人の行いそのものだなということがよく分かります。
    このブログを見続けてきた人達を誘導してRAPTさんやRAPTさんの理論から引き離そうという人たちの策略は見事に失敗しました。
    これからもいわれのない中傷や暴露を恐れる人物からのコンタクトやその後の類似の妨害が入ることが予想されます。
    個人的に祈ることとブログを拝見することでしか応援の術を思いつきませんが、祈りは大きな力になるとか。
    今後も一層健康でご活躍下さい。応援しています。

  • merry
    Posted at 14:46h, 02 3月

    こんなことを言うと、ラプトプログの読者の皆さんには怒られるかも知れませんが、H氏もさんざん我々に嘘をついて騙してきたわけですから、返金を求めている方は、この際、ラプトブログはもう二度と読まないと嘘をついて返金を求めればいいのではないでしょうか。
    これは嘘というより、ある意味、悪魔を叩き潰すための一つの計略だと思います。
    あと、H氏が必死でラプトブログを叩きだしたのは、読者対談1さんなど、ラプトブログの熱心な読者の方が、H氏の怒りを煽るようなコメントを書いたのがきっきけのようにも見えます。
    私の目には、読者対談1さんも向こう側の手先のように見えてなりません。
    だから、H氏を擁護するようなコメントを書いたように思えます。
    これが私の率直な感想です。間違っていたらすみません。
    しかし、このような意見も書く必要があると思って書かせていただきました。

  • the truth
    Posted at 15:15h, 02 3月

    東出の3月2日付けのブログのコメント欄に”あられさん”への返信が脅迫とも思える内容になってます。

    《以下です》

    toorutyanさんから私に対して、『日本中あなたに逢いに行きます。そして貴方を現地に連れて来て、ネットオタクのラプト大先生がいかにインチキか貴方に納得して頂いて、貴方を家にお届けします。』、『書き込みだけなら今に大変な事に巻き込まれますからやめなはれ。』との警告がありました。私は恐怖および畏敬の念を感じましたので、今後、こちらへの書き込みは控えさせて頂きます。

    開き直ってコメントがヤ○ザみたいになって来てます。”冗談の域を越えてます”会社の代表者が書き込む内容ではありません。
    これではRapt理論を支持しない人が読んでもオカシイと思い東出から離れて行く人も増えてる筈だと思います。

    姿が見えないネットだからこそ真摯なコメントが大切で相手と繋がる肝だという事を分かってないです。
    皆様お気をつけ下さい。

  • ゆかい
    Posted at 15:22h, 02 3月

    raptさん

    いつもすばらしい分析をありがとうございます。素朴な疑問を放置しないことの大切さを学ばせてもらっています。

    広島の原爆で吉川晃司の親をはじめ原爆の爆発の日時と場所と、さらに放射能は無害と知っていた人達がとった行動、東京大空襲の時に持ち主の分からなくなった土地をただ同然で買い占め資産を膨らませた西武グループ創業家のような人達のやり口は悪魔どもの常套手段のようですね。偶然チャンスが舞い込むことなどそう滅多に起こることではなく、むしろ土地を米軍に焼いてもらい、綺麗にしてもらってから買い取ったということですので、ここを空襲して欲しいとむしろ指示を出していた可能性すらあると思います。実際、空襲にあった日本の各地方都市でも同様の買い占めがあったようで、私の住む県でも、現在もある地方銀行の当時の頭取が焼けた土地を買い占め資産を膨らませたとのことです。

    物事や事件はそれだけ見ていてもなかなか本当の目的に気付くことは難しいですが、その事件があった結果誰が得をしているのかをみることで首謀者や目的が分かりますよね。

    今回被災地の避難民が大量にいて、それぞれが多額の保証金を今も受け取り続けており、それを国民が支えるという構造は悪魔どもがそうなりたいと望んでいる構造です。あれだけずる賢い奴らが果たして一般国民をその構造の受益者にするでしょうか?

    ・・・・
    福島県いわき市ではベンツ、BMWなどの高級車が売れ、土地購入、不動産売買が増加。〈9割方は原発避難民〉だという。
    ・・・・

    働かずしてパチンコなどをしていられる神経、そしてその人達が安く土地を買いたたいているとなると、本当に被災した人達なのか?と思ってしまいます。もともとそういう性質を持った人達なのではないか?

    もともと人工津波がくることを知っていて県外に避難しておいて、津波がひいたら現場に戻り避難民になり、手厚い保証を受けた人の土地を買い占めているという悪魔も何割かはいる可能性があると思うのですが、考え過ぎでしょうか?

    悪魔どもは驚くほど罪深いことをしますが、うまくいったパターンを繰り返す習性もありますよね。あながち邪推とは言い切れないと思います。本当に被災した人には申し訳ないですが、3月10日〜12日ごろ何処にいたのか調べると興味深いことが分かるかもしれませんね。

    あと、ケムトレイルについてですがインフルエンザや花粉もまいている可能性が高いと思っています。なぜなら、日本中がほぼ同時に同じ型のインフルエンザウイルスが発生するなんてことは普通に考えてあり得ないことですし、山から遠く離れた町中で、高濃度の花粉が舞っているということがおかしいと思うからです。普通は濃度こう配に沿って山に近づけば近づくほど症状が酷くなる筈なのに、自分の場合山でも都市部でも症状はほとんど変わりません。

    目に見えないものを本当に利用し倒してますよね。質量とエネルギー、放射能、ウイルス、花粉、ニュートリノ、ヒッグス粒子など。なんか笑っちゃいますね。

    raptさん、今後もますますご活躍し、悪魔どもが自分の行いを恥じることが出来るようにしてあげてください。私も自分の分野で頑張ります。

  • あや
    Posted at 15:54h, 02 3月

    知り合いで実家が福島の郡山にあるという人がいます。よくお金の事で文句を言っていて、公務員は給料をもらいすぎだと言っています。確かにそれは同感なのですが、その人と会うとお金の話ばかりなので、お金へのこだわり方がずいぶん偏っていると感じていました。もしかしたらその人やその人の親族も、原発の事で何か知っているのかもしれないと思いました。

  • K,A
    Posted at 15:58h, 02 3月

    あやこさん、ねこさん、誠さん、長文を読んでくださってありがとうございます。
    こちらのブログを無視すると言いながら、なかなか批判を止めない様子に、
    なんとかしたいという思いで一杯でした。
    同じように感じてくださる方がいる事を知って、私も安心しました。
    どうしても、パフォーマンスの力がある方が、いい人に見えますから。
    東出さんの得意分野です。
    世の中というのは残念ながら、「いいもの」より、「よさそうなもの」の方が売れるんですよね。
    ——-
    MARRYさん、確かにお金の問題だけで言えば、嘘をついて元を取れば、損はしません。
    しかし、嘘をついてしまうと、相手と同じになってしまいます。
    自分が嘘をついておいて、東出さんの嘘を批判することは、私にはできません。
    東出さんに限らず、誰に対しても、言う資格がなくなってしまいます。
    何を大切に生きるかで、違ってくると思いますが、
    私にはお金より、そういう資格の方が尊いです。
    相手の嘘を攻撃するからには、こちらも嘘をつくわけにはいきません。
    相手がどんなに間違っていても、こちらは筋を通す。
    どうしても取り返したければ、嘘以外の方法を模索した方がいいでしょう。
    そして例えば私がそれをした場合、他の人やRAPTさんまで
    そういう目で見られてしまいます。
    組織ではないですが、長いこと閲覧していると、親しみがわいてきます。
    そんな人達に顔向けが出来ないような事はしたくありません。

    世の中をよくしたいと、思う気持ちで、陰謀論を勉強しているのに、
    自分が率先して嘘をついてしまっては本末転倒な気がします。

    それと卑怯者に対しての意地といいますか、
    「金はいらん」と突き返すプライドを持っていたいというのもあります。
    ———
    >読者対談1さんも向こう側の手先のように見えてなりません。

    …とのことですが、たぶん大丈夫だと思いますよ。
    ここ数日、東出さんのブログを閲覧して意見を読んできましたが、
    純粋にこの騒動を心配されている様子が伝わってきました。
    そして東出さんを擁護するような発言をされたというより、
    中立の立場として、必要以上に非難しないという感じでした。、
    また、他の人が、読者対談1さんの名前を使ってコメントしたこともありました。
    ご本人はここのブログでも東出さんのブログでも、誠実です。
    RAPTさんと東出さんと両方と話した事があるので、付き合いが他の人より深い分、
    両者の板ばさみになって、悩んでおられる様子がわかりました。
    両方いい人なのに、争っていると思ったら、誰だって辛いです。
    私が今回コメントしたのは、RAPTさんが誹謗中傷されている事と、
    読者対談1さんのそういうコメントを読んだ事がきっかけでした。
    読者対談で読者対談1さんは、自分はROM専だと言われていたのに、
    書き込んでいるところを見ると、彼なりにこの事態をなんとかしたかったのではと思います。

  • K,A
    Posted at 16:41h, 02 3月

    THE TRUTHさん、とうとう脅迫めいた文章になってきましたね。
    RAPTさんへの敬称が「教祖」が使えなくて「大先生」になっています。
    いかに酷いかを解説します。
    ————-
    >あくまで、ネットオタク信奉者をやめる、
    それを僕らの前で誓う方にだけ返金します。
    僕は、裁くのは自分だけと生きている、輩ですから、
    ラプト大先生のように都合良いようにイエス様を使いません。
    【解説】
    誓わせるそうです、凄いですね、東出さんは。
    RAPTさんは読者に「誓え」なんて言った事ありませんが。
    ————-
    >彼が仏教を悪く言うのも、たかだかネット情報のかき集め。
    【解説】
    じゃ、読まなきゃいいんです。
    ————-
    >返金した方があまりに横柄な故に、
    ヒヨリミ意識の僕は今回の彼のあまりに自己責任から逃げる態度に、
    さらにモノをもうします。
    【解説】
    その前に、一方的に攻撃を開始した横柄な態度に対する説明責任を果たしましょう。
    ————
    >俺は、ラプト大先生が工作員なんて認定して、
    己だけが正義なんて面を、いつまでめしているキンタマ小さい奴を、
    ほっとくわけには行きません。
    ある時期が来たら、ラプト大先生の会社「デザインスタジオ インフィニティティー」と
    「アート クリエイト」に、モノを申しにいきます。
    【解説】
    脅迫、営業妨害宣言です。
    最近ネットで脅迫したニュースを何件か聞いたような気がしますが、
    そういう事件が注目されている中で、サラッと脅迫をしています。
    度胸ありますね。
    普通の人はそういう事は書きませんよ。
    脅迫を自然に出来るところを見ると、手馴れているようですが、
    普段からよくされているのでしょうか?
    自分だけは捕まらないという自信があるみたいです。
    脅迫をしても免除してもらえる権力とかあるんでしょうか?
    ヤンキーだといわれていましたが、見くびっていました。
    ヤ●ザな一面を見せていただいてありがとうございました。
    こちらこそ、善良な一市民が脅迫されているのを、いつまでもほっとくわけにはいきません。
    相変わらず分かりにくい文章で表現されていますが、
    列記とした脅迫です。
    もしRAPTさんの身に何かあったら、真っ先に疑われるのは東出さんです。
    関係ない第三者を使って、RAPTさんを間接的に攻撃してもです。
    そして彼の周囲の人も疑われます。
    少なくとも私は、この脅迫文を読んで、彼らをそういう目でしか見れなくなりました。
    東出さんは組織の代表者でありながら、周囲の人も疑惑の目でみられるようにしてしまったのです。
    自分の欲望で突き進まず、少しは周囲の人の事も考えた方がいいと思います。
    そしてもしRAPTさんに危害を加えてくれと、
    東出さんから依頼された方がいましたら、注意した方がいいです。
    この人は二枚舌ですから、使われた後に見捨てられるでしょう。
    RAPTさんも、ある時突然東出さんに裏切られました。

    ちなみに、疑うのはなにも、RAPTブログの読者に限った話じゃないですよ、
    今回の件で東出さんのサポーターをされている方達だって、この事に注目しているはずです。
    その方達のうち、鋭い何人かは、疑いますよ。
    内部告発者に囲まれている事を忘れないほうがいいでしょう。
    人間というのは商品に対する疑問は無視出来ても、不義理を無視する事は出来ないものです。

    これまでRAPTさんからの「争いはしたくない」という主旨のメールを適当にあしらっておいて、
    今頃になって「会って話そう」。「会いに行くぜ!!」というのは誠意でも正々堂々でもありません。
    奥さんをないがしろにしていた男が、奥さんが離婚を決意して家を出た途端、「会って話そう」というのと同じ。
    そんな男と会って話しても無駄と考えるのが普通の感覚です。
    拒否されたら、逆切れして「会いに行く!」と押しかけるのは、ス●ーカー。
    相手が会う気がないのに、無理やり押しかけるなんて、恐いですね。

    どんなに意気込んで脅しても、彼のした事を正当化することはできません。
    正当化できないから、脅迫するんです。
    そんなこと止めて、謝ったらどうですか?
    ————

    >こんな偏った過激さで、ラプト大先生がその顧客に、
    仏教信じている方も、天皇さんは素晴らしいと感じる方もお客様にはおられるはす。
    ならば、顧客に全てラプト理論信じさせないと、今回の事には矛盾だらけ。
    【解説】
    顧客まで脅迫のネタになるそうです。
    そもそも、RAPTさんがプライベートで書くブログと、顧客の思想に何の関係があるのでしょうか?
    それ以前にRAPT理論と、それを読む読者の思想も関係ありません。
    どんな思想でも学べますよ。
    RAPTさんは、読者に対しても、「俺のいう事を絶対信じろ」なんて主張した事もありませんが。

    理論に自信がある故、断定をされる事は多いですが、
    それは「教祖」というより、職人が自分の作品に拘って自信に溢れている様子に近いです。
    人に対しては、いつだって「信じるか、信じないかはあなた次第」というスタンスです。
    教祖のように振舞わないRAPTさんだからこそ、
    そういう性格を慕って、みんなが集まっているのが理解できていないようです。
    どうしても、「RAPTさんが読者を羊の様に強制的に従わせている」と認めさせたいようですが、
    東出さんがどんなにそれを望んでも、そうじゃないんだからしかたありません。
    キリスト教はもちろん、理論、そしてRAPTさんが紹介する商品に至るまで、
    RAPTさんに何かを強制をされた事は一回もありません。
    そのRAPTさんが、仕事で顧客にRAPT理論を信じさせない事で、
    理論のどこがどのように矛盾になってしまうのか、わかりやすく説明してほしいです。

    ———–

    >僕らは居場所も、全てあからさまにせいせい堂々やってます。
    【解説】
    あなたの住所なんて興味ありません。
    あなたが自分のした事をキチンと誠意をもって説明出来るか…そこに興味があります。
    「あからさまに正体を現す=正々堂々」ではありません。
    RAPTさんを正々堂々と裏切った事を、正々堂々と説明してください。

    ———–

    >ぜひとも、ラプト大先生を信じているかた、彼を土俵に出して下さい。
    【解説】
    むしろこの人にRAPTさんを会わせたくない、と考えるのが正常しょう。
    RAPTさんを守ってあげなければという思いです。
    自分がケンカをふっかけて、返り討ちにあったもんだから、
    仕返しになんとかRAPTさんにもダメージを与えたい、という思いがひしひしと伝わってきます。
    RAPTさんを世間にさらす事で、仕返し完了するつもりでしょうか?
    言う事がコロコロ変わる人の討論も興味ありません。
    もう相手にしないつもりだったのでは?
    たまには有限実行しないと、誰からも信用されませんよ。
    だけど押しかける事だけは実行しない方がいいと思いますね。
    だれが注目しているかわかりませんから。
    正々堂々としたストーカーぶりが露呈するだけです。

  • 春のきざし
    Posted at 17:11h, 02 3月

    最近TVの旅番組 又 タレントの機関限定移住経験番組など、「山形県」が出てくること多く、東出氏と重なり、「福島遷都」キャンぺ-ンの一環かな?と感じますが…。木村氏も 青森県だし東北近辺何かしら関係がある と見ることが出来ないでしょうか?
     東出氏の誠実さのかけらもない今の態度、木村氏も同等と見るべきでしょう。
    企みを持って 揉み手 笑顔 で近づき もともと裏切っていた。木村氏は 東北訛りで素朴なイメ-ジを与えられ、東出氏に騙され引っ張られている様に見られている方も多いようですが、元教師で発明家の彼が ノー天気にだまされるでしょうか? どう見ても 同じ穴のムジナです。      又、イルミのメンバ-は「虐待されて育つ」とのこと東出氏が、5歳前後の幼少の頃から 氏は 武術の様に言って居ますが 何かしら修行の様な事をしていたと言われて居ます。 その師匠に「バレ-」を習うよう半ば強制されたと聞こえる言い方され、おまけに長年 氏の両親がバレ-を習っていることを知らず 後に知り 「女々しい事して……」とえらく怒られたと話した時、「親が何も知らなかったってなに?それ?」となりました。 氏は預けられていた 決して 保育園とかではないところへ…。  氏のブログ内で、一般にはほとんど知られていない「サンガ」について書かれていたこともあり 氏の祖先が忍者で二重スパイと聞いても「成るほど」と頷けます。氏の修行は 忍者修行といえませんか? 5歳に満たない幼児を親元から離し この様なことをさせる、「虐待」を受けて育った人 東出氏。支離滅裂な文章しか書けない意味 学習障害の様なことがあるのでは? 又 我々にたいしてのハレンチな言動 行動の意味 ここにあるのでは? 本質の「愛」がわからない……。
     イルミナ上層部?では、自分の子供を 赤ちゃんでも自分で育てない 乳母のお乳で育てられる ここだけを見ても 「虐待」に当たります。今の天皇家を見ても お子たちは実子では無いという「噂」満載ですしね。   我々には計り知れない成育歴の中での「虐待」を受け育てられた彼らは 残酷な人格形成となり 世界の「実権」を握り 戦争他殺人もいとわない 我々は長い年月その被害を受けてきたのでは?   
    理解不能な事柄にも ラプト理論を当てはめると 謎が解けてきます。

  • あいこ
    Posted at 18:48h, 02 3月

    遠目で見ていても、H氏の態度はがっかりですね。
    RAPTさんを支持します。世の中を良くしたい、その思いで客観的な立場を失わず、これだけの調査をしてきたのですから。
    真実に近づくスピードが増しているので、敵も増えますね。どうぞ今のままで、ご活躍なさってください。
    RAPTさんに神のご加護がありますよう、全力で祈ります。

  • HI
    Posted at 18:55h, 02 3月

    更新感謝致します。
    東出のブログで「ネットオタク信奉者をやめる、それを僕らの前で誓う方にだけ返金します。」等と
    考えられない返金の対応をしていますね。
    こんな人間が、数万、数十万の物を販売しているのかと思うと本当に呆れます。
    自分は住所や電話番号や顔を堂々と公表していると東出は言っていますが、
    逆に恥ずかしくないのでしょうか?よくそのレベルで公表できるなと・・・。(笑)
    商売をなめてるとしか考えられません。
    所詮、この程度の人間なんです。誰も東出みたいな詐欺師を弁護する必要も無いでしょう。

  • ポポ
    Posted at 19:28h, 02 3月

    彼は非常識な言動をしても困らない立場なんですよ。
    ご本人もイルミナティーだとブログのタイトルで宣言してるくらいですから、RAPTブログを被害者面して叩いても、突然RAPTさんの経営する会社と思われる社名を出して抗議しても、たわごとでしかありません。
    連日個人ブロガーでしかないRAPTさんを、事業用ブログで叩いたりすれば、倒産の危機ですし、内部関係者のその異常性に気が付いて止めるものですが、今の東出氏の態度を見ると、そういう団体なのですよ。あらえびすは。
    「庶民」の会社がこんなことを続けるなんて出来るはずがない。
    東出氏が言うように彼は忍者の先祖を持つ現代の工作員、忍者なんでしょう。
    「庶民」ではありませんよね。

  • Posted at 21:06h, 02 3月

    庶民は「神が・・」とか「宇宙から・・」とか「宇宙人が・・」という言葉にやたら弱いです。
    それが大きな弱点です、今回はとても良い勉強になりました。
    神は、祈り願い求めるものですね。
    raptさんのお仕事を宣伝してくだる方が居らっしゃるので、お仕事忙しくなりますよ(笑)。
    木村さんも、もっと適正な価格で販売して頂けるとありがたいです。
    raptさんと読者に神様の祝福がありますように。

  • ポポ
    Posted at 21:55h, 02 3月

    >mさん
    RAPTさんのお仕事の件は笑い事ではありませんので、気を付けられた方がいいのでは。。。?
    元々RAPTさんは匿名ブロガーなので、ネットで個人情報をばらされた事は非常に迷惑しているでしょうし、東出氏は「モノ申しにいきます」と脅迫めいた事まで言っています。
    普通なら警察に相談するレベルですよ。
    特に事業主が事業で知り得た個人情報を悪用してネットでさらすのは、法的に大問題です。
    彼はRAPTさんの住所、氏名などの個人情報はグッズや水の配送時に把握しているでしょうから。
    それを元に会社を割り出し公表した可能性が高いと思われます。
    私は法律の専門家ではありませんから、詳しいことはわかりませんが、違法性が高い行為であることは否めません。

  • rapt
    Posted at 22:06h, 02 3月

    そうやって警察に通報せざるを得ない状況にして、私が警察と関わらざるを得ない状況に追い込もうとしているのでしょう。
    そうすると、私はしばらくブログを更新できないような状態になるかも知れません。
    それが彼らの狙いではないでしょうか。
    東出さんは警察をも掌握されているはずなので、それぐらいのことはできるでしょう。

  • Chisaka
    Posted at 22:08h, 02 3月

    ここまできたら、どちらが神の行いかは、一目瞭然ですね。

    RAPTさんを応援します。

  • ポポ
    Posted at 22:26h, 02 3月

    >RAPTさん
    なるほど、その先がありましたか!
    相当な巨悪ですね、彼は。
    私が想像していた以上でした。まだまだ勉強不足で恐縮です。
    私には祈ることしか出来ませんが、神様が守ってくださるよう、お祈りいたします。
    くれぐれもご自愛ください。

  • RAPT×読者対談1
    Posted at 22:27h, 02 3月

    K.Aさん、コメントありがとうございます。
    内容をじっくりと読ませて頂きました。素晴らしいコメントだと思います。
    私は、K.Aさんのおっしゃる通り、一連の騒動と関係のない、根拠のない誹謗中傷は避けた方が良いと思いコメントいたしました。
    私も正義を貫きたいので、東出さんとの電話内容はここでは書きませんが、私は自信を持ってRAPTさんを支持しています。
    世の中を良くしようとする人が、こんなにも叩かれているのを黙って見過ごす訳にはいきません。
    双方のブログへのコメント後、私は、RAPTブログを何度も何度も見返して、もっともっと学びを深めて、更に次元を高めて、次に備えるための準備を開始致しました。それは悪魔が嫌がることだからです。
    K.Aさんの分析力。大きな学びになりました。RAPTブログの凄さの一つだと感じました。
    MERRYさん、誤解を招くような内容になっていたかもしれません。すみませんでした。

  • ちょこたん
    Posted at 00:07h, 03 3月

    K.Aさん、素晴らしいコメントを書いて下さり有難うございます。頷きながら、自分を戒めながら何度も読ませていただいておりました。K.Aさんの書いてくださったことに心から賛同いたします。このような方がいるのかと嬉しくなり、感動し、本当に胸が熱くなりました。
    >RAPT×読者対談1さま、コメントしてくださり有難うございます。とても誠実な方だとわかっていましたので、どうしているかと余計なお節介ですが勝手に心配しておりました。ここの場は本当に学びが多く、自分の未熟さを痛感しております。もっともっと自分を高められるよう、自分を戒めながら、自分の善悪を割き、自分の中の毒麦を一つ一つ焼き付くしていきます。

  • はちみつ
    Posted at 00:31h, 03 3月

    わたくしもちょこたんさんと同意見です。
    K.Aさんのご意見、本当に自分の思いを代弁してくれているように思い、感動しておりました。心から賛同します!
    そして、RAPT×読者対談1さま、コメントくださりありがとうございます。わたくしも勝手に心配してしまい、勝手に安心しております・・・。

    やはり真実で誠実な方のブログには、真実で誠実な方が集まるのだなと改めて思いました。

    本当に学ばせていただいております。 RAPTさん、読者の皆様ありがとうございます。

    絶対にこのブログが悪の手によって途絶えることがないように強力にお祈りいたします。

  • よいこ
    Posted at 00:53h, 03 3月

    木村さんのイヤシロチグッズの1月5日の値段は1本の値段で、その後のは4本セットの値段なので少し誤解がありますが随分な値上がりであることに変わりはありません。
    東出さんはとうとう正体を現してしましましたね。

  • K,A
    Posted at 01:00h, 03 3月

    RAPT×読者対談1さん、こちらこそ有難うございます。
    東出さんの批判コメントが殺到している中で、
    冷静に判断しようと、みんなに呼びかけられていた姿に心を打たれました。
    下手に根拠のない誹謗中傷をすると、相手に無駄な反撃材料を与えてしまう為、
    私も同じように感じていました。
    ここの読者はもちろん、東出さん側、そしてその他の傍観者がこのブログを閲覧しているので、
    RAPTさんや、コメントをされる方が、根拠のない主張をする集団に受け取られないように、
    注意を払うことは必要だと思っています。
    名誉毀損だとか、文句を言われかねませんし。
    そこに注目させるように相手に誘導されると、相手がして来た悪事が霞んでしまいます。
    相手に反撃材料を与えてしまうと、それはRAPTさんに返ってきます。
    とにかくRAPTさんが悪者であるかのように印象操作して来る相手ですので注意が必要です。
    冷静でいる事の大切さがわかりました。
    そして正しくあろうと心がけるRAPT×読者対談1さんの思いを、改めて知ることができて嬉しいです。
    やっぱり私が思った通りの人でした、真面目に接すれば、ネットでも相手の人柄はわかるという証拠ですね。

  • K,A
    Posted at 01:18h, 03 3月

    ちょこたんさん、はちみつさん、こちらこそあんな長文を読んでくださり感謝します。
    一生懸命伝えようとすれば、ネットでも思いは伝わるんですよね。
    現場至上主義の誰かさんに教えてやりたいです。
    感動したと言われると、そんなに出来た人間ではないので恐縮してしまいますが、
    同じように感じてくださる善良な方々が、心から望むこの場を、
    ぶち壊されたくないという思いが強くなってきました。

  • RAPT×読者対談1
    Posted at 01:28h, 03 3月

    K,A様、ちょこたん様、はちみつ様、そしてMERRY様、皆様。
    ありがとうございます。私は、皆様と同じ波長で繋がっていると信じております。
    なんとなく、読者コメントも含めて、衝突するよう煽られているような気がしております。
    ご判断は、皆様の直観にお譲り致します。

  • YN
    Posted at 09:24h, 03 3月

    K,A様、RAPT×読者対談1様、そして、皆様。素晴らしいコメントを有り難うございます。RAPTさんのブログおよび皆様のコメントを読み、日々感動しております。これまであらえびすの方々を守って頂けるよう神様にお祈りしていたので、今回の出来事は残念です。このことが起こってから偶然読んだ聖句ですが、箴言24から抜粋します。
    「神に従う人は七度倒れても起き上がる。神に逆らう者は災難に遭えばつまずく。敵が倒れても喜んではならない。彼がつまずいても心を躍らせるな。主がそういうあなたを見て不快とされるなら彼への怒りを翻されるであろう。悪事を働く者に怒りを覚えたり主に逆らう者のことに心を燃やすことはない。」
    また箴言28より、「人を懲らしめる者は舌の滑らかな者より喜ばれる。」とあります。
    皆様の冷静なコメントに感動します。特にK,A様、本当に素晴らしいコメントを有り難うございます。皆様がさらに活躍されますように、RAPTさんが肉的、霊的な被害に遭わないようにお祈りします。

  • Posted at 13:14h, 03 3月

    ポポさんへ、
    ごめんなさい、partさんの読者の中には注文したいと思われる方がいるのではと思い書きましたが、不謹慎でした。
    「事業主が事業で知り得た個人情報を悪用してネットでさらすのは、法的に大問題です。」はそのとおりですね。
    私も今raptさんの身の危険をとても案じています。
    神様、お守りください。

  • さや
    Posted at 09:17h, 04 3月

    こんにちは。ケムトレイルのお話、RAPTさんのお話にかなり納得しました。
    なぜかというと、ケムトレイルから有害な物質をまいているのであれば、東京にいる支配者層の健康にも
    影響を及ぼしてしまいます。なのになぜ都会に多く散布できるのだろうかと疑問でした。
    なるほど、体に害のない放射線物質であれば、私たち庶民をだましながら、原発利権や首都移転などの支配者層の
    利益を確保し私たちをマインドコントロールできるという最大の目的が達成できるのだと確信しました。
    本当にありがとうございました。このRAPT理論が日本人の覚醒のために広がっていくことを祈っています。

  • SAMURAI
    Posted at 13:09h, 05 3月

    炎上後にそこに投稿する人達の言動、態度、煽り、誠実さでどちらが正しいのかは自ずと判断できるかと思います。

    炎上する事で確信する事ができるのです。

    東出氏とも木村氏とも直接電話連絡を取りましたがおかしな言動からイヤシロチグッズを購入しませんでした。

    イルミナティーとして公表されてしまった確固たる例となりました。

    RAPTさんに危害が加えられる様ならば犯人は東出氏という事になります。

Post A Comment