RAPT | RAPT有料記事25(2015年11月30日 )わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽い。
34123
post-template-default,single,single-post,postid-34123,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

RAPT有料記事25(2015年11月30日 )わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽い。

RAPT有料記事25(2015年11月30日 )わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽い。

a2014-6-101681621-slide-alaindelorme-totem17
 
今回の有料記事のタイトルは、「マタイによる福音書」7章13節から取ってきました。
 
この言葉の意味をやさしく説明すると、悪魔が私たち人間に課す荷物はとても重いけれども、神様が私たちに課す荷物はとても軽いということです。
 
今回の対談は、昨日の一般の読者向けの対談の続きで、霊的により深く掘り下げたような内容になっています。昨日の対談は以下になります。
 
RAPT×読者対談〈第49弾〉イルミナティの支配から自由になるためには。
 
要するに、この世の人たちは悪魔が提供してくる甘い蜜を求める余り、余計な重たい荷物ばかり抱えて生きているから、そんな無駄なものは全て捨てて、真に有益な生き方をしましょう、という内容です。
 
もちろん、神様の道を行くことは決して易しくはありませんが、悪魔の道をいくら突き進んでいっても、そこには何の希望もありません。むしろ絶望ばかりが待ち構えています。
 
この世の人々はそんなことも分からずに、ひたすら甘い密に惹かれて滅亡の道へ向かって突き進んでいっていると言っていいかも知れません。
 
また、今回の対談では、なぜ旧約時代には動物や穀物などを神様の前に捧げなければならなかったのか、についても簡単に説明しています。
 
モーセの律法を読むと、動物や穀物を燔祭として捧げなさい、という掟がたくさん書かれてあります。
 
しかしながら、現代のクリスチャンたちは、礼拝を捧げる際に、動物や穀物の捧げ物を捧げることは一切ありませんし、実際にそんなことをする必要はありません。
 
では、なぜ旧約時代の人たちはこのような捧げ物を捧げなければならず、現代のクリスチャンはこのような捧げ物を捧げる必要がないのでしょうか。
 
聖書を読みながら疑問に思われた方も多いと思いますので、今回はこのことについても簡単に解説しています。
 
名称未設定
 
なお、記事の購読を希望される方で、今月11月分の有料記事のパスワードをまだご購入されていない方は、以下の青いボタンからご購入下さい。
 
このパスワードで、2015年11月分の有料記事を全て購読することができます。
 
今すぐ購入
 

No Comments

Post A Comment