RAPT | エボラワクチンは殺人兵器。投与した人のみがエボラに感染する仕組みです。
エボラワクチン 富山化学 アビガン 富士フイルム 天皇家 日赤 日本赤十字社 抗ガン剤 マスタードガス 抗うつ剤
16661
post-template-default,single,single-post,postid-16661,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

エボラワクチンは殺人兵器。投与した人のみがエボラに感染する仕組みです。

エボラワクチンは殺人兵器。投与した人のみがエボラに感染する仕組みです。

 

どこぞの誰かさんは富士フイルムから沢山のお金をもらっていらっしゃるのか、やたらと富士フイルムのアビガンを熱心に宣伝されておられます。この国ももう終わりですね。国士なんてこの世にはいないのかと思ってしまいます。
 
はっきりと言いますが、この世に存在するワクチンというものは全てインチキ。デタラメ。殺人兵器です。今度のエボラワクチンもそう。富士フイルムのアビガンも同じ。
 
富士フイルムはもう純然たる金融ユダヤの製薬会社です。株主のほとんどは金融ユダヤ。その業務提携先もすべて金融ユダヤの製薬会社ばかり。ACC、ファイザー、ロシュ、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、 ノバルティス……。
 
沿革・歴史 | 富山化学工業
 
ほとんどの医者がワクチンなんて効かないと分かっています。殺人兵器だとまでは思っていないでしょうが、ワクチンを打っても何も効き目がないことは医者なら誰もが分かっています。
 
ただ、周りの沢山の人たちが打った方がいいと言っている中で、自分だけ「打たない方がいい」「打っても意味がない」と言う自信がない。あるいは、そんなことを言ってワクチンを接種させず、もしそれで病気になったら、後で何かしら責任をとらなければいけない。それが怖くて言えないだけなのです。
 
以下の動画を見てください。内海聡さんという医学者が、ワクチンはすべて生物兵器だとはっきりと断言しています。
 


 
いいですか。今回のエボラ熱も「エボラワクチン」を打つからかえって発症するのです。「向精神薬」を打つから「精神病」になり、「抗ガン剤」を打つから「がん」になるのと同じことです。そのようにわざと誰かを病気にしないと製薬会社が儲からないからです。金融ユダヤどもが儲からないからです。
 
裏社会による向精神薬の蔓延計画が着実に進んでいます。安易に薬に頼る道が、あなたを廃人同様にします。
 
いいですか。「抗ガン剤」は殺人兵器である「マスタードガス」から作られています。それを薄めて薄めて人間の体に注入し、ゆっくりと時間をかけて殺していくのが「抗ガン剤」を投与する目的です。で、生きている間に、医者が必死になってガンを治療している振りをして、医療費を次から次へとぼったくるわけです。以下の動画を見ていただけば、それがはっきりと分かります。
 

 
医者はすべての病気がすぐに簡単に治ったら儲かりません。残念ながら、彼らの仕事はそういう仕事です。だから、ガンが本当に治ったら困る。不治の病でなければならない。そのため、金融ユダヤの売りさばく「抗ガン剤」に効果がなく、ただの猛毒だと分かっていながら、わざとそれを黙殺しているのです。
 
それじゃあ、試しにどこかのお医者さんに聞いてみてください。自分がもしガンに罹ったら、自分も抗ガン剤を打つかどうか。いいえ。絶対に断るでしょう。「抗ガン剤」を打てば打つほど苦しむ患者をごまんと診てきたからです。
 
ワクチンとてそれは同じです。これまで色んなワクチンが開発されて、政府がそれを打て打てと宣伝してきましたが、果たしてそれがどんな効果をもたらしましたか。つい最近、大々的に宣伝された「子宮頸がんワクチン」にしても、副作用がすさまじすぎて直ちに投与が中止されてしまいましたよね。
 
今回の「エボラワクチン」も同じです。どうして今回だけは違う、と頑なに信じて何度も何度も騙されるのですか。皆さんはどこまでお人好しなのですか。
 
しかも、今回のエボラ対策は天皇家直属の「日本赤十字社」が関わっている。ここに反抗したら、医者としてはもう終わり。命もない。実際、昨日も紹介した通り、「日赤」こと「日本赤十字社」の輸血治療に反対していた医者が何者かに殺されてしまったとのこと。
 
「エボラ熱騒ぎはロスチャイルドのダイヤモンド利権のため」という記事を書いてから、やたらと当ブログへの攻撃が激しくなっています。
 
なので、今回の「エボラワクチン」も毒であると言ったら殺される。なので、何も言えない。
 
とにかく、もう天皇とか日赤とかを信じるのはやめにしましょうよ。どうしていつまでそんなものを信じるのですか。どうしていつまでもそんなものにしがみついているのですか。いつまで権威なんてものを信用しているのですか。そうやって私たちはいつも権威を信じて、騙され、裏切られてきたのではないですか。
 
なのに、なぜ未だにあの人は大丈夫、あの人は信用できる、と言って無駄な希望を抱くのですか。どうしてそんな無駄なところにしがみつこうとするのですか。
 
天皇を含め、現在の自民党政権の名だたる方々はすべて血が繋がっています。そして、その天皇家は紛れもない悪魔崇拝一族です。それは先日もお話した通りです。詳しくは以下のリンクをご覧ください。
 
天皇家という闇。日本赤十字社という闇。田布施システムという闇。悪魔崇拝者という闇。
 
彼らはみんな悪魔崇拝者であり、みんな朝鮮人。この国は一握りの朝鮮人一族によって支配されている国なのです。この国はもう純然たる日本人の国ではないのです。
 
そんなわけがないと言うあなた。では、なぜ在日と言われる右翼どもが「天皇」を崇めているのですか。なぜ「天皇」の権威を守ろうとしているのですか。右翼どもの大半は在日なのですよ。ヤクザの9割は在日と同和出身です。もちろん、同和もそのほとんどが在日です。詳しくは以下の動画をご覧ください。
 

 
一部の間では、右翼が街宣車を走らせることで「愛国者イコール気違い」という悪いイメージをふりまき、日本国民の愛国心を削ごうとしているのだという噂もあります。
 
確かにそれもあるかも知れません。しかし、それは結果論に過ぎません。本来の目的は、天皇が朝鮮人であり、その天皇にあれこれ文句をいう奴は、怖い「右翼」のお兄さんがこてんぱんにやっつける。そういうイメージを植えつけて、天皇の権威を保つ、というのが本来の目的でしょう。そうでもしないことには、天皇のことを凄いと思ってもらえないと在日朝鮮人どもが思ったわけです。
 
何せ、第二次大戦で多くの死者を出した最大の責任者は、戦争を許可した天皇です。なので、朝鮮人としては、日本人が天皇を恨みだすのではないかとヒヤヒヤしていたはずです。ところが、日本人は本当にお人好しで、すぐにそんなことも忘れて、天皇をそのまま敬いつづけた。今でもその後継者である現天皇を神のように崇めています。本当、お人好しにも程があります。
 
つい最近も、ちょっと芸能人がネタで天皇をジョークにしただけで暴力団が暴れ回った、なんてニュースがありました。
 
片岡鶴太郎 “天皇モノマネ事件”で右翼団体に送った謝罪文(1)謝罪文の全容とは? | アサ芸プラス
 
で、このニュースを同じ在日朝鮮人マスコミが大々的に報じ、「暴力団は怖いよ、だから天皇をバカにしちゃいけないよ」と国民に脅すわけですね。
 
で、私がこういう記事を書くと、昨日のように在日ネット工作員がこのブログにやってきて、さんざんちょっかいを出してくる。イチャモンをつけてくる。で、私の大切な時間をごっそりと奪い取るわけです。
 
このように、この国のすべてのシステムが朝鮮人の都合のいいように出来上がっています。そして、その朝鮮人一族を裏で操っているのが、例のごとく金融ユダヤというわけです。下っ端の朝鮮人はこういうシステムをよく理解していないとは思いますが、天皇家をはじめ政界一族はこれをきちんと理解しているでしょう。
 
とにかく、この国は「日本人の、日本人による、日本人のため」の国ではありません。したがって、この国を本当の「日本人の、日本人による、日本人のため」の国にするためには、この朝鮮人どもをこの国から徹底的に追い出すしかありません。
 
こんなことを言うと「在特会」なんかと一緒にされそうなので、念のために言っておきますが、あの「在特会」もすべては在日朝鮮人の作ったものです。ああやってわざと「日本人が在日を差別した」と見せかけて、「在特会」は悪い奴だというレッテルを貼り、「在日を差別する奴は悪い奴だ」というキャンペーンを張ろうとするわけです。
 
で、「在日を守ろう」「在日を広い心で受け入れよう」「在日を差別する人は悪い人だ」と言うわけですね。それは昨日も説明した通りです。裏社会の手口はいつも同じです。この仕組みを分からない方は以下の記事を読んでください。
 
「エボラ熱騒ぎはロスチャイルドのダイヤモンド利権のため」という記事を書いてから、やたらと当ブログへの攻撃が激しくなっています。
 
彼らは自分たちが普及させたいものをわざと先に大々的に差別します。そうして、差別する人間をマスコミにこてんぱんに叩かせ、かえってそれを普及させるわけです。こうして「在日特権」はこれからもどんどん普及し、拡大していくことでしょう。
 
先日、橋本徹と「在特会」の会長が喧嘩したニュースが流れましたが、あれもすべては茶番です。なぜあんなくだらない喧嘩になったのか。もちろん、わざと真面目に議論せず、「在特会は悪い奴」というイメージだけを垂れ流そうとしたわけです。
 
橋下・大阪市長と桜井・在特会会長が面談 主張は平行線:朝日新聞デジタル
 
こんなことを書いたら、また昨日みたいに在日工作員がこのブログで何かしら悪戯を仕掛けてきそうですが、まあ、そんなものはいちいち相手にしません。即刻すべてのコメント削除です。さようなら。
 
それにしても、今回の「エボラウイルス」よく見てみると、明らかに「6」をかたどっていますね。明らかに悪魔の数ですね。悪魔崇拝者どもは、こういうところにまで悪魔のシンボルを組み込まなきゃいけないんでしょうか。
 
PN2014082101000700.-.-.CI0003
 
で、この殺人兵器ワクチンをWHOなる殺人集団どもが数十万人分ほど用意したとのこと。つまり、これから数十万人もの人たちを殺すと裏社会が計画したわけです。皆さん、くれぐれもご注意ください。
 
(以下、朝日新聞より転載)
 
エボラワクチン、6月末までに数十万人分 WHO見通し
 
世界保健機関(WHO)は24日、開発中のエボラ出血熱の感染を防ぐためのワクチンについて、2015年6月末までに数十万人分、同年末までに数百万人分が製造されるとの見通しを示した。この日の会見で、WHOのキーニー事務局長補が述べた。
 
最も開発が進んでいるのは、英国グラクソ・スミスクライン社などによるワクチンとカナダの政府系研究所などによるワクチンの2種類で臨床試験の結果が今年12月にも出る。結果次第で同月中にもリベリアなどで医療従事者らに接種し効果などをさらに調べる。
 
一般人も対象にした大規模なワクチン接種について、キーニー氏は「来年6月より前にはない」との見方を示した。
 
WHOは14日の時点で、今年12月には感染者の増加が毎週5千人から1万人に膨らむ恐れもあるとの見通しを示している。
 
厚生労働省は24日夜、専門家会議を開き、国内でエボラ出血熱の患者が出た場合に、医師の判断で未承認の治療薬を投与することを認める方針を決めた。有効性が確認されていないことなどを患者に説明し、同意を得るのが前提。富士フイルム傘下の富山化学工業が開発した「アビガン」を主に想定している。
 
また、厚労省は同日、全国の30空港の入国管理局と連携し、入国者全員に流行国の滞在歴の確認を始めたほか、医療機関と連携を強化する対策を打ち出した。
 
(転載ここまで)

13 Comments
  • あのね
    Posted at 18:51h, 25 10月

    これはちょっとヤバイですね。恐ろしいことです。

  • satoshi nakamoto
    Posted at 21:33h, 25 10月

     昔から血恐怖症です。「血」という字を見ただけで貧血になります。献血は一度もしたことありません。最近になってやっとこさ、マクロ的な原因の一端のシンボル、ユダヤ、キリスト問題を知るというか予感するに至りました。ルドルフ・シュタイナーの「血はまったく特別なジュースだ」という特異な本を読んだこともあります。血判が日本社会の判子に結びついており、血の契約になっています。判子をするたびにゾッとします。津軽弁では友人のことを「ケヤグ」といいます。契約(ケイヤク)の意味かもしれません。ミトラ教関連の書籍を取り寄せましたらケウルは友人のことらしいです。友愛といえばフリーメーソン。このような連想の中に何があるのかはまだ分かりません。

  • HN忘れた
    Posted at 21:50h, 25 10月

    テレビ番組で天皇を扱う時って、アナウンスの仕方がやたらと丁重すぎて、逆に何ともいえない薄気味悪さを感じませんか。これってつまり朝鮮人が我々に向かって「てめーら俺らを崇めろや」と恫喝してるということなんですね。ずっと引っかかっていたので合点がいきます。まあひどい有様。ワクチンテロの方は、もうバレてますけど決行するんでしょうか。「感染スピードにワクチン製造が追いつかない。恐るべしエボラ!」とかなんとか煽る予定なのかな。

  • あんこぱん
    Posted at 11:10h, 26 10月

    最近では武田薬品のトップが白人になりましたね。
    武田薬品は市販よりも、病院に卸している薬品が多いですよね。
    今まで以上にまずい事になりそうですね。

  • あんこぱん
    Posted at 16:03h, 26 10月

    富山化学は錠剤をアフリカで無料で配るということですが、
    心配ですね。
    日本を貶めるかもしれない。
    そうでないことを、祈っていますが。

  • inte100
    Posted at 20:12h, 26 10月

    冒頭に(どこぞの誰かさんは富士フイルムから沢山のお金をもらっていらっしゃるのか、やたらと富士フイルムのアビガンを熱心に宣伝されておられます。この国ももう終わりですね。国士なんてこの世にはいないのかと思ってしまいます。)というコメントをされていますが、どこぞの誰かさんとは誰のことでしょうか?マスコミのことでしょうか?でも国士とも書いてあるのでちょっとよく解りません。

  • rapt
    Posted at 20:24h, 26 10月

    >inte100さん

    ご想像にお任せします。

  • Takeshi. T
    Posted at 17:57h, 27 10月

    富士フィルムCEO古森重隆氏は安倍晋三のブレーンであり、あのムサシは富士フィルムの特約代理店だそうです。これだけでもユダヤ臭がプンプン漂ってきます。

  • zion
    Posted at 13:35h, 28 10月

    本日10月28日のグーグルロゴはご覧になりましたか?
    ジョナス・ソークと言う悪魔を褒め称えるロゴ。
    これから行うワクチンテロを示唆しているような気さえします。
    http://satehate.exblog.jp/13647292/

  • zion
    Posted at 13:39h, 28 10月

    こちらのほうが解りやすいかもしれません。
    http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2626.html

  • 通りがけ
    Posted at 17:09h, 28 10月

    RAPTさんが書いたとおりアビガンも悪魔の詐欺殺人用小道具です。悪魔小泉純一郎劇場詐欺師が吹いたハメルンの笛です。
    今鬼畜NHKは11月不正選挙で橋下を軍事独裁総理にするために必死で橋下をテレビに登場させて持ち上げようとしています。しかし橋下にはすねに持つ傷が多すぎる。そこを隠蔽するための安倍内閣閣僚スキャンダルやエボラ報道や川内原発再稼働や福島県知事不正選挙騒動をマルチスピン報道する偽旗テレビ洗脳白痴化作戦ですね。こうしておいて選挙でムサシを使って橋下と維新を大勝させる予定です。

  • 通りがけ
    Posted at 17:32h, 28 10月

    まあしかし橋下は生まれながらの悪魔ゆえに息を吐くように嘘を吐いてきたいままでの人生ですべて悪いことしかしてきていない純粋の偽善者だから、橋下の悪事悪行を上げればきりがありません。悪魔小泉竹中池田大作前原誠司と全く同じですね。まあ悪魔だから当たり前か(笑)

    橋下の悪事をnueqさんのブログから少しだけ紹介しましょう。びっくりするほど多いけど(笑)http://nueq.exblog.jp/18942965/

    @廃物安倍晋三戦争突入不正選挙リサイクル廃品回収

    11月衆院不正選挙でユダ金指名の安倍晋三後継次期総理は橋下徹です。

    いまごろ幸福の科学と創価学会と暴力団やら精神病院老人病院職員やらを人目に隠れて動員して維新候補のニセ票づくりに大車輪、てとこじゃないかな?

    総務省鬼畜ムサシのターゲットも犬あっち池の選挙前報道露出しまくりターゲットも、11月選管ムサシNHK共犯内乱罪犯罪選挙で維新橋下徹与党第一等党首国会議員誕生でしょう。

    当選後にファシズム合同大政翼賛会を作って国会内首相指名選挙で与党第一党党首橋下徹総理誕生という絵に描いた餅(イスラエルモンサント苗の米国産もち米で搗いた餅なんぞとっても食えたもんじゃないが)です。

    結局ニセ総理安部晋三が閣議決定したすべて憲法違反のファシズム諸政策は、橋下ヒトラー独裁者が存分に日本国民を戦争で思いっきりたくさん殺すための下準備だったということですね。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    @息を吐くように嘘を吐く生まれながらの偽善者悪魔橋下徹の収賄他汚職歴の一端を紹介
    このエントリートップ
    「ハシゲについてタレコミが。」(二階堂ブログ)http://www.nikaidou.com/archives/28725

  • 通りがけ
    Posted at 17:43h, 28 10月

    こいつら悪魔は全員幕末フリーメーソンスパイ長州ファイブ伊藤博文悪魔の血脈です。田布施システムこそこの世の悪魔エデンの蛇ルシファーサタンが吹くハメルンの笛であり、明治以来日本の政府は悪魔によって簒奪され、日本古来伝統の大和魂菩薩常民を皆殺しにする棄民政策ばかりを官憲暴力で強制執行する悪魔政府にすり替えられてしまったのです。

Post A Comment