RAPT | 2017 4月
0
archive,date,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-11.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

4月 2017

  今回の有料記事も、朝のお祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。   今回は、大きく分けて二つのお話をしています。   先ず一つ目は、霊的にも肉的にも良いことは全て体質化し、習慣化することが重要であるというお話をしています。   信仰を健全に保つことも、また自分の個性や才能を伸ばすことも、また健康を維持することも、全ては一朝一夕でできることではありません。...

  RAPTブログ読者の証言シリーズの第七回目になります。   これまでこのシリーズでは、スピリチャル系に騙されたりとか、放射能詐欺に騙されたりとか、自然農法に騙されたりと、イルミナティの嘘に騙された人たちの証言が数多くありました。   しかし、そのように特別に何かに騙されることがなかったとしても、この世の中をただ普通に生きているだけで、この世の多くの人々が毎日、当たり前のように不安と心配と悩みの中で生きています。 ...

  今回の読者対談は前回の続きですが、内容としてはこれまでの総まとめのようなものでもあり、かつ今後のRAPT理論へつながる伏線にもなっています。   ここ一連の一般記事によって、人工地震など、この世の様々な陰謀を計画し、実行してきた主犯格が「麻生太郎」であることが分かってきました。   そして、この「麻生太郎」を中心にして「天皇家一族」や「ロスチャイルド家一族」、「ロックフェラー家一族」が長きに渡って私服を肥やしつづけてきたわけです。 ...

  これまでこの有料記事では、特に人間の「霊魂」の救いについてお話をしてきましたが、今回は「肉体」の救いについて神様が話をしてくださいました。   これまで何度も話をしてきましたように、私たちの「霊魂」がきちんと成長して救われるためには、「肉体」という母体がどうしても必要です。   「肉体」なしに「霊魂」が成長し、救われることはとても難しいからです。 ...

  どうやらこの世の中には、私がイエス・キリストのことを「主」と呼んでいないと言って、偽クリスチャン呼ばわりする人がいるようです。   全くもって愚の骨頂です。   私の有料記事を一通り読めば、私がイエスを「主」であり、「キリスト」として認めていることは誰の目にも明らかです。 ...

  早くもこの「RAPTブログ読者の証言」シリーズも、第6段に突入しました。   今回は、このブログでも度々話題になってきました「木村秋則」氏のリンゴ栽培を現地で学んできた人の証言になります。   このブログでも書きました通り、この「木村秋則」氏はまさに青森が生んだ稀代の詐欺師です。 ...

  このブログを長く読んできた方なら既にお分かりだと思いますが、これまで複雑に見えてきたこの世のカラクリは、ただ「悪魔崇拝」という一つのキーワードでシンプルに解き明かすことができます。   それと同時に、この日本(ひいては世界)の支配構造も、「麻生太郎」という一つのキーワードで極めてシンプルに解き明かすことができます。 ...

  今回の有料記事も、いつものように朝のお祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。   神様は昨年の6月19日から、イルミナティをはじめとして、この世の悪人たちを裁くとはっきりと宣告されました。   そして、その後、どうなったかは皆さんもニュースなどを見て既にお分かりの通りです。   しかし今回、神様ははっきりと今後、その裁きの次元を上げて、さらに加速していくと仰いました。 ...

  今回の有料記事も、いつものように朝のお祈り会で伝えた御言葉の音声をそのままアップしています。   今回の御言葉は、今月の初めに伝えた以下の御言葉の続きのような内容になっています。   ◯RAPT有料記事160(2017年4月3日)なぜ人間の霊魂は、神様の御言葉を聞くことによって成長することができるのか。   この160回目の有料記事で、神様の御言葉を聞くことによって、どうして人間の霊魂が成長することができるのか、神様が科学的にその仕組みを解説してくださいました。 ...

  今回の「RATブログ読者の証言」シリーズは、読者対談〈第123弾〉から〈第125弾〉に参加して下さった「Aさん」の証言になります。   読者対談〈第124弾〉でもお話しました通り、「Aさん」はつい数ヶ月前、乳癌とおぼしき「しこり」を自分の胸に発見しました。   しかし、RAPTブログで「癌という病気は存在しない」とやっていたのを思い出し、かつその言葉を信じて、慌てて医者に駆け込むようなことはせず、ひたすらその「しこり」がなくなるように神様に祈り求めたそうです。 ...