RAPT | 2018年6月
176
archive,category,category-176,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-13.2,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
 

2018年6月

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   今回は、互いに主を信じる兄弟姉妹のために祈ることの重要性について、主が御言葉を伝えてくださいました。   この世の人々は、争いのない世界を平和な世界であると言い、この世がそのような平和な世界でありつづけることを願っています。   しかし、この世の多くの人々は互いに喧嘩もせず、戦争も経験することなく生きているにもかかわらず、心から平和な世界で生きていると実感することができていません。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   私たち人間は、頭の中にどのような考えを入れていくかによって、その後どのような行動をとるかが変わってきてしまいます。   そして実際、タイトルにも書きました通り、サタンと同じ考えばかりを脳の中に詰め込んでいる人は、サタンと同じ行動ばかりをとりますし、逆に神様の考えを豊かに脳の中に詰め込んだ人は、神様と同じ行動をとるようになります。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   本日、6月18日は見ての通り、「6月=6」「18日=6+6+6」というサタンにとって特別な日です。   そして、まさにその日に大阪で「震度6」の大地震が起き、死者まで発生するという事態になりました。(上の画像は、本日の大阪の被害状況です。) ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   また今回は、諸事情により朝の配信で伝えられなかった啓示の文章も掲載しています。   これまでこの有料記事で何度もお話してきました通り、これからこの世の中は、ますます深い闇に覆われていきます。   サタンが自分たちの支配の終わりが近いこと知って怒り狂い、大暴れするようになるからです。   その一環として、サタンどもはこの世の人々から目に見えるものをことごとく奪い取り、大いに苦しめることでしょう。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   これまで何度も話をしてきました通り、神様が私たち人間をお造りになったのは、私たちの肉体を基盤にして霊魂を救い、成長させるためです。   胎児が母の胎の中で成長してから、一人の人間としてこの世に誕生するように、私たちの霊魂も肉体という胎盤の中で成長してから、一人前の霊魂として永遠に天国で暮らせるようになるのです。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   また今回は、諸事情により朝の配信で伝えられなかった啓示の文章も掲載しています。   ラプト理論を理解した人ならお分かりの通り、サタンはどんなことも人々の前で複雑に物事を語り、人々を煙に巻いていきます。   そうしておいて、人々がこの世のどんなことも理解できないようにし、いくら考えても答えが見出だせないようにし、それによって考えることを苦痛だと思わせるように誘導していきます。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   ここ最近は、御言葉を通して「霊界」の封印が次々と解かれるようになりました。   これまで、この世の中では「霊界」について様々な憶測が語られてきましたが、どれ一つとしてピンと来るものがありませんでした。   彼らの話はあまりにも複雑で、彼らの話を聞けば聞くほど頭が混乱するばかりで、霊界について理解しようとしても全く理解することができませんでした。 ...

  今回の有料記事も、朝の祈り会で伝えた御言葉の元となった啓示の文章をいくつか掲載しています。   先月、私は十二弟子になりたいと希望する人たちに審査の書類を書いてもらい、そのうちの何人かと面談をし、朝の祈り会に参加するよう手配しました。   ところが、朝の祈り会に参加した人たち全員が、サタンのような悪い波長を飛ばし、朝の祈り会の霊的な雰囲気を乱してしまいました。   これによって、有料記事の読者の中に未だに数多くの工作員が紛れていること、そして読者の多くが未だに霊的にそれほど成長できていないことが露わになりました。 ...